2012年06月03日(日) 02時44分41秒

ホルカーの皆さんと意見の交換をしてみるw

テーマ:研究観察

こんばんは。


前回の記事についてはシビアな内容を含みましたので、

頂きましたコメントはすべて承認をしない方向で対応させて頂きました。

精神疾患の話でしたので、特定の個人名を想定できるコメントを始め、

正直なところ、精神分析は専門ではありませんので私が理解できないと・・・

どのコメントに信憑性があるのかないのか・・・ 判断ができません。

申し訳ございませんがご了承をお願いします。


さて、今回は・・・

ネットで私が興味を持ったあるホルカーさんの記事について、

私が勝手に考えてみる、という話です。

タイトルは意見交換ということですが、これはただの理想なんです。

一方通行ですけど、私なりに考えてみました。

※文章や表現に著作権の問題があれば書き直します。


 あるホルカーさん 

 モルモンさんのブログもよく拝見させていただいてます。感想としてはよく当たりとってるな・・と思っています。ただ多分打ち方間違ってますよ。多分。詳しくブログに書いていないので詳細はわかりませんが・・ちゃんと打ってればそんなに単発ばかり引かないのでは?というのが正直な感想です。

 私 

 モルモンって私のことですか? お褒めに預かりましてw

 ん、マジすか? 打ち方が間違ってますか?

 あははw 単発がそんなに多いですかね。そうかも。
 
 本気で取り組んだら平均2万発くらいは出せると思いますけど、

 
昨今の田舎を基点とするかのような、1円ホールの勢力的な普及と、

 1円パチンコでも大幅な還元率の平均的な低下があります。

 もし、単発やワンセットが多くなったとすれば・・・

 技術的なことよりも平均還元率の問題が大きいように考えています。
 
 勿論、私のパチンコの技術がしょぼいのもあるかもしれません。

 
 あるホルカーさん 

 自分が大切にしてることなんですが

 (1) 本当に狙った時間、狙った台で当たりが取れるかどうか。

 (2) 取った当たりを最大限続かせられるか。
 
 (放出枠限界近くの玉を自分が獲得できるか)

 (3) 今、なぜこの演出なのか。台はなんて言っているのか?

