2013年6月に訪れた小諸、長野の旅日記です。


牛に引かれて、木像に惹かれて 4 遥かなる善光寺



不信心なオババは、布惜しさに
小諸から少し離れたなんとかという辺りから善光寺まで約40㎞の道のりを歩いたわけだが、∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
現代人の我々は、レンタカーでひとっ走り!車
すぐだ。

……と思ったが、小諸から長野までは、高速を使っても車で1時間掛かった。あせる
案外遠い。(;´Д`)ノ


不信心なオババの脚力たるや相当なものだのね。走る人


でも、昔は布なんて貴重品だろうから、
もったいなくて、惜しがるのは当然のこと。
老体に鞭打って長い道のりを歩いたオババは
むしろ賞賛されてしかるべきようにも思う。

(それ以前に、善光寺にちゃんとお参りしていなかったのが、悪く言われる原因なんだろうねぇ。「布引観音」の物語りは、“不信心者=強欲で性格の悪い人間”というイメージを広め、信者を増やすための物語の一つなんだろうね。宗教のイメージ戦略の力、物語宣伝の効果、恐るべし……。| 壁 |д・))



そもそも、車で一時間って、
オババのいたあたりから長野善光寺まで、
40km以上あるってことではないかぃ? 
軽く100km以上はあったってことでは?

はっ、もしかして、オババは布引山中にある、善光寺に通じているという「善光寺穴」を通ったのでは?――∑(゚Д゚)


それだけ歩いたのだから、しかも、心根をとりあえずは入れ替えたのだから、
布を返してあげればよかったのに……。
観音様も案外連れないことをなさるものだ。しょぼん


           つづく


おまけ

当たり前なんだけど、いまさらながら
本当に実在していたんだ! と驚いた。
食べたことはなくとも、みんなが知っていた
「当たり前田のクラッカー!」

夫婦世界旅行-妻編-あたりまえ

お味は、当たり前なクラッカーだった。

前田のクラッカーは実在していたけれど、
CMって、実在していないものだって、
実在するように思わせてしまいかねない力があるよね。
改めて、宣伝の力って、凄い……。


こんななめこさえ、どこかに棲息している気がしてくるわ。

夫婦世界旅行-妻編
AD
2013年6月に訪れた小諸、長野の旅日記です。


牛に引かれて、木像に惹かれて 3 布引観音のあの木像は今いずこ……



ワクワクしながら本堂に戻り、本堂入り口の両脇を見る。ラブラブ目


が、
昔、左右に置かれていた木像の、
肝心な左側の仏像だけがなくなっているではないかっ! ( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚

(観音堂に行く前に本堂を通ったはずなのに、気づかないから、おかしいとは思った。汗



右側の木像は残っていた。( ̄□ ̄;)

夫婦世界旅行-妻編-向かって右の木像


これは、七福神かなにかか?ガーン
それとも、海彦山彦とか?? ナンジャラホイはてなマーク
どうみても仏像には見えない。
以前見た右側の像がどんなものだったのか、
もはや記憶にすらなかった。(;^_^A

しかし、左側に置かれていたのは、確かに仏像だったと思う。グー
(あるいは、百歩譲っても“木彫りのお地蔵さま”?)


左の方は木像が置かれていたスペースには、
今は、なにやら提灯釣り台?のようなものが置かれていた。∑(-x-;)
置かれていた木像がなくなったから、左右のバランスが取れなくて、
とりあえず代わりに置いたって感じ。汗


入り口の右側だけに木像があるってのもおかしい話だよね。
だから、
昔、絶対、左側にも木像があったはず!パンチ!(私の記憶に間違いはないはず!)
右側にだけ残されている木像の煤ボケ具合が、
当時白木だった木像だったことを証している。
大きさも記憶にある!
丁度一抱えもあるほどの太さ。(-_☆)


どうして、右側の像だけ残して、左側の像は失せてしまった?はてなマーク
素晴らしい像だから、売ってくれ!という人が出てきて、売ってしまった?(あるいは、譲ってしまった?)
素晴らしい像だから、住職さんが思い直して、左の像だけお堂の中に安置したのかもしれない?
うむ。それはありえる!
うむ。そうに違いないっ!(-"-;A



