茶と猫と。

  ・・・中国茶好きのお茶日記

NEW !
テーマ:
この日のお茶は、香寿(こうじゅ)という品種で作られたほうじ茶。お茶の色からも想像できるように、飲み慣れたほうじ茶とは異なる楽しみが隠れているお茶です。

急須


きゅっと背中を丸めてわずかな陽光で暖をとっている外猫の茶トラさん。なんとなく浅煎りのほうじ茶が飲みたくなる毛色です。


茶トラ


どうやって暖をとって真冬を乗り越えているのか気になります。どこかに寒さをしのげるお気に入りの場所があればいいのだけれど。


パッケージ


茶猫は温かいお茶で暖をとります。茶湯の色は透明感のある深い黄金色からだんだん栗色へと変化していきます。


茶葉


茶葉がくりくりしているのは、釜炒り製造した荒茶を原料に焙煎しているから。緑茶も蒸し製よりも釜炒り製の方が好きなので、この香りに惚れ込んだのも納得です。


茶


温めた急須に茶葉を入れただけで立ちのぼる香りに二度見ならぬ二度嗅ぎしてしまいます。お茶を注いだ後、急須のフタの裏があまりにいい香りがするので、何度も確認してしまうほど。


茶


一煎目はほっこり軽やかな焙煎香に隠れてほんのり華やかな香りを感じます。飲み込んだ後、すーっと鼻から抜ける香りにはっきりと花香があってはっとさせられます。


味は確かにほうじ茶なのに、中国茶を思わせる華やかな香りを持つ、何とも贅沢なほうじ茶です。


パンフ


先日の日本茶アワードでプラチナ賞を受賞したお茶ですが、日本茶アワードで購入できなかった方は、今週末のエコ茶会でお目にかかることができそうです。


はがき


ふじのくに山のお茶100選にも入選しているので、エコ茶会では静岡県中山間100銘茶協議会のブースで販売されるとのこと。


ねこ


とろけるような表情でちら見している猫さんは、すっかり電気毛布のとりこ。動物病院でのアドバイス通り、お腹を冷やさないようにしているのはいいことだけど運動不足になりそうです。


葉


二煎目は香寿特有の品種香が際立っています。ジャスミンを思わせる強すぎない華やかな香りが前面に出て、ほうじ茶っぽさが隠れつつあります。


ポストカード


中国茶愛好家は、日本茶アワードでも香りのお茶部門に惹かれる人が多かったようです。地球にやさしい中国茶交流会(エコ茶会)では、中国茶好きも魅了する香りに特徴がある日本茶もみどころのひとつかもしれません。


地球にやさしい中国茶交流会は12月10日(土)~11日(日)です。


▼地球にやさしい中国茶交流会
https://ecochakai.jp/


~ご訪問ありがとうございます~

にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(2)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。