Norway column vol.7 - visit Bergen -

テーマ:

Hei ! Norway!

Go to Bergen! 

 

フィヨルドツアーでたどり着いた先は

ベルゲンです。

ノルウェーの第2の都市とも呼ばれています。

 

 

 

カラフル、ハッと目を惹くアートをお届けしたいと思います。

行ってみよ〜う♪♪

 

{1C313F2F-5BC6-4499-946C-058E42C4C5B3}
額縁に収まりきらない空。
 

 

{F96DCE40-2233-46D3-892A-C65C299ED4B3}

(How are you?)

 
{0CDAFF23-3266-42B9-86BD-673C439EABEA}
室外機カバーもてづくりかな〜
 
{E287A201-44AB-43B3-9893-CDD0FB9E2994}
Hei~!
 
{DAAD1430-802A-44DB-AEE8-F7834E1D5A99}
落書きは至る所にありました。
独特な絵が多い!
 
{CDA213D6-8009-48EC-8EE6-516933CE9368}
スタジオ発見!
お休みで残念..。
 
 
 
* Bergen の 気候
image
2月の気温(参考) オスロよりも温暖!
 
雨が多く、しっとりした気候と予習していました。
予報も雨マーク雨がいっぱいで覚悟してましたが、、、
まさかの晴れパワー炸裂....!
全日お日様に会えました!!
 
{49A31EF0-A663-4F82-8DDF-0168D57BCA09}
お家たち。
こだわりがたくさんみえます
シンプルで美しい♡
 
 
 
* Bryggen!
{7F5D4FC0-FDE2-4082-B195-73A3DC9FB412}
 
what's Bryggen ?
 
ブリッゲンとは、ノルウェー王国ベルゲン旧市街の倉庫群。ブリッゲンはノルウェー語で埠頭という意味で、ハンザ同盟時代ドイツ人街だった地区に、カラフルで奥行の深い木造倉庫がならんでいる。建物は伝統的な技法で修復されており、現在も商店やレストラン、ミュージアムとして使用されている。
 
 
あれ。。。。
これでもよく見て...
なんかへん...??
 
これは工事中のカバーでした!!カバーも同じ柄にしちゃうなんて...
小粋にもほどがあります〜

 

 

{EEF3C117-27A2-40DD-B73D-3DF43D6CE2F0}
青空♪
 
 
 
* Mount Floyen
{684E8C2D-539E-4E52-A35F-681D09783504}
フロイエン山も見えます 
頂上までケーブルカーがあります。
歩いても登れるけど、敢えて乗ってみました!
 
{02888EE3-92D7-4573-9FEB-F93EAC46F436}
日が暮れました
とても静かで穏やかです
ピアニッシモ。

 
 

* Bergenhus Festning (フス城)

衣装がカラフル!

ルールが分かりません!

 

{795533FD-968E-40A2-ADA3-F4675FE2643A}
こちらはフス城にある
大砲のレプリカ。
 
 
 
* petit art of Bergen 
{D85FFB83-C67C-44AF-B705-262C655AA565}
zzzzzzzz......
 
{8D5E18BC-12E7-4D5F-82C1-C7D6976DC97A}
zzzzzzz.......
 
 
image
現代アート展、覗いてきました。
Road to Victory by. Antonis Pittas
 

{5E02654D-66E2-4423-8DFB-C220FB0B37E1}
触発されました。
 
 
 
 

オスロと比べると
学生さんやアーティストが多いようなきがします。
アートはすぐそばに溢れています。
 
 
 
 
 
次回は、ノルウェー生まれのミュージシャンの旅に出ます♪
 
 

------------------------------------
 
 
 
すこしずつノルウェー記をつづっていきます。
興味を持って下さった方、クリックして下さった方
ありがとうございます。
 
 
Thank you for visiting my blog!


charu : contemporary tap dancer

[ YouTube ]
https://m.youtube.com/user/charurun3

[ HP ]
http://depperbach3mov69.wix.com/charu

 

AD

Norway column vol.6 - Fjord tour 2 -

テーマ:

Hei! Norway!

go to bergen.