ここは勇気を奮って、確かめねば!グーあせる
できれば、本堂奥に“秘蔵”されるようになった“左側にあった白木の仏像”を拝まさせて頂きたい。にひひ


申し訳程度にお守りなどが並んでいる誰もいない“お守り売り場”の小窓から、
声を掛けると、
すぐに奥から老婦人が現れた。顔
ご住職の奥様だろうと思われた。

ご朱印帳をお願いしてから、
くだんの木像のことを尋ねてみる。



「あぁ、あの仏像は、素晴らしいものだから、
本堂の奥に移して、大事に安置しておりますですよ~チョキ


なんて言葉が返ってくるだろうと半ば願い、半ば信じながら、
返事を待つ。ラブラブ



すると、


すると、


なんと、


「木彫りの仏像………………? 木像……? はぁ……?はぁ?

彼女はその像のことなど、とんと覚えていらっしゃらないのだった!Σ(・ω・ノ)ノ!



ひかも、この寺の中に「木像など一体もない!」と断言なさる。Σ(~∀~||;)



いぁ、ないって、あなた、今現在、本堂入り口の脇の右側に、
木像は一体、ありますがな……。あせる
あれと同じような木像が左側にもありましたろうっ?あせる
確かに、ありましたともっ!あせる
あたしゃ、知ってるよ!ヽ(`Д´)ノ

と訴えてみても、

「木像ねぇ? 木像なんて、ないんですけど……。
それじゃ、お稲荷さんのことかしら?ハァ!? 」
と仰る。



いぁ、お稲荷さんなんて、見かけませんでしたが……。あせる
むしろ、「お稲荷さん」こそ、存在しないでしょ。叫び
本堂ですよ? 
本堂の入り口の脇のところに何が置いてあるか、
把握してらっしゃらない……?!!?
いぁ、右側のあれは忘れていても仕方ないが、かつてあった左側の、
あれほどの彫像を少しも記憶してらっしゃらない?!?
あんびりーばぼー! ((>д<))(心の叫び)



いくら聞いても、肝心なお寺の人が
あの木像のことを記憶してらっしゃらないのでは、
埒があかない。あせる


境内にある地蔵やら仏像やらは、どれも信者の人が置いていったものだという。
信者の人々が勝手に置いていったものなので、
いちいち覚えていらっしゃらないのかもしれない。しょぼん



それにしても、
あの素晴らしかった木像。ドキドキ
一度は本堂入り口の脇、左側に置かれていたのだ。
本堂の入り口にだよ?
搬入するにも、あれだけの大きさのものだもの、
トラックで運び込んだに違いない。
誰かがこそっと黙って置いていけるようなものではないだろう。
それを覚えてない?(((゜д゜;)))


しかも、本堂の出入り口に左右対に設置されながら、片方が忽然と姿を消してしまったというのに、
その跡にわざわざ別のもの(提灯釣り?)を置いてさえいるのに、
記憶にないとは……?(゚Ω゚;)はてなマーク

住職の奥様(推定)の薄く微笑んだような穏やかなお顔を見ていると、
私を危ぶんで、わざと嘘を言っているようにも見えない。
本当に記憶にないご様子……。(-"-;A



左側の像が設置されたのは、多分右側の像と同時期と思われ、
おそらく作者も同じかもしれないとも思われ、
(少なくとも、材質は同じ白木だったと思われる。)
今残っている右側の彫像の作者はどなたか訪ねてみた。グーあせる


すると、「木像が存在する」ことは否定しながらも、
佐久の人だったと思いますよ」……と、記憶を手繰り寄せてくださった。アップ


佐久の彫刻家なのか?!クラッカー


……いぁ、「彫刻家」とは限らないかもしれない?
信心ひとつで大きな木像を二体も寄進しただろう人だ。
実は世間的には“素人彫刻家”かもしれない?
いや、あれだけ素晴らしい仏像(?)を彫った人だ。
稀代の仏師かもしれない!
妄想は広がるばかり。

なにも判然としない。あせる


あの素晴らしい木像は、いったい今いずこに……?はてなマーク(ノ◇≦。)
あまりにも素晴らしいから、盗難にあってしまったのかしら?はてなマーク
それとも、我々同様、あの仏像に惚れ込んだ誰かが
勝手に貰い受けてしまったのかしら?はてなマーク
それとも、寄贈した仏師が、
庇の下などに置くという存外な扱いを残念に思って、最高傑作の左側の像だけ、回収してしまったのかしら?はてなマーク
で、お寺では“信者たちが勝手に置いていったもの”に執着もなく、記憶にもないのかもしれない?しょぼん



