侮れない虫刺され

テーマ:

こんにちはくもり

 

院長の櫻井ですニコ

 

季節柄減ってはきていますが、未だに多い虫刺され。

 

大抵はステロイド外用にて容易に治癒するのですが、時々こじれてぼこぼこ

 

の状態になるケースがあります。

 

これを結節性痒疹といいます。

 

逆に、結節性痒疹は虫刺されのみから生じるのかといえばそうではなく、

 

ベースに痒い病気があれば何でも起こり得るので、アトピー性皮膚炎や

 

あせも、透析患者さんの皮膚掻痒症などからも生じることがあります。

 

結節性痒疹はstrongest classのステロイド外用剤やステロイド含有テープ剤

 

を用いてもびくともしないことがままあり、そのような場合に、シクロスポリン

 

内服や光線療法を併用します。

 

ただし小児ですとシクロスポリン内服は、保険適応上難しいですし、副作用を

 

考えると使いづらいですから、光線療法を選択します。私の経験上、小児の

 

結節性痒疹は光線療法に対する反応は非常に良い印象があります。また、

 

副作用がほぼない(日焼け程度)という安全性からも積極的に使用しやすい

 

方法です。

 

お子さんの虫刺されや湿疹がこじれて治らずにお困りの方は、ぜひご相談

 

ください音譜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

さて治療は?

テーマ:

今日はマニアックな出題。

 

症例:20代、女性

 

現病歴:掌蹠膿疱症にてステロイド外用剤、ビタミンD3外用剤、ルリッド内服

 

にて当院にて治療中。関節症状なし。病巣感染検索として歯科・耳鼻科受診

 

したが特記すべき所見なし。最近になり右1指のみの爪甲が変形してきたため、

 

何かいい治療はないか相談された。

 

 

 

臨床症状は掌蹠膿疱症の爪甲変形と考えた。(真菌顕微鏡検査は陰性。)

 

 

さて、第1選択となる治療は?(これは簡単な問題)

 

 

 

A.シクロスポリン内服

 

 

 

しかし低用量シクロスポリンを内服したところ、動悸が出現し内服継続不可能

 

となった。(外用治療はステロイドテープ剤貼付を継続。)そのため、次の手と

 

してエキシマライト照射を提案したが頻回の通院は不可能とのことであった。

 

さて、ここで私が選択した治療は?(これが本題)

 

 

 

 

A.ケナコルト局注(爪母および爪床)

 

 

 

罹患指が1指のみでしたので、この方法を選択しました。月1の注射を開始し、

 

本日3ヶ月目でしたが、下からきれいな爪が生えてきていました。

 

多数指の爪甲変形が存在する場合には行い難い方法ですが、本症例に関して

 

はこの治療が効果的でした。

 

あとは今後罹患指が増えてきてしまった場合にQOLとの兼ね合いでバイオまで

 

踏み込むのかが考えどころです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

陥入爪手術~フェノール法

テーマ:

こんにちは雨

 

院長の櫻井ですニコ

 

今日は陥入爪手術のフェノール法のおはなし。

 

当院は陥入爪手術について広告したり宣伝したりなど全くしておらずHPに掲載

 

しているだけなんですが、陥入爪治療希望の方が非常に多く受診されます。

 

陥入爪は爪棘が皮膚に刺さっていることが原因ですから、それをいかにして

 

解除するかが治療のポイントとなります。ごく軽症のものであれば、テーピング

 

やソフラチュール・パッキングなどにより爪棘を浮かせて治療できます。

 

しかし半数以上の方は、それなりに炎症を伴ったり、悪化して化膿性肉芽腫

 

ができたりしてから受診されます。そのようなケースでは、ガター法やフェノール法

 

が適応となり、私はフェノール法を好んで実施しています。(ガター法は炎症で

 

浸出液が多いと、チューブがとれやすいので・・・。)平均すると1日1件以上は実施

 

しており、陥入爪の当たり日ですと1日4件実施した日もあります。基本的には

 

当日その場で手術を実施しております。(手術が必要になるようなケースでは

 

歩くのも痛いケースであり、それを後日に後回しにするというのはかわいそう

 

です。手術自体も6~7分で終わってしまいますから通常の外来時間中で十分に

 

対処可能です。)

 

で、フェノール法の実際。

 

術前↓

 

 

 

右1趾外側に陥入爪による化膿性肉芽腫を伴います。

 

ブロック麻酔後、30分程度待ってから、駆血し、手術を開始します。

 

部分抜爪↓

 

 

しっかり爪棘がありますね。ここまで1分半経過。

 

フェノール塗布↓ここが律速段階。

 

 

駆血をしてか手術が終了するまでの時間は6~7分です。10分以上要する

 

ことはありません。(それ以上かかるようですと下手くそです。)

 

この治療を受けられた方皆さんが、「もっと早くやっておけばよかった」とか

 

「こんな簡単にできるとは思わなかった」とおっしゃいます。

 

当院では当日その場でフェノール法を実施しておりますから、歩くのも痛くて

 

きついという陥入爪の症状のある方は、ぜひご相談いただければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

こんにちは晴れ

 

院長の櫻井ですニコニコ

 

当院は、水曜日の私の休診日以外は、原則として、私と東京大学医学部附属病院皮膚科

 

からの非常勤医師との2人で常時診察を行っております。

 

その際に、受付で、「院長希望」を伝えられる方が多いのですが、必ずしも私の診察と

 

ならない場合がありうることをご了承ください。


 

※理由

 

・まず院長の仕事として、難しい症例の診断・治療、他院で難治だったケースの初診、

 

紹介状のある初診、美容診療、レーザー治療を優先していること。

 

・当日の緊急手術(外傷の縫合、陥入爪手術など)は院長が担当していること。



 

そのため、上記のような院長が担当しなければならない診療が立て込んでしまった

 

場合は、院長指名については制限させていただく場合がありますので、ご理解の程

 

何卒宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




 

パッチテスト

テーマ:

こんにちは雨

 

院長の櫻井ですニコ

 

当院では、金属パッチテストや、酒さ様皮膚炎などでの化粧品類+

 

ジャパニーズスタンダードアレルゲンのパッチテスト等、パッチテスト

 

を積極的におこなっておりますが、夏場の暑い時期はせっかくテープを

 

貼っても発汗によりはがれてしまうため、涼しくなるまで検査をお待ち

 

いただいておりました。

 

もうそろそろ涼しくなってきましたので、パッチテストを再開いたしました。

 

ご希望の方はご相談くださいね音譜