ブログを始めたきっかけは?


“ブログネタ”に、イベリコ豚が当ることを祈って、参加。



それは、ひとえに、
2001年から2002年、1年間の世界旅行をした際の旅日記をまとめたくて
……だった。

始まりはその一心だった。

2001年当時、携帯すらさほど出回っていない頃。
コンデジカメラも(私の周りでは)なかった頃。
やっとホットメールなる無料ネットメールのアドレスを作って、旅に出たのだった。

帰国して、やれ日銭を稼がにゃ~とバイトで働きに働き、
翌年には体を壊し、
しかしありがたいことにその頃には夫も働き出し、
忘れないうちにと、ちびちびと旅日記をまとめ出した。
しかし、自分の日記は、つい説明を端折りがち。
その時は、よく覚えているから、いちいち書き留めないでおくことが、
後で読み直すときは、とんとわからない……なんてことが私はしばしばある。

ので、人に読んでもらってわかる程度に、
あまり言葉を端折らずなまけずに書きとめておけるように
ブログを始めたのだったわ。

当時は「ブログ」なんてものも、海のものとも山のものともわからない感じだった。
怪しげなものにさえ感じたなぁ。
で、おそるおそる始めたのだった。

「アメーバ」なんてネーミング、かなり怪しさを感じたけれど、
誰でも簡単に登録して始められるという手軽さだったので、
チャレンジしてみた……って訳。

でも、ブログ始めてよかったな……って、思う。
自分ではAのつもりで書いているし、読み直しても、そう思って書いているからそうとしか読めないのに、
人によっては同じ部分がBと読まれることがあると知った。
言葉の難しさを改めて実感できたのも、ブログのお蔭。

それに、なにより、
リアルではすれ違うことさえなかったであろう人々と知り合えたことは
もはや私の「財産」。

最初の目的の「中高年夫婦世界旅行―妻編」は頓挫したままだけど……。


と、更新したら、このページが悪いページとしてブロックされてしまった!
自分のPCからは、デスクトップもノートも見られない!
ので、アメブロのブログネタのバナー(?)を取り外して
更新しなおしてみます。
既にコメントくださった方、もしかして消えてしまうかもしれません。ごめんなさいっ!あせる
AD
知ってたけど知らなかったことが芋づる式に……しょぼん


知り合いから、藤の花を歌った都都逸があった話を聞いた。Σ(・ω・ノ)ノ!

知り合いが「ちょっとひわいな都都逸」なのだと断って
おぼろげながらに教えてくれたのは、
あなた上から藤の花わたし下から百合の花藤ユリ
というものだった。(///∇//)


ところで、ドドイツって、知ってるつもりだったけれど、
よくよく考えると、実はよく知らない。あせる

で、ググってみたら、サーチ

都々逸(どどいつ)は、江戸末期に初代の都々逸坊扇歌(1804年-1852年)によって大成された口語による定型詩。七・七・七・五の音数律に従う。
元来は、三味線と共に歌われる俗曲で、音曲師が寄席や座敷などで演じる出し物であった。 主として男女の恋愛を題材として扱ったため情歌とも呼ばれる
。」
参照:ウィキペディア「都都逸」

……って。∑ヾ( ̄0 ̄;ノ


で、
「都都逸坊扇歌」(ドドイツボウ センカ)って何? とさらにググルと、サーチ

都々逸、落語の名跡(ミョウセキ)。現在は空き名跡となっている。 亭号は都々一坊とも表記

2代目、4代目は、なんと女性だったようだ。Σ(・ω・ノ)ノ!

参照:ウィキペディア


「ドドイツ」って、そもそも、色っぽい七五調の戯れ歌だったん?ラブラブ

で、都都逸坊扇歌さん(名跡 ミョウセキ)なんて、いたんだ!?

都都逸について全然わかっていなかった自分の無知さに驚く。(((゜д゜;)))



都都逸坊扇歌は、初代が江戸末期に一世を風靡して、その後代々受け継がれたものの、1950年代7代目を最後に、現在は「空き名跡」とのこと。汗

でも、都都逸は名跡だけではなく、巷の人々が自由に創って歌ったものらしく、
「藤の花」の歌も、
「あなた上から藤の花」と歌うものや、
「あなた上から下がり藤」と、一部だけ言葉が違うものもあった。
色々なバージョンがあるということは、それだけ色々な人々に歌われたってことだよね。


三千世界の 鴉を殺し ぬしと添い寝が してみたい(桂小五郎説、高杉晋作説、他もあり)

何をくよくよ川端柳 水の流れを見て暮らす <伝 高杉晋作作>

恋に焦がれて 鳴く蝉よりも 鳴かぬ蛍が 身を焦がす (作者不詳?)

