うまし! 宮寒梅(ミヤカンバイ) (宮城県の)

 

先日、酒の会に参加してきた。ヾ(@^▽^@)ノ

 

 

場所はなんと、私が感じやすい乙女だった頃、

酔っ払った父を迎えに行ったこともある

寿司屋だった。滝汗

 

店の名前こそ変わらねど、

場所もちょっと移転したのか(?)、

すっかり小奇麗な店に変身していた。キラキラ

 

酔っ払った父を引き取りに行きながら、

どうしてこんなに酔いつぶれるほどに酒を飲むのか?と、パンチ!

酔っ払いや酒に対する嫌悪に身震いしたものだった。ムキー

 

(今思うと、“酔っ払いはしょーがないね~”と苦笑いしながら受け流してあげればよかった……と後悔ばかりだ。(ノ_-。))

 

そんなあまり爽やかではない思い出のある場所で、

今は私が酒を飲んでいる(〃∇〃)

……血か。

 

 

「あ! あなたはあのよく酔いつぶれて困らせられた酔っ払いさんの娘さんじゃありませんか?!」

な~んて発覚することもなかった。(;^_^A

店の人は私のことなど覚えていなかった。ソリャソーダ 代も変わっていた。チョキ

 

 

場所はともかく、

今回の酒の会は、

以前、宮城県大崎にある寒梅酒造さんを訪れたメンバーの人が、

寒梅酒造の真奈さんや「宮寒梅」に感銘を受け、

真奈さんを横浜に迎えて女子会を開きたい♡

との念願を実現させたもの。クラッカー

 

酒蔵「寒梅酒造」さんの奥様でもあり、

ご主人と二人三脚で酒造りに参戦(?)している蔵人でもあり、

4人の子供を育てている母でもあるという真奈さんを囲んでの酒盛り。

 

彼女の立ち居振る舞いからだけでも

素敵な酒を造りたい……という気持ちが伝わってくる。ドキドキ

 

参照:「寒梅酒造」HP

http://miyakanbai.com/

 

 

心に春を呼ぶお酒」を目指して酒造りされているとのこと。赤梅

酒蔵のある地、宮城の「大崎」も、

昔は「鶯咲」と表記していたらしい?(←ここら辺で既に酔っ払っていたので、よく覚えてない。ヽ(;´ω`)ノ)

春を愛する土地柄なのね~。ドキドキ

 

そして、その気持ちはそのまま酒に現れていた!

 

宮寒梅【醇麗純香】純米大吟醸35%

宮寒梅【至粋 シスイ】純米大吟醸35%

宮寒梅【純米大吟醸】蔵の華40%

宮寒梅《ひやおろし》【純米吟醸】美山錦45%

宮寒梅《純米吟醸プレミアム》【三米八旨 サンマイハッシ】55%

宮寒梅《純米吟醸》【Mr.サマータイム】

宮寒梅 陽のしずく【ゆず酒】

宮寒梅 陽のしずく【いちご酒】

 

ど~れも美味しかった!クラッカークラッカークラッカー合格合格合格

芯の通った優しさ……という感じ。キラキラ

私は特に「至粋」と「Mr.サマータイム」が気に入った。ラブ

 

果実を使った酒も、

今まで、「いちご酒」などは、甘ったるいばかりで苦手だった私だが、

宮寒梅さんの「いちご酒」は、苺が濃厚で、

もうね、すでにカクテルって感じ。

何杯でも飲めそうな美味しさ。ゲラゲラ

 

 

 

 

お料理は寒梅酒造さんが予め送っておいてくれた酒粕を使って

寿司屋さんが色々趣向を凝らして出してくださり、

これまた美味しゅうございました。

このお寿司屋さんの若女将(?)も

すっきりとした感じなのだが、ほんわかと優しい雰囲気で、

丁度「宮寒梅」のイメージと重なった。キラキラ赤梅

 

 

 

寒梅酒造さんのHPには取扱店のリストも載っているので、

一献試してみたいという方は、是非!

 

(ネットから拝借画像)

 

 

ちなみに横浜方面の人は

「横濱 鈴木屋酒店」さんで取り扱っているとのこと。

 

素敵なお酒を一生懸命造っている人々は

実に応援したくなるね。ドキドキ

 

日本には美味しい日本酒がたくさんある!

今日も蔵人たちが一生懸命いい酒を造ろうと頑張っている!

