2010年06月22日(火) 19時49分34秒

「当たり資格台の潜伏調査方法」の暴露!!!

テーマ:ホルコン攻略理論

こんにちは。


 カタツムリさんや、ナメクジさんが喜ぶ時期になりました。個人的に雨は好きなのですが、外出するのが面倒になります。


 今回は、「当たり資格台の潜伏調査方法の暴露!!!」という内容です。別に大した話ではありません。効果も弱いです。


 「コンシルメントサーチ」=
「当たり資格台の潜伏調査方法」  


 ベッキーさんにご意見を頂いたことも理由です。使えるか?使えないか?の話をします。


 総合的な結論としましては、「オカマ」を防ぐ効果はありません。又、正確な「止め時の目安」にもなりません。


※現在は他のノウハウで台の状態を見極めています。


 以前に、私の攻略理論の初級編に付録として書いた内容です。知らないよりは知っていた方がいいこともありますが、最近の遊戯台は表面的な現象では台の状態を判別できないように進歩しています。数年前までは利用価値もあると思ってテキストに組み込んでおりまして、メンバーの皆さんも知っておられる方が多いと思います。


 実際にはこのノウハウを価格を付けて販売することも、テキストを販売するときのオマケにすることもどうかと思いまして、私の攻略理論テキストからは分離しました。


※著作権を放棄したという意味ではありません。


 現在は実際に活用できるノウハウのみを、皆さんにご紹介させて頂きたいと考えております。


 使えそうな内容であれば、猫の手を借りるようにセット化するというレベルではなくなりました。又、そうした弱々しい情報をご提供することも皆さんに対して失礼になります。


 「嘘」ではない情報かもしれませんが、これまでの総合的な結論として「弱わすぎる」という話です。又、他のノウハウを取り入れるときに気が散ってしまうという欠点があります。


 それで以前にテキストに付録していた内容をそのまま転載します。現在は販売もご提供もしておりません。皆さんのパチンコスタイルに何かのヒントになれば思います。このノウハウを更に精度を上げることができれば利用価値も出るかもです。


Concealment Search          


ホルコン攻略理論 初級編 参考資料No.3     <最終更新日2009.01.31>


コンシルメントサーチ説明


 サイトでも簡易説明をしておりますのでご参考にされて下さい。コンシールメント(潜伏)サーチ(調査)というくらいの意味です。時短終了後なども当たり資格がその台に留まっている可能性を調査します。


 確変終了時と単発当たりの大当たりラウンド消化中に、スタートチャッカーに入る玉の数を数えて下さい。

 

 大当たり中の「1R~15R(16R)」までのことです。大当たりを消化しながら玉の流れを観察します。

① 基本的には大当たり中に合計でスタートチャッカーに35~40個以上の玉が入れば、時短が終了してもグループ内の他の台に当たりが移動していない可能性が高いようです。

 

 (時短中に引き戻すときには、①の条件を満たしている場合が多いです。)

② 電圧などの関係ですが、例えば、ハネモノなどは15Rが終了して次の1回転目の玉で当たることがあります。つまり、ラウンド消化中に次の連チャンをする準備をしているということです。ハネモノは機種により多少違いますが基本的に13R時にその準備をしています。


 フルスペック機種(爆裂機・ミドルスペック機種含む)や甘デジタイプの場合は、当たりはじめと(1~2R)、当たり終わりに(14~15R)、スタートチャッカーに入る玉の数が多いようであれば、更に信頼度が高くなります。

③ 玉の入りが合計で15個未満の場合は、グループ内の他の台に当たりが移動して いる可能性が高いですが、台の釘設定にも影響されますので時短終了後の判定時間帯(30秒間)での回りを参考に、各判定時間帯で2回くらい回りが悪くなれ ば既に当たりが飛んでいますので、その台の周期が判別できる場合は他の台か次の基本当たり移動順番の台に移動して下さい。


