2010年09月08日(水) 01時33分57秒

確率の収束についての暫定的な見解(前半)

テーマ:ホルコン攻略理論


こんばんは。

今回はちょっと難しい話です。私も結論を出せておりません。


ここ最近、スカイプなどで話題になりましたのでまとめてみます。


「確率の収束」・・・


各メーカーが販売している遊戯台については、

一定の確率の収束現象があるかもしれない・・・という仮説です。

スロットを打たれる方々から出てきそうな内容ですね。

業界やメーカーは公表していないと思います。


例えば、Aタイプのジャグラーは設定6で1/240くらいです。


下記はサイトセブンの特定のホールでの、

8日分の「アイアムジャグラー」のデータです。


ホルコンマスターコウの虎視眈々

ちょっと見にくいですが、当たり回数の平均値です。


9回 14回 25回 15回 13回 13回 18回 9回(当たり回数)


ホルコンマスターコウの虎視眈々


次は同じ8日分の確率のBIGボーナスのデータです。


290 276 289 318 286 285 281 291(確率)


それでは並べて表示します。


9回 14回 25回 15回 13回 13回 18回 9回


290 276 289  318 286 285  281 291



当たり回数の平均値が9回と少なくても、

25回も当たっている日の確率とそんなに変わらない日もあれば、

別の日には15回も当たっているのに、

9回の日よりも平均確率が悪いこともあります。


結果的に、稼働率によってお客さんからの回収金額が増減しますが、

パチンコホールが還元している割合には極端な変化がないと判断できます。


例えば、全体的な平均確率が500分の1になったり、

或いは、50分の1になったりすることは稀であり、

最終的には似たような確率に落ち着くという話です。


何年も当たり回数と確率のデータを取っているわけではありませんが、

今回のデータを見る限りでは、

全体的に大当たり確率が一定の平均値に近付くように設定してあると感じます。


そうしたことで・・・


現段階では、遊戯台の一台一台が確率の収束をしているとは言えないが、

シマやグループなどの一定の範囲(複数の台の平均値)では、

ちゃっかり確率の収束現象に似た、平均値を調整する性質があると推測できます。


これらの調整を人間の能力だけでできるかと考えれば、

「いや、それはコンピューターでないと無理でしょう?」・・・みたいな話になります。


スロットは設定が全てであるという方々も多いですが、

その日その日で稼働率や回収金額も違うのに、

単純な設定だけでここまで綺麗に全体的な確率の調整ができるかは疑問です。


例えば、1シマ=40台のジャクラーにしても、

設定6が2台、設定5が4台、設定4と3が15台・・・ 私は無理だと考えております。



以上、前半でした。

「確率の収束についての暫定的な見解(後半)」では、

個別の遊戯台が「確率の収束」をするのか否か? それを考えてみます。


では、ありがとうございました。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ホルコンマスターコウさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。