今日はペットボトルで作れる

「ペットボトル湯たんぽの土踏まず温浴」と

「光電子100%」で

足の血行を改善し、免疫力を高めます。


皮膚は「肌の表面」ばかりを、なんとかしようとしても、

それほど改善しませんが、血行を促進することで

大きく変化します!


ぜ~ひ、チャレンジしてください!

皮膚が弱い人やアトピー体質の人は

・腸が弱い
・冷えやすい
・急にほてる


という人が多いと思います。

いずれも温めることで、改善する場合が多い
ので、これからの寒い季節は特に活躍する
ペットボトルを使った簡単な足の温め方を
ご紹介します。

用意するもの

2リットルのペットボトル
国内のミネラルウォーターのボトルをおすすめします。
(エコタイプの柔らかいボトルは不可)

次に、
持っている人は

光電子パワーネット
(1,300円)
(ない場合はお湯だけでOK)

5~60度前後のお湯

以上です。

「光電子100%」の商品はいくつかありますが、

ネットタイプ(Amazonで販売中)
パワーネットSサイズ1,300円Mサイズ3,900円
光電子100%(KODENSHI)パワーネット(布&ネット)S

¥1300
Amazon.co.jp

光電子100%(KODENSHI)IパワーネットM

¥3900
Amazon.co.jp



パイプタイプAmazonで販売中)

光電子枕 中サイズ15,800円
光電子100%「たまゆら枕」100%KODENSHI TA-MA-YU-RA Pillow/IR

¥15,800
Amazon.co.jp



パワーネットタイプは、肌にあてるとひんやりとした
感じがするネットです。特に荒れている皮膚につけて
いると、治りやすくなります。
身体や顔を洗う時に使えます。とてもマイルドな泡立ち
ネットになります。

パイプタイプは、水道の水を柔らかくする作用もあります。
その水で手を洗うと荒れにくくなります。
本来は枕として使うものですが、中身を取り出して、色々
使えるので、ちょっと高価ですが、お値段以上の活用法が
あります。

では、給湯器からお湯をペットボトルに入れましょう。

①50度前後のすこし熱めのお湯を入れてください。
(冬場、職場でも使える湯たんぽです)

注1)熱湯はペットボトルが溶ける場合がありますので、
   少し熱めのお湯でお試しください。

注2)ペットボトルの蓋をしっかり締めてください。

ペットボトルを床に置きましょう。

②その上に光電子100%のパワーネットを
 置きます。
$元気とpowerをチャージ!by 足の休憩室

幅の広い面を使います。
$元気とpowerをチャージ!by 足の休憩室
(パイプタイプをお持ちの方はペットボトルの中にいれます)

$元気とpowerをチャージ!by 足の休憩室


 パワーネットがない場合は、素足か薄い靴下でおこなうと
 効果が早くわかります。

③両足の土踏まずをペットボトルに乗せます。

$元気とpowerをチャージ!by 足の休憩室

土踏まずは3~5分ゆっくり温めましょう。
ここが1番「大切」な場所です。
ここが、免疫力を高めるポイントです!

④次に、指先を温めます。

$元気とpowerをチャージ!by 足の休憩室

3分くらい温めます。

ときおり、指を写真のように曲げると
より効果が出ます。
$元気とpowerをチャージ!by 足の休憩室

⑤かかとを温めます。

$元気とpowerをチャージ!by 足の休憩室

かかとは2~3分温めてください。

パワーネットを使った時は、この一巡目でかなり温まります。

お湯だけの時は、
もう一度、繰り返して温め、さらに小指側も
温めてください。

$元気とpowerをチャージ!by 足の休憩室

⑥足の甲を温めます。

$元気とpowerをチャージ!by 足の休憩室

素足の時はこんな感じに。

$元気とpowerをチャージ!by 足の休憩室

以上で終了です。

足や身体は温まりましたか?
お湯とパワーネットの温まり方は、ちょっと不思議!

じわ~んとやさしく、そして温かさが持続します。

まず、血行を促進し体温をあげることで、

身体の免疫力は強化しましょう。


これからの寒い季節の強~い味方!

ペットボトル湯たんぽの「足」の使いかたでした。

光電子のパイプをいれたペットボトルの水は、

皮膚にマイルド。洗顔などに使えます!

どこまでも活用できる、「光電子100%」の

色々な使い方は、次回ご紹介いたします。

健康一筋17年

足の休憩室 ☎011-242-3002
札幌市中央区大通東2丁目8-5 プレジデント札幌ビル8階
Web http://bnfoot.websen.jp/
FB 足の休憩室 [Oriental Foot Care Salon] | Facebook


AD