もう終わりましたか。

通年リーグといっても実質半年なんですよね。

 

年間の大まかなスケジュールはこんな感じ。

春~秋 リーグ戦

秋~冬 オータムCS、雀竜、日本オープン、最強戦など

 

なんだか物足りないので。

今年はプロ11年目にして初めて雀竜位に参加することにした。

 

もちろん一番下のD級予選から。

D級予選→D級→C級→B級→A級→決定戦→雀竜位

 

めっちゃ遠いけど半荘数にするとそこまで多くない。

バカツキすれば一気に上までいけることもある。

 

と、前置きがぼちぼち長くなったところで結果報告。

 

なんとか残留でした!!

 

相手との実力差や自分に何が足りないのか少し見えてきた気がするのでその経験は来期に生かしたいところです。

 

第九節。

同卓:仲林・阿賀・矢島・宮崎(敬称略)

 

2着、3着。

 

からのラス、ラス。


トータル△143.6に。

 

あーやっちまった。

 

最終節

 

同卓:木原・矢島・田内(敬称略)

 

1回戦

 

ラス目で迎えたオーラスの親。

南家の田内から3巡リーチ。

 

泣きそうになりがら危険牌をフルプッシュして1000オール。

 

そこからなんとか2着まで浮上して終了。

 

そして2回戦にトップ!!

 

これで別卓状況なども加味してあとはラスラスでもほぼ残留というところまで。

 

なんとか来年もAリーグで打てるようです。

応援してくださった皆様ありがとうございました!!

 

決定戦はすごい戦いになると思いますのでそちらもぜひ見てくださいね(・´з`・)

 

以下、反省文。

 

最終戦の東1局に七八八八のリーチを打つ。

対面の木原さんから七が出る。

残留の安堵からか集中力を欠いており木原さんが切っているのに気付かず。

意図的でないスルー。

木原さんから追っかけリーチ。

二人テンパイで流局。

 

最終戦は期首順位をあげるためひとつでも上の着順を取ることがミッション。ダメダメでした。

 

年間を通じて4回戦にミスが多かったので体力や集中力といった面も来期の課題のひとつとなりそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

Aリーグも後半戦に突入!!

 

第六節

 

同卓:矢島、田幸、田内、金(敬称略順不同)

 

初戦ラスでマイナスが100の大台を突破しそうになるも。

 

そこからくらいついて2、2、1。

 

最終戦は南入して余裕のあるところから田内の怒涛の追い上げをくらい、オーラスにリーチをあがられた時はまくられたかと思ったが裏が乗らずに首差で逃げ切り( ;゚─゚)ゴクリ

 

六節スコア +0.9 トータル △60.9

 

第七節

 

同卓:木原、宮崎、田内、小川(敬称略順不同)

 

1回戦の南場の親で。

 

リーチ、一発、ツモ、平和、ドラドラ、裏裏。

 

8000オールあがりましたヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

 

木原さんが同卓なのでここはブロマガ読者として場の景色にしっかり合わせていこうという意識が良かったのか。

 

残した牌がうまく横に伸びてくれてかなり手応えのある待ちに仕上がりできすぎの結果に。

 

このあがりをきっかけに終始ツキまくり状態に突入!

最終戦もマンガンをあがってこれは200オーバーあるでー!

 

と思っていたらラスまで転落。。

慢心したつもりは全然なかったのだけど相手が強かった。

 

1、2、1、4

 

第七節スコア +123.2 トータル +62.3

 

第八節

 

同卓:宮崎、佐久間、金、矢島(敬称略順不同)

 

この日の結果で上を目指すのか残留を目指すのかはっきりするだろう。

 

2.5、4、3、3

 

2戦目はオーラストップ目の親で南家の矢島さんにデバサイを打ち込んでラスまで転落(>_<)

 

6ソーをカンして少考しての5巡目リーチ。

 

マンガンをツモればトップ。

出あがりだと2着か3着といったところ。

 

考えていた理由を予想してみる。

 

・打点が不足しており裏ドラに期待するか組み変えするか。

・待ち選択

 

ベタ降りしたい局面だがチートイテンパイ。

 

安全牌はなく、テンパイを取るなら南か一待ち。

 

ダブ南のシャンポン待ちか両面待ちの選択なら迷わずシャンポンにしそう。

単騎待ちならダブ南は選ばれずらい。

 