と思うと、自分もだらだら生きていちゃいかんなぁとあせる

まず彼らを陰から支えん!とグー

今日も酒を飲むのであった。にひひ

 

……とまとめたかったが、

今ちょっと喘息気味なので、来週あたりから飲めるかな。^^;

AD

天カスの成分

テーマ:

天カスの成分

 

蛸飯を作るようになって、天カスの魅力に気づいた。おねがい

 

天カスって重宝する。

炊き込みご飯に入れてもよいし、音譜

ちょっと煮た野菜に天カスをドバッと加え、玉子とじにしてしまえば、

なんでもボリュームのある美味しい一品となっちゃう。音譜

 

天カスって、天ぷらの衣のカスを掬い取ったもの……と思っていた。あせる

野菜やら魚介類やらのエキスやら匂いやらが多少移った油を吸い込んでカラリと揚がった天ぷら衣のカスなのだと。

 

私が手に入れられるのは、

市販されているパック入りの天カスか

スーパーのお惣菜売り場でたまに出ている天カス。

 

お惣菜売り場の天カスは、大手企業のパック入り天カスの2分の1ほどの値段なのに、より美味しい。チョキ

 

スーパーのお惣菜売り場の奥の調理場で揚げられる出来立ての天カスだから美味しいのだろう、変な添加物が入っていないから美味しいのだろう♪

……と思っていたが、

 

よくよく原料を見たら、色々入っていた!びっくり

 

「添加物: 加工澱粉 膨張剤 カロチノイド色素」ですと!ポーン

 

参照:

カロチノイド色素=

カロチノイド(カロテノイド)色素とは、着色料のひとつで食品添加物に指定されています。その色は、赤や黄、橙(だいだい)色を呈します。

色素の元となるカロチノイドは動植物及び微生物などに含まれる色素の総称です。例えばエビ、カニに含まれるアスタキサンチン。トマトに含まれるリコピン。ニンジンやカボチャなどの緑黄色野菜やミカンなどに含まれるベータカロテン。トウガラシに含まれるカプサンチン類など実に700種を超えると言われています。」

カロチノイド色素とは」」より引用

 

つまり、「天然色素の一群」であり、添加物といっても特に体に悪いものではなさそう?真顔

 

ついでながら、

カロチノイドについてググっていたら、

カロテノイドの直接の基質」は、「ゲラニルゲラニルニリン酸」なるものであるとの表記を発見。爆  笑

 

参照:「ゲラニルゲラニルニリン酸

 

ゲラニルゲラニルニリリリリン音譜

秘密のあっこちゃんが唱えそうな、呪文のような酸であるね。爆  笑

では、それが何かという段になると、もうチンプンカンプンで理解など添加物の量ほども出来なかったのだが、滝汗

なにやら楽しい気分になってしまった。ニコニコ(←アフォ?)

 

しかし、なぜ天カスに「カロチノイド色素」など必要なのだろう?はてなマーク

ってか、天ぷらの衣(粉)か玉子にでも含まれてしまっているから、

天カスもその成分で出来ているということになるのかな?はてなマーク

 

市販のパック天カスの方はというと、

原材料名は

植物油、小麦粉、玉ねぎ、とうもろこし粉、えび粉、食塩、加糖卵黄、かつお節粉末、煮干いわし粉末、クチナシ色素、膨張剤」とな!びっくり

 

まぁ、あれこれ入っていること!

こちらは「クチナシ色素」だ。

 

ってんで、「クチナシ色素」をググッたら、サーチ

クチナシ色素はカロチノイド色素と表記されることもあるようで?

ほぼ同じものだったりするのだろうか? 

わけがわからなくなったが、 チーン

ラットの実験では、

死亡例はないものの、下痢や肝臓から出血が起きるなどの症状が見られた。これはクチナシ黄色素に含まれるゲニポサイドという成分が原因で引き起こされたと考えられる。

しかしこの実験では通常の摂取量では少しありえない量のクチナシ黄色素の投与によるもので、適切な量であれば人体に問題ないとする意見もある。」

(「避けたい食品添加物一覧」より引用)

 

とな。滝汗

 

カロチノイド色素の「ゲラニルゲラニルニリン酸」も、

クチナシ色素の「ゲニポサイド」も

どうもゲニゲニしておるわい。汗

 

市販のものも、スーパーお惣菜売り場の揚げ立てのものも、

“天ぷら粉、玉子、水”というシンプルな天ぷらの原料だけではなかった。えー

 

どちらの色素も

大量に摂取しなければ、毒ではないのかもしれないが、

そんな“微量”のものを我々は毎日のように色々な食品の中から摂取してしまっているのではないか? と不安になる。ゲロー

 

最近、癌になった人へのケアが色々な方面から改善されてきているようだが、

癌にならないよう食の安全も死守せねばならんだろうに……と思う。

汚染された土地に建つ市場で買物をしたい人も働きたい人もいないだろうに……。

 

げにあらまほしきは、安全、美味、できるだけお安い食品なり。ドキドキ

 

 

AD

喘息再び

テーマ:

喘息再び

 

今から28年前、東京に越したら、生まれて初めて喘息になった。

4、5年ほどしたら、ほとんど喘息症状も出なくなり、

治ったと思っていたら、

この1週間ほど前から風邪を引き込み、併せて喘息を再び発症してしまった。

(喘息といっても、昔ほどひどいものではなく、とりあえず息はできる。)