 

 

フィヨルドツアーつづきです

タップしてきました♪

 

 

 

 

* Fjord 観光船 

 

乗り継ぎ

今度は船に乗ります!

Flåm station

↓ 

Fjord 観光船 

 

 

乗り継ぎ時間が1時間ほどあったので

ウッドデッキでちょっとタップを堪能♡

 

Fjord tap

周りは人工の音が少なく

観光客もまばらで少なく

 

贅沢にウッドデッキ貸し切りました!

 

映像ではちょっとだけですが

しばらくこの大自然を踏む気持ちよさを全身でたのしみました。

 

 

 

 

* いよいよ船に乗ります

 

船長さ〜ん!安全運転おねがいしま〜す♪

それにしても絵になります。

 

 

 

 

船からみた景色!

船の穴から撮ってみました。

 

 

 

 

違う穴からも覗いてみました♪

 

 

 

写真もたくさん撮りましたが、いまいち伝わりません笑

一応これでも厳選したつもり....

 

かわいいおうちが

点在してました

どんな暮らしをしているんでしょう...? 訪問してみたいな〜

 

流氷

ごりごりごりごり.....って音がします

 

 

 

 

ず〜〜〜っと眺めていられる世界遺産の景色ですが

なんといっても真冬!!

船上はさむいんです.......

 

 

なかにあるカフェでひとやすみ。

 

 

韓国産のカップヌードル。

何年ぶりのカップヌードル?

冷えた身体を包み込んでくれました。

有り難や..

 

'' 寿司箸 ''

という言い方は初めて聞きました。

 

 

 

あったまったら

また景色を見て

あっという間にGudvangenに到着

 

 

 

 

降りたあとも乗っているようなふわふわ感〜..

それにしても、降りても凄い景色!!

 

 

 

船長さ〜んありがとう!!

 

 

守り神がいました。

木製で大きい!!

 

 

 

*At last go to Bergen!

 

ここからはもうまっくらで、写真がありません。

船の次はバスに乗ります。

 

Voss

Bergen

 

 

道路ではRound aboutと呼ばれるものがたくさん出てきます。

信号の変わりのもので、回転して行き先を変えられる画期的なシステム!

渋滞緩和にもなるんだとか。

運転がすきな方は詳しいと思います。

みていておもしろい!

でも何度も出てくるので正直乗っていると目が回ります笑。

 

※こんなサイト見つけました♪興味のある方ぜひクリック♪

http://hashirikata.com/51rule.html

 

 

 

Voss station に到着したら、最後の電車でBergen stationまで向かいます。

ここまでのチケットは、旅行会社が全て手配してくれていたので

チケットを買う手間を省けるし、迷いすぎて乗れない!なんてことがありませんでした。

初めていくならツアーを利用するのもありですね♪

 

 

Bergen station からはとっても近いホテルだったので

真っ暗でもちゃんとたどり着けました〜!!!

 

 

 

 

 

 

長いフィヨルドツアーにお付き合い頂き

ありがとうございました。

 

じかいは

いよいよ可愛い街、ベルゲンを旅します♪

 

 

 

 

 

 

------------------------------------
 
 
 
すこしずつノルウェー記をつづっていきます。
興味を持って下さった方、クリックして下さった方
ありがとうございます。
 
 
Thank you for visiting my blog!


charu : contemporary tap dancer

[ YouTube ]
https://m.youtube.com/user/charurun3

[ HP ]
http://depperbach3mov69.wix.com/charu

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

Norway column vol.5 - Fjord tour 1 -

テーマ:
Hei ! Norway!
go to Bergen.
 
 
オスロを出て、1日かけてベルゲンへ移動します。
フィヨルドツアーはセットになっているものがあります。
ひとくちにフィヨルドツアーと言っても、ルートがいくつかあるそうです。
よく知っている方はルートを選んで行くのかもしれないですね!
 