立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花

人の恋路を邪魔すするやつは 犬に食われて死ねば良い

etc.……。
参照:「都都逸」 

おお! 耳にはしていたが、これらもドドイツだとは知らなかったなぁ
と、今さらながらに驚く。( ̄□ ̄;)


しかも、江戸で都都逸坊扇歌が大人気を博して広まった都都逸ではあるけれど、
その発祥は、名古屋の熱田だそうで。∑ヾ( ̄0 ̄;ノ


「そいつはどいつじゃどいつじゃ」というお囃子から、
ドドイツとなっていったらしい?Σ(~∀~||;)

参照:「都都逸発祥の地は名古屋だがや。」


……名古屋弁なら、「どいつじゃ」でなくて、「誰だぎゃぁ」じゃないのかな?
とちょっと素朴な疑問が私には残ったが。σ(^_^;)




ウィキペディアでは、サザンオールスターズの歌詞さえドドイツに連ねているではないか!Σ(=°ω°=;ノ)ノ

恋の花咲く ロマンの都 女ばかりに 気もそぞろ 夢もほころぶ 小意気なジルバ 君と銀座の キャフェテラス(サザンオールスターズ)

確かに7・7・7・5、7・7・7・5のリズムだ。(=◇=;)
つまり、都都逸は江戸で爆発的に広がった、三味線を奏でて歌われる小唄であったが、
色々に発展して、
とにかく戯れ歌モードで、7・7・7・5で繰り返したものならば、大抵ドドイツと見なされる、ということかな?はてなマーク

……って思い始めたら、
甚句」なる項目を発見!Σ(・ω・;|||
やはり、江戸時代に発生した「7・7・7・5」調の謡いをいうようで、都都逸はそのひとつのようだ?
参照:「甚句


もう、どちらが何なんだか訳わからん!(((゜д゜;)))


さらに、「藤の花」を使った戯れ歌で、ググっていたら、サーチ
さらに、都都逸(7・7・7・5調)ではないものも見つけちゃった。
すなわち、「ストトン節」!∑(゚Д゚)


あなた上から下がり藤 あたしゃ下から百合の花
そこで電気を芥子の花 そんなよいこと 梨の花 ストトン ストトン


……とな。Σ(゚д゚;)音譜


内容は都都逸の「藤の花」と同じなのに、
ストトン節は7・5調の連続。
大正時代に添田さつき氏によって作られた唄。

添田さつき……って、女性かと思ったら、男性で、添田知道の「芸名」だった。

参照:添田知道(ソエダトモミチ)


この方、「1902年6月14日 - 1980年3月18日)は、日本の演歌師、作家、評論家である。芸名は-さつき」で、
なんと「堺利彦らの売文社に勤め」ですと。Σ(・ω・ノ)ノ!
社会主義者だったのかな? 少なくとも社会主義に共感はしてたはずだよね?
その傍ら、「ストトン ストトン♪」と唄を作っていたとは、面白いお方だ。(-^□^-)

しかも、

『添田さつき』の芸名で演歌師となり、『パイノパイノパイ』などの流行歌を作り出す。」……とな!Σ(=°ω°=;ノ)ノ


この人だったんかぃ! 今さらながら、驚く。叫び
「ラ~メチャンタラ ギッチョンチョンデ パイノパイノパイ~♪」だ。

今見直しても、素晴らしい戯れ振り!γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ

参照:「パイノパイノパイ

ラ~メチャンタラ ギッチョンチョンデ パイノパイノパイ」の部分しかよく知らない私は、改めて全詩を知り、ほぉぉぉぉと感心するばかりだったのだが、(=◇=;)


さらに!

このパイノパイノパイの唄は
アメリカの作曲家、ヘンリ・クレイ・ワークによって作曲された「ジョージア行進曲」なる曲に添田さつきが詩をつけたものだと知る。Σ(=°ω°=;ノ)ノ

へぇ~!と思っていると、
さらに、
このヘンリ・クレイ・ワークなる作曲家は
大きな古時計」の作者でもあると知る!Σ(=°ω°=;ノ)ノ
へぇええええええ!(=◇=;)


さらに、
彼が「大きな古時計」を作ったときの裏話を知る!Σ(=°ω°=;ノ)ノ

参照:「Jackと英語の木 「大きな古時計」の歌と謎;おじいさんとその家に伝わるミステリーとは?


