私が死ぬとき

テーマ:

私が死ぬとき

 

7月末、義父が亡くなった。(。-人-。)

葬儀だなんだと落ち着かない日が続いた。

 

夫が前日に会って、持ち直したと思っていたのに

容態急変で、改めて夫が駆けつけた時には、既に亡くなってしまっていて。

 

夫がその日のうちに葬儀のことなど色々あらかた決めてきたので、

私は特に何をするでもなかったのだが。

 

そんな折、

駅の売店で目についた雑誌「AERA」の見出し、

仏教ビックバン」「特集 お葬式はもういらない」。

思わず買ってしまった。(^◇^;)

 

最近お経も読まない家族葬が増えていると。

その代わり、“派遣読経”というか、檀家などに関係なく

お坊様が出張してきてくれるサービスが出来てきたとのこと。

そこに至るまでの軋轢は大変だったようで。

ビックバンによって明朗会計になっていいことじゃないか、と私は思う。v(。・ω・。)ィェィ♪

 

義父はお寺さんの集まりやら「うじこ」がどうしたと

お寺にやたら入れ込んでいるようだったが、お金

お寺のそうしたあり方を搾取のようなものだと捉えていた夫は

無宗教であることもあって、戒名も頼まず、

読経もない「家族葬」に決めた。

まさに仏教ビックバンさまさまであった。(。-人-。)

葬儀は、

お別れ会と火葬とその間のお食事会のみ。

実にひっそりとしたものだった。

 

私としては、読経が好きなので、心静かにお経に耳を傾けながら故人を送り出したいというのが本音だが、

主張するほどの仏教徒というわけでもなし。σ(^_^;)

淡々と葬儀は終ったのであった。キラキラ

 

葬儀は地方によって特色がある。

何十年も前のことになるが、

義祖父の葬式の際には、

遺体に水を掛けて清めるよう言われて驚愕した。(葬儀社のメニューのようだったが、地域の風習に即してのことと思われる。あせる

遺体が経帷子を身につけているのにも驚いた。ふざけているのか?と疑ったほど。滝汗

だから、今回の必要最低限の「送り」は、私にはありがたかった。(。-人-。)

 

火葬代、数千円。そんな料金で人は火葬されてしまうんだ……と妙な気がした。DASH!

 

仏壇もない我が家の一角に焼香スペースを作り、

とりあえず、今日も線香を焚くものの、

狭さを極めている我が家に、骨壷が場所を取るなぁ…・・・と思っている薄情な私であった。てへぺろ

最近はお骨も全部持ち帰らず、一部だけ頂いて、残りは火葬場の方に任せてしまうということもあるようなのだ。

――それでいいじゃん? と私は思うのだが……。ねー

 

今回、あちらの親戚の方に何度か言われた言葉、「あんたたちは子供がいないんだから」。

だから、どう死ぬか、どう始末するか、

よく想定して準備しておかねばならない……ということなんだろうなぁ。あせる

 

昔は、死ぬときはガンジス川にそのまま流してもらいたいと思っていたが、(。-人-。)

それはそれで実現は結構難しそうだし、あせる

なんか、

死んだら、“当局”がすぐに報告を受けて、“葬送隊”なるものたちがささっと私の遺体を回収してくれたらいいなぁ。ラブラブ

で、私はそのままスムーズに火葬され、メラメラ

骨も灰も土に混ぜ込まれるというシステムがあればいいのに。DASH!

でもって、私の灰が混ぜ込まれた土の上に、木でも植えてもらえたら嬉しいなぁ。やしの木

 

AD

2017年6月 朝比奈切り通し散策 4 光触寺と明王院

 

ハイランドバス停からバスに乗って鎌倉駅まで帰る前に、バス停

周辺の「光触寺」と「明王院」に寄ってみた。寺

どちらも鎌倉八幡に対して鬼門に当るから、鎌倉の都を守るお寺のよう。キラキラ

 

光触寺(コウソクジ)……光が触れるお寺……名前がなんとなく素敵。キラキラ

 

開基は一遍上人ということで、入口には一遍上人のお姿が。びっくり

 

一遍上人といったら、「時宗」の開祖。

延応元年(1239年伊予国(ほぼ現在の愛媛県久米郡豪族別府通広(出家して如仏)の第2子として生まれる。幼名は松寿丸。生まれたのは愛媛県松山市道後温泉の奥谷である宝厳寺の一角といわれ」……本

 

宝厳寺」ってブロ友ダニーさんのよくお参りするお寺じゃあーりませんか?!?