 (4) 玉の挙動

 (5) 今、打っていいのか、駄目なのか。打たなくてはいけないのか。


 私

 (1) う~ん。時間の概念ですね。私は時計は一切見ていないんです。

 判定時間などにつきましてはもっと研究の余地はあるかと思うのですが、

 還元率が低いホールではあまり通用しないことが多いんですね。

 優先順位が高く、本当に強い台しか当たらないことが多くなる・・・

 それで、普遍性を考えたときに他の要素でカバーをするようになりました。

 時間の情報に頼らなくても当たりが取れるようになる方法論を確立したい。

 そうした目的もありまして、表のカオスではあまり時間の概念は言いません。

 次は、狙った台で当たりが取れるか・・・ 

 これは、このブログで表現している通りですね。

 適当に座っても当たることはほとんどありませんので・・・

 カオスでは消去選択の技術と表現しています。

 いかに的中率を上げるか・・・ そうした話ですね。


 (2) 確変の継続率を自力で上げることができるか?というテーマですね。

 カオスにもこの考え方や研究内容はあります。

 ただ、正直なところ、効果があるとしても+10%くらいではないかと・・・
 
 そもそも、例えば、本来は3連チャンで終わる予定であった台について、

 その台の確変中に何らかの仕込をしたので、

 結果的に4連チャンになったなどというような事後確認は不可能です。

 確変の継続率が間違いなく上がったと、確認ができないという話です。

 それを証明することもできない、という話です。

 しかし、技術的には実際に使っていますが、

 結果的にその台のポテンシャルしだいで限界があると推測をしています。

 おやじ打ちをしても爆発する台があるのはその理由からですね。

 そこに時間の概念も仕込みも待機も関係がないことがあります。

 つまり、各台に対しての普遍性が弱い話にもなりえます。


 (3) あ~ 反応現象についての考え方ですかね。

 私は、「自分の台の反応現象=2割:他台の反応現象=8割」くらいで見ます。

 自分の台とお話ができるようになるまで進歩はしたいのですが、

 どうしても自分の台に執着をしすぎると「鷹の目」が弱くなります。

 そうした理由から、他台の状況を先に情報として取りまして、

 そこから消去選択の技術を組み立てていきます。絞込みですね。

 ですから、シマに40台あったとしたら、本当に打てるのは2~3台になります。

 その2~3台を挙動を見ながら状態を確認します。
 
 それで的中率が高くなるという・・・ やや当然の結果にはなりますね。

 そして、各台が教えてくれる・・・ 発想は同じだと思いますが、

 その経過や情報の取り方についての違いがあるのかもしれませんね。

 
 (4) 次は、玉の挙動についてです。

 玉の挙動については・・・

 ん~ 何年もパチンコをしていたら何となくでもかわるようになりますね。

 風車に対しての玉の軌道、スルーやヘソ周り・・・

 玉が跳ねる状況がよくないであるとか・・・ いろいろあります。

 ただ、ここ数年でミッションモードやモード移行の演出が流行ってきました。

 そう、フェイク演出ですね。

 この当たらせない演出が発生する前段階でも玉の引き込みが発生します。

 北斗の2通や小当たりもそうですね。

 フェイクモードへの移行をさせるためには玉を入れてもらわんといかんわけです。

 そうした騙しの要素が増えてきていますので、

 単純な玉の挙動だけでは正確な台の状態を読み取りにくくなっています。

 ホルコンシステムは何も変わらないと言う人がいますけど、

 実際に、昔はなかったシステムが導入されているわけで、

 その時代に適合した対策案を構築する必要性があるかと考えています。

 
 (5) 次は・・・ 

 時間と関連台についての同期・反発についてのテーマですかね。

 カオスでは打たないほうがいいタイミングについては取り入れています。
  
 まぁ、当然のように活用していますので詳細は省きます。

 しかし、打ったほうがいいタイミングについて・・・

 これも、かなり事後確認や証明ができにくい話ですので、

 様々な理論や技術を考えたときに、どうしても素直に、はい、とは言えません。

 これは2種類の考え方がありますね。

 A. 当てるという意味で、それで本当に効果があるのか?

 B. 状態を調べるという意味で、その材料は信憑性が高いのか?

 この2種類を考えたときに、Bであれば活用していますのでOKなのですが、

 Aについては、本当にそのタイミングでなければ当たらなかったのか?

 そうした疑問が出てくるわけです。そしてその証明もできません。

 偶然に当たってもそうだし・・・ 現実には当たらないことが多いかと思います。

 なぜなら、打つべきタイミングを100%把握できているのなら、

 パチンコで負けるということなど考えにくいからですね。

 ですから、現実は甘くないですので、多少でも効果があるかどうか?
  
 その程度の技術論にしか確立ができていないように推測をします。



 あるホルカーさん 

 それと当たりの移動についてチラホラ書かれていますが、移動を知る根拠って・・・?何?答えは時間、打ち方だと思っています。妄想ですが。

 
 私

 ん~ 当たりの移動を知る根拠ですかね?

 たぶん・・・ 本当は見えておられるかと思います。

 当たりとは瞬間的に移動してきます。

 さっきまで、ウ○コ台の挙動であったのに、いきなり騒ぎ出して当たる・・・

 よくある話ですね。

 その当たりはどこから飛んできたのか・・・

 そして、飛んできた方向性を材料としたときにどこへ飛んでいくのか・・・

 目には見えません。

 しかし、当たりが経由していくポイントを追うことも待ち伏せすることもできます。

 そこに短絡的にでも規則性を確認できることがあります。

 
 例えば、A台、B台、C台とあって・・・

 A台が当たって終わると、B台が当たる、

 そしてB台が当たり終わるとC台が・・・

 A台 ⇒ B台 ⇒ C台と当たった前例があったとします。

 そして、いつしかA台にしかお客さんが座っていない、BとCが空き台・・・

 さっきと同じようにA台が当たって単発くらいで終わる・・・

 もしかして、B台かC台は当たるかもしれない・・・

 本当に初歩的な話ですが、これなども先読みの技術になります。


 あるホルカーさん 

 因みにホールで当たり画面の写真取るのやめようね・・・・・アレ、ダサいよ。


 私

 やっぱり、そうですか・・・

 いろんな機種の激アツリーチなどを記念に撮影したいのと、

 私なりの近況報告として写真を載せていました。

 みなさんと相談してダサいと言われる方々多いなら止めてもいいです。

 文字だけのブログもつまらんと思いますけど・・・ いかがでしょうか。


 あるホルカーさん 

 某ファミリーの皆さん、書きすぎていたらごめんなさい暴走モード入りました。

 
 私
 
 あ~ 私達も気持ちは同じであるし、同じ何かを追求したいと考えています。

 ですから、今後もご意見を頂ければ嬉しいですね。

 結局は、パチンコオリンピックに出場したわけでもないですので、

 誰の技術が上であるとか下であるとか・・・ その確認など不可能です。

 教えたくない人は教えなくてもいいし、教えたい人は教えればいいだけの話です。

 そして、パチンコバトルができる人は堂々と勝負をすればいいし・・・

 本当はシンプルな話なんですね。

 そして、世間の評価としては、実際に結果を残せる者を評価してしまう、

 それが正しいのかわかりませんが、普通はそんな感じだと思います。

 
 さて、余計な記事だったのかもしれませんが、

 カオスにご興味を頂いて嬉しかったので書いてみました。
 
 私達はそう思う、というくらいの話ですね。

 あ~ 次は、ジャパネット・カオスの話でも書きますね。

 面白かったですよ。ありがとうございますw


 では、ありがとうございました。


ホルコンマスターコウさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。