こんにちは晴れ

 

院長の櫻井ですウインク

 

3/31に、これまで難治性気管支喘息に保険適応で使用されていた、

 

ヒト化抗ヒトIgEモノクローナル抗体製剤「ゾレア皮下注用」(一般名:オマリズマブ)

 

が、特発性慢性蕁麻疹の適応追加(12歳以上)しました。

 

それを受け、当院でも導入することとしました。

 

ゾレアは、気管支喘息の使用経験および臨床試験において大きな副作用も

 

ないことがわかっており、安全に使用できる注射製剤です。

 

特発性慢性蕁麻疹においては、「既存治療で効果不十分な患者に限る」と

 

されています。そのため、各種抗ヒスタミン薬や補助薬で効果不十分あるいは

 

副作用で継続できないケース、ステロイドやシクロスポリン内服が必要となる

 

ケースやそれでも効果不十分なケースにおいて適応となると考えます。

 

月1回の皮下注射により、難治例でもかなりの効果が期待できます。

 

この治療で最も問題となるのが費用です。1回の薬価が9万円程度(!!)です

 

ので、3割負担で27,000円程度要します。

 

そのため、このコストをかけてでもQOLを改善したい方、難治で自己負担の

 

少ない方(保険割合や受給券)、重度のアトピー性皮膚炎に合併する慢性蕁麻疹

 

があり高IgE血症のある方、が導入しやすいのではないか、と考えています。

 

本治療に関しては、完全予約制にて行っておりますので、ご希望の方はまず

 

診察の際にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD