2011年03月28日(月) 12時15分35秒

ACミランの旅 Vol.7 ~Piazza della Scala~

テーマ:ブログ


LA SCALA!! 世界に名だたるイタリアオペラ界の最高峰の劇場です。日本での表記は「ミラノ スカラ座」ですね。
スカラと言えばジュゼッペ・ヴェルディ「アイーダ」、プッチーニの「トゥーランドット」等を思い出します。歴史に名を残したディーヴァ、マリア・カラスや指揮者カラヤンでさえもブーイングを浴びた程、スカラの観客は厳しかったそうです。



わたしが訪れた時はスカラの上演シーズンに入っていたのですが、ジャンニ・ヴィアッジ社のツアー(はとバスのようなもの)に申し込んでスカラの中に入りました。

ここは3Fのボックス席のロビーのような所です。もう完全に中世にタイムスリップした気分になります。



スカラとの関係が深い作曲家等の胸像があります。華やかに装った貴族達が上演前にここで立ち話に興じている姿が目に浮かびます。
さぁ、そしていよいよボックス席からホールを眺めます。が、しかし、撮影は固くお断りという事なので、頂いてきた画像で雰囲気だけご覧下さい。



圧巻です!息を飲む迫力。これが本物の歌劇場です!
格式と威厳に満ち、細部にまで施された装飾美、数々の歴史に彩られてきたその重み。これが”LA SCALA!!”マリア・カラスの歌声が今にも聴こえてきそうでした。



興奮のままホールを後にし、続いて絵画等の美術品が飾られている部屋に案内されました。ちなみにここも撮影NG。そこらの美術館を凌駕するクオリティと量があり、見ごたえ十分です。
是非次は貴重なチケットを手にし、公演を見たいと心に思いながらスカラを後にしました。



Piazza della Scala スカラ前広場

この広場の中心に彼がいます。
世紀の天才Leonardo da Vinci=レオナルド・ダ・ヴィンチ!




銅像であるにも関わらず、彼がいるだけでそこを幾何学空間に変えてしまう存在感。まるで、まだ彼は何かを創造しているのではないか?という気さえしてしまいます。
ちなみにわたしのプロフィールページの背景に貼ってある画像は、彼の傑作の一つであり、個人的に好きな絵画である「受胎告知」です。



ダ・ヴィンチの右手にあるこの建物は銀行です。やはり周りの建物と比べて少しお堅い感じがありますが、この広場にうまく溶け込んでいます。



ミラノ市のマークに寄り添う天使、といった感じでしょうか。この街はとにかく彫刻が多いです。そしてどれをとってもそのレベルは高い。普通のアパートに装飾された彫刻でさえ、見とれる程のクオリティで配されています。



さて次回は、この奥に見えるアーケードに入って行きます。有名なガッレリアです!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

カシマミランさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。