アリス イン ワンダーランド 公式ビジュアル・ガイド (INFOREST MOOK)
良くも悪くも予想どおりなティム・バートン×ジョニー・デップの最新映画『アリス・イン・ワンダーランド』

カラフルで不思議なワンダーランドに迷い込んだ19歳のアリスが、“自分のやるべきこと、自分でやらなくてはいけないこと”に気付くまでの物語です。

何がすごいって、小さい頃のアリスを演じていた子役の可愛さがスゴイ。
“ビスクドールのような美貌”というのは、ああいうのを言うのだろうか…。

<STORY>
19歳になったアリスは、衆人環視のパーティーの席でマザコン男・ヘイミッシュから求婚を受ける。戸惑っていると、服を着たウサギが走り抜ける姿を見つけ、思わず追いかけてしまう。そのうちに、アリスは木の根元に開いた穴に転がり落ちてしまった…。長い長い間落ち続け、辿り着いた先は、6歳の頃から見続けている不思議な夢に出て来る不思議の国だった。そこでは、しゃべる青虫や笑う猫、奇妙な帽子屋といった面々がアリスを待っていた…。


<Cheeseの解説>
いわゆるティム・バートンワールド。
いわゆるジョニー・デップのキッチュな演技。
いわゆるヘレナ・ボナム=カーターのエキセントリックなキャラクター。
いわゆるがんばり屋さんなアン・ハサウェイ

まあ、そんな感じの、アリスの成長物語です。

うーん、「ティム・バートンが不思議の国のアリスを映画化したら、こんな風になりそうだよね~」という、まさにそのまんまな感じの映画でしたね。

いや、普通に面白いんですよ。

アリスかわいいし。演技はうまくないけど。
赤の兵隊たち面白いし。白はそうでもないけど。

でも、期待以上の「やられた!」っていう感じがなかったのが、ちょっとざんねん。。。
あの老嬢とか、うまく使えばもっと面白かったと思うんだけどなぁ。。。

いや、でも普通に面白いんですよ。普通にね。
デートムービーにはぴったりかと。


あ、そういえば、ボイスキャストが豪華なのにはビックリしました。
芋虫のアブソレムのはアラン・リックマン、ジャバウォックにはクリストファー・リーが声を当てています。
Cheeseはエンドロールを見て初めて気付いたのですが、これから鑑賞される方は、注意して声を聞いてみてください!


『アリス・イン・ワンダーランド』(109分/アメリカ/2010年)
原題:Alice in Wonderland
公開:2010年4月17日
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
劇場:丸の内ルーブルほか全国にて
監督:ティム・バートン
出演:ジョニー・デップミア・ワシコウスカヘレナ・ボナム=カーターアン・ハサウェイクリスピン・グローヴァーマット・ルーカス
声の出演:アラン・リックマンマイケル・シーンクリストファー・リースティーヴン・フライマイケル・ガフ
公式HP:http://www.disney.co.jp/movies/alice/index2.html


アリス・イン・ワンダーランド ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン (2010-08-04)
売り上げランキング: 1684

アリス・イン・ワンダーランド [DVD]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2010-08-04)
売り上げランキング: 1591

アリス イン ワンダーランド 公式ビジュアル・ガイド (INFOREST MOOK)
ジョー・ケイシー ローラ・ギルバート
インフォレスト
売り上げランキング: 10507

ALiCE IN WONDERLaND
ALiCE IN WONDERLaND
posted with amazlet at 10.04.28
サントラ
WALT DISNEY RECORDS (2010-04-14)
売り上げランキング: 774

アリス・イン・ワンダーランド (竹書房文庫)
脚本 リンダウールヴァートン
竹書房
売り上げランキング: 6451

AD