と、通りそうな理由を二つほど都合よく考えチートイドラドラのテンパイを取ったのだが、リーチ三暗刻の南単騎待ちに放銃。

 

リスクのない牌はなかったので今のところまた同じ局面なら同じ選択をするつもりだが上下100ポイントは痛すぎる。

 

第八節スコア △69.9 トータル △7.6

 

泣いても笑っても残りはあと2節8半荘となりました。

 

9節は8/20、最終の10節は9/10開催です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

リーグ戦 弟4節 同卓:阿賀、木原、橘

 

最高位戦のクラシックに参加するため日程変更してもらった第4節。

 

まずはクラシックの結果を報告せねばなるまい!

 

関西4組で無事にボコボコにされ関西5組に降級しました(-_-メ)すいませんでした。

 

そしてリーグ戦は・・・。

 

3,4,4,4で△199.1とこちらも圧倒的大敗でした(゜.゜) (゜.゜) (゜.゜)

 

先制リーチまではいくも阿賀さんに追っかけられて掴むやついっぱいしました。

 

MJの大先輩でもある阿賀プロから厳しいAリーグの洗礼を受けた節となりました。

 

麻雀駅伝でもぜひ大暴れしてきてください!

 

リーグ戦 第5節 同卓:達也、たろう、金、橘

 

このメンツでなおかつ配信!!

 

実況にはオスカー所属の桃プロ(^^♪


解説は基成大将軍とイケメソの浅井君(・o・)

 

豪華メンツに囲まれながらの麻雀は。

 

2,2,4,2で△20.3

 

二日連続のマイナスでトータルも△61.8に。

 

木原さんの定期配信に取り上げてもらったのですが。

 

相手の仕掛けに対する評価が低すぎるというのが私の弱点のひとつ。


自分でもそう感じていたのと木原さんから見てもそうということは弱点認定決定。

 

この局面、この点数状況でトッププロの仕掛け。

いろいろな考え方があり狙いが必ずしも一致しないが、全く条件に合わない手を作ってくる人は絶対にいないのでこの辺りは意識してこれから調整していく必要があるなぁ。

 

木原さんアドバイスありがとうございました(__)
また、どなたか全く分かりませんが木原さんの配信にお手紙を出してくれた方もありがとうございました(__)

 

今後の対局に活かせるよう精進します。

 

AD

そもそも麻雀やってる時点でデジタルちゃうやん!
って言うやつ性格悪い。

 

どうも!
小室です。

 

GWの連日開催に行ってきました。

 

満席だったのでグリーン車で・・・(゜-゜)

18000放銃。

 

同卓:小川、矢島、たろう、佐久間

 

今期から抜け番の順番をいつにするかポイント順で選べるようになった。

5番目を選択してみた。

はよ終わっておいた方がいいかなくらいの理由。

 

1回戦はラス目でオーラスを迎えるもタンヤオチートイのドラ六萬をツモって2着。

 

技量をツキでカバーしてる感が半端ないぜ(・。・)

 

2回戦は技量をカバーできずラス。

 

3回戦は2着。

 

で、最終戦にやらかす。

オーラス。

 

トップ目は親のたろうさん。

1000点あがれば逆転という局面で。

二二①②③④⑥⑦⑦⑧⑨67 ツモ⑥

 

何切るの初級クラスの問題。

一通なら仕掛けられるぜー
下家の佐久間さんターツ払って早そうやしここは好牌先打しとくでー

 

打⑥

 

③⑥ピン待ちのピンフに刺さる。

タンヤオという手役さえ知っていればこんなことにならなかった・・・。

 

次回から休憩はなるべく真ん中あたりにしよう。
理想は3番目か4番目かなー。

 

で、たろうさんが4連勝!!!!
強すぎ!