 

再発(?)することなんて、あるんだなぁ。

ヒューヒュー言っていた気管も随分落ち着いたが、

ちょっと頑張って家事をすると、もう夕方には具合が悪くなってくる。

トロトロと、ゆるゆると行かねば。

 

昨日、金木犀が香っていた。

秋だなや~。

 

みなさまも季節の変わり目、ご自愛くださいませ。

AD

わんこがくんくん

テーマ:

わんこがくんくん

 

以前にも書いたことと思うが……

私は基本犬に好かれない。ハートブレイク(ワタシ的には、彼らに敵意は持っていないのだが。あせる

 

大抵吼えられるか嚙まれる。ドクロ

私が何かしましたかっ? と問い質したくなるほど。えーん

 

なに吼えてるのさ! 顎ガクンガクン言わしたろか?

などと犬に挑みかかるわけでもないのに、

犬には嫌われる。

 

なので、なるべく犬には近寄らないようにしている。

(でも、犬の様子を見たり聞いたりするのは好き。特にローランさんのまるちゃんとまぐろさんのあんずは大好き。ラブラブ

 

 

いつぞや、

マンションのエントランスで、トートバックを抱えた女性とすれ違うとき、

普通にこんにちは~と会釈して過ぎる場面だが、

すれ違う瞬間に、

女性のバックから小型の犬がいきなり上半身を出して、

ギャンッ!(=おぅおぅ、なんだ、この野郎!)パンチ!」と私に向って一喝。あせる

バック入りの子犬に吼えられて、私はびっくり、フリーズしてしまった。

女性の方もびっくりしていた。

 

ペットは禁止のマンションなので、

その女性はこっそり飼っていたのだろう。

トートバックに忍ばせて、外へ連れて出るところだったのだろう。

 

私とすれ違ったがために、ペットを飼っていることが発覚してしまったという気まずさを思いっきりその眉間に漂わせるとともに、困った

「まぁ、この子ったら、こんなに突然吼えることなんてないのに……?」

と、“いつもは大人しい躾けのよい我が子が恐ろしい形相でいきなり吼えた”私を

俄然怪しい人間として警戒する目つきに変わった。横目

……私が悪いんでしょうか?トボトボ

 

 

一昨年のことだったか、

山梨のワイナリー巡りに呑ん兵衛仲間と参加し、

途中で道に迷い、あせるあせる

とあるお家の奥様に道を尋ねたときのこと。

 

奥様ひとりを我々4人で取り囲んで道を聞いてもナンなので、

必死で道を尋ねる3人から

私はひとり離れて、(←非協力的で事態の打開に真剣に取り組まないヤツべーっだ!

そのお宅の子供と思われる女の子二人とちょっとお話などしていた。

 

すると、女の子がこっちこっちと、家の庭先の方へ私を導いた。

庭の柵からちょっと大きめのワンコが鼻先を突き出して、

ご主人さまたちと遊びたそうにしていた。

女の子たちは、手を伸ばしてワンコの鼻先を撫でてやり、

「ほら、かわいいでしょ♡ 手を出してご覧よ」と私にもワンコを触らせてあげようとする。滝汗

いや、可愛いとは思うけれど、私はワンコにはいつも吼えられてしまうんだよとご辞退申し上げたのだが、

女の子はそんなことでは納得しなかった。あせる

「え~?大丈夫だよ。この子は誰にも吼えたことなんてないもの! いい子なんだよ。ほら。こうやって手を出して?」

と仰るので、

じゃぁ、私にも、もしかして吼えない……なんてこともあるのかな?滝汗

と、つい言われるがままにそっと手を出してみた

 

ら、いきなり

ンバォッ!(=おぅおぅ、なんだ、この野郎!)むかっ

 

やっぱり吼えたじゃーんっ。えーん

 

驚いたのは、私だけでなく、女の子たちもだった。

「ええ? こ、この子、今まで人に吼えたことなんて一度もなかったのに……あせる」と。

 

なんか、私が悪いことをしてしまった気分になる。トボトボ

 

「ね? 私はいつも吼えられちゃうんだよあせる」とフォローしても

女の子たちと私の間に生まれた気まずい空気はもはやどうにもならなかった。

――仲間が道を聞き終わったので、逃げるようにその場を後にできたのが不幸中の幸いだった。

 

 

そんな私なので、

狭い道でワンコとすれ違うときなどは、ちょっと緊張する。汗

今日も避けようがなく、すれ違うこととなった。

プードルというのだろうか、茶色の可愛いワンコ。

リール(というのだろうか? 首輪の紐)も長めで、なおさら私の緊張は高まる。アップあせる

平静を装い、自分は木だ……くらいの心持ちで、

心を無にしてまっすぐ前を向いてゆっくりめに歩いた。あせる

 

