“齢”飲み比べ と韮のおつまみ

 

この3月、広島の亀齢(キレイ)酒造見学旅行に行く予定だった。

が、前日の夜から突然39度近い発熱。ゲロー

旅行会社に連絡しようもなく、

当日ドタキャンだとキャンセル料は全額だ。あせる

 

熱が下がることを願ったが、あせるあせるあせる

明け方になっても治らず。ドクロえーんドクロ

意地でも行きたいが、

こんな発熱人間は、同車する新幹線のお客さんにも

見学旅行を一緒にする人々にも酒蔵の人にも迷惑千万。ガックリU

 

とにかく少しでもキャンセル料を安くするため、朝5時半から駅の窓口へふらふらと歩いて行き、チケットキャンセル。……できた。チョキ汗

ホテルにネットから連絡。……間に合うかどうかわからないが、とにかく出来るだけのことはしてみた。チョキ汗

 

なんとか旅費半額のキャンセル料で済んだ。ベル

後日無事返金されたわ。チョキ

しかし、福沢さんたちが無駄に去ってはいった。えーん

折角の亀齢酒造見学も出来なかった。えーんえーん

 

私が風邪(?)を引いたのも、

この春から突然歩けなくなってしまった老母を連日介護して疲れが溜まっていたからかも……

と、兄は思ってくれたのだろうか、はてなマーク

それとも酒蔵見学にいけなかった私があまりに残念な顔をしていたからだろうか、はてなマーク

 

なんとか母が落ち着いてきた頃、

兄が「亀齢」だけでなく「鶴齢」、「万齢」を取り寄せてプレゼントしてくれた! なんという大サービス!ポーン笑い泣き

 

で、先日、遅ればせの私のバースディパーティを友と開き、やっと飲み比べた。チョキ

年を重ねるときに相応しいお酒じゃね?ウシシ

 

 

鶴齢(カクレイ) 純米酒」  新潟(青木酒造さん)

万齢(マンレイ) 純米吟醸」  佐渡(小松酒造さん)

亀齢(キレイ)大吟醸 創」  広島(亀齢酒造さん)……「亀齢」って他にもあるようだけど、今回は広島の亀齢酒造さんの亀齢です。

 

なんと贅沢な~♪ラブ

すべて常温か冷で頂いた。

 

どれも美味いっ!!! 笑い泣き

中でも私が気に入ったのは、万齢と鶴齢。ラブラブ

九州で酒というと焼酎のことらしいが、佐渡の日本酒もレベル高っ!

俄然佐渡を訪れたくなった。ドキドキ

 

鶴齢はどちらかというと“新潟らしくない”感じ? でも美味いっ!!

 

亀齢ももちろん美味しいのだけど、

亀齢は醸造アルコールが入っていたので、あの“ぴりぴり感”が私は苦手。

でも、燗にしたらまた違った美味しさが出てきそう。涼しくなったら、お燗で飲んでみたい♡ラブ

兄ぃ、ありがとうございました。(。-人-。)

とりよせてくれた居酒屋さん(?)も、ありがとうございました。(。-人-。)

 

で、友が作ってくれたご馳走が今年もどれも美味しかったのだが、

とりわけ「韮の黄身乗せ」がびっくりの美味しさだった。ラブ

 

材料(一人分):韮一把、卵の黄身1個、麺つゆ適宜

 

①     韮をさっと好みの柔らかさに茹で、水にとって、綺麗に束ね、水気を絞り、

3~4cmの長さに切りそろえ、器に盛る。

②     器に盛った韮の上にちょっと窪みを作り、卵の黄身を乗せ、麺つゆを掛ける。

 

これだけ。びっくり

黄身をつぶして麺つゆと和えながら食べる韮の美味さよ!ドキドキ

 

韮って、1把使うだけでも結構大変だったけれど、あせる

これなら1把ペロリと食べられちゃう。びっくり!

しかもお手軽に作れる!チョキ

 

うまし肴とうまし酒。ラブラブ

美味いものを毎年発見する。ラブラブ

美味いものに毎年出会える。ラブラブ

年をとるのも悪くない。デレデレ

AD

コメント(14)