(いまさらながらだが、2016年秋の旅行記の続きあせる

2016年秋 仙台・気仙沼旅行 10 美しいサンマ

 

仙台からバスに乗って(チケットの予約はできなかった。予約できれば、安心なのになぁ。汗

気仙沼へ移動。バス

(このバスも、ネットで探したり、友が電話で問い合わせてくれたりと、ちょっとわかりにくかった。経由が違ったり、止まるバス停にちょっと違いがあったり……。あせる

 

仙台から北上する途中、海側には黒いビニール袋の山が堆く積まれていたりした。叫び

瓦礫の処理がまだまだつかないのだろう。

復興はまだまだだ……。汗

 

気仙沼駅

 

あちこちで見かけた気仙沼市観光キャラクターらしい「海の子ホヤぼーや

 

ホヤ、だーい好き♡ラブ

でも、このキャラクターは……微妙。あせる

手にしているのは、サンマの刀か?

あのホヤ独特の生命感溢れる鮮烈な海の宝石のような味わいを表わし切れていないのではないか?(ま、ゆるキャラだから、それでいいのか?ウシシ

 

復興商店街・復興横丁(?)などを回る。

 

何箇所かに別れて、プレハブアパートのような棟が、復興商店街で。

平日のお昼時だったからか、かなり閑散とした雰囲気。

 

軒先でおしゃべりしていたおじさまに薦められたお寿司やさんでランチ。

「復興にぎり」(だったかな?)1000円。

 

ホヤはあいにくなし、とのこと。

で、サンマの刺身を頼んだら、

これが、まっこと美味いっ!!!!!

ホヤぼーやが刀として振り上げもしようというものだ。アップ

ぴっかぴか!キラキラ

脂の層がくっきりと縞のようになって見える。ベル

(酢味噌が添えられたが、それはむしろ不要。ここでサンマを寿司で頼むと、酢味噌が最初から乗せられてきてしまっていた。折角の秋刀魚になぜ酢味噌を乗せてしまうのか、関東人の私には謎だった。あせる

 

この美味しいサンマを食べてしまった後、

関東でサンマの刺身が食べられなくなってしまった。あせる

見た目から、もう違うのだもの。汗

 

今回、残念ながらホヤは全然食べられなかったのだが、ガックリ

このサンマを食べられただけでも、旅行の大収穫であった。クラッカー

――いやまぁ、東北を旅すること自体が目的だったんだけれどー-あせる

 

プレハブ棟(横丁?)の脇に、石碑が。

気仙沼は「冷蔵庫創業の地」とな。びっくり

 

「冷蔵庫創業」って意味がわからない。!?

冷蔵庫工場が初めてここに作られ、ここで初めて冷蔵庫が大々的に作られ始めたということなんだろうか?

それとも、日本で鮮魚を初めて冷蔵保存し、“新鮮な流通を可能にした最初の場所”ということなんだろうか?はてなマーク

 

後日ぐぐったら、

復興屋台村事務局」さんのブログhttp://ameblo.jp/fukko-yatai/entry-11056188888.html

に、津波に流された石碑がここに戻ったことに対する感動が綴られていた。ヨカッタヨカッタ。チョキ

 

どうせなら、シャーク博物館に併せて、「冷蔵庫博物館」とか「冷蔵冷凍技術の歴史館」(?)とか鮮魚を扱う技術の歴史や苦労話などをまとめて勉強できる施設があれば楽しかろうと思うのだが。ひらめき電球

 

あいにくの風雨の中、

新しく敷かれる道、新しく建てられたマンションが

まだ入居者もいないのか、無機質な感じでドンドンと建てられていた。

早く明かりが灯って人々の生活が感じられるようになることを願う。

 

それでも、復興市場から元に店があった場所に戻り再開できたお店などもあり、

少しずつ新しい軌道に乗り始めているようでもあった。

 

 

が、ちょっと港の方を歩くと、まだまだ工事中で。あせる

その中で営業している小さなパン屋さんは

パンも焼き菓子もすばらしく美味しく、材料もきっちりといいものを使っているお味だった。クラッカークラッカークラッカー

しかも、お値段も良心的。いいお店が、頑張ってる!グー

また大津波が来たら……と思うと怖いくらい海に近いのに、頑張ってる。グー

 

私の大好物、斉吉さんの「金のさんま」も健在だった!

 

(ネットより拝借画像)

「斉吉」

http://www.saikichi.jp/SHOP/SS-01.html

相変わらず美味しい!合格合格合格クラッカークラッカークラッカーラブ

 

         つづく

AD

コメント(12)