 しかし、その台の周期の状態が好調であると判断できる場合は、グループ内の他の台の当たり発生までしばらく待機して自分の台の当たり順番になるまで待伏せて下さい。


 上記①~③の潜伏調査中に、グループ内の他の台が当たれば既に当たりが移動しています。しかし、自分の台がその台よりも優位であれば、その台の当たりの発生直後などに自分の台に当たりが再び移動してくる場合もあります。


 又、玉がほとんど入らなくても時短中か時短終了後に当たる場合もあります。釘の調整が悪い場合にはそうしたこともあります。グループ内の他の台に当たりが出なければ、自分の台に当たりが残っている可能性もあります。


他の台の当たり消化中に、自分の台の順番を判別する


 グループ内の他の遊戯客の台が当たっている場合に、その台の大当たりラウンド開始時(1~2R)と、大当たりラウンド終了間際(14~15R)に自分の台の回りが悪くなれば、高確率で次の当たり順番ではありません。


 同じタイミングで逆にポコポコと良く回るようであれば、自分の台がグループ内の次の順番で当たる可能性が高くなります。ご自身の台と他の遊戯客の台については、判定時間帯での回りも参考にされて下さい。


周期変わりの総合判断として


 基本的にグループ設定が高くない限りは自分の台が当たった後に、グループ内の他の複数の台がジャンジャンと当たり始めましたら、その時間帯においてのグループ内での各台の相互関係も影響しますが自分の台は回収傾向に入ることが多いといえます。


 データロボで推移グラフ(波グラフ・スランプグラフ)を読めば周期の高低が判断できるようになります。例えば、3箱周期・7箱周期などですが、3箱目や7箱目のときにコンシルメントサーチで周期が残っているかを調査することが有効になります。
その時点で玉の入りが悪ければ前述の周期の読み通りその台はそれで終わり、グループ内の他の台と優劣が入れ替わるということです。


グループ内の他の台を観察する習慣を養う


 横並び並び構成のグループであれば2台先くらいまでの台を観察することは可能ですので、自分の台の当たり消化中などにそれらの台の回りを常に観察されて下さい。


コンシルメントサーチ 補足説明


隠れ確変の傾向と判別


 現行の機種には通常の状態や時短終了後にも隠れ確変が多いですので、遊戯台盤上の小さなランプ群などでの確認が必要となります。


 一般的には「2R」などと小さく記載してあります。隠れ確変の状態では電チューのサポートがありませんので知らずに止める人も多いようです。遊戯台の上方に設置してあるデータカウンターが点滅し回転数が0回にリセットする場合は隠れ確変の合図となります。


 例)1 データカウンターが点滅した場合に隠れ確変が確定する機種

 アンルイスと魔法の国、泉谷しげるの座頭一、ゴジラ、萌えよ剣、中森明菜など、冬のソナタ2・Go! Go! 郷セカンドステージ・アヴァンギャルドなど


 例)2 データカウンターが点滅した場合でも、隠れ確変が確定しない機種

 花の慶次(斬)・仮面ライダー・銀河鉄道999・寿司屋の源さん・歌舞伎ソード・黒ヒゲなど (これらの機種情報につきましては今後も更新します)


 隠れ確変が確定している場合にはスーパーリーチの発生率が高くなり、又、信頼度が高い予告の発生や背景チェンジが頻繁になります。隠れ確変や潜伏確変の場合にコンシルメントサーチで調査しますと、やはりそうした場合にはスタートチャッカーに玉がよく入ります。


 これらの傾向はホールの釘の調整にも関係します。ちなみに私が通うホールの場合は釘が最悪ですので、大当たりのラウンド消化中にスタートチェッカーに 30個以上の玉が入れば8割くらいで当たりが残っています。或いは、15R中の最初の1~2Rでスタートチェッカーに合計8個以上の玉が入ればその可能性 が更に高くなるようです。

 

 前述の確変が潜伏している場合は、~180回転(時短100回転含む)までで当たることが多いようです。時短終了後に判定時間帯で2回ほど回りが悪くなれば隠れ確変の可能性は少なくなります。