参道の途中にある石の柵も壊れるにませてあった。∑(-x-;)(以前はこんなに壊れていなかった。)

夫婦世界旅行-妻編-崩壊のままに


手入れをする下働きの“寺男”(?)などもいないのかもしれない?
いち観光客ながら、布引観音の行く末がとても心もとなく感じられた。汗
小諸市でこうした小さなしかし歴史のある寺などを、
資金面などでバックアップしていないのだろうか? 


素晴らしい岩山に建つ布引観音、
どうかこれからも長く栄えてほしいものだ。(。-人-。)





布引観音……私が初めて訪れてから、かれこれ30年ほど経つ。

昔訪れたときも、15年ほど前に訪れたときも、
境内を帚で掃いていた女性。
軽く会釈を交わす程度で、声を掛けるのも剣呑に思われた
どこかぴりぴりとしたムードを漂わせていた女性。
(布引観音伝説があったので、どうも不信心で強欲なオババとイメージが重なってしまうのだった。ゴメンナサイあせる
あの時の女性が、今回話が聞けた老婦人だろうか。はてなマーク
ややふっくらとなさって、髪も白髪が混じり、
“穏やかなお婆さん”になられたようにお見受けした。


ご住職にも是非お話を聞いて確かめてみて欲しかったが、
微塵も記憶がないことで長話をするのも申し訳なく思われ、あせる
仕方なく、そのまま話を切り上げ、布引観音を後にしたのであった。ダウン



結局、長年の懸念であった左側の白木の仏像には
会えず。ガックリ

(しかも、その存在さえ否定されてしまったわけだ!ドクロ


かつての感動を確認はできなかった。ガックリ



しかし、生き証人は私を含めて、2人!
確かにあったのだ! 白木の仏像はっ!
素晴らしい木像はっ!!!・°・(ノД`)・°・


あぁ、このブログを読んで、
「それを彫ったのは、私です」と名乗り出てくれたらいいのに……。
佐久の仏師さん。おたずね者

(名乗り出てもらったからといって、どうすることもできないが。
ただ、あの木像は素晴らしかったです! と賞賛したいだけなのだが。べーっだ!


佐久の草笛ならぬ、
佐久の仏師(?)に彫られた白木の仏像(?)。
今となっては幻である。しょぼん
今もどこかに安置されているのだろうか……。はてなマーク



最初の感動は、二度目に見ると薄れるという人がいる。
そりゃ、最初とまったく同じ感動を味わえるとは私も思わない。
二度目の時は私自身だって変っているのだから。
しかし、素晴らしい作品には、なんど会ってもその度にその時々の発見、感動があると私は思う。
今回はまさにそれを確認するための旅だった。グー

なのに、なのに……。

木像自体がなかった……。ガックリガックリガックリガックリガックリがーん。がっかりトボトボうわー・・・


感動は、その時にこれが最後とばかりに、
しっかり味わっておかなければ! だ。しょぼん


素晴らしい作品に
“また会える”とは限らないのだということに思い及ばなかった分、
失望は大きかった。ダウン


一期一会……人生での素晴らしい出会いは、
まこと、まこと、
一期一会なのであった……。(ノ_・。)



最後にひとこと、叫びたい。
あの素晴らしい木像を、どーしちゃったの?
どーかしてるぜ、布引観音っ……。
。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

             つづく
AD
「日本の風土を守る為の行動」を、私も。


あっこさんが、
日本の風土を守る為の行動」と題した日記で、

リニアコライダーに反対する署名サイトを紹介しておられた。



そんなのがあったのかと、心強く感じた次第。∑ヾ( ̄0 ̄;ノ


で、
私も賛意を表して、貼り付けてさせて頂きます。

リニアコライダーを日本に誘致(建設)しないよう求める全国署名
  
せふり山系 森と水のねっこわーく
http://www.sefurinecco.com/ilc.html



あっこさんは、何度も当局に質問状など出して、
腑に落ちないところを質しておられる。

私は、自分が何がわからないのかもよくわからないのだが、あせるあせる

なにか「想定外のことが起こったら、とんでもなく危険」ということはわかる。叫び
巨額の資金は、(そんな資金がどこにあるのだろう?とも不思議だが)

