2014-12-31 21:13:52

ダンサーとダンスファンへ

テーマ:ブログ
ダンサーとダンスファンへm(__)m
ここに今の思いを綴ります。



今まで11年間ダンスをビジネスにしたくて生きてきました。
自分が第一線から退く決意が出来たのも、自分自身カッコいいと憧れるダンサーがココ日本には沢山いて、そのダンサーとこれから生まれてくるスーパースターになるであろうキッズダンサーがダンスだけやってても大丈夫な世界を作る!と決めたからです。


最初は裏方に回って周りのダンサーがどんどん上手くなっていくことに嫉妬もしたし、とにかく羨ましかったのが本音です。
でも大会もおかげさまでどんどん大きくなり、環境も変わっていきました。賛同者が多ければ反対者も多くなります。僕も例外ではありませんでした。


この11年で色々な角度で沢山の先輩にも怒られましたし、筋道も勉強しました。2年に一度は大御所の方に怒られていましたw
でもそのおかげで大分成長しました。自分でも尖っていたと思うし生意気だったとも思います。
ただ熱さ!ここは『負ける気がしねぇ』でした。


僕はダンスでは世界一を目指すことはなくなったけれど

①ダンサーがダンスのことだけ考えてダンスをカッコよく踊りファンを感動させることが出来る環境作り(野球選手は野球のことを考えパフォーマンスをあげることが責務でありファンを喜ばせることがプロ)

②一般を含むファンの増加!プロダンサーのカッコよさに憧れ、観に行く、グッズを買う、ファンクラブに入る、レッスンに通う、ダンスを好きになる。その環境作り。

③サポート企業の増加。プロダンサーがより輝くようなあらゆる面でサポートすることにより自社のブランディング、マーケティング、販売促進、CSR、次世代の子供を応援する、よりよい社会を創る。


この3つを必ず20年で創る!と心に決めて今いる社員と仲間で邁進してきました。


今ダンス界で起きていること。
2012年にダンスが教育になり、そのタイミングであらゆる企業がダンスに興味を持ちました。
僕が関わってる企業様も例外ではなく熱量が一気に上がった年でもありました。約30年前に水泳が授業に入った時の状況と似てたので、市場的にも周辺ビジネスも含め盛り上がっていくことが予測できました。
日経トレンディでも第3位の予測です。
あれから2年が過ぎ事態はどうなってるでしょうか?



あの時参入した企業のほとんどが手を引いてしまっている状況です。応援は変わらず続けてる方々も沢山いますが、しかしです・・・。
原因は1つです。
ダンス界に投資をしても『跳ね返りが少ない』からです。
ここには下記のような要因が関わってきます。

①ダンサーは金がない(まず1番目に必ずここが出てくる。果たしてそうなのか?と僕は思う)

②ダンサーは人と同じが嫌(例えばギャル文化のように◯◯と同じ!という部分に共感していないケースが多い)

③見るより自分が踊りたい(自分の踊りしか興味がない。発表会やコリオがここまで流行るのにはこの理由が大きい)

④案外使ってるサービスは一般の人が使ってるサービスである事実(ダンサーだからといって使ってるのはみんなが使ってるサービスがほとんど)

⑤プロダンサーの影響力が弱い(まずダンサーを伝えるメディアが確立されてなく、人気をキープさせる為のイベントが雑多なものが多く分散される為にスターが作れない。ダンサー自身もめんどくさがりでブログ、ツイッター、などの自分を PRすることに長けていない。世界一が多すぎる。一般層へのダンス教育が出来ないため、プロと芸能のダンスの差がよくわからない為伝えずらい・・・etc)

⑥ダンスシーンにビジネスセンスがある経営者が他業界と比べて圧倒的にいない。(例えばIT業界は今スタートアップでまた賑わいを見せているが、ダンスシーンでそのような話は10年聞かないし、凄腕が入ってきたのは芸能系は聞くがダンスシーンには聞かない)




僕はこの跳ね返りの力、ダンサーの影響力というのをここから3年間で強化したいと思っています。
今その為のメディア作りの地盤、チーム編成を始めています。ダンス界じゃない人も沢山巻き込みます。


実際このダンスシーンに惚れている企業やヒトが多いのも事実です。
そして毎年影響力は増えてきています。
その結果毎年サポートして頂いてる企業様もいますね。成果が出てきてるシーン、ダンサー、チームが出てきてもいますし、マーケティグで活用してる中で成功例も出てきています。



でもダンス界のポテンシャルってまだまだこんなもんじゃない。
それがわかってるだけに一番強化したいポイントです。
例えばの話、トップダンサーはツイッターが30万フォロワーとかいて普通!なくらいにならないといけないと思っています。他業界では見かけます。


それにはみんなの力が必要なんです。
ダンス界の中でくだらない派閥や、誰が上手いだ下手だとか、あいつのはあ~だとか、小さいパイの奪い合い、小競り合いなんてどうでもいいんです。
僕が見てるのは対他の業界であって、ダンス界のみんなと言い合ってる暇はないしそんな気がさらさら無いです。
ただただ手を取り合っていければと思う。
ヤバイやつらをフックアップお互いにしていけばと思う!



もうスーパーキッズの第二世代が20歳近くなってきてます。この子達は僕らが思っている以上にこのシーンを冷静に見ています。

そして第3世代、第4世代と育てている今のこのシーンをネクストレベルに引き上げるのに、それぞれがそれぞれで動いてる場合ではないと思っています。



イベントも来て欲しいとお願いするのは熱くていい!来ないとシーンの為にダメというのはちょっと言い方の角度を変えればいいと思う。
来てくれると大事なことを伝えることができるからみんな来てくれないかな?というだけで全然変わってくるし、ファンになる。



僕らダンスシーンにおいて考えないといけないことは、どうダンスを楽しんでもらえるか?
そこにはカルチャーとか、教育とか、沢山含まれるのだけど、シーンが爆発的に大きくなる時ってのはある程度にしてまずは楽しむことを第一にする。その後で沢山細分化されていくし、自分たちもやりたいことを見つける。


今ダンス界の市場は100億無いでしょう。
しかしながら以前日経にも出てましたが潜在的には1000億のマーケットとなり得るのです。そのマーケットに育てることが出来るか否かは僕らダンサーにかかっています。


みんなで勉強し合えばいいと思う。


最近大学とかでダンスをやってた子が就職して数年後に力をつけて、うちの会社に来てダンスとこの仕事を結びつけたいですって話がくる。

これって財産ですよ。

また、とある企業の社長さんの娘がダンスをやっててその会社自体もダンスに興味があると。願ったりですよお父さん!!!



夢って続けていくことで叶う確率がどんどん高くなってきます。
逆に続けることがいかに難しいか。大体はこの続けるということでほとんど挫折します。
今から5年後、10年後、20年後、どういうシーンになってるかどうかはまさに今この瞬間の考え方ひとつです。



2015年は僕が具体的に何をするかを都度公開していこうと思います。
それが共感を得れたら協力してほしいと思います。



九州人からなのかわかりませんが、普段恥ずかしくて言わないですが一言。
僕はダンス界で嫌いな人はいません(ムカつく人はいるけどw)
こんなピュアな人が集まったシーンなかなか無いですよ。
だから全体をフックアップしたいし、他業界と比べてもビジネスでも大きく成長させたい。

そしてみんなでパーティーしたい。
もうコレ!コレに尽きる。それが明日の活力になる。
2015年今までと違った動きをします。
よかったら応援してください。
もしくは見守っててください。
カリスマ、案外ガラスのハートなんでw


来年も宜しくお願いします(__)

カリスマカンタロー
AD
カリスマカンタローさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み