愛媛から遠く鎌倉まで、昔の人の行動範囲って、広いねー。あせる

 

ここの御本尊、阿弥陀如来さんにはイワレがあって、本

 

鎌倉時代の始め頃、将軍の招きで鎌倉に来ていた仏師雲慶(運慶)は、

町局(まちのつぼね)という女性の求めにより阿弥陀三尊像を刻んだ。大仏

 

ある時、町局に仕えていた万歳法師なる僧がボウズ怒り

盗みの疑いをかけられ、叫び

頬に焼印を押されたが、法師の頬には焼痕が残らない。ドロ

 

その後、町局の夢に阿弥陀仏が現れ、

「なぜ、私の頬に火印を押すのかパンチ!」と言う。

朝になってみると、阿弥陀仏の頬に焼痕が残っていたという滝汗

(ウィキペディアより引用)

 

このお話、多少バージョンがあるようだが、大筋,”男の代わりに阿弥陀さまの頬に焼印がついていた“というもの。

「盗みの疑い」だけで、頬に焼印を当てるなんて、ひどいなぁ。えーん

焼印を当てられた法師はその後どうしたのだろう?

 

こういうお話は何かささやかな出来事に尾ひれ端ヒレがついた作り話なんだろうけれど、

好き。ウシシ

客寄せのために創作されたお話や仏像だったとしても、心惹かれてしまう。にやり

 

が、しかし、

予約しないと見せていただけないということで、拝顔叶わなかったのであった。ガックリ

最近は無礼な参拝者も多く物騒だから、お宝は簡単に見せて頂けないのも致し方なし……か。ぐすん

 

予約しなくともお参りできるのが、境内に安置されている「塩嘗(シオナメ)地蔵」さん。

 

さすが「塩の街道」、金沢街道沿いにあるお寺。

宝の塩がお供えされたら、思わずぺろりと嘗めたことだろう。てへぺろ

(ってか、どこぞの不心得者か、よほど困ったものが、お供えを失敬しちゃったのだろうけれど、それを「お地蔵様がお塩を嘗めた!」と解するところが楽しいよね。爆  笑

 

お地蔵さまは塩分の取りすぎなのか、お顔はぐだぐだになって判別不能であったわ。あせる

 

 

 

明王院(ミョウオウイン)は大通りからちょっと入った道の奥にあった。

 

“5大明王が祭られているのは鎌倉ではここだけ!” とのこと。びっくり

 

不動明王を中心に、「東に降三世(ゴウザンゼ)明王、南に軍荼利(グンダリ)明王、西に大威徳(ダイイトク)明王、北に金剛夜叉(コンゴウヤシャ)明王」が配置されているのかな?不動明王青不動不動明王青不動不動明王

 

不動明王好きの私としては外せないわと訪れたものの、

毎月28日じゃないと本堂には入れないらしい。残念。ガックリ

 

お寺は空振りだったけれど、ぐすん

遅いお昼に入ったお店で食べたかき氷は大当たりだった。クラッカー

 

天然氷を使っているということで、サクサクフワフワのかき氷でありました。(中華料理店「七賢人」にて)ベルラブ

 

 

              おしまひ

AD

2017年6月 朝比奈切り通し散策 3 朝比奈の切り通しを熊野神社まで 

 

横浜市金沢の六浦から鎌倉市八幡様を結ぶ「金沢通り」の、

鎌倉市の最東部に当る「朝比奈切り通し」。

 

十二所(ジュウニソウ)神社のバス停で降り、前方右へと歩みを進め、

小さな公園を降りるように通り過ぎ~走る人

 

切り通しは「太刀洗川」に沿ってあるのだから、その川を目印に~走る人


 

 

花など愛でながら進むと~照れ走る人

 

切り通しの入口に到着。二股に分かれていて、右は果樹園への道。

左が切り通し。チョキ

 

ゆくぞ!走る人

 

お~、この山肌の迫る感じ! これよ、これー!ラブ

 

一夜にして切り通しを通したというレジェンド、朝比奈三郎の名を冠した

三郎滝」らしい。どんなに勇壮かと思いきや……。汗

 

道を進む。

左側にある小さな側溝のごとき太刀洗川の水があふれ出て道を濡らしている。あせる

 

この太刀洗川で、梶原景時なる武士が上総介広常を殺したその太刀を洗ったとされる

梶原景時太刀洗い」なる場所をチェックしてみたかったのだが、ベル

実は十二所神社から切り通しの入口までの間にあったらしい。滝汗

うっかり見そびれたわ。

 

ネットで調べたら、景時さんは十二所神社よりちょっと鎌倉よりの、今はテニスコートになっている辺りに住んでいたようで。

 

上総介広常さんは、三郎滝の近くの上の方に住んでいたようで。

歩いて行ける“ご近所さん”と言えなくもない。

 

2人の間に何があったのだろうか?

