2017年6月 朝比奈切り通し散策 4 光触寺と明王院

 

ハイランドバス停からバスに乗って鎌倉駅まで帰る前に、バス停

周辺の「光触寺」と「明王院」に寄ってみた。寺

どちらも鎌倉八幡に対して鬼門に当るから、鎌倉の都を守るお寺のよう。キラキラ

 

光触寺(コウソクジ)……光が触れるお寺……名前がなんとなく素敵。キラキラ

 

開基は一遍上人ということで、入口には一遍上人のお姿が。びっくり

 

一遍上人といったら、「時宗」の開祖。

延応元年(1239年伊予国(ほぼ現在の愛媛県久米郡豪族別府通広(出家して如仏)の第2子として生まれる。幼名は松寿丸。生まれたのは愛媛県松山市道後温泉の奥谷である宝厳寺の一角といわれ」……本

 

宝厳寺」ってブロ友ダニーさんのよくお参りするお寺じゃあーりませんか?!?

愛媛から遠く鎌倉まで、昔の人の行動範囲って、広いねー。あせる

 

ここの御本尊、阿弥陀如来さんにはイワレがあって、本

 

鎌倉時代の始め頃、将軍の招きで鎌倉に来ていた仏師雲慶(運慶)は、

町局(まちのつぼね)という女性の求めにより阿弥陀三尊像を刻んだ。大仏

 

ある時、町局に仕えていた万歳法師なる僧がボウズ怒り

盗みの疑いをかけられ、叫び

頬に焼印を押されたが、法師の頬には焼痕が残らない。ドロ

 

その後、町局の夢に阿弥陀仏が現れ、

「なぜ、私の頬に火印を押すのかパンチ!」と言う。

朝になってみると、阿弥陀仏の頬に焼痕が残っていたという滝汗

(ウィキペディアより引用)

 

このお話、多少バージョンがあるようだが、大筋,”男の代わりに阿弥陀さまの頬に焼印がついていた“というもの。

「盗みの疑い」だけで、頬に焼印を当てるなんて、ひどいなぁ。えーん

焼印を当てられた法師はその後どうしたのだろう?

 

こういうお話は何かささやかな出来事に尾ひれ端ヒレがついた作り話なんだろうけれど、

好き。ウシシ

客寄せのために創作されたお話や仏像だったとしても、心惹かれてしまう。にやり

 

が、しかし、

予約しないと見せていただけないということで、拝顔叶わなかったのであった。ガックリ

最近は無礼な参拝者も多く物騒だから、お宝は簡単に見せて頂けないのも致し方なし……か。ぐすん

 

予約しなくともお参りできるのが、境内に安置されている「塩嘗(シオナメ)地蔵」さん。

 

さすが「塩の街道」、金沢街道沿いにあるお寺。

宝の塩がお供えされたら、思わずぺろりと嘗めたことだろう。てへぺろ

(ってか、どこぞの不心得者か、よほど困ったものが、お供えを失敬しちゃったのだろうけれど、それを「お地蔵様がお塩を嘗めた!」と解するところが楽しいよね。爆  笑

 

お地蔵さまは塩分の取りすぎなのか、お顔はぐだぐだになって判別不能であったわ。あせる

 

 

 

明王院(ミョウオウイン)は大通りからちょっと入った道の奥にあった。

 

“5大明王が祭られているのは鎌倉ではここだけ!” とのこと。びっくり

 

不動明王を中心に、「東に降三世(ゴウザンゼ)明王、南に軍荼利(グンダリ)明王、西に大威徳(ダイイトク)明王、北に金剛夜叉(コンゴウヤシャ)明王」が配置されているのかな?不動明王青不動不動明王青不動不動明王

 

不動明王好きの私としては外せないわと訪れたものの、

毎月28日じゃないと本堂には入れないらしい。残念。ガックリ

 

お寺は空振りだったけれど、ぐすん

遅いお昼に入ったお店で食べたかき氷は大当たりだった。クラッカー

 

天然氷を使っているということで、サクサクフワフワのかき氷でありました。(中華料理店「七賢人」にて)ベルラブ

 

 

              おしまひ

AD

コメント(10)