ファッションプロデュサー しぎはらひろこのビジネスを加速させるメディア・スタイリング

メディアスタイリングの第一人者、しぎはらひろこの公式ブログ
ファッションを感性で解くと曖昧になる。「似合う・似合わない?」ではなく【誰に・何を伝え・いかに在るべきか】。役割に相応しいファッションをロジックで解き・創造する。ロジックな視点から指南

ファッションプロデュサー しぎはらひろこのビジネスを加速させるメディア・スタイリング-スタイリング

宝石赤新刊「何を着るかで人生は変わる」 アマゾン予約はこちら

テーマ:
みなさま、こんにちは。
しぎはらです。

先週の土曜日、
「自由を着る」の著者
「光野 桃」さんのトークショーにお伺いしました。

1994年年10月、
今から22年前に発売された「おしゃれの視線」は
当時大人気だったファッション誌の編集者でもあった
光野桃さんの処女作でした。

その一冊との出会いが
ファッションを言語化するという
素晴らしい扉を開いてくれました。

何度も何度も読み変えし、
書棚の中で私を導いてくださった多くの作品たち。
光野さんの紡ぐファッションを語る言葉は
どれも斬新でありながら真意を突いていました。

22年間恋い焦がれた光野さんの優しい語り口は
これまでの激しい自己との葛藤の末に醸し出される
達観したからこその
穏やかさのなせるものなのだと感じました。


光野さんが世に示すファッションへの眼差しと、
私が本を通じ世に紹介する内容は一見相反しているようですが、
「衣服への愛」という
深いところで強く結ばれていました。

光野桃さんと100名を超える女性たちの真剣な眼差し。
「会場に満ちる「気」の中で
「着ること・生きること」それは
人生そのものなのだと深く実感しました。


光野さんはこれからも、私の敬愛する大切な指針です。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、しぎはらです。
5月21日(土)日経新聞 プラス1の紙面で
取材とコーデ画像の協力をさせて頂きました。

日本の女性は「着回しコーデ」がお好き?


紙面記事はこちらでご覧になれます。http://style.nikkei.com/article/DGXKZO02557750Q6A520C1W02002

いろんなパターンの「ミックスコーデ」を作りましたが
今回採用されたのはこちら。

H&Mの¥2,499のワンピと
ハイブランドのバッグとのミックスコーデ。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、しぎはらです。
あいかわらず、プチプラブログは大人気
ユニクロ・
ZARAH&M
今身に着けている衣服の中にそれがあるなら、
プチプラについて語るなら
服がどこから来て、どこへゆくのか?
その事実を知るのは大人の責務。


その(闇)の真実を知りながら

「暗黙知」として抱えるのが苦しくて、

拙著にその一部と解決法を書いた。

安くてかわいい(プチプラ服)。
光と闇は表裏一体。


大量に作ればそれだけ大量の有害物質が排出される。

服が大量に作られ消費されれば、大量のごみにもなる

燃やせば温室効果ガスも出る。

製作過程も含めてファッション・アパレル産業が排出する炭酸ガスの量は、

石油産業に次いで第2位なのだという。

いいことばかりに見える「光」が輝くほど、

潜む「闇」も等しく深い。

「おしゃれ」を推進するのならぜひこの映画を観て
現実に起こっている現実を知っていただきたい



大量生産・消費がもたらす弊害が
限界に差し掛かっているのは
ファストファッションに限らず、
多くの高級ブランドでも状況はさほど変わりはない。

地球の未来に影響を与える事実を
ひとりの業界人として真摯に受けとめ、

すべきことを今一度、自らに問う。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)