長野でのお散歩トレーニングの開催が決まりました。

 

お散歩トレーニングが複数の犬が参加することで刺激の強さを心配する方がとても多い現状です。参加していない人の方が心配する。

 

犬がそこにいなくても、本当に犬が怖くて嫌いな犬は、残された匂いに固まって動けなかったりよだれを垂らします。

犬を見ると吠えるのは、犬が嫌いとか恐れるからではなく、たぶんに遊び的な要素が含まれていたはずです。

 

そこに飼い主さんや専門家の間違った介入があり、吠えが維持強化されているということを感じています。

 

犬がいても見ないようにできれば吠えなかったりします。だからパックウォーク中匂いを取らせる姿勢を取らせたり誘導したりおやつをばらまいたりするんですね。

参加犬が移動すれば、慌ててついて行くのです。吠えている犬が。これってどういうことでしょう?

 

犬に興味があるんですよ。同族だから。吠えてコンタクトを取っているんですよ。

じゃあ吠えずに黙々と歩ければ良いし、飼い主がそのリードができればいいよね、という催しです。

 

多くの家庭犬の飼い主さんがこのようなゆるい社会化の継続を望んでいることから、理念方法、トレーナーの介入法、吠えなどの問題を出さないためのリードワークをお伝えしにまいります。

 

お悩みは事前にカウンセリングして当日に備えますので、お気軽にお問い合わせください。

FBイベント作りました。シェア拡散よろしくお願いいたします!

https://www.facebook.com/events/398142990544535/

 

犬を見ると突進したり吠えたりする場合、その相手との距離を取ることが必要ですが、まずはリードを上手に扱えなければ、むしろ引き離すリード使いがきっかけ合図になり、もっともっと突進吠えるようになりやすいです。

まずは緩める、リードを。

ですが皆さんこの緩めるということがなかなか想像できないようですね。言葉で説明しても難しいので、実際にお見せするわけです。人同士でも体験できます。

引っ張ってしまうから犬は暴れるので、引っ張らないように扱うポイントをお話しします。

お散歩が見違えるようになるはずです。

 

もちろん、一回では理解したとしても実践は難しいので、ずっとサポートできるようにブログやFBでの投稿を追っていただきたいと思います。

犬連れは難しい方も犬なしでも参加できます。マイリード持参で(笑)お越しください。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

リブログ(1)

リブログ一覧を見る