※ 今回はフィヨルドツアー付き、航空券、ホテルがセットになっているものを選びました。
 
 
 
世界遺産!!
what's フィヨルド ?  : Fjord
 
ノルウェー語で「入り江」という意味をもつフィヨルド。約100万年前の2000~3000mもの厚さの氷河が約1万年前に溶け出し、海側に移動する際、その重さで谷底がU字型に削りとられ、そこに海水が入り込んで形成されたとされる地形です。幅に比べ距離が長く、海抜1,000mを超える崖が連なり、海面下は1,000m以上の深さのところもあります。
 
 
 
 
* 時間はこんな流れでした!!
 

8:25 発 bergen 鉄道 

12:58 着 Myrdal station

 *

13:05  Flåm 鉄道 

13:55 着 Flåm station

 *

15:00 発 Fjord 観光船 

 *

17:00 着 Gudvangen 

17:25 発 Gudvangen 

 *

18:20 着 Voss

18:40 Bergen 鉄道 

19:57 着 Bergen 

 

 

 

 

 

 

* Oslo to Bergen

 

オスロ中心駅 ( Oslo sentral )を出発!

 

この駅の素敵なところは、至る所にスロープが多いこと。

バリアフリーは徹底しているのはもちろん、大きなスーツケースを持った人も

スムーズに移動ができます。

 

 

 

{DD921B12-750B-496F-B434-4C57338AAAA7}

こんなかわいい鉄道に乗ります♪

Bergen rairline

 

 

まっっっっしろな世界を堪能♡♡

やっぱり雪が大好き

幻想的で堪らない......

 

 

 

オスロ付近は雪がたくさん降っていました!!!
このスポーツは定番なのでしょうか?!
楽しんでいる人がたくさんいました。
 
風に乗ってスキーを滑っています!
木に引っかかりそう?!
でも
すごくきもちよさそう〜〜〜〜〜♪
 
 
 
*乗り換えは目の前!
 

Myrdal station

Flåm station

 
乗り換え時間の短さにどきどきしましたが、目の前で余裕がありました♪
 
 
趣がある素敵な列車でした。
むかしからあるものを大切にしています
 
赤いシート
木のかおりがします
 
 
途中でベストスポットへ立ち寄ります。
'' 2分しか止まらないわよっ'' て案内の方が。
 
とにかくがりがりに凍ってます!!!
 
2次元では到底伝わりませんが..
とにかく大自然のパワーに見守られ
たいせつなことに気付かされる壮大な景色。
 
 

 

側面に、通った道がかいてあります

自然とマッチしたカラーがすてき!
 
 
 
 
 
壮大なフィヨルドツアーは
2回に分けてお送りします。
 
 
 
 
 

------------------------------------
 
 
 
すこしずつノルウェー記をつづっていきます。
興味を持って下さった方、クリックして下さった方
ありがとうございます。
 
 
Thank you for visiting my blog!


charu : contemporary tap dancer

[ YouTube ]
https://m.youtube.com/user/charurun3

[ HP ]
http://depperbach3mov69.wix.com/charu

 

AD

Norway column vol.4 - visit Oslo -

テーマ:
Hei ! Oslo!
I visited visitor center.
 
{4CFBD064-BF96-484C-B0A1-A8620A09F287}
 
* Oslo visitor center(観光案内所)
 駅の中にあってとっても便利。
 朝いちばんで訪れました。
 
 
 
・マップ、観光スポットのお知らせをもらえます。
 
・オスロパス(観光スポットを割引で回れます)もゲットできます。
オスロパス
 
 
 ・今日、無料で回れる観光スポットなどをチェックできます。
 
 
 
 
 
・オスロのアプリ!
{FC0DE3A2-E12F-46AD-A996-92527B7081C4}

 
visit osloで出てきます。 (オフィシャルアプリ)
オスロのマップ、おすすめスポットが簡単に検索できます。オスロパスを電子化できます。
 
 
 
* オスロパスとは..??
主に、 1日主要な観光スポットを無料で回れるパスポートです。
3ヶ所以上巡りたい方にはお得?!とか。
 
 
回りきれないかな?電車にあまり乗らないかな?レストランへ入るのかな?
など、ふらり街歩きたい派にはあまりおすすめしないです。
あまりお得感はないかもしれないからです。
よく調べて金額を比較すると良いと思います。
 
 
 
 
 
 
* Let's 観光!
 