 

親番での押し引きメモ。

①ドラが3枚以上見えていたら子のリーチにはかなり強く押す。
イーシャンテンはもちろん好形や打点があるリャンシャンテンくらいから押す。

 

②追いついて現物待ちテンパイが警戒されるケースでもダマ押し。 完全に1対1になりそうな場合(他家が安全牌に困りそうにない) 打点効率が良い好形の場合(2ハン、3ハン30符)はリーチ。
 
③2件リーチでイーシャンテンは親といえどもさくっと撤退。

 

④高めツモで2ハンアップ牌の安目になる可能性がある牌は切る。

捨て牌がタンピン系であれば端っこは全部切るような感じ。
六ツモのメンタンピンツモより九ロンのメンピンのが安い。
ドラが見えていなくてもこれくらい切る。

 

2422 △21.3

 

同卓:橘、達也、矢島

 

一発ツモ5回くらいしてかなりツイてた。

 

1431 +48.4

 

さて、次節は5/21なのですが関西の最高戦クラシック4組に参加するため日程変更させて頂きました。

木原さん、阿賀さん、橘さんありがとうございました。

 

で、代わりの日程ですが6/24となりました。
翌日6/25もリーグ戦でなんと配信卓です。

 

 

麻雀がデジタルなやつ。

私生活だいたいアナログ。

 

こんちゃ!

Aリーガーの小室です(。・ε・。)

 

いよいよリーグ戦が開幕しました。

今期は伊達プロが公休のため14名での開催です。

 

たろうプロが言っていた。

 

雀王決定戦の進出率が高くなったと考えるのが強い人。

降級の可能性が高くなったと考えるのが弱い人。

 

もちろん私は!

圧倒的に後者ですわ(゚c_,゚`。)プッ

残留したいよーーーーーー!!!

 

という訳で開幕戦。

 

メンツは・・・

 

鈴木 達也

木原 浩一

仲林 圭

田幸 浩

ひえー(# ゜Д゜)∂

 

ビビっていても仕方ないので頑張って打つ。

けっこうミスしながらもいっぱいあがれる。

 

Aリーグデビュー戦となった1回戦はトイトイ小三元の12000などいっぱいあがってデカトップ。キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

 

2回戦もトップ。キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

 

3回戦

 

南1局18000くらいのラス目の親配牌 ドラ マンズかピンズ

②③26688西北白発発中中

 

ホンイツはもちろん大三元まで見える。

 

相手からどう見えるかよりロスする方が嫌なのでここは素人ぽく②③と切り出してみた。

 

これを見た達也プロが速攻で3フーロ。

ピンズ2フーロ、マンズ1フーロ。

 

最後の手だし3ソウ。

私も發と中が鳴けてテンパイまでこぎつけるも切る牌は2ソウ。

 

これ当たらないパターンの方が少ない気がするー。

と思いながらも切る。

やっぱり刺さる。

 

ラス(。>0<。)

 

4回戦。

 

最終戦は親で伏せたらトップというところで田幸さんにドラの中をツモられてまくられる。

 

前局にリーチを打っていたらどうなっていたか。

3フーロの仲林さんにチンロウトウの可能性があっただけにダマテンにしてしまった。

 

2着(゚ーÅ)

 

1節:+130.5

 

終わってみたらなんと首位スタートヾ(@^▽^@)ノ

ただ、私でなければ+200してたかもというくらいはついてたような気がするけど・・・。

 

けっこう応援してくれている方もいるので次節も頑張ります。

 

あっ。京都グリーンリーグもよろしくお願いします。

http://jan39.com/greenleague/

 

このブログええな思ったら読者登録ほんまよろしくなー(*゚ー゚*)

 

最終節はポイントでの卓組でした。

 

同卓:須田、矢島、吉本(敬称略)

 

2,2,1,3 +45.9

トータル +483.7

 

Aリーグ昇級!!!

1位というおまけつきでした。

 

1回戦目。

ラスで迎えた南3局の親。

 

ここで快進の18000を出アガリ2着に。

 

自分の中ではここが昇級確定したタイミングでした。

 

2年連続ギリギリ残留からの昇級。

 

さすがにあかんやろと今年は打ち方を変えた。

 

といってもたいした内容ではなく。

 

①安易に1枚目から仕掛けず2枚目の役牌スルーという選択を今期から採用。

②親は打点にウェイトを置き連荘必須でなければ13巡目でも鳴いてのテンパイを拒否してツモ山に手を伸ばす。

 

上手くいきすぎではあるが、結果的にフォームを変えてみて良かった。

 

ちょうどプロ10年目を終えたところなのでこれまでの主な戦績を載せてみよう。

 

2007年度

 

MJ3認定雀士

プロカードに目がくらみ日本プロ麻雀協会を受験することに。

 

日本プロ麻雀協会第六期前期プロ試験合格!