歌われている“大きな古時計”を所有していたジェンキンズ兄弟は、生涯独身で、孫はいないのだ。「おじいさんの時計」というのは脚色だったのかぁぁぁ?!ヽ((◎д◎ ))ゝ




なんかね、もうネットで調べていると、
知っているつもりだったのに、全然知ってなかった、わかっていなかったことがボロボロ芋づる式に出てきて、あせる(°Д°;≡°Д°;)

疲れた。(/ω\)



「知る」って、一筋縄ではいかないもんだ。
「知ってる」つもりになっていることが山ほどあるよ。ヽ(;´Д`)ノあせる

AD

TVはかくも報じない

テーマ:
TVはかくも報じない



もうTVの「報道番組」で、「報道」なんて言葉、使わないで欲しい。パンチ!


台風18号の影響で?の大雨。雨
各地で被害が出ている。
巨大な雨雲は今も北上を続けているようで、
各地まだまだ油断が出来ない。
どうか大事なきように……。(。-人-。)

被害に遭われた方々には、しっかりとした援助がなされますように!(。-人-。)



それにしても、
TVでは、「今まで経験したことがない大雨が……」との連呼。

まただ。DASH!
「今までに経験がない」、「想定外」。


栃木では、水力発電所が2箇所だか3箇所だかが、水没した!?Σ(=°ω°=;ノ)ノ 
そんなニュース、初めて聞いた。あせる
しかも、詳細はろくに伝えられない。叫び


浜松市…ここも、2~3日前、台風18号の影響で「水没」したよね。
JR浜松駅から浜岡原発までは、約35kmの距離だとか。
浜岡原発は大丈夫だったんでしょうか。一切報じられません。ドクロ


茨城の東海第二発電所(?)は?一切報じられません。ドクロ


そして、福島は?注意

今朝、TVをつけてみたら、
雨雲は北上を続けていて、「宮城・茨城に特別警報」というテロップが画面から消えずにあった。Σ(・ω・;|||

が、宮城と茨城に挟まれた「福島」はノーコメント?ノー警告?(((゜д゜;)))


雨雲は福島だけ掛かっていないのか?
しかし、天気図の降雨量を示す図が出ると、しっかり福島も同じ雨雲が掛かっている。
同じだけの降雨があるはず。雨


これは、“あえて触れない”で=“隠している”いるとしか思えませんが。| 壁 |д・)





しかたないので、ネットで調べたら、サーチ

「汚染雨水また海に流出 福島第1原発、7回目
2015/09/10 21:28 【共同通信】
 
東京電力は10日、福島第1原発の「K排水路」から9日未明、降雨の影響で放射性物質を含む汚染雨水が外洋に流出したと明らかにした。疑い例を含め、流出は7回目で量は不明。10日の降雨による流出はないという。
 東電によると、9日午前0時半ごろから午前4時半ごろにかけて、断続的に雨水が排水路のせきを越えて流出した。午前7時半に採取した排水路の雨水からセシウム134が1リットル当たり130ベクレル(法定基準60ベクレル)、セシウム137が550ベクレル(同90ベクレル)検出された

」(「47News」より抜粋)
http://www.47news.jp/CN/201509/CN2015091001001705.html


要するに、放射性物質を含む汚染雨水がダダ漏れ……続けているということよね。ガーン
10日の降雨による流出はない……わけがなかろう!? と思うのは、私だけ?


それにしても、
東京電力は一応明らかにしているのだ。パー
しかし、TVでは一切報じないのだ。言わざる

こんな大災害、各地の被害も大変だが、「福島は?!」と私はいのいちばんに気になる。(((( ;°Д°))))


福島のことは、福島に限ったことではない。
今さらだけど(2011年5月の記事)

木下黄太のブログ 「放射能」 「被曝」「原発」、日本のリアルと未来を考えます。
原発震災に追い込まれ続ける主婦の訴え、茨城県常陸太田市より。




御嶽山が噴火したとき、「火山の噴火は予知できないんです」と火山学者さんたちは開口一番口にし続けたことは記憶に新しい。
はぁ、それはそれで、まぁ、自然のすることですからねぇ。。。と思った。