 
・オスロ中心部付近
 
駅の中心部付近に、主要な観光スポットが集まっています。
電車、トラム、バスを駆使しても面白いけれど、徒歩でだいたい行けちゃいます。
街並みや、空気を味わいたい方にはお散歩がおすすめです。
 
 
 
 
* お散歩したところを写真で振り返ります♪
 
 
 
 
* The Norwegian National Opera & Ballet (オスロオペラハウス)
{1855B0E1-6287-492F-8BD4-8EC9B8DA9914}
斬新な近代建築、とよく案内に書かれていますが、本当に斬新でした笑
詳細をぜんぶ知りたくなるような佇まい。
 
ものすごーーーーくながーーーーーーいスロープもあります。
実際に劇場で作品を観たかった!ですが今回は観たいものをやっていませんでした..
 
でも外観だけでも訪れる価値あり!
 
 
 
 
The Norwegian National Opera & Ballethttp://operaen.no/en/
 
 

 * 土管..?
{F01F9E01-3BB1-4222-8085-AA04593B7DD6}
 
 
 
 
*市庁舎前
 
*バス
{20E32398-175F-4673-B117-6F3B6F1B50D1}
 
 
 
 
*市庁舎前のカモメ
{000C8A51-0485-4B51-9826-3556E2907926}
 
 
 
*オスロコンサートホール
{A66F8809-760D-4423-971D-AC232E777BBE}
 
{B6FEA053-8C15-45E1-BB7D-6EF966EF1023}
wow! Metheny will come?! omg!
 
 
 
*wall art near the nobel peace center.
{80825DE4-EE29-48E7-AF16-74132051BCB1}
 
 
 
* ここ
{3CFA4E8A-2169-4854-9CF8-11B31EE55544}
 
 
 
*電信柱もセーター着ます。寒いからね。
{27CE295F-D211-4AD6-9E16-A0488FAA87EB}
 
 
 
* munch art museum
{48C7507F-CE46-4565-BA9D-CE7BBDBC12AA}
ムンクといえば、叫んでいる絵画で有名ですが、ムンクさんはノルウェー出身です。
 
エキシビションは、ただムンクさんの作品を並べるのではなく、現代にムンクさんがそこにいるかのような画期的な展示でした。
そういう目線を持った人が集まる街♪素敵すぎます。また観に行きたいです!
 
 
 
*Jazz record shop
{6B180273-CB83-4324-B93A-70A401399C41}
下調べしていたお店。
 
行こうと思って行ったのではなく、偶然吸い込まれたら発見♪ lucky!!
Jazz好きは訪れるべき、隠れ家みたいなところ。
何時間でもいたい〜♡とにかく素敵なお店でした。ここもまた行きたい!!
 
 
 
 
*Jazz 聴きに行きました。
{B6B07E53-5829-404B-980F-CDC01911BEC1}
 
 
{418399F5-0EB9-4C57-AD6C-158A568C7D54}
 
{0B3CE803-2C7E-4908-B470-0F7AA4124A4E}
今日はfree jazzでした。
もっといろいろ聴きたかったなぁ。
 
 
 
* 今度はフェスティバル時期に訪れたい。。
{09BCC7AF-E8F4-4C4E-847A-FCFBD41F08B7}
 
 
 
 
 
*地面のアート
{46F617FD-58D7-4A3A-AA8B-E5EAC4B5FDB5}
 
 
 
 
 
*freezing !
{77EFA104-43F0-4957-B86D-2FD223CBA18A}

 
 
