現状ではPO圏内を目得すという、当初の目標とはかけ離れたポジションです。

誰もこの現状に満足をしている人はいないでしょう。

そんな状況ですが、千葉戦の逆転劇が一つのきっかけとなって欲しいですね。


最後のシーンは非常に印象に残っています。

あの場面ではチームのミッションは勝点1を持って帰るというものでした。

監督のコメントからもそうですし、セオリーを考えたら当然の選択です。


しかしそこでサイドバックの松原は仕掛けました。

「角田さんに上がるなと言われたが、他のサイドバックとの違いを見せたかった」

と試合後コメントしています。


あそこのキープの場面で取られていたら、もしかしたら結果は違ったものになっていたかもしれません。

チームのミッションを考えたら選択をしてはいけないプレーだったはずです。

しかも「上がるな」と声をかけられています。

ただ言えることはあの仕掛けがなければ、逆転勝利は間違いなくなかったということです。



結果が出たからポジティブに捉える人は多いと思います。

ただ、あそこで失って失点していたら、なぜ簡単にプレーをしないのかという批判が出るでしょう。

さて、どう考えますか?


私はチャレンジを続けて欲しいと思います。

今の現状を打破するとしたら、セオリーにとらわれない、前への意識が必要なのではないかと思います。

たとえそれが無茶なチャレンジに映ったとしてもです。

もし失敗したら、10人いるのだからカバーをすればいいと思います。

全てのプレーでそうすることが良いのではなく、やはり「ここ」という場面では前に足を運んで欲しいですね。


北川も左サイドで何をしていいかわからなかったが、攻撃のことだけを考えた。とコメントしています。

その気持が結実してオウンゴールを産んだのかもしれません。

通常では考えられないミスが生まれたわけですからね。


彼らには、「前への気持ち」「得点を取る」という気持ちが結実したことを大切にして欲しいですね。

これを機にもっともっと前へチャレンジをして欲しいですね。

そしてそれが弾かれた時には、全員でカバーをしていくことだと思います。

「NO GUTS NO WIN」


皆さんはどう思われましたか?


にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

AD