殺傷事件の詳細については、全然わからなかった。あせる

「梶原景時太刀洗」と名前までついているのだから、

そういうところ、もっと伝承して頂きたいものです。汗

 

 

 

 

 

 

手前は鎌倉市、向こうは横浜市の分岐点には標識あり。

 

 

横浜市に入るとまもなく切り通しは終りで、

熊野神社の標識が出てきたのであった。

 

熊野神社を目指すと、山のムードが濃くなり~。キラキラ

 

階段の上に熊野神社が~。キラキラ

 

樹齢も相当ありそうな古木が立ち並ぶ。キラキラ

 

狛犬はかなり可愛い感じ。ラブ

 

 

神社本堂(?)の裏に「井戸」の跡らしいものがあるらしいのだけど、

これ……?あせる!?

 

どうみても側溝に過ぎず、井戸など見えないが……??? 井戸いずこ?はてなマーク

 

お参り終わって、道に戻り、さぁ果樹園を通って帰ろうと思ったら、

いきなり出会ったご婦人に、「そちらは金沢に出てしまう注意」と教えられ、滝汗

果樹園を通って鎌倉へ行くというその人に同行させていただくことにした。ラブラブ

 

果樹園へは、熊野神社境内脇にある防火水槽(?)の脇の細い山道を登っていくのだったよ。

 

何の標識もないから、わからないよー!あせる 蛇もいたよー。あせる

夏草に覆い隠されそうな細い山道を、行く。走る人あせる

 

たま~に標識はあるものの、ほとんど標識なし。滝汗

これじゃ初めて歩く人は迷うな~。U

 

そのご婦人はお子さんが小さいときは、大晦日の夜、金沢から八幡様まで、この山道を歩いてお参りに行ったのだそうで、ポーン

夜なんて真っ暗でなおさら道に迷いそうなものだが、楽しい夜道だったご様子。びっくり

さすが地元民!グー

 

山の中には大きな高電圧の送電線(鉄塔?)が何本も建っており、滝汗

在日米軍基地」の敷地だとか……。びっくり

 

米軍基地で使われる電力が鎌倉の山の中にデンデンと建っているのか……。-0-;

鎌倉の意外な一面を知る。汗

 

お山の頂上は、天気がよければ富士山が見えるとのこと。富士山

この日は辛うじて丹沢山系がぼんやり見えただけであった。

 

頂上にはささやかなベンチやテーブルが設けられていて、

一休みできる。DASH!

 

この日は山の管理人さんだかどなただか、

傷んだベンチを直しにいらしていた。

細い山道をどうやって木材など運んだのだろう?と思ったが、

知る人ぞ知る車が入れる道があるようであった。

(でも、よく知っている人じゃないと走れなさそうだ。)

 

果樹園は梅林と栗林でできていて、赤梅栗

春にはとても美しいらしい。赤梅赤梅赤梅赤梅赤梅赤梅赤梅赤梅赤梅キラキラキラキラキラキラキラキラキラキラ

この時は、栗の花が満開。

 

栗の花、初めて見た!ウインク

 

果樹園の門を出て、やっと朝比奈の切り通しから果樹園をぐるりと回って

切り通しと果樹園の分かれ道まで無事に帰ってこられたのであった。クラッカー

 

ご婦人は、鎌倉方面へ向けてサクサクと歩いていかれた。クラッカー

素敵な山ガールに出会えて、スムーズに帰ってこられたのも、熊野神社の神様のお導きなりや? 感謝感謝。(。-人-。)ラブラブ

 

……なんて敬虔な気持ちにもなる野趣ある朝比奈切り通しなのであった。ウシシ

 

 

も~ちょっと、つづく

 

AD

卵の白身のパウンドケーキアレンジ

 

韮の黄身乗せ”を沢山作って白身が溜まってしまったので、あせる

白身を利用してパウンドケーキを作ってみた。照れ

 

みどりさんのお姑さま直伝の生姜入りロンボックコーヒーの粉も使って。チョキ(このコーヒー入れるとお菓子が美味しくなるわ~ラブ

 

