サメって、ちょっとカッコいい。
お母さんは、昔プロダイバーだったから、海のイロイロな事を話して聞かせてくれるけど。お母さんは、ネムリブカとかおとなしいサメしか見たことがないって言ってた。でも、怖いサメは、人間をオソウから、やっぱり怖いよね(;´Д`;)。でも、いつも涼しい顔して泳いでて、ちょっと怖いところがカッコいいかも。。。



*****************************************************************************

レモンざめ
レモンざめ

伊平屋島、八重山諸島からインド・西大平洋、紅海に分布する。沿岸の水深30m前後に生息し、幼魚はリーフ内で釣りでも捕獲することができる。本種を含むメジロザメ科は、一般的に第1背ビレが第2背ビレよりはるかに大きいが、本種は第1背ビレと第2背ビレの大きさがほぼ同じである。体色がレモン色をしていることからこの名がついた。しかし、体色は環境などによって変異が大きいため、種の判定材料にはむかない場合がある。潜水漁師は、体につけている獲物カゴの後を追って泳いでくるこのサメを嫌う。







とんがり角ざめ
とがり角ザメ
最大60cm程の小型のツノザメ。くちさきがとがっており、背びれはやや丸みを帯びている。水深300~500mから採集され、飼育は難しい。底生性で小さなエビや魚などを食べる。胎生種。










オオメジロザメ
オオメジロザメ
世界の熱帯域に分布。最大3.4mに達する。全体にずんぐりして、くちさきも丸く、とがってはいない。人にとって最も危険なサメの一種で、水槽内でも他の魚を襲って食べるのは本種が最も多い。大河をさかのぼることでも有名。警戒心が強く普通のサメ釣りの延縄ではなかなか釣れない。沿岸にも生息し定置網に入ることもある。当館では飼育下で繁殖に成功し、そのときの子ども達が成長して水槽内で泳いでいる。彼らの父親が最長飼育記録個体で1978年より飼育されている。








ジンベイザメ
ジンベイザメ
成長すると10~12mになる。魚類の中では最大種。世界の熱帯から亜熱帯の表層に生息する。当館に寄せられる沖縄本島での確認情報は5~6月頃が多い。模様が夏着の甚平に似ていることからジンベエと名付けられたとされている。大きな身体をしているが動物プランクトン等の小さな餌しか食べない極めて穏和なサメで、ダイバーが近づいても逃げようとしない。サンゴの産卵時期には水面に漂う卵を食べたり、時には立ち泳ぎをしながら水面近くの餌を食べることが知られている。当館でも、給餌解説の際には約100リットルの海水とともに餌のオキアミを大きな口を開けて吸い込む、豪快な給餌シーンを見ることができる。生態はほとんどわかっておらず、1995年、台湾で捕獲された母ザメの体内から約300個体の胎児が見つかったことで胎生であることが判明した。



****************************************************************************


お母さんは、子供の頃ノートの裏の表紙に載ってた『ジンベイザメ』に、いつか乗ってみたいなぁ。。。って思ってたんだって(プレーリードックも飼ってみたいと、ノートの裏表紙を見て思ってたって、(笑)。






マングーの大好きな美ら海水族館のHOMEから資料をお借りしました☆ まんぐーの大好きな『美ら海水族館』 には、横のリンクからいつでも飛べますよ♪




AD
5月28日の土曜日は、運動会でした

マングーは、赤組だったんだけど

4種目に出て、頑張りました。

転校してきて、初めて運動会をしましたが

沖縄の小学校での運動会をおもいだしてちょっと

ちょっとさみしくなったけど、赤組が勝ってよかった!

おばあちゃまが作ってくれたお弁当も、おいしかったし♪

沖縄の小学校では、運動会は10月の体育の日のちかくだったけど

5月の運動会も気持ちよかったです。

マングーも、トラックバックステーションに参加してみたいとおもいます。

初めてなので、よくわからないのですが、お題の事について書けば良いのかな?と

思って、ホテルについて書きます。

マングーが連れて行ってもらったホテルで、一番のお気に入りは

バリ島の...ハード・ロック・ホテルです!


マングーは、沖縄で生まれて育ったので

やっぱり温かくてのんびりした所が好きです。

マングーは、1歳半のときにハワイにつれて行ってもらったらしいですけど

あまりおぼえていません。でも、3歳で連れて行ってもらった

バリ島はおぼえています。

マングーのお母さんは、若いときにバリ島に住んでた事があるそうで、

お母さんのバリ人のお友達が、ずっと一緒に居てくれました。

お母さんのおともだちは、お母さんの名前を自分の子供の名前にしました。

そのお友達と、お母さんは、バリ島でばくだんテロがあった時から

れんらくが取れないそうで、お母さんは心配しています。

でも、マングーはきっとまたみんな会えると思います。

マングーが行った時は、新しくできてた、ハードロックホテルに

泊まりました。お母さんが住んで居たときはなかったそうです。

マングーは、そこで毎朝おいしいくだものを食べた事や、

プールの水につかったまま、飲みものをのめるカウンターがあったことが

いまでも、わすれられません!


やっぱり、マングーは、温かい所がすきです。

早く早く、沖縄に帰りたいです。

そして、もっと温かい所へ行きたいです♪