なのに、
川内原発再稼動にあたっては、“火山学者が予測して、危険を予知する”ってなことを言い出してた。ナンジャソレ。∑(゚Д゚)
“アンゼンなんちゃら委員会”がお墨付きを出して、住民もOKって?∑(゚Д゚)
それをただ当たり前のように報じていたTV。ドクロ



TVは「報道する」という良心もない!
国民に事実を伝えようという意識は、ないのか、どこかの圧力によって封じられているのか。

有事の際、もっとも大切なのは情報だというのに……。


いずれにせよ、
TVの報道番組にまともな「報道」がなされないことは、
民主主義も存在しえないというほど絶望的なことだと私には思えるのだが。叫び


TVを見放している人は、ネットがあるじゃないかと言うが、汗
それでもTVって、やはり大きな伝達の機器だと思うんだよね。
恐ろしい武器でもあると思うんだよね。
それがつまるところ国民のために使われていない! 由々しきことだ!

と思う……のは、私だけ?ガックリ


AD
つれづれに思う
――兵器の進化は平和をもたらさないっしょ



勝手にあれこれ考えていることを書きとめたものなり。
人によってはご立腹モノかも。叫び
誰かを怒らせようとか、批判しようとかいう意図は微塵もないので、あせる
適当にスルーしてちょ。m(_ _ )m



前回アップした記事でとりあげた、
ルーズベルトが登場する劇中の台詞、
「ある財閥の執事」が原爆を「世界征服の手段に使え」と。爆弾


アメリカが原爆の脅威を振りかざして、世界征服することが世界平和への一番の近道なのだという主張を、その男はしていた。ドクロ
(劇中では、ルーズベルト大統領は、彼に対しNOと言って拒否するのだが。NG


最強の兵器が世界平和をもたらす……はてなマーク
世界平和を唱えつつ、結局世界は最強の兵器、武器を手に入れるかに狂奔しているじゃない。( ・д・)/--=≡(((卍

日本だって、同じ穴のムジナだよね。
“日本の平和は、アメリカの核の傘の下で保たれている”……というのは、今現在に至るまで、そしてこれからも、
日本及びアメリカ他、諸外国における認識なのだろうね。傘
そして、現実、確かにそうなのかもしれない。しょぼん


しかし、かつて最新、最強、有効な武器、兵器の残骸は、
いまだに世界中に禍根を残しているよね。ドクロ
放射性物質を含む武器(劣化ウランなど)の残骸しかり、不発弾しかり、地雷しかり、ケミカルウェポンしかり。メラメラ
数え切れない無辜の人々の残骸の山の上に、“兵器の進歩”は築かれている。ドクロ
戦争が終わっても、人々はそんな戦争の残滓に足元を掬われ死んでいく。
(それでも、即死なら分かりやすいが、それが原因とも認識されずにじわじわ死んでいく人々も多いはずだ。)


先日、たまたま見かけたTV番組に驚いた。

アメリカの“新たな戦争”?~無人機攻撃の実態~


フランスのテレビ局(?)(制作:Premieres Lignes)が2013年に制作した番組で、
「『アラビア半島のアルカイダ』に一部支配されているイエメン」での取材をまとめたもの。フランス国旗イエメン



アメリカはオバマ大統領の下、
ドローンを使ってアルカイダなどをバンバン攻撃している。爆弾Σ(~∀~||;)

ピンポイントで攻撃できるし、なにより、攻撃する側のアメリカ兵は負傷する危険もない優れた兵器として活用されているドローン。

しかし実は、ドローンでは完璧にそこにいる人間が容疑者かどうか100%確認できるわけでなく、まったく関係のない市民が攻撃を受けて死傷しているというドローン攻撃の実態を報じていた。| 壁 |д・) 
――フランスって、こういうことを取材して報じるから偉いと思うわ。(=◇=;)



以前にも、どこの国でだったか、
一般市民が結婚式をしていたところにアメリカの攻撃がなされて、
人々は死傷するなどの「誤爆」があったよね。爆弾
このような「誤爆」は、1回2回ではない。
これでは、やられた方は、アメリカを憎むだろう。メラメラ



アメリカのドローン攻撃を批判的に報じているフランスだが、
フランスだってドローンを使った兵器の開発に勤しんでいるはずだ。(-_☆)


