櫻井翔宮崎あおいがほんわか夫婦を演じる映画『神様のカルテ』

地域医療に真摯に取り組む青年医師・イチを櫻井翔が、そのイチを支える風景写真家の妻・ハルを宮崎あおいが演じています。

ある種の理想的な医師であり、ある種の理想的な夫婦であるこのふたり。
ちょっと現実離れしたお話ではありますが、映画や小説で、こういう医師が登場し、葛藤しながらも成長していくのは、とても素敵なことだと思います。

ただ、まあ、役作りのためにあえて作ったとはいえ、櫻井くんの髪型は、もうちょっとなんとかならないものかとは思いますが…。
まあ、イケメンは何してもイケメンだから、いいのかな。。。


<STORY>
長野県にある本庄病院に勤務する内科医の栗原一止(イチ)。毎日忙しく、1年目の結婚記念日さえ忘れてしまうほどだ。そんなイチを風景写真家の妻・榛名(ハル)が優しく支えていた。ある日、イチのもとに大学病院での研修の時に出会った末期ガンの患者・安曇雪乃が訪ねてくる。イチは、そんな彼女を入院させ、懸命に治療に当たる。ちょうどその頃、イチは信濃医大の教授・高山に大学病院に誘われる。自分がどのような医師になりたいのか悩むイチだが…。


<Cheeseの解説>
現役医師でもある作家夏川草介のベストセラー小説「神様のカルテ」を映画化した本作。
『白夜行』深川栄洋監督が、地方医療に取り組む医師とその周囲の人びと、そして死を前にした孤独な患者のふれあいを、長野の美しい自然を舞台に、丁寧に描いています。

本作の主人公・イチは、医師になって5年目の勤務医。
仕事を始めて5年と言えば、もう仕事にはじゅうぶん慣れ、とはいえまだ若いので体力的にもムリがきき、仕事に充実感を感じる時期ではないでしょうか。
そして、充実しているからこそ、ふと「これでいいのか」と考えたくなる時期…。

地方病院で日々患者に対応し、週に一回は地方の診療所を回って老人たちの体を診察しているイチは、大学病院に研修にいったことから、大学病院の教授に目をかけられ、大学病院にくるように薦められます。
死を前にし、自分だけを頼りにしている末期患者に対応する現在の生活と、臨床よりも研究をメインに医療に取り組む大学病院の生活、どちらに進むべきなのか悩むイチの姿を、カメラは丁寧においかけていきます。
実際の医療現場でこういうことがあり得るのかはわからないですが、「こういうお医者さんもいるんだなあ」と思えるだけでも、患者側としてはありがたいことです。


この作品、地方医療の現場を丁寧に描いているのですが、イチ以外の医療関係者もみな素敵な人びとばかり。
柄本明演じるイチの上司・古狸先生のとぼけ具合や、池脇千鶴演じるイチと同期の看護婦の頼りになる先輩感、吉瀬美智子演じる救急外来看護師長のチャキチャキ具合など、みな嫌みがなく、こんないい人ばかりの職場に務めてみたいと思うほどでした。

逆に、イチが暮らす古い日本旅館・御嶽荘で暮らしている人びとの描写は、原作を読んでいない人間にはちょっと関係性がわかりづらいかもしれません。
ドクトル、学士、男爵、姫と呼び合い、時代の流れに逆行するようなレトロな暮らしをしている人びとというのは、どうも現実感がないのですね。
このへんは夏目漱石を敬愛するという原作者・夏川草介氏の嗜好なのでしょう。

ただ、この御嶽荘のパートというのは、イチの人となりを紹介し、作品にやわらかなムードを与えてくれているので、映画化にあたっては必須といえば必須だったのでしょうね。


地方医療のひとつの姿を描いたこの作品、深川栄洋監督の丁寧な演出の光る、優しい一作です。


『神様のカルテ』(128分/日本/2011年)
公開:2011年8月27日
配給:東宝
劇場:全国東宝系にて
原作:夏川草介
監督:深川栄洋
テーマ曲作曲・演奏:辻井伸行
出演:櫻井翔宮崎あおい要潤
吉瀬美智子岡田義徳朝倉あき原田泰造西岡徳馬池脇千鶴加賀まりこ柄本明中山卓也
公式HP:http://www.kamisamanokarute-movie.jp/


神様のカルテ 公式メモリアルフォトブック (小学館ビジュアルムック)
小学館
小学館 (2011-07-20)
売り上げランキング: 633

神様のカルテ (小学館文庫)
夏川 草介
小学館 (2011-06-07)
売り上げランキング: 106

神様のカルテ 2
神様のカルテ 2
posted with amazlet at 11.08.26
夏川 草介
小学館
売り上げランキング: 308

ピアノソロ 辻井伸行「神様のカルテ ~辻井伸行自作集~」

ヤマハミュージックメディア
売り上げランキング: 872

AD