 

第六期 前期 雀王戦 関西C3 昇級 C2へ

第六期 後期 雀王戦 関西C2 降級 C3へ

 

2008年度

 

第七期 新人王戦 4位

決勝メンツに朝倉ゆかりPと矢島享P。

 

第七期 前期 雀王戦 関西C3 残留

第七期 後期 雀王戦 関西C3 昇級 C2へ

 

2009年度

 

第八期 新人王戦 ベスト8

 

第八期 前期 雀王戦 関西C2 降級 C3へ

第八期 後期 雀王戦 関西C3 残留

 

2010年度

 

第九期 前期 雀王戦 関西C3 昇級 C2へ

第九期 後期 雀王戦 関西C2 昇級 C1へ

 

2011年度

 

第十期 通年 雀王戦 関西C1 昇級B2へ 1/9位

第10期日本オープン 第3位

決勝メンツは多井P、武中真P、日向P

 

2012年度

 

第十一期 通年 雀王戦 B2リーグ 残留 12/16位

 

2013年度

 

第十二期 通年 雀王戦 B2リーグ 昇級B1へ 2/16位

 

2014年度

 

第十三期 通年 雀王戦 B1リーグ 残留 12/16位

 

2015年度

 

第十四期 通年 雀王戦 B1リーグ 残留 10/16位

 

麻将連合~2015年度ツアー第5戦~μカップイン神戸 準優勝

 

2016年度

 

第十五期 通年 雀王戦 B1リーグ 昇級Aへ 1/17位

 

タイトル歴:なし

 

 

 

 

リーグ戦もいよいよ終盤。

ポイント状況的には負けずに節を消化できれば勝ちだね。

 

第八節 同卓:吉田、清田、五十嵐、田幸(敬称略順不同)

 

初戦からトップ、2着(*´ω`)

 

負けないところが100P以上勝って決めちゃうかも。

 

みたいなことを考えてたらラスになるも最後は2着。

 

トータル+17.6でミッションクリアー(*´∀`)ノ

 

第九節 同卓:崎見、浅井、須田、清田(敬称略順不同)

 

少しとはいえ昨日のプラスはめちゃくちゃデカイ!

 

3万点リードのトップ目で点数をキープしつつ南2局からラス前にきた感じ!

 

なので今日は子供の満貫程度なら差し込んでもいいくらいだね。

 

ラス。ラス。3着。!!!!!!(゚ロ゚屮)屮

 

△100ポイントって親に刺さっとるやないかい!!

 

4回戦も途中まではラスになってもおかしくない展開でしたが・・。

 

南場の親で終盤に4000オール!

 

今期はピンチの時も親でアガってなんとかなるケースが多い。

 

なんとかトップをとり△50.4ポイントで耐えー。

 

トータル +437.8

 

ポイント的にはかなり有利な展開です。

 

協会のツイッターでも当確みたいなことを書いてあるし、すでにAリーガーおめでとうとか言ってくれる人がいるけど。

 

リーグ戦ってけっこう4ラス引くからなー。

 

私は前期にそれを身をもって知った。

うちの代表とか今期だけで・・・これ以上はリーグ戦に出れなくなる皆さんのご想像にお任せします。

 

ともかく気を引き締めて最終節に臨みたいと思う。

 

もちろん普通には打ちません。

 

一人だけ3着でも勝ちという天鳳よりも超堅い麻雀を打ちたいと思います。

 

良形やドラのある先制リーチはしますが愚形や追っかけは控えます。

 

他にも特別な決め事をいくつか設けて戦います。

 

残りあと4半荘。

 

応援よろしくお願いします(゜―゜)(゜―゜)(゜―゜)(゜―゜)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遠征組には非常に苦しい(経済的に)2週連続での開催でした。


第六節
同卓:サイコロ・矢島・渋川・田幸(敬称略)
3214 +3.1


最終半荘は前に行きすぎて放縦したのが致命傷となりラス。


止まっていたかどうかは別として判断に迷う局面はちゃんと立ち止まって考えないと。


もちろん迷ったことが傷となり情報を与えてしまうこともあるのでなるべく早く切る方が良いのですが。


手拍子で切ってしまう悪い癖が出てしまったので反省(ノ_-。)


ただ、結果は少しプラスで節消化できたので良しである。



第七節

同卓:西村・田幸・崎見(敬称略)
1131 +157.7


トータルスコア:470.6



なんと3トップをとりました!


