1 | 2 次ページ >> ▼ /
2010年12月28日(火) 13時53分58秒

ACミランの旅 Vol.4 ~Montenapoleone-モンテナポレオーネ後編~

テーマ:ブログ


まずは最近東京でも人気のBOTTEGA VENETA
ディスプレイには、あの特徴的な皮の折込のモチーフが目立ちます。
ロゴが無くても一目でボッテガだとわかりますね。
私のまわりにも、ベネタのラウンドファスナー使っている人良く見ます。




ジョルジオ・アルマーニの脇道の方のデザインが気に入ったので撮ってみました。
伊達で粋ですよね(笑)この街を歩いていると、テナントって言葉を忘れますね。



ジョルジオの吹き抜け側、ちなみに右の辺の並びはLouis Vuittonのエントランス。



CHANELの前に行列が出来ていて、誰か有名セレブがお買い物でもしているのかと思い、覗いてみるも気配なし。おそらく推測ですけど、CHANELは一度に入れる客の数を制限しているのだと思います。



私が一番気に入ったFENDIのディスプレイ。
画像ではわかりにくいですが、憂いのあるマネキンの表情に惹きつけられます。
マネキンというよりドールの要素をかなり感じました。



ROLEXの店頭にはROLEX。日本時間だと、まもなく22時半。




まさかの地元にショップ無しか?と思ったDOLCE&GABBANA
VIA MONTE NAPOLEONEから一本外側の通りにありました。
しかし本店は激しい西日の影響で写真におさまらず、隣にあった2号店?の方を。
こちらはアクセサリーやコスメ、シューズや小物等が置いてあります。本店は超高級メゾンって感じで、かなり入りづらい。いや、入らなかった(汗)



さて次は、スカラ座からいよいよガッレリアと中心地ドゥオーモになるのですが。
そろそろミラネッロとかサンシーロとかサッカー方面の記事を書かないと・・・
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2010年12月24日(金) 11時41分29秒

ACミランの旅 Vol.3 ~Montenapoleone-モンテナポレオーネ前編~

テーマ:ブログ


地下鉄Montenapoleone駅から地上に出ると直ぐに目に付くのがこの
「ARMANI MANZONI 31」。
カフェやレストラン、書店にフラワーショップ等、
さながらアルマーニのデパートの様になっています。


Armani Via Manzoni 31. Milano

○LOWER LEVEL
ARMANI/Sony Gallery

○GROUND LEVEL
ARMANI/EMPORIO ARMANI
ARMANI/PROFUMI
ARMANI/FLOWERS
ARMANI/EMPORIO ARMANI CAFFE' (bar)
ARMANI/NOBU (sushi bar)

○FIRST LEVEL
ARMANI/ARMANI CASA
ARMANI/ARMANI JEANS
ARMANI/LIBRI
ARMANI/EMPORIO ARMANI CAFFE' (restaurant)
ARMANI/NOBU (restaurant)



ARMANI MANZONIの向かいにあるこの通りがMontenapoleoneです。
通りの入り口はやや寂しいので見落としてしまいそうですが、平日の午前でもない限り人通りは多いのでわかるでしょう。



VIA それは通りの事。あちこちにこういった通りを表す看板が出ているので地図を確認しやすい。
ここはもちろん、VIA MONTE NAPOLEONE。



こういった中庭のような、建物の中心が吹き抜けになっている造りがとても多いです。
この奥の吹き抜けにあるのは、Yves Saint-Laurent イヴ・サン=ローラン。



このラッピングされた建物はCartier。かわいらしいけど存在感もありますね
とてもカルティエらしい。



やはりミラノと言えば、こちらもお約束のGUCCI.



そしてPRADAも複数店舗を展開してました。from MILANOを一番強調してたのはプラダかな。
次回、更にVIA MONTE NAPOLEONEの奥へと進みます。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年12月24日(金) 09時51分37秒

ACミランの旅 Vol.2 ~素朴な日常~

テーマ:ブログ
ミラノ中央駅からDUOMO目指して歩いて行くと、駅前の大きな建物から段々と落ち着いた街並みに変わってゆきます。この街で暮らす人々にとって、それはほんの日常のひとコマにしか過ぎないでしょう。

$紫陽花Diary's-v1

日本で暮らす我々にとっては思わずカメラを向けたくもなりますが、ただの集合住宅です。

$紫陽花Diary's-v1

この街の歴史や文化をとても感じさせてくれます。

$紫陽花Diary's-v1

「最後の晩餐」のある、サンタマリア・デッレ・グラツィエ教会に行く際にお世話になったバス。

$紫陽花Diary's-v1

冬のミラノはとにかく寒い。北海道最北端の稚内と同緯度ですから、毎日氷点下でした。しかし慣れとは恐ろしいもので、本当にすぐに慣れます(笑)人々も元気いっぱいです。それから雪がとてもサラサラしているので、靴に水分があまり含まないで快適に歩けます。

$紫陽花Diary's-v1

このアーチを抜けると街の中心部へとたどり着けます。良い目印になりますね。

$紫陽花Diary's-v1


晴れ上がるとまた違った表情を見せてくれます。

$紫陽花Diary's-v1

こういったポップな建物もありました。青空に映えますね。

さて、次回は世界のファッションの中心地モンテナポレオーネです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。