2013年04月02日(火) 19時57分45秒

当たる台と当たらない台の見極めについて考えてみる 第一話 「過剰投資での反動」

テーマ:研究観察


こんばんは。


先日のパコチンの話です。


しかし、凄い数のパチンコの日記になっております (*v.v)。


まるで、パチンコのブログみたいですね。


えっ???


ホルコンマスターコウの虎視眈々 ホルコンマスターコウの虎視眈々

これは、持ち越しでした。


合計2万発は出ています。たまには出ていいですよね。

ホルコンマスターコウの虎視眈々 ホルコンマスターコウの虎視眈々

この台は、あまり当てたことがなかったので興味本位です (*v.v)。


差玉で当たってますね。過剰投資での反動でしょう。


それでも、周囲の台が邪魔をしないという条件付きです。

ホルコンマスターコウの虎視眈々 ホルコンマスターコウの虎視眈々

一箱半くらいですね。


こんな中途半端な終わり方はよくないです。


他の台が2台、邪魔に入りましたので交換します。


っていうか、ST中にリーチもこないので飽きました (*v.v)。

ホルコンマスターコウの虎視眈々 ホルコンマスターコウの虎視眈々

これも、あんまり当てたことがないので・・・


ホルコンマスターコウの虎視眈々 ホルコンマスターコウの虎視眈々

ミドルでもないんですが、けっこう辛い台です。


ノーマルリーチのようなもので当たりましたけど寿命が・・・



さて、第一話ということで、 「過剰投資での反動」でした。


シマ内などでの優先順位が低い台が、


他の台に邪魔をされて当たれないときに過剰に回収したときに、


いよいよ出番ですよとなったら、ちょびっとは還元する・・・ みたいな。


そうした「当たり方」というものがあると考えます。



ですから、その還元は回収していたときの金額に、やや比例します。


そういう意味で、お客さんが少ないホールは回収もできませんので、


当たったとしても還元力が弱いのですね。



そうした現象は、スロットでも多いです


3~4日で6000枚くらい回収して、還元したのは1000枚くらいとか。


それからまたハマリはじめたり・・・ そういうことがあります。



さらっと書きますけど、確率は収束しているように見えますし、


2Rや突などのインチキは除いても、確率の収束はあるかもしれません。


しかし、極度の低換金率ホール以外では、


差玉の収束など、100%ありえません。



例えば、ホールがお客さんから1000万円の回収をして、


長いスパンでも1000万円を還元していたら成り立ちませんからね。


それを考えたときに、確率の収束もホールによってまちまちだと考えます。


同じ機種でも、設置してあるホールが違えば、また違った様相になるのでしょう。



そもそも、サイコロを万回と振ったときの話のような、


数学的な確率の収束をパチンコなどに当てはめることができるかも疑問です。


ん~ 偽装はあると思いますし、それを追求したら何か生まれそうな気はします。


みなさんはどのように感じておられるでしょうか。



では、続きます。



ありがとうございました。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ホルコンマスターコウさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。