Cheer Up! WEB MAGAZINE

フリー音楽マガジン「Cheer Up!」のブログです。
TOPページはhttp://www.cheerup777.com/


テーマ:
今回ご登場頂いたのは、TEARS OF THE REBELのギタリスト村瀬貴俊さん。
2016年3月11日に3rdアルバム『DISSIDENT』をリリースしたばかり。
言葉をあれこれ考えるより、シンプルに「かっこいい!」と聴きほれてしまうサウンド、VocalのKOJIさんの声にもぐいっと惹きこまれます。

まずは最新MV『GLOW』をぜひ視聴してみて下さい!



ちなみにKOJIさんは、映画『BECK』で桐谷健太さんのラップ指導を行い話題に。
KOJIさんと村瀬さんはアパレルブランドCHORD NUMBER EIGHTも立ち上げておりそちらも人気。
ますます動向が気になるTEARS OF THE REBEL。

今回は村瀬さんからこのアルバムについてのコメントを頂き、全曲解説も掲載させて頂きました。

------------------------------------------------
バンドとしては意欲的に同期を導入した作品で、今までの味付け程度なダビングではなく、演奏と同等な位置づけ、それが鳴っていないと成り立たない存在としての同期を求めました。
M2『GLOW』M3『RAIN』など、同期ありきで制作にとりかかり、プリプロをしてイメージを固めていきましたね。メンバー以外の音がなる事で、より自由度と広がりが持てたかなと思います。

勿論バンドだけで出す音に説得力と完成度がなければいけないので、その点は今まで通り進行しました。バンドサウンドだけの曲も収録されてますが、同期があるものとの差は無いし、それぞれ良さが出てます。

アルバムのリード曲でもある / M2『GLOW』には、シンセプログラミングで、T$UYO$HI(The BONEZ / Pay money To my Pain)が参加してくれてます。
まあ、話が早いですよ、同世代だし友人だし。
作業もメチャクチャ早くてスムーズでした。

とくにコンセプトとかはなくて、それぞれの曲が輝く形を求めて完成に持っていきました。あと今までとの違いは書き下ろしって点ですかね。
過去の音源はLIVEでやってた曲をパッケージ、作品にしてましたが、今回ほとんどの曲がLIVEでは未演奏な状態でのRECでした。TEARSでは初です。
いわゆる作品先行型ですね。

本当に良い作品なんで、音楽好きロック好きな方には是非聞いて欲しいです。
まずは動画見るだけでも良いんで、TEARS OF THE REBELに『触れて』欲しいです。



TEARS OF THE REBEL / 『DEISSIDENT』 / 全曲紹介


1.L.G.L.G

最初はもっとオルタナって感じで進行してて、それはそれで全然良かったんだけど、kojiに『これ走っちゃおうよ』って言ったらそっちにシフトした。kojiがざっと構成とか決めてそっからは早かったな。
リフで成り立ってて、楽器隊はほぼユニゾン。こうゆう曲はキメが命で効果的に響くよね。
TEARSの今までの音源って結構メジャー感って言うか、キレイな仕上がり、しっかりしたMIXで上げてたんだけど(勿論狙ってね)、これはその逆。ギターの歪みもFUZZを使ってて、Ucchyと2人で良い感じで汚してます。フィードバックも曲中全体に入れてグランジ感、ダーティー感を思いっきり出してます!MIXで音割れても良いかな位のイメージ。

liveでは勢い任せにならない様、縦を(拍)気にして弾いてるよ。
テンポが速いから全員縦が揃わないとぐしゃぐしゃな出来になるから。

今回のアルバムでは1曲目にふさわしい存在。
ファストでスリリングで短くて好きだな。
自分達の曲じゃなくても好き!

Let Go & Let God


2.GLOW

TEARS王道って曲です。アルバムのリードになる曲をって思ってネラって作りました。
イントロやAメロに出て来るリフが浮かんでそっからだだーっと骨組みは出来た。
でも色々試して、間奏や間奏入る前の部分は試行錯誤したかな。
初期は大サビみたいな部分もあったし。メンバーでアレンジして今の形に着地。

バンドのみの演奏でも勿論GOODだったんだけど、新たな試みとして同期入れようって流れになって、誰かにやって欲しいってkojiが言ったんで、即答で『T$UYO$HIでしょっ』て。結果抜群の仕上がりになった。
リフが効いててウラも感じれてノレて、なおかつ抜群のサビがある曲です。
L.G.L.Gとは違うテイストだけど、これも一気に駆け抜けてるイメージ。

T$UYO$HI (The BONEZ / Pay money To my Pain)


3.RAIN

kojiネタの曲。弦楽器隊はほぼユニゾンしてます。これもシンセとかギターではない被せものを入れるのを想定して固めていきました。
曲の構成が凄く良いね、全部サビみたいな感じで今までに無いし、今っぽい感じに仕上がってます。
ギターも弾きすぎない、被せすぎないって感じでシンプルかつスマートに仕上げました。
エンジニアの私物でチューニングが絶対狂わないギターを始めて使いました。
自分のイメージしてた音に近かったのであえてそれで弾いたんだよね。
音に関しては『一直線』ってイメージで、人間味を無くしたかったのでバッチリハマりました!
チョーキングしても(弦を引っ張って音程を変える技法)全く音が変化しないの。
これは中々衝撃的。
今回はイメージに合うのが一番って思いで挑んでて、俺はギターアンプも全く鳴らしていないくて、全てラインで録音してます。(L.G.L.Gのフィードバックのみアンプを鳴らしたかな。)ギターに関しても『ネライの音』重視です。


