システムエンジニアの雑学とフランクリンプランナー活用法

40代のシステムエンジニアです。
フランクリンプランナーを使った人生設計、FXやアフリエイトの勉強、PC,Android,iPhoneのお話、読んだ本の感想、コンピュータ雑誌には載っていない小さな会社で働くシステムエンジニアの本音みたいな事を書いていきます。


テーマ:

Lavie TouchにインストールしたWindows8 Consumer Previewですが、iPhoneやAndroidスマホで使ってるBluetoothキーボードを認識してくれませんでした。

まあ、製品版じゃあないので仕方ないと思いましたが、Bluetoothキーボードが使えないと不便なので、元の状態(Windows7)に戻す事にしました。

このタブレット、電源を入れてNECロゴ表示中にF11キーを何度か押せば再セットアップが立ち上がるはずなんですが、何回やってもWindows8が立ち上がってしまい、再セットアップできません。

こんなことよくあるので、Windows8をインストールする前にあらかじめ作っておいた再セットアップディスクをDVDドライブに入れて電源を入れました。DVDのアクセス音が聞こえてやれやれと思っていたら、Windows8が立ち上がってきました。

昔のPCって、ブートシーケンスの一番目はFDドライブだった事が多いので、ブートシーケンスの一番目はDVDドライブだと思い込んでいましたが違ったようです。それで、BIOSセットアップを起動する為にF2キーを押してタブレットを起動しましたが、やはりWindows8が立ちあがってしまいます。

ここでようやく事態の深刻さに気づきました。

このままでは、Windows7に戻せない!!


だいたい、このキーボードどうなってるのかと思い、Windows8上でExcelを起動してキーボード入力してみました。すると、日本語キーボードなのにキーアサインが英語101キーボードになっていました。(Shiftと数字の「2」を同時押しすると、@が表示された)


キーアサインが変わってしまった??


BIOSレベルで??


そんな馬鹿な???


ただ、現実としてPC起動時に従来なら受け付けていたF2キーやF11キーを受け付けなくなってます。


ここから、いろいろ挑戦です。


製品付属のワイヤレスキーボードからUSBキーボードに変えて挑戦 → ×

ネットで調べて、DELキーを押しながら起動 → ×

いったんバッテリーを外して再起動 → ×


最後の手段、起動時にF7キーからF12キーをランダムに押し続けてみました。なにかヒットしてくれと願いながら。すると、どのキーかわかりませんが本当にヒットしたらしく、BIOSのセットアップメニューが表示されました。


超ラッキーです。


ブートシーケンスの一番目をDVDドライブにセットして再起動すると、ようやくPCの再セットアッププログラムが動きました。


ただ非常に疲れたので、Windows7に戻すのは延期してもうしばらくWindows8で遊んでみようと思います。


OSのインストールは気を付けないといけませんね。


改めて思い知りました。


【次の関連記事】

Windows8のソフトウェアキーボード

【前の関連記事】
Lavie TouchにWindows8 Consumer Previewをインストール

いいね!した人  |  コメント(5)