手前より他人

テーマ:

手前より他人

 

2月中ごろ、味噌作りに挑戦した!グー

お味噌作りを教えてくれる先生のお宅へ伺って、作るので、

私にもできた。ゲラゲラ

 

材料も先生が色々調えておいて下さる。

大豆も予め茹でておいて下さる。イタレリツクセリ

味噌作りの材料:大豆、塩、糀 (……と、ちょっぴりの味噌?)

 

いきなりどれにするかと聞かれ面食らったが、(°Д°;≡°Д°;)

適当に米こうじ、麦こうじ、玄米こうじを選んでみた。あせる

 

作り方の細かいメモが目下行方不明。あせる

なれど、いつまでもアップしないと味噌を作ったことさえなかったことのように忘れてしまいそうなので、

取り急ぎ証拠写真だけでも、アップするなり。あせる

 

塩を計り~(これも先生がやってくださる)

分厚いしっかりしたビニール袋に茹でた大豆と塩を入れ~(これも先生がやってくださるあせる

 

何種類か選んだ糀を、混ぜてから、大豆に加えた……のだったか?(これも先生がやってくださるあせる

 

先生のところにある味噌少々を

 

お湯で溶いて、大豆に加えていったんだったか……?(これも先生がやってくださるあせる

 

大豆とお味噌の汁(?)を加減を見ながら加えていったんだか?(これも先生がやってくださるあせる

 

大きなビニール袋に全部加えたら~(これも先生がやってくださるあせる

 

ひたすら大豆を手でつぶす! つぶす! つぶす!グー

私の指はごっついので、ビニール袋が破けちゃうんじゃないか?と心配だったが、

先生は「このビニールはとても厚手で丈夫だから、大丈夫ですよ~」

と仰ったが、

 

やっぱり破れたwww!笑い泣き

 

途中から、何か変……。何か私の周りだけやけに粉っぽい……

と思ったら、ビニール袋の破れ目から材料がもれていたのだったww。

でも、そんなこともドンマイで、

なんとか

あらかた大豆がつぶれたら~

ぎゅぎゅっと団子のように握って~

(ちなみに写真の手は先生の手)

 

これまた用意して頂いた特別なプラスティック(?)製の容器に

底からぎゅぎゅっと大豆を詰めていく。

 

美味しくな~れ♡と「気」を送る。

(ちなみにパワーを送っているのは、お味噌作りに誘ってくださった太極拳仲間さん。ラブラブ

 

ラップで大豆の表面を覆い~

容器の中をきれいに拭いて~(これも先生がやってくださるあせる

 

重しをして蓋をして~

(重しは、この容器を家に持ち帰ってから、入れました。)

 

 

――結局、私がしたことは、茹でられた大豆をつぶしただけ。べーっだ!あせる

後はほとんど先生がやってくださった。あせる

 

 

容器をビニール袋で包んで、

冷暗所に置く……というのだが、そんな場所もないので、

大きなダンボールなどで覆うとよいと聞いたが、

結局私は色の付いたビニール袋で更に覆うに留めた。あせる

(ダンボールは場所をとるのよ。)

 

先生がとっておいてくださった大豆の茹で汁(……だったか?)を

頂いて帰る。

確か、その日の味噌汁などに使った。あせる

 

 

で、3ヶ月経った5月ごろ、「天地返し」をせねばならない。グー

容器の中のお味噌を上下ひっくりかえして混ぜるのだ。リサイクル

 

このとき、味噌の表面がどうなっているか!? が問題なのだ。ドクロ

 

なにもついていなければ、OK。合格

白い黴ならセーフ。そのまま混ぜ込んじゃってよし。チョキ

赤や青などカラフルな黴が発生してしまっていたら、アウト!ドクロ

すみやかに取り除いて、大丈夫な部分だけ生かす。ガーン

 

さぁ、我が家のことだ。汗

とんでもない菌やら黴やらがうぞうぞと漂っておるであろうから、

(しかも、大豆つぶしている最中にビニール破れてボロボロこぼれたのを

もったいないから拾ってビニールにまた入れて混ぜちゃったし……。)

どんな恐ろしいお味噌になっていることか?滝汗

 

と、本当に怖かった。

 

勇気を奮って、

初めてのオープン!クラッカー

あらら! 

ないないと思って探していた擂鉢を発見!ビックリマーク

そうだ、重しに使っていたのだった……。笑い泣き

 

ラップの下にはかなり味噌っぽくなってきた味噌の赤ちゃんが。ドキドキ

よがっだーっ! 変な色とりどりの黴なんて生えてないよ!笑い泣き

きれいなもんだべさ~♪

 

でも、よく見ると、発酵具合は、まだまだ。あせる

 

で、本当なら、

容器から中身を全部だして、

容器を一度洗って、よく拭いて、

また味噌を団子にしてぎゅぎゅっと詰めていく

……

のだったが、すっかり失念していて、

糠床のように、腕を突っ込んで、上下をよく掻き混ぜただけにしてしまった。ガーン

で、

再びラップでしっかり表面を覆って、

今度は重しを半分の重さにして、

再びビニールに包んで、明かりを遮断して、寝かせる。ぐぅぐぅ

 

10月頃が食べごろ……とのこと。

まぁ、様子を見ながら、味見しながら、とのことであったが、

やはり蓋を開けるのが怖くて、伸ばし伸ばしになってしまって、

11月末にやっと蓋を開けてみた。あせる

 

さぁ、味噌になっているや否や?滝汗

あるいは、味噌になりすぎて、別のものになってしまっていたりして……?ゲッソリ

ドキドキドキドキドキドキ滝汗滝汗滝汗滝汗滝汗滝汗滝汗滝汗滝汗滝汗

 

一番外側の色ビニールを取り外すと、

中の透明なビニールに、すでになにか発酵した匂いが。滝汗

 

蓋を開けてみたら、

ないないと思っていた、ガラスの密閉容器を発見!笑い泣き

 

ラップの下には黒々した味噌が!びっくり

 

もうちょっと明るい味噌色がよかったなぁあせる

とは思うが、

とりあえず無事、味噌になってます!

万歳!照れ

 

ちょっと中国の調味料「豆鼓(トウチ)」のような匂い。

味は、思いのほか、しょっぱい。

でも、なかなかよい風味。ニコ

 

で、味噌汁を作ってみた。グー

 

不味くはない。なかなか美味しい。合格

 

が、

 

いつも買ってくる味噌の方が

美味い……。ズゴンガックリ

手前で作った方が、費用的にも高くついたんじゃないかな。ガックリ

 

 

手作り味噌は「手前味噌」というくらい、本当に美味しい!

とよく聞くが、

私の場合はやはり違うぞい。えーん

味噌を美味しく作れちゃう人たちって、凄いなぁ。えーん

 

 

さて、さほど絶品でもない私の手前味噌、

容器にたっぷり(何kgあるんだろう?)、

3ヶ月ほどで食べきるのがよいそうです。

……食べきれるだろうか?笑い泣き

 

 

まぁ、味噌作り、初体験できて、楽しかったです。クラッカー

一緒に連れて行ってくれた太極拳仲間さんに感謝感謝です!ドキドキ

(彼女は去年も美味しくできたのだ。私はやはり才能ないわ。トホホガックリ

 

嘆いてばかりいても仕方ない。

せっかくいい容器もあるので、

また作ってみようかな。グー

何度も作るうちに美味しいお味噌ができるようになる

……のかな?汗

AD

コメント(22)