4.LAST NIGHT

比較的昔からある曲で、これとSTRANGE GIRLだけがLIVEでやってた既存曲で後は全て書き下ろし。
これもオルタナ感が強くてオリエンタルな雰囲気が漂うね。
ボーカリストが持って来るだけあってBメロ、サビはコードの展開が多くて歌メロありきで出来てる。持って来た時にほぼメロもあったはず。
Ucchyのギターが『ヒンヒン』ハウってるんだけど、味でしょって事でそのまま入れちゃってます。

Aメロで弾いてるクリーンとクランチの間を狙った音が抜群に良い。
ピッキングとストロークのニュアンスが心地よく出せててね。

ギターソロがあるんだけど、LIVEでは今後もどんどん変わると思う。
アドリブ、インプロで遊べるんだよね。ある意味見せ所でもあるかな。
そしてMIXが非常に良い。

録音に関しては音決めがホント早いのが自慢(笑)


5.STRANGE GIRL

一番最初に出した3曲入りのe.pに入ってて、当時は名刺代わりって感じでたいして枚数も出て無いし、それ以後も評判が良くてね。
今のメンバーで再録したらカッコイイだろうなって思いもあって入れました。
基本は一緒だけど、ちょっとしたプレイやダビング物が変わったかな。
サビの高音で鳴ってるダビングものとか雰囲気出て気にいってます。
アップデート、アップグレードされてよりパワーアップ。
以前のものより格段に良い!
個人的に歌詞が好きな1曲でもあります。
ギターソロは構築系。ギタープレイヤーは是非コピーしてね(笑)


6.DREAMS

初期に演奏されていた『路上の花』って曲が原曲です。
当時は3連のミディアム系の曲だったけど、コード進行だけ残してアレンジしたいなって所から始まったんだ。テンポは速いけど聴かせ系って言うか。
Aメロ、Bメロのコード進行は原曲のまま活かして、サビをくっ付けた感じ。
歌とギターだけで始まるのも『ドキ』ってするかなって。
サビから始まる曲も無かったしね。
コードのボイシングに自分らしさが出てるかな。透き通り系って言うか、ニューウェイブ感ね。
A、Bメロの自分のパートは全弦鳴る様にコードを押えてるんだけど、凄く押えにくくて素敵です。6弦だけチューニングが違うバレーコードの練習になるんで是非トライ!
これオリジナルな押え方だと思ってます。特許申請!!


7.SWEET SORROW

Ucchyが原曲持ってきて、最初はかなりのPOPテイストなネタだったんだけど
ガラリと変わってバラードテイストな曲に仕上がりました。シンプルで分かりやすい曲だね。
これも楽器隊以外の音が入るのを想定してアレンジして行ったよ。
自分のプレイを聞いてってよりも、曲にとけ込むイメージ。
Ucchyのギターソロが良いよね。
ソフトな歌声もこのアルバムの中では目立ってて良い仕上がりです。
liveは既に結構アレンジして弾いてるんで感じ方が違うかも。
バラードテイストはごまかしが効かないんで演奏のスキルが試される曲かな。
ちなみに全部録音した後に、コード進行を変えようってなって弾き直したりしたな。


8.Tonight Bright

今っぽさと80'S感の融合が自分の中でのテーマだったかな。シャッフルでキャッチーな曲をと思って着手しました。
リフ物が多いTEARSの楽曲にコード感の広がり、響きのある曲が欲しいなって。
2本のギターの絡みが上手く考えられてて、ユニゾンしてる部分が珍しく無い。

イントロとアウトロのテーマになってるメロは、フッと降りて来た。覚えやすいメロディーで弾きすぎずシンプルにまとめました。80'S感も出てて、かなりお気に入り。
間奏っていうかギターソロも詰め込むよりかメロディー感重視で弾いてるよ。
『歌えるソロ』を意識したかな。
サビのメロディーも耳に残るキャッチーさがあって印象的でとても良い。
こう言う曲もサラッと出来るのがTEARSの良い所。

9.Inspiration

アルバムを締めくくる大陸感のあるポジティブなインストナンバー。
終わりだけど始まりでもあって、是非そのまま1曲目に戻って欲しい。
終わらないループが始まります(笑)liveではSEとして使用してるね。

-------------------------------------------------------------




『DISSIDENT』TEARS OF THE REBEL

01_L.G.L.G
02_GLOW
03_RAIN
04_LAST NIGHT
05_Strange Girl 
06_DREAMS
07_SWEET SORROW
08_ Tonight, Bright
09_Inspiration






TEARS OF THE REBEL
http://www.tearsoftherebel.com/

CHORD NUMBER EIGHT
http://www.chordnumbereight.com/


Live information

★2016.09.15 (Thu) GOMES.
◼︎Place
池袋CHOP

◼︎Open / Start
18:30 / 19:00

◼︎Artist
・TEARS OF THE REBEL
・CYTOCHROME
・Musu Bore
・HIKUZ〜卑屑〜

★2016.09.23 (Fri) 69 Paradise
◼︎Place
吉祥寺GB

◼︎Open / Start
OPEN:18:30 / START:19:00

◼︎Artist
•TEARS OF THE REBEL
•AGE of PUNK
•青天の霹靂


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

cheer upさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。