以前、博物館で、古代から現代まで続く兵器、武器の展示を見たことがある。
武器の歴史が人類の歴史と言えた。
武器の開発が文明の発展とも言えた。


獣などから身を守る為の武器ならわかるのだが、( ・д・)/--=≡(((卍
人間が人間を殺すための兵器、武器など
しかも大量に、あるいは的確に殺すための兵器、武器など、
開発してはダメなのだ!パンチ!
と私は思う。


甘っちょろいこと言ってると言われるけれど、汗
じゃぁ、殺されるのを待つだけか、おまえはそれでいいが、他の人にもそれを強要するのか? とも言われるけれど、汗
極論すれば、そうだと思う。叫び
いや、殺されるべきではないとは思う。あせる
殺すべきでも殺されるべきでもないと思う。あせる


ひとたび開けられたパンドラの箱はもうどうしようもないのだろうけれど、汗
なんとなれば、鍋だってフライパンだって爪楊枝だって武器、兵器になるのだろうけれど、あせる
それでも、
それでも、
人類は兵器を放棄し、パー
自他ともに尊重しあう世界を作ることは可能なのではないかいなぁ。ヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ
それが、「平和」への王道なのではないだろうかなぁ。キラキラ


すくなくとも、
ドローン兵器を飛ばして、まったく無関係な市民を殺傷している軍隊が
どこからか攻撃受けたら、
日本は助太刀いたさねばならないって、納得行かない。したくない。ヾ(▼ヘ▼;)
(でも、そのためには、日本が海賊なりなんなりに襲われたとき、自力で戦って逃げねばね。あせる


「武」の力を否定するつもりはない。押忍
武術、特に日本の“武道”は素晴らしいと思う。パーーーンチ!
“相手をやっつけるため”というより、己を修めるためのものと思うから。

しかし、国を挙げて軍になって兵器を使って無差別に殺す……許せん。パンチ!
どんな「正義」の口実も、手前勝手なものとしか思えん。(。・ε・。)


……なんてことを考えていたら、こんなサイトを見つけた。
ちょっと笑えた。

人類の歴史の中で最低な武器兵器って何?日本刀?



ルーズベルトがっ!

テーマ:
ルーズベルトがっ!


こんなことも知らなかったんかぃ! と我ながら呆れることが多いが、
今回も、そんな日記なり。恥を忍んで記しておくなり。(/ω\)あせる


新宿村

核の信託―原爆をだれの手にゆだねるか―
戯曲原作・企画 五十嵐勉
演出・プロデュース 日疋士郎

の芝居を“「新宿村LIVE」なる小さな劇場で観た。



原爆開発の見通しが立ち、まもなく原子爆弾が現実のものとなることがわかった1945年4月初旬、その最初の使い方と、核開発が無制限に始まることを真剣に危惧する科学者のグループがいた。彼らは、大統領に日本への無警告の原爆投下を思いとどまらせようと、建白書を書く。(中略)」(パンフレットより引用)

科学者たちの建白書を託された女性と、
全く逆に、原爆を独占し、「世界征服の手段に使え」と大統領に話を持ちかけてくる「ある財閥の執事」と、
ルーズベルト大統領のやりとりで芝居は進んでいった。
で、最後は3人とも死んじゃう。
(大統領は執事に撃たれ、執事は女性に撃たれ、女性は自殺……だったかな?あせる銃惨殺


芝居最中、今まで知らなかったことにビックリ。えっ

それは、
ルーズベルト大統領が、戦争終結も近いというのに、ソ連にわざわざ参戦を呼びかけたということ! Σ(=°ω°=;ノ)ノ
そーだったんかぃ?!汗


そして、ルーズベルト大統領は、1945年4月、死期が近い状態だったということ。えっ
そーだったんかぃ?!(=◇=;)


で、ちょちょっと調べたら、サーチ


フランクリン・ルーズベルト大統領は、1945年4月12日に亡くなっていた。
原爆を開発させた彼は、原爆投下を見ずに死んだわけだ。オバケ

参照:ウィキペディア




そして、確かに、ルーズベルト大統領は、
アメリカ、イギリス、ソ連の首脳会談として持たれたヤルタ会談(1945年2月4~11日)で、ソ連に参戦を促していた!Σ(~∀~||;)

併せてアメリカとソ連の間でヤルタ秘密協定を締結し、ドイツ敗戦後90日後のソ連の対日参戦および千島列島、樺太などの日本領土の処遇も決定し、現在も続く北方領土問題の端緒となった。メラメラ