うっかり賞味期限を過ぎてしまったが諦めきれず、ガンガンに炒ったら

真っ黒になってしまった炒りグルミ。あせる

それをさらに黒砂糖で絡め、冷ましたものも使って。

バターの代わりにオリーブオイルを使って。チョキ

 

したらば、

ラム酒に漬けておいた干し葡萄も汁ごとた~っぷり入れたのに、

シフォンケーキのようなパウンドケーキのような中途半端な

ちょっとパサパサなケーキが出来てしまった。ショボーン

(食べられなくはない。炒り過ぎたクルミとインドネシアコーヒーが香ばしい点はグッド。)

 

で、先日夫の誕生日だったので、

残っていたこのケーキをアレンジして

小さなバースディケーキを作ったろう♪ と考えた。ひらめき電球

 

出来損ないのパサパサパウンドケーキをスライスして~音譜

間にしっとりする美味しいものを入れたらいいんじゃね?ゲラゲラ

つまり、抹茶アイスクリーム、マスカルポーネチーズとエスプレッソソース、ジューシーなマンゴージャム、杏のシロップ漬け、生クリーム。

 

で、こうなった!

 

一応、杏色の火の灯るキャンドルをイメージしてみました。キャンドル笑い泣き

生クリームにラム酒をドボっと入れてしまったため、

上手くホイップできず。あせる

いや、しかし、むしろ、

蝋燭が溶けたような具合がうまく出来た!……と前向きに考えよう。ゲラゲラ

 

――こういう場合、「蝋燭が溶けている感じを出すのが難しかったのだが、なかなか上手く出てるでしょ? 」と言うのであった。――ニヒヒ

 

断面はこんな感じ。

 

しっとりと美味しいものが色々プラスされたのだから、

もちろん美味しさはグレイドアップされていて、

めでたしめでたし。ねー

腹に入ればみな同じ。マガモ なにごとも創意工夫!ニヤニヤ←チガウカあせる

庭仕事

テーマ:

庭仕事

 

実家に行くたび、狭―いお庭のお手入れを少々するようになった。あせる

 

実家を出てからもう何十年も庭のお手入れなんてしていなかったので、

雑草を抜きながらダンゴムシ摘まんでしまったり、ゲロー

足の指先をダンゴ虫に乗られたり、ゲロー

ともかく何十匹というダンゴムシと毎回“こんにちは”で、ゲロー

ゲゲ! ギャっ! じぇ~~! とダンゴムシに気をとられているうちにあせる

一回で20箇所蚊に刺されてた……なんて目に遭い。えーん

 

こりゃ、防御せねば! パンチ!

と、

ネット付きの帽子を被り、パンチ!

(ネットより拝借画像)

 

こんなツナギを着て、パンチ!

 

日本手ぬぐいを首にびしっと巻き、パンチ!

ゴム手袋をし、パンチ!

手首や足など外に出てしまう肌に虫除けスプレーを塗り捲り、DASH!

手首足首に防虫リンクを嵌めて、

腰に携帯蚊取り線香を焚いて

庭仕事をするようにした。

なかなか効果がある!チョキウシシ

 

が、

昨日は時間がなくて水遣りだけ。あせる

なので、虫除けスプレーだけしてDASH!

水を撒いていたほんの数十分の間に

またしても散々刺された!えーん

 

刺された部分はパンパンに腫れあがり、親指より太くなった。どの指だかわかるかな?

(手の平側も3箇所刺されていて、実はボコボコ。)

 

そして、多分同じ蚊だろうか、

私の目頭をチクっと、チューチューとやってくれたらしく、

右の目頭がパンパンに……。えーん 目

 

自分が見ると顔がちょっと変形したように思えるのだが、ゲッソリ

他の人が見たら別にそういう顔だと思う程度らしい。ガーン

悔しいような嬉しいような……?汗

とにかく痒いwwww.

 

献血に挑むたびに血が薄いということでなかなか献血できないのだが、

蚊は私の血を「薄味だなぁ。その割りにドロドロで飲みにくいぜ」なんて思いながら、

物足りなくてつい吸い過ぎるのだろうか?笑い泣き

 

来週も頑張って雑草抜きをしなくては。グー

老母は雑草に除草剤を撒くように言うのだが、

どうも除草剤って抵抗があるんだよね。汗

他の植物やらダンゴムシやらに影響しちゃうんじゃない?

どうなんだろう?はてなマーク

植物を枯らす成分って、なんだか怖いんですけど。ドクロ

 

・・・…って、一生懸命育てても鉢植えの植物を枯らしてしまう私が何を心配するんじゃ?って感じではあるが。滝汗