2013年03月07日(木) 01時12分49秒

ホルコンの科学!? 「パチンコにおけるマインド変革論」 第一話 「感謝の正体(15)」

テーマ:ホルコンの科学!?

こんばんは。

久しぶりの「ホルコンの科学」です。


今、自我で文章を書いていたんでしょうね。

いきなりページが消し飛びました。

普通は小窓になったり、誤ってリンク先に行くくらいですけどね。

ブラウザが瞬間的に消え去りましてビックリしました。

気持ちが悪いので内容を変えます (*v.v)。


『仏教では、心の三毒である「貪・瞋・癡」、に「慢・疑・悪見を追加して、

人間を不幸にする六大
煩悩と言われています。』


これ、HSグループでは流行ってますよw

相手を知るときにも有効です。

心の傾向性は修正をしないといつまでも似たような状態で固定されます。


例えば、頑固者のおじいちゃんという存在があるかと思いますけど、

20代はとても素直で、30代はメチャ頑固になって

40代はとても素直になって、50代にはまたメチャ頑固になって、

60代はとても素直になって、70にはまたメチャ頑固になって・・・

こんな気色の悪い人はあまりいませんね。

私もそうですが、頑固な人は一生を通して頑固なことが多いでしょう。


この頑固さひとつをとっても考える材料になります。

何で頑固なのか? そもそも頑固さとは何か?


これも「心の三毒」のクロスラインに接触することが多いと考えます。

つまり、頑固さというものを構成する要素を考えます。

例えば、頑固さとは、「他人の言うことを信じない」とうことでもありますね。

「自分の考え方」、「生き方がいつも正しい」、という考え方でもあるでしょう。


『仏教では、心の三毒である「貪・瞋・癡」、に「慢・疑・悪見を追加して、

人間を不幸にする六大
煩悩と言われています。』


そうですね。ゾロゾロと出てきます。

先ず、他人を信じないということは、他人を疑うということでもあります。

「疑う心」・・・ 「疑」の要素です。

次に、他人の意見よりも自分の意見のほうが正しいと思う心があります。

「慢心する心」・・・ 「慢」ですね。

更には、他人に自分の考え方の修正を求められると、頑固者は怒ります。

「怒る心」・・・ 「
瞋」ですね。


他にも、「貪る心」ですね。

貪りが強いことで他人の忠告やアドバイスを聞かない心もあるかと思います。

自分の欲望が先行しているので、他人のことなど構えない、そういうこともあります。


或いは、「痴の心」・・・ 無知、無明です。

他人が言うことが正しいこともあるのに、それを判断できないこともあります。

知識や智慧が弱いので、自分の道を信じるしかないこともありますし、

そこには、他人の責任したくないので自分で選択をする、ということもあります。


最期は、「悪見」ですね。「悪見」とは非常に難しい概念です

物事を正しく見れないということなのですが、これは難しい。

何が真実なのかということについて、普通は深く考えませんからね。

テレビのニュースやネットの記事でもそうです。

例えば、民主党が政権を握ったときにも、

国民のみなさんには、この「悪見」の要素が渦巻いていたと判断します。

ポピュリズムに洗脳をされて、国難を招くような為政者を選択しました。


そして、電気代が上がって嫌な思いをする人たちや、

国防の危機に晒されて心配で夜も眠れない人たちが生まれました。

これは日本人だけのことではないですね。

日本人日本の政府がしっかりしていれば、

韓国のみなさんがイライラすることも減ったでしょう。


まぁ、話が逸れましたけど、「悪見」とは、「正しい物の見方の逆」ですね。

頑固者のおじいちゃんがテーマでしたけど、

為政者でもそうですし、頑固さから来る間違った選択は罪になることがあります。


パチンコの技術論やマインド論でも同じことが言えます。

「平均値を優先して無謀な挑戦は避けるべき」という考え方があっても、

「いや、自分は実力が付いてきたので4台目を狙います!」

そうやって成功をすることもありますけれど、

大抵は、「自分の平均値を逸脱」すると不幸を招きます。


或いは、「ホール内のシマ内での平均値」ですね。

「誰も勝てそうにないシマでも当たりが取れるが、勝てるとは限らない。」

「平均値を無視した立ち回りは、どうしても安定しない
。」


先人のみなさんが泣きかぶりながら確立してきた考え方や

の指南書のような技術論を信じたほうが早いこともあるのですね。


ただ、そこに頑固さがあるのは完全な間違いではありません。

新しいものを生み出す原動力や素材になることはあります。


「普通に考えて、使えそうなものは素直に自分のものする。」

「普遍性を考えて、自分のホールに適合しないようであればアレンジする。


つまり、一方的な素直さや、一方的な頑固さも不幸を招くことがあります。

純粋に素直になる必要があるところは素直になる。

研究のために頑固さが必要なときには
、それなりの頑固さを持つ。

そのバランスが大切であると思うのですね。


さて、話を戻しますが、前述の頑固者のおじいちゃん・・・

「心の三毒」や「煩悩」を考えたときに、悪魔の毒々モンスターみたいですね。

頑固者でも成功をしていたり、

自分や他人を幸せにできていればそれでもいいと思いますけど、

大抵は、誰も相手にしなくなって寂しい余生を送っておられる気配があります。

そうした人生が好きな人はそれでもいいでしょうし文句もありません。

しかし、ご本人がそれを望まないのであれば、

「今からでも、ちょっとは素直になってみる」・・・

このような考え方ができれば、そして継続できれば、人生が変わっていきます。


職場や
会社でもそうですね。普通、頑固者の上司は嫌われます。

それで結果を出せれば文句も言えませんが、

結果を出せたところで人がついて行かなければ、何かと不毛な感じです。

「はいはい、一人で頑張って!」・・・ って感じになることがあるでしょう。


私も若い頃は、超がつくくらいの頑固者でしたので・・・

本当に人の話を聞きませんでしたね。

今になって思えば、いろんな毒素が心の中にあったのだと反省します。

ずいぶんと人の話を聞くようになりました。

ラインでも電話でもそうでしょ? 聞くでしょ? (*v.v)。


まぁ、自分の周囲に誰もいなくなってから気付かなくてよかったと、

そう思えばありがたいことです。


さて、そうしたことで、不幸な心の分析でした。

このような人間の心の動きや在り方を徹底的に分析して、

「正しい心の在り方とは何か?」 「正しい心の探求とは何か?」

そうしたことを学ぶのが、本物の仏教なんですね。

不幸な心を構成する毒素があるので、それを知り、取り除いていく・・・

これが、「悟り」への第一歩です。


高額な仏壇や掛け軸や花束などを騙され購入するのが宗教ではないのです。

ナンミョーホウレンソーとか、意味不明の念仏を唱えるのも違います。

素性も知らない相手と合同で結婚式をするのも違います。

私がそんなものに興味を持つわけがありませんね。

そこまでアホではありませんので、信じて頂いて大丈夫ですw


では、ありがとうございました。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ホルコンマスターコウさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。