ですとっ!Σ(=°ω°=;ノ)ノ

参照:ウィキペディア



参照:「ルーズベルトがソ連参戦を求めた理由」(EJ第3405号)



もともと軍事力で引けをとっていた日本の行き着く戦略は
“自爆”の攻め。爆弾

特に1944年10月以降の「神風特別攻撃隊」はアメリカを苦しめていたようだ。ドクロ

それゆえか、
圧倒的優位にあったはずなのに、ルーズベルト大統領は、米国の兵が死傷するのを嫌って、ソ連にも参加を促したのだろうか。((゚m゚;)

後に米ソの冷戦の始まりとなったヤルタ会談だが、
実は仲良く日本をどう料理しようか、どこそこを君にあげちゃうから、参戦しちゃいなよ~♪的な話し合いがされた

……ってことを、いまさら知った。ヽ((◎д◎ ))ゝ



原爆だって、科学者たちの意見に耳を傾ければ、兵器として使用することを思いとどまることだって出来たはずだ。
しかし、彼は「マンハッタン計画」を「成功」としたかったんだろうね。(-_☆)
自分はそのキノコ雲が見られないとしても。爆発


昔アメリカを旅しているとき、各地で「ルーズベルト通り」なる通りを見かけたので、目
アメリカではルーズベルトは人気なんだなぁ……とは思っていた。
車椅子に乗った大統領。
身障者なのに、大統領を4期も勤めたツワモノ……というイメージだった。チョキ


しかし、改めてググッたら、

三権分立の民主主義原則への抵触や、
大戦中に日系人にのみ強制収容を行った事や、
政権期間を通じて行われたアフリカ系アメリカ人の公民権運動に対する事実上の妨害という人種差別的観点から行われた政策


をしたという。∑(゚Д゚)



イギリスなどが、戦争の収めどころとして、日本にもある程度条件を聞いてやろうか?と言い出していたところ、ルーズベルトは、うんにゃ、絶対無条件降伏させちゃる!パンチ! と主張したという。∑(゚Д゚)

なんじゃ、こいつ? と日本人たる私は思わざるを得ない。(-"-;A


それにしても、
まだ若い頃、
原爆投下が、“戦争を終結させた”とする偉業として世界的に見られていることを知ったときは、驚いた。Σ(~∀~||;)

だが、

ドイツ降伏後、トルーマンは日本に対して無条件降伏を求める声明を発表した。またアメリカ政府による日本に降伏を求める、エリス・M・ザカライアス海軍大佐の『ザカライアス放送』が8月4日までに14回行われている。しかし日本政府は5月9日に徹底抗戦を改めて表明するなど、これを受け入れる姿勢をとらなかった。

……こんな状況では、原爆が戦いやめない日本を止めて、戦争終結を齎した、と言われちゃうよね……。しょぼん


1945年5月8日、ドイツが降伏した日……それは、今も「ヨーロッパ戦勝記念日」とされている。

そして、ドイツ降伏後も抗戦を続けた日本が、やっとポツダム宣言(無条件降伏)を受け入れ、玉音放送を流したのが1945年8月15日
日本はその日を「終戦記念日」なんて謳っているが、

諸外国は違う!((>д<))


連合国では、日本政府が降伏文書に調印した9月2日が『対日戦勝記念日』『VJデー』と呼ばれている。
但し、連合国のうちソビエト連邦と中華民国、1945年以後に成立した国家では中華人民共和国をはじめとする冷戦時代の東側諸国では、翌日の9月3日が対日戦勝記念日となっている
」のだ。叫び

参照:ポツダム宣言(原文)


つまり、きちんと調印されるまで「戦争」は続いていた。メラメラ


8月15日、調印もなされていないのに、
なぜに昭和天皇は「玉音放送」を流したのだろうか?はてなマーク
私はそこが不思議でならない。

日本国民は8月15日に、あぁ、負けた! 戦争は終わった!ガックリ
と誰もが思ったはずだ。
しかし、諸外国は、日本はもうだめだけど、まだ調印してない、戦争は終わってないぞ、という状況に陥ったわけだもんね。叫び


参照:「日本人だけが8月15日を『終戦記念日』だとする謎」


参照:ワニガマ怪獣さんのブログ



フランクリン・ルーズヴェルト
(ネットより拝借画像:フランクリン・ルーズヴェルト)