 
* チンアナゴ..じゃないよ。
歩道でよく見かけました。
凍らない対策なのかな〜?
{7E442EA9-F591-4756-9654-DFADFD0FFE0B}

 
{5EEE509F-B7AC-4DEC-83E8-24F3B77B7DB9}
 
 
 
 
* スーパーのピーマンとFjäll Räven(フェールラーベン)が同じ色合いでした。
{1D68057C-D89A-4373-8A65-CC6E187D15FB}
 
{02B3047F-E273-4323-A4D0-CD7675717AEB}

 
 
 
とりとめない、ごく一部の写真たちでした。
実物の美しさ、大きさ、素朴さ、匂い
これはやっぱり訪れることを越えることはないなぁ..と改めて実感しました。
 
旅って
素敵。
 
 
 
 
 
つづく。。
 
------------------------------------
 
 
 
すこしずつノルウェー記をつづっていきます。
興味を持って下さった方、クリックして下さった方
ありがとうございます。
 
 
Thank you for visiting my blog!


charu : contemporary tap dancer

[ YouTube ]
https://m.youtube.com/user/charurun3

[ HP ]
http://depperbach3mov69.wix.com/charu


 
 

Norway column vol.3 - Oslo in winter -

テーマ:
Hei !
Oslo in winter.
 
{8F5F30CF-02FC-4F81-B5EB-BEE3F8620C76}

 
 
 

* 2月の気候


つねに、マイナスのマーク。
太陽にはなかなか会えません。


日の出、日の入の時刻 目 !




実際は...


こ〜んなに美しいですキラキラ 
 (AM 9:00 前後のようす)

雪、レンガ造り、石畳のベストコンビネーション!!
この風景はず〜っと眺めていられます...
でもじっとしてたら、ほんとうに寒いです笑






* 何を着ていくべきか直前まで迷う..

おしゃれしたいけど、凍死したくない..!
 
現地の人たちは、赤ちゃんの頃に冬の外でお昼寝をさせるそうです。
理由はもちろん、寒い気候に慣れさせるため。そんな現地の方々に到底かなわないので.......

役に立ったのは登山用グッズ
made in Japanで日本人サイズに合う ''mont-bell'' はとっても着心地が良かったです。




*着たもの



・綿素材のものは風を通し、汗をかいた時に汗が凍るらしいので (!!)
化繊を選びました。

・''ブーツ'' は軽くてあったかいものがたくさん売っているので
履き心地の良いものを選ぶことをおすすめします。

・雨雪を防ぐためのものと思っていたら、防風のすごさにびっくりの''レインコート''
どうしても寒いときにダウンの上に羽織りました。
脱ぎ着が楽でとっても軽いので大正解でした。




*アンダーウェア対決



・登山用のアンダーウェアはとっても高機能で、洗ってもへたれないので文句なしです。

・UNIQLOは本当にあったかいの?と不安でしたが、なかなかの暖かさでした。とくにタートルネックはマフラーより首に密着していて、簡単に防寒できました。




*防寒!

おきにいりです♪



この基本のものたちに、Tシャツや襟付きシャツなどを着ました。
 
 
 
もちろんパンツの下にスパッツは欠かせないです!!
こちらもアンダーウェア同様、乾きやすいものをおすすめします。
 
 ホッカイロも忘れずに。
 
 

旅中はいっぱい見てまわりたいので
かさばらず、たくさん歩いても疲れにくいものが良いです〜^^!



* それでも寒いときは..
建物の中に入ります。
大抵、最新の暖房器具が付いてるので暖かいです。
 
 
 
 
 


※個人的な感想です。
防寒には個人差があると思います。
オーロラが見られる場所へ行くにはアルピニスト並みの防寒が必要です。







 
------------------------------------
 
 
 
すこしずつノルウェー記をつづっていきます。
興味を持って下さった方、クリックして下さった方
ありがとうございます。
 
 
Thank you for visiting my blog!


charu : contemporary tap dancer

[ YouTube ]
https://m.youtube.com/user/charurun3

[ HP ]
http://depperbach3mov69.wix.com/charu