2013年02月05日(火) 21時17分56秒

ホルコンの科学!? 「パチンコにおけるマインド変革論」 第一話 「感謝の正体(4)」

テーマ:ホルコンの科学!?

こんにちは。


では、『ホルコンの科学!? 第一話 「感謝の正体()」』です。


人間の「心」や「思考」というものに、

最も深くメスを入れて分析や説明をできたのは仏教であると考えています。

今でも本家仏教の名残として禅宗という宗派があります。

人里離れた寺などで座禅を組瞑想のようなことをして、

精神の調整や悟りか何かを求めるような修行?を好む宗派ですね。


それで、この前、たまたまネットの番組を見ていましたら、

その禅行の意味を説明している人がいました。


人間は悩んだり迷ったり悶々とすることがあるので禅行というものがある

とは、瞑想によって、その悩める心というものは本当はないのだと悟ること

だから、人間には本当は心などないのだ。

心などないということに気が付けば悩みが解ける。」・・・ という解釈でした。


まぁ、ムチャクチャだとは思いましたけど、

現実にそうした解釈をされる方々もあるのだと知りました。

サイボーグ人間の勧めに近いでしょうね。

それ悩める心を滅却させるには効果もあるでしょうけど、

「本来、人間には心がない」とまで発展すると、仏教は無神論になります。


そう、「色即是空」という言葉がありますけど、

仏教学者のみなさんでも悩まれるのが、「色」と「空」の解釈のようです。

私の解釈ですけど、「色」とは目に見える事象であり、

「空」とは存在はするが、目には見えにくい事象であると思います。

それを、「空」とは「空っぽ」なのだと、「何にもないのだ」という解釈ありますが、

何にもない空っぽの話を、わざわざ仏陀が説明される必要もないように思えます。

それのどこが人類最高峰の悟りなのかと、そうした疑問が出てきます。


しかし、それが理解できないが故に

前述の禅宗などでも、「空」=「何もない」=「心はない」、

こうした解釈になってまうことがあるのではないか、そう考えるのですね。


さて、本来の仏教の考え方としては、

『人間が悩んだり迷ったり悶々とする
ことを「執着」と呼び、それを捨てよ』と、

「心の中から毒素を排出せよ」と、「不幸な考え方を止めよ」と

執着を
断つことで人間は自由になれる、明るくなれる、建設的になれると、

「正しい考え方の方向性」「正しい心の在り方」を説かれたのだと思うのですね。



人間になどないのでそれに気付いて悩むな、という発想ではなく、

心の存在を認めた上で、その心のコントロールの方法を教えているわけです。


そして、その不幸の根源のような「執着」とは何か?


『仏教では、心の三毒
である「貪・瞋・癡」、に「慢・疑・悪見を追加して、

人間を不幸にする六大
煩悩と言われています。』


その代表選手がこれなんですね。

前回は、「
瞋=怒れる心」ということで書きました。

パチンコにおいてもそうですし、社会生活、家庭生活、学校生活・・・

人間が生きている以上はどうしても感情が揺れ動きます。

そして、怒りっぽい心理的傾向性は人によって違います。

に一回くらいしか怒こらない人もいれば、一日に一回は怒る人もいます。


どちらの人生が平和で幸せか、冷静で正しい人生の選択をできているか・・・

どちらの人生が人に好かれるか、人に悪影響を与えていないか・・・


そういうことを仏陀は教えていたわけです。


ただ、これも表面だけの話ではダメです。

表向き表情は穏やかそうにしているが、内心はメラメラしている、

そういうことでは執着を断てているとは言えないでしょうね。

どうせ内心が怒っているなら、表に出してらったほうがスッキリします。

まぁ、それも努力の過程かもしれませんが、

の底から、私憤や私怨で怒ることのない自分になろうと努力をするべきです。

「怒りの毒」を制することでも、人生が好転してきます。


まぁ、あまり書くとあれなんですけど、

実家の隣のご夫婦、もう、夫婦喧嘩のレベルが半端じゃないです。

隣は近いので怒鳴りあう内容まで聞こえてきます。

それを動物に喩えていいのか知りませんけど、

もう、人生で一番元気なときのニワトリさんが20匹くらいで暴れているようです。


それでですね、20分くらいギャーギャーとやっているんですが、

いきなり、し~んとなる「間」あるのですね。

お隣さんは他人で付き合いもありませんけど、ガチで心配します。

「あっ、ついに旦那が刺されたか?」って、ドキっとしますね。


まぁ、そういうことで、「怒れる心」を静める努力をすることで、

家庭内での紛争などが改善されることも大いにあるかと思うのですね。


ちょっとやそっとじゃ怒らない人間になる・・・

周囲の人は見ていないようで見ていますからね。

「怒らない人」=「懐が深い人」、そうした功徳もあるかもしれませんね。

そうしたことで、仏教ではそれを勧めている、ということでした。


ですから、本来の宗教とは高額な壷を買わされたり、

意味不明仏壇を買わされることではないのです。

わけのわからない念仏も不要です。

本物の宗教とは、「心の在り方を
変えましょう」、これが基本なんですね。


長くなりましたので、また続きます。


では、ありがとうございました。


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

ホルコンマスターコウさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

1 ■無題

ウチの近所でも、めちゃくちゃ泣いてた子供(むしろ家)が一瞬で静かになります。
…こっちがビクッとしますね。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。