あまりに嬉しいのでその喜びを画像で表現してみました。


ただし、内容は誰が打ってもトップが取れるような圧倒的な運量によるものでした。





さて、残りあと3節。


いろいろ意見を聞いた結果。


はじめは普通に打つことにします。


そして、ポイントを減らさずに2半荘消化できれば残りの10半荘あたりからトータルポイントを意識します。


次回は8/20.8/21の連日開催です。


そして翌日の8/22は鰻が食べたいのでマーチャオ浜松店に参上予定です!!














またまた連日開催でした( ゚_ゝ゚)ノ

 

第四節

同卓:西村・田内・吉本(敬称略)

2342 △45.1


東2局。


親の吉本がドラの九萬、3ソー、ダブ東の3フーロ。


ベタ降りしたいのだが親の吉本だけでなく発、中、東と切り飛ばしている田内もテンパイ濃厚。


吉本は途中こんな手だったようだ。


③③55東東北 ポン 3ソー 九萬


ここに②ピンツモ。


北を切る人が多いのではないだろうか。

 

東が暗刻になればトイトイよりアガリやすい両面に受けることができる。
両面が先に埋まっての東バックでも周りが降りてくれれば流局するかうっかりツモるかという展開も悪くない。

 

吉本は②ピンをツモ切りして田内から出た東をポン。
タンヤオ三暗刻をテンパイしていた田内。


ツモ切りされた②ピンを見て③ピン待ちはないだろうと読んでの打③ピン。

 

実践では手出しツモ切りを覚え上記の牌姿を即座にイメージできなければいけない。
吉本の選択が秀逸であったが、放銃した田内の読みも凄いと感じた一局でした。


なお、この日は吉本旋風が吹き荒れたのであった!!!!!!(゚ロ゚屮)屮


第五節

同卓:サイコロ太郎・下石・岸(敬称略)

1331 +84.9

 

最終戦はラス目で迎えたオーラスの親で8000オールが炸裂して勝利('-'*)

折り返しの5節を終えて+309.8ポイントで首位!

 

次節も頑張る!

連日開催である。


競馬で言うと最初のコーナーを回っている感じ。


ここでのポジション取りは重要。


できればいい位置につけておきたいね( ゚o゚)ハッ



第二節


同卓:清田・千貫・西村(敬称略)


初対戦の相手は押し引き、仕掛け、リーチの精度などを見極めながらの戦いとなる。


千貫プロはどういう打ち手だろうか。


大変失礼な話であるが名前からすると打点は安そうである。


満貫→万貫→千貫。


800点。


千貫プロからオーラスにリーチが入る。


私も引けない状況でなおかつ通りそうな牌を一発目に切ったら。


16000点を放銃しました(*´;ェ;`*)


予想の20倍のダメージを負い再起不能のラス。



◎千貫プロデータ


リーチの精度◎
打点 予想の20倍◎


二回戦と三回戦。


ラッキーなトップ('-'*)


ツモ4000オールとかたくさんあがれた。


ギャンブル性の高いリーチをたくさん打って成功する時が私の勝ちパターン。


最後も2着にまとめてトータル+111.0


B1リーグで100ポイント以上持ったの初めてです。


終わってからは田幸プロ、開田プロ、真田プロ、板倉プロ、中西プロ、栗山プロとご飯。


いつもと違うメンツで非常に楽しく過ごす。


こういった時間が取れるのは連日開催のいいところです♪



第三節


同卓:田内・吉本・吉田・岸(敬称略)


Aリーグ経験者の岸プロ。


ビックタイトルホルダーの田内プロと吉田プロ。


癒し系雀士のライバル吉本プロ。


厳しい戦いが予想されたが。


1回戦は抜け番からのトップ、トップ、3着、トップ!


リーツモチートイドラドラ裏裏の8000オールツモなどいっぱいあがれた。


最終スコアを確認してみたら。


+159ポイントも勝っててトータル+270ポイントのB1首位に( ̄▽+ ̄*)


これはもしかすると・・・・!!!


Aリーグになったらマーチャオ各店にゲスト入れてもらおうかしら。


次節も頑張ろう!