もっと被災地の人々の現実的な生活安定に使われるべきだろうとも思う。

原発事故処理もまだまだ終わっていないのに……。

汚染水は漏れ続けているのに……。

子供たちに本当に必要なものは何か、
落ち着いて考えればわかるはずだろうに……と思う。



私にはリニアコライダーは“第2の原発”に思えてならない。
いや、未知数な部分が多い分、もっと危険かもしれない。
少なくとも、小さな地震列島で行う実験ではないはず!パンチ!
AD
ママもぇるわ、私バテるわ


暑中お見舞い申し上げます


話すと長いが、

「ママもぇるわ」、
私39.5度の発熱でダウンするわ、
母につきあって新橋演舞場に行った翌日から寝込みましてん。。(´д`lll)

一言でいうと、
バテてました。ダウン

でも、
そろそろ復活。アップ
みなさんのところにも、
ゆるゆるとお邪魔したいと思います。
またよろしゅうに。(‐^▽^‐)



今年はいっそう過ごしにくい夏だけど、
みなさま、ご自愛ください。
元気でいてね。ドキドキ(。-人-。)ドキドキ



ブログがあまり更新されないと、
風邪引いてるんじゃないか、
熱中症にでもなってるんじゃないか
と心配しちゃうわ。にひひ
2013年6月に訪れた小諸、長野の旅日記です。


牛に引かれて、木像に惹かれて 2 小諸なる布引観音



以前は小諸(コモロ)駅から車で10分ほどで、車
スムーズに千曲川沿いにある布引山の麓の駐車場に着いた。


しかし、今回、カーナビ通りに進んでいったら、
山の中へ山の中へとくねりくねって入っていき、(((( ;°Д°))))
布引観音の上の方の、小さな駐車場(空き地?)に着いてしまった。!(´Д`;)


そこから布引観音を徒歩で目指せば、もはや岩山を登る必要もなく、すぐに境内に着きそうだ。



がっ、


布引観音は麓から岩山を登りながらの参詣こそが醍醐味なのだっ!!!パンチ!
布引観音は麓からお参りしなければならぬっっっ!!!パンチ!(←私の信念)


カーナビでは、いかに入力しても山の上へ連れて行かれてしまうので、ヾ(▼ヘ▼;)
諦めてカーナビを消し、(-_-メ
道路標識などを目印に探して、
やっと布引観音の麓の駐車場に到着。DASH!

夫婦世界旅行-妻編-布引山麓の駐車場

ここ、ここ!ヾ(@^(∞)^@)ノ
ここから登り始めなければならぬぞえ!グー

駐車場にはトイレもあり。OK

夫婦世界旅行-妻編-岩山の階段

夏草茂る岩山には、ちゃんと階段が設えられているので、
息は切れるが、体力さえそこそこあれば、誰でも登れる。チョキ
注意ただし、ハイヒールなんかは駄目駄目ね)





深い岩山に囲まれた道を登るのは楽しい。音譜
岩岩が縦横に押し合いへし合いして見えて、
面白い。

夫婦世界旅行-妻編-岩岩岩



滝は、水不足の影響か、
水が干上がり、1滴の水も流れていない。

夫婦世界旅行-妻編-不動の滝ドライ


ところどころ、岩を色々に見立てて、
説明がなされている。( ´艸`)


「牛岩」牛

夫婦世界旅行-妻編-牛岩

この岩の中に「牛」が見える……らしい。
が、私には、いつ見ても、どうもよくわからない。あせる



「馬岩」なるものもあった。馬
「牛岩」同様、私にはどう見立てたらそう見えるのか、よくわからない。あせる
が、その横にある樹木の素晴らしいこと!:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

夫婦世界旅行-妻編-馬岩

この布引山の裏の台地が、
平安時代、朝廷直轄の官牧であった
っていうのだから、∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
いい馬がたくさんいたんだろうねぇ。
小諸の人々は、牛にも馬にも親しんでいたんだろうねぇ。




「善光寺穴」。
善光寺まで通じているという洞穴らしい。( ´艸`)
善光寺で火災があると、その