すると、すれ違う瞬間、そのワンコが私の足にクンクンと擦り寄ってきたではないの!えっ

吼えもせず!?滝汗

 

私は一瞬目を疑ったが、止まることなく、平静を装い続けてゆっくりと歩き続けた。あせる

ご主人さまがなにかワンコに注意するようにモニョモニョ仰っていたが、

ワンコは私の後姿に吠え付けることもなかった。

 

 

私の脹脛に、ワンコが吼えもせず一瞬でもクンクンすりすりした甘い感触が残る。ドキドキ

かっ、かわいいっ……。ラブ

――そうは思っても、足をとめて、「可愛いですねー」なんて声を掛けながらワンコを撫でるなんて芸当は私にはできないのだ――トボトボ

 

完全にすれ違い終わったら、

歩調をいつもの“サッサ”モードに切り変えて、振り返りもせず、

何事もなかったかのように歩き続けたのであった。走る人

自分の脹脛に残るワンコの感触をじんわりを愛でながら。ラブラブ

うふっ♡ な気分で。ラブラブ

こんなこともあるんだなぁ♡ ラブラブ

今日はいい日だなぁ♡ と。音譜おねがい

 

 

はっ!ビックリマーク

 

もしかして、私、

臭かったのか? ひらめき電球

 

そうか、そうだったのか……。笑い泣き

 

いつものように、くたくたのジーパンにシャツという格好だったのだが

獣臭かったのか、オシッコ臭かったのか、美味しい脂の臭いがしたのか

どんな気になる臭いがしたのかは

クンクンしてきたワンコに聞いてみなければわからないのであった。(*ノωノ) イヤン

 

とりあえず吼えられなくて、よかった。ヽ(;´ω`)ノ

2016年秋 仙台・気仙沼旅行 2 ほや

 

今回は、気仙沼で「志の輔らくご」を聞くというのが

メインテーマだったけれど、

時は残暑厳しい9月。晴れ

まだ夏は終り切ってはいまい? ホヤでしょ!グー

宮城といったらホヤとズンダでしょ!?ウシシ

 

思いっきりホヤとズンダを大人食いするんじゃ~♡ラブ

と、意気揚々と出かけたのであった。

 

 

 

仙台駅は広く、お土産物屋さんがどっと建ち並び、

あちらこちらに「燻りホヤ」やら「水煮ホヤ」やら「冷凍ホヤ」やらが売られていた。

よしよし♡ニコニコ

 

まぁ、これらは帰る直前に買えばよいね。ラブラブ!

まずは、生の本場のホヤを食さねば、ね。うふふ。うふふ。ニコニコニコニコニコニコ

 

夕方には美味しい新鮮なホヤが食べられると思うと力も漲る。アップ

一日中、ひとりで炎天下歩き回って、

さて

夕方。

友と落ち合い、友がお薦めの居酒屋「蔵の庄」さんへ。

(この時まで、飲み屋さんに行けば、ホヤは絶対食べられると信じていた。しょぼん

 

メニューを開き、

いざホヤを注文せんとしたら、ホヤがないっ!?滝汗

 

ホヤはもう終ってしまいましたね~って。ポーンホヤッ! もとい、早っ!

ホヤはもっと夏のものですって。滝汗

今日のお薦めはサンマの塩焼きです!……って。ガックリ

 

ホヤ……9月ではもう遅かったのかっっっっっ!?えーん

9月って、まだ夏じゃないのぉぉ???えーん

 

がっくりと肩を落す私を尻目に、ホヤに愛情のない友は他のメニューにホクホク。

私はホニャホニャ。トホホのホヤホヤチーン

 

 

しかし、頼んだサンマの塩焼きは今までに食べたことがないほど立派なサンマだった。アップ

塩加減もよし。脂が乗っていて、皮が美味~!合格

 

――しかし、塩焼きサンマ1匹1100円。おーっ!

そんなサンマの値段、見たことがなかったわ。あせる

スーパーで1匹100円~200円ほどになったら買うものだと思っていた私の口に入る1100円の塩焼きサンマ……。

美味しくなかったら怒るわ。ニヤ

 

だがしかし、そもそも埼玉にいたら2,000円だしてもこんな立派なサンマは食べられないのだろうね……。

その立派なサンマを美味しく焼いて出してもらえて、よかった。ホヤは食べられなくとも……。えーん

 

仙台まで来た甲斐があったというものだろう。ホヤは食べられなくとも……。えーん

 

あ~、ホヤを5皿は食べるつもりでいたのに……。えーん

ホヤで日本酒をキュッとやりたかったのに……。えーん

ホヤ~……。えーん

 

 

(ネットより拝借 ホヤ)

 

 

つづく