2011年06月25日(土) 09時56分56秒

ACミランの旅 Vol.11 ~最後の晩餐~

テーマ:ブログ


ダ・ヴィンチの残した偉大なる絵画『最後の晩餐』を見るために、サンタマリア・デッレ・グラツィエ教会に向かう。が、その前にミラノ観光の名所の一つであるスフォルツェスコ城=Castello Sforzescoに立ち寄りました。

ここにはミケランジェロの最後の作品となった「ロンダニーニのピエタ」やダ・ヴィンチが制作した「アッセの間」を初めとする多くの見所があるにも関わらず、私達は知らずにそそくさと立ち去りましたので数点だけ内部の様子をご案内します。

詳しくはこちらのページに素晴らしく掲載されておりますのでご覧下さい。
「宮殿めぐり&城ものがたり」様のページ
写真は正門前広場



高い城壁に囲まれたスフォルツェスコの中央にそびえるフィレーテの塔。ここから城内へと進みます。



ミラノの守護聖人 聖アンブロージョの像でしょうか?勉強不足ですいません。



華やかなお城というよりも要塞をイメージさせる威圧的な壁、壁、壁。



しかし中に進むにつれ、こうしたやわらかな中庭もあります。



こうしたアーチのある回廊がいかにもヨーロッパ的で良いですね。シンプルであるのだけれど雰囲気は抜群で、しばしこの中に佇んでおりました。

さて、この程度でここを離れてしまう私達・・・。いよいよ名画とのご対面、教会まではこのスフォルツェスコ城からすぐの所です。



サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会=Chiesa di Santa Maria delle Grazie

「最後の晩餐」は、この修道院の壁に描かれています。しかしブログ者としては残念ながら一切の撮影は出来ません。それどころか中に入ってから絵に辿り着くまで、ガラス張りの通路と区間を通過して行きます。おそらく気温や湿度を徹底的に維持する為だと思われます、厳重です。



※出口の所に掛けられた縮小版です※ これを撮っても意味は無いのだけど一応。

体験した感想はというと、まずその大きさですね。TVで見た時はさほど大きく感じなかったのだけど、実物はかなり巨大で圧倒されます。修道院の壁の一辺に描かれたこの絵画(フレスコ画では無い)は、ご存知の通り遠近法で空間ごと演出されているのがよくわかりました。
ちなみにこの「最後の晩餐」は、先ほど寄ったスフォルツェスコ城主・スフォルツァ公の依頼により制作したものだそうです。
しかしレオナルド・ダ・ヴィンチは天才を遥かに通り越しているな。

私の無知により、かなり旨味成分の抜けた記事になりました・・・。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

カシマミランさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。