 判定時間帯とも関係しますが、グループ内の他の台が当たりはじめた場合でも潜伏待機中ということはあります。隠れ確変が確定している台を差し置いて、グループ内の通常状態の台が当たることもしばしばです。


止め時の目安として


 ホールの稼働率や換金率も様々ですので一概には断言できませんが、基本的に連チャンが5箱以下は2箱まででその台は止める。10箱以下は3箱まででその台は止める。10箱以上出たらその日は勝って帰って下さい。


 一般的な遊戯台の周期の状態から判断したときに、そのくらいの箱数で当たらなければ粘ってもドル箱が増える可能性は低いでしょう。


 仮に収束周期(遊び周期)の台を当てて長時間に渡り粘ったとしても、例えば、5箱出て5箱入れて5箱帰ってきても疲れるだけです。又、単発当たりの場合は粘っても時短を含み350回転くらいで見切りを付けて下さい。


コンシルメントサーチ 調査方法 まとめ


 前述までの調査方法を修得されまして、1台・1台の当たり消化中を丁寧に観察されて下さい。他の遊戯客の台の当たり消化中を観察することで、その 台から当たりが移動しているかということを常に観察する訓練をされることも有効であり、グループ内の当たりの移動に対して敏感になります。一日を通して当 たり信号が激しく飛び交っている雰囲気を把握されて下さい。


 又、例えば、自分の台の当たり消化中にグループ内の他台に当たり台が出ない場合でコンシルメントサーチの条件を満たせば、自分の台に当たりが残っている 可能性が高くなり、逆に、自分の台が当たってすぐにでもグループ内で2台以上が当たりはじめたら、自分の台はしばらく沈黙する可能性が高いのですので、そ うした状況の場合は様子を見ながら休み休み打つことが有効となります。


 一日中、グループ内を当たり信号がグルグルと回っていますので、自分の台に当たりが回ってきている可能性の高いときに、判定時間帯などで当たり潜伏の調 査をして下さい。つまり、自分の台や他の遊戯客の当たり消化中のコンシルメントサーチでの判断と、判定時間帯での判断を総合してグループ内のどの台に当た りが潜伏しているかを予想する習慣を形成します。


 「ホルコン攻略理論 中級編」では、「グループ内基本当り移動順番」を組み込みますので、更にその予想確率と信頼性が上がるようになります。


では、以上です。


ありがとうございました。



 
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

ホルコンマスターコウさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

4 ■Re:やっぱそうなんすか?

>ベッキーさん

 おはようございます。数年前と比較したときに信憑性が下がっています。残念な話ですが対策的な要因を感じています。

 例えば、2確(潜伏確変)を引いた後にいきなり回りが悪くなることがあります。昔はこのような現象は少なかったのですが、最近は2回に1回くらいの割合で発生しています。

 それと、2R通常の処置をする前段階でも強烈に玉を引き込むことがあり錯覚させられます。つまり、当たりが残っていると思わせて2R通常でした・・・みたいな話です。

 そういう意味では、あまり情報の公開はしない方がいいのかもしれないと考えています。その度に対策をされたら意味がありません。

 コンシルメントサーチの効果があるようであれば加工して活用されて下さい。もっと進化させたいですね。

3 ■Re:無題

>下手なギャンブラーさん

 いつもありがとうございます。使えないこともないのですが、統計的に信憑性が約60~70%と下がってきました。結局は一箱くらい打ってみないとわからないということであれば他の要素やノウハウでカバーした方がいいという結論です。

2 ■やっぱそうなんすか?

でも今でもへそに入る玉数える癖があります(笑) ミスマリンちゃんの水着姿見たいけど我慢我慢って(≧◇≦) でも多分これからもコンシルメントサーチしていくと思います(笑) 個人的にこの情報好きです! 

1 ■無題

お疲れ様です。初級編に有りましたねぇ。一応復習させて頂きました。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。