自動審査の消費者金融で即日融資

自動審査の消費者金融で即日融資


テーマ:
キャッシング の相談をやる人は少なくおまへん。キャッシングのコマーシャルやらなんやらも一般的になっていますわ。キャッシングに行き詰まり、相談機関に頼らざるをえへんちゅう人も少なくおまへん。消費者生活相談の件数を見てみても、サラ金やフリーロンに関やる相談は全体の1位ってなっていますわ。キャッシングやカードローンは、よりどエライ昔に比べるって、めっちゃ身近な存在になったんや。一回の金額がなんぼなんでも、キャッシングは借金でぇやるちゅう事実は変わりまへん。借入金につく利息が大きくなれば、返すべき金額も大きくなんねん。キャッシングを利用やる時は、いつまてになんぼの返済をやるかを踏まえて無理なく借りるこってやねん。キャッシングを利用やるだけぇやったら、一定金額の収入がやればどなたはんせやけど手ぇ軽にでぇきまっけど、借りすぎあらへんうに用心をせな返済に行き詰まってしまいますわ。キャッシングの相談内容でぇは、うち族に知られへんやうに借りるちゅうケースが多いやうやねん。どなたはんにも助けを求められんと、事態が深刻化してなおすこってが多いやうやねん。クレジットにかかわる相談は、なかなか身内にも話せまへんし、一人でぇ問題を抱えてずっって悩んでぇおる人も大勢いますわ。実際キャッシングやカードローンの支払いに困ったら、まずは専門の相談窓口に問い合わせしてみるこってが先決やねん。顧客専用の相談機関を作って、キャッシングの相談を行っとる会社も存在してんねん。おのれの手ぇに負えへんやうな事態になっとるって感じたら、まや対策が取れるうちにキャッシングの相談機関を利用して、専門うちの助言を得るわうにしてみぃな。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
2013年(平成25年)4月から、祖父母等から孫等への教育資金を一括で1500万円まで非課税で贈与できるという特例措置が導入された。信託銀行が先行してそのための金融商品を発売し、続いて大手銀行や証券会社が参入している。

3年間の時限措置であることに注意
 この制度は、2013年(平成25年)4月1日から2015年(平成27年)12月31日の3年間の措置である。

 背景には、「高齢者世代の保有する資産を若い世代への移転を促進することで、経済活性化に寄与することを期待するもの」があり、基本的には、経済政策だという点を押えておこう。

 贈与者になれるのは、直系尊属(父母、祖父母、曾祖父母等)に限られる。受贈者(孫等)が30歳に達する日に金融機関の該当口座は終了し、使いきれなくても贈与者に残額を戻すことはできない。




こういう措置が、期限付きなのがちょっと納得いかないな・・。

お金を持ってお墓に入るわけにはいかないんだから、
孫にでも使ってやったら、それは生きたお金になると思うんだけどな。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
女性の社会進出が進み、今や女性一人でも不自由なく暮らしていける時代。それでも結婚を選んだ女性たちは今、結婚にどのようなメリットを感じているのだろうか。マイナビニュース会員の既婚女性200人に聞いてみた。

Q. 「結婚するメリット」はあると思いますか?
はい 79.5%
いいえ 20.5%


Q. それはどんなメリットですか? 結婚してよかったと思うことを教えてください。

■精神的な安心感
・「家に人がいる、お互い協力し合える相手がいる、何があっても味方でいてくれる人がいる、という絶対的な安心感」(30歳女性/電機/技術職)
・「いつでも頼れる誰かがいると思うと安心して、家庭以外のことに集中・頑張れる。生活に劇的な変化はないが、なんとなく精神的なゆとりが生まれた」(28歳女性/食品・飲料/秘書・アシスタント職)
・「老後に対する安心感。特に私は一人っ子なので、一緒に生きていく相手が見つかったのが良かった」(34歳女性/商社・卸/秘書・アシスタント職)
・「一人ではないという精神的安定感と充足感がある。1人の時は料理をほぼしなかったが、結婚後は食べてくれる人がいるので作るが苦ではなくなった。頑張りの原動力にもなっていると思う」(31歳女性/人材派遣・人材紹介/販売職・サービス系)
・「仕事でつらいことがあったり、病気で弱っているときにそばにいてくれたりして心強いなと思います」(26歳女性/運輸・倉庫/事務系専門職)
・「帰る場所がある。おかえり、ただいまを言い合える。何があっても自分の強い味方がいて、なんでも相談できる人がすぐそばにいること」(29歳女性/ソフトウェア/技術職)
・「親も自分も安心する」(27歳女性/金融・証券/専門職)


■経済的な安定
・「収入が2倍になるので、いい暮らしができる」(28歳女性/団体・公益法人・官公庁/技術職)
・「家賃や光熱費などの経済的な負担が減る」(29歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「同棲するより公的な補助が受けられる」(28歳女性/食品・飲料/営業職)
・「自分がやりたい仕事が収入が少ないものだったので、主人の収入で生活をさせてもらい、自分の好きな仕事ができている」(33歳女性/団体・公益法人・官公庁/販売職・サービス系)
・「女性の場合、1人だと経済的に心配なので早く結婚した方が良いと思う」(28歳女性/生保・損保/秘書・アシスタント職)
・「仕事を失っても、旦那に助けてもらえる」(25歳女性/金融・証券/営業職)
・「仕事がなくても旦那が働いているから」(28歳女性/印刷・紙パルプ/秘書・アシスタント職)


■孤独や焦りからの解放
・「家族がふえて、孤独感から解放される」(32歳女性/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)
・「これから結婚できるのかなど婚活への焦りがなくなった。休日に必ずデートできるから寂しくない」(26歳女性/金融・証券/営業職)
・「孤独死は最悪免れるかと……」(37歳女性/金融・証券/営業職)
・「『結婚しなきゃ』という焦りから解放されて、仕事に趣味に打ち込める」(28歳女性/食品・飲料/その他)


■愛の結晶
・「子どもを産んで育てることができる」(30歳女性/自動車関連/事務系専門職)
・「安心して子供を産めること。育てられること。この先ずっと独身なのではないか、誰からも必要とされていないのではないか、という心配がなくなったこと」(26歳女性/学校・教育関連/専門職)
・「こどもの笑顔に癒やされます」(47歳女性/主婦)
・「子供がいる生活! まず、寂しい老後はなさそうという妙な安心感」(36歳女性/情報・IT/事務系専門職)
・「子供ができて家族でお出かけとかしてるときが幸せだと思います」(31歳女性/食品・飲料/販売職・サービス系)


■愛する人との生活
・「好きな人と一緒にいられる時間が長い」(27歳女性/食品・飲料/その他)
・「トキメキが毎日ある」(29歳女性/医療・福祉/専門職)
・「朝起きて隣に夫がいてるのが幸せ。寂しくない。一人じゃないと思える」(31歳女性/金属・鉄鋼・化学/秘書・アシスタント職)
・「一緒に過ごせて楽しい。笑いがある。自分のことを理解してくれる人がいる」(32歳女性/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)
・「彼氏であった人と夫婦として扱われるのがいい(震災の時に実感)」(29歳女性/不動産/事務系専門職)


■人として成長できる
・「子供ができて親になることで親のありがたみがよくわかったこと」(34歳女性/食品・飲料/事務系専門職)
・「自己中じゃなくなる」(27歳女性/学校・教育関連/専門職)
・「自分以外のために頑張れて、気持ちがまるくなった気がする」(24歳女性/その他/クリエイティブ職)
・「自分以外の他人と暮らすことで忍耐力がつく」(49歳女性/電力・ガス・石油/事務系専門職)
・「お互いに今までとは違った成長する機会が与えられること」(29歳女性/食品・飲料/販売職・サービス系)


■世間体
・「社会的地位」(25歳女性/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)
・「周囲の人に一人前のように思ってもらえるからです」(24歳女性/医療・福祉/秘書・アシスタント職)
・「既婚者という肩書きが得られること」(29歳女性/商社・卸/秘書・アシスタント職)
・「独身者よりはしっかり者に見られる」(28歳女性/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)
・「結婚し、出産し家族をつくることができた。やはり結婚して初めて社会的に認められた気がする」(30歳女性/通信/事務系専門職)


■総評
結婚のメリットを聞いた今回のアンケート。圧倒的No.1は「精神的な安心感が得られる」というものだった。「頼れる人がいつも側にいる」「一人じゃない」「帰る場所がある」といった安心感を挙げた人が大多数だったが、「孤独死から免れた」「婚活しなくて済む」といった独身ならではの悩みから解放されて、ホッとしている人も少なくないようだ。また、親を喜ばせることができて安心したという声もあった。

次に多かったのは「経済的に安定する」というメリットだ。この回答者のほとんどは仕事を持っていたが、「収入をあまり気にせずに自分の好きな仕事を選べた」「万が一の場合は、助けてもらえる」というように、仕事のプレッシャーを半減できるのは大きなメリットだろう。結婚することで税制面のメリットを受けられた、別々に暮らすよりも経済的、という意見もあった。

また、子どもを持てるのも結婚すればこそだ。子どもに必要とされることで、自分の存在意義を再確認できたという人、老後への安心感を得たという人、子どもの笑顔に幸せを感じる人など、そのメリットはさまざまだった。このほか、「大好きな人と過ごせて幸せ」といったなんとも羨ましい回答や、男性版アンケートで目立った「世間体」という回答も寄せられた。

何かあった時に頼りになるのが家族。生きていく上での様々なリスクに備えられるのが、女性にとって最大のメリットなのかもしれない。

調査時期: 2013年5月27日~2013年5月31日
調査対象: マイナビニュース会員
調査数: 女性200名
調査方法: インターネットログイン式アンケート



結婚して、働かなくてよくなることは、あり得ない。
よほどの役員クラスのダンナをゲットしない限りは無理じゃないかなあ。

とくに都内に住み続ける場合はね・・。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

・暗い人……私たちの身の回りには怖いことがいっぱいある。だから、自分の頭の中をコントロールできずに、たえず悩んでいる人は自然と暗くなる。逆にそれに果敢に立ち向かえる人は明るくいられる。


・片付けができない人……混乱を整理できない人は片付けも下手。前にも書いたが、机の上、引き出しの中、車のトランク、冷蔵庫の中などを見れば、その人のお金との相性が分かるものだ。


・ドカ喰いをする人……欲望をコントロールできない人は散財する。その典型例が食欲である。食欲に抵抗できない人は、お金の魔力にも翻ろうされてしまう。


・酒にのまれる人……酒を飲みすぎれば、脳細胞は破壊される。思考を失った人間はコントロールを失う、というよりも、自分をコントロールするなんて気持ちすらおきない。


・カッとなる人……人は感情的に反応することで思考を省略する。感情を爆発させることで、冷静に考えることをやめてしまうのだ。怒り→衝突→不信→自己嫌悪のサイクルで、人生はみじめなドラマに仕立て上げられてしまう。


・すぐに落ち込む人……軸がないと人は小さな揺れにもすぐへたってしまう。信じること、辛抱すること、待ち続けることなども、資産形成に必須の行動である。

以上のことを良く覚えておき

明日から、お金に苦労しない自分になります(^^♪

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

私たちは幼少のころから「お金を求める心は汚い」と刷り込まれて育てられています。童話や子供向けの物語に出てくる、お金をほしがる人は、多くの場合、悪者で、最後は痛い目にあったりしていませんでしたか?
お金を「不浄」のものとして嫌うのは日本の古来の思想ではないはずですが、私たちの意識の奥には、お金を求めることを忌み嫌う気持ちが植えつけられてしまっているのです。
ですが、どうしてお金が汚いはずがあるでしょう。お金は私たちの衣食住を備えるための権利でもあります。家族を守るために必要なものでもあります。嫌う必要はないですし、お金をほしがることを恥ずかしがる必要もありません。

お金が貯まらない人は、心の奥にあるお金を忌み嫌う気持ちを一度見直してみてくださいね。
その気持ちを解放するのは鑑定士・ヒーラー・カウンセラーの仕事です。あなたの深層意識の中にある罪悪感を手放すお手伝いをして差し上げます。私の方でもカルマのリリースをサポートしておりますので、いつでも気軽にご連絡いただければと思います。
実は、金運も他のすべての望みと同じ。明確に望むこと、そして望みに対する罪悪感を取り除くことが大切なのです。




本気でお金が欲しいと思って人っているんですか?・

私は本気でお金を求めていますが

金運が悪いです。


頼りになるのはここしかない↓↓


お金 借りる ならココ


いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。