Fancy days

++ 崖っぷち負け人生克服 ++


テーマ:
今年一番の映画は? ブログネタ:今年一番の映画は? 参加中


K‐20―怪人二十面相・伝 (小学館文庫)/百瀬 しのぶ
¥500
Amazon.co.jp


久しぶりの試写会。
この作品実は2回も見た。
2回見ても面白い作品はナカナカない音譜



一回目ははゆちゃんにお誘いいただいて。
もう、うれしくてうれしくて、はしゃいできた。
風邪気味で早く帰らなければいけなかったのが
悔やまれるほどにドクロ



二回目は・・・
はゆちゃんと行った試写会の夜に届いていたハガキで
やこっちと。
やこっちは・・・『初恋』時代からの金城ファンで、
前からこの映画を見たいと言っていたから、
誘ったらハートマークラブラブ多用で
「行きます」との連絡が来た(笑)



ミステリコメディだから楽しく見れるし、
日本語だから気楽だし合格
チェックしたいポイントもあったから
他の人に譲ることは考えなかった。



一回目の試写会で現れた二十面相(偽)
はゆちゃんと写真をとってもらった。
二十面相と写真が取れるといった際
会場の盛り上がりはイマイチだったけど、
実際はすごい列だった・・・がっかり



はゆちゃんはデジカメ持参だったので、
キレイに写真をとってもらえた。
わたしのケイタイは・・・ビミョー冷



等身大といいながら、彼(彼女?)はかなり小さかった。
金城はこのサイズじゃないよなあ・・・
でも同じサイズって司会者は言ってたんだけど・・・もぉだめ・・・



そして、二回目も現れるのかな・・・ラブラブ
とワクワクしてたら、やはり。現れた。
やこっちもぜひ彼と写真をとりたいとのことで、
列に並んで撮影してもらった。
やこっちもデジカメ持参でびっくりした(笑)



中に入っている人が違うのか、
同一人物が回数をこなし小慣れて来たのか。
はゆちゃんと撮ったときより、キメやがる・・・
しかも動きが滑らかだし、バリエーションも増えていた。
一回目は普通に撮ってもらったけど、
二回目は・・・マントに隠してもらったよ(笑)



画像を確認してたら、やつものぞいてきた。
どうせ仮面かぶってるから顔なんて同じじゃん?
・・・個人的にこの写真が欲しかった(爆)爆弾



で、肝心の映画の話。



もともとの原作の時代背景を知らないので、
この映画の設定が正しいのかどうなのか・・・
わかんないけど、
第二次世界大戦が起きなかった日本が舞台。
この説明が出た段階で、画面は昭和要素満載。
戦争がないと、こんなに発展しないのに本?と思ったら。
1940年代の話と更に解説が続いた。



へー。
時代背景は考えないに越したことはないらしい。
ホントのホントの原作ってどうなんだろう。



『アンフェア』の佐藤嗣麻子が監督。
『ALWAYS 三丁目の夕日』のスタッフが映像を担当している。



キャスト
金城武
松たか子
仲村トオル
高島礼子
本郷奏多
今井悠貴
益岡徹
鹿賀丈史
木野花
要潤
串田和美
嶋田久作
小日向文世
大滝秀治
松重豊

ちょっとした役にも有名人が!
かなりびっくりだったよ。



これこそ真のネタバレってトコは
かかないネタバレで、今回はやめておこうっと。



誰が本物の二重面相なのか。
シリーズ2冊目もあるってことは、
この回では誰が二十面相か明かされないかもね?
っていう楽しみは奪えませぬ。。。






ってなわけで一部
ネタバレ






街中のシーンは中国で撮影したとかで、
当時の昭和感あふれる・・・ってほどではなかった。
鉄塔の下には鶏だし。
日本ではあまり考えられないよね。
一応かごに入れたりして、
盗まれないようにしてると思う。
田舎なら別だけど、仮にも”帝都”なんだから。



とあるシーンの金城の後頭部をみて、
ああ、昔誰かが力士のなんぞやさんに似てるって言ってたなあ。
と、ふと思い出した。
でも誰だったかなかなか思い出せず、
最後の最後のかっこいいシーンで思い出した。
彼のキメのシーン・・・わたしの頭の中は



「武蔵丸ー!」



だった・・・
ショックがーん



アクションが見所なだけあって、
走ってるシーンとか、追いかけてるシーンとか、
勢いがあって、面白かったわ。



ただ・・・あの・・・うーん
本物とニセモノとのシーンが・・・あせる
実際あんなに上手くいくものかなあと思ってしまうわ。
わたしだったら絶対キャッチできずにさよならーってなっちゃう。
それを追いかける二人も見てみたい気もするけどね。



テレビでやったらまた見る。
絶対見る(笑)ラブラブ



こそりと・・・一言。
最近ちょこっとだけ出る人の名前も
大仰に放送するので、
やめて欲しい・・・
誰が犯人か絞るの難しくなる。



映画の感想をやこっちに聞いたら、
某子供のテントを始めて訪れた際の
金城の腕の角度が気になって
目が話せなくて子役の話を聞くどころではなかった。
とのこと。
さっぱりわからん・・・
右腕と左腕の角度にメロメロだったらしい。
そんななんて記憶のスミにも残ってない。
ファンってすごいなあ・・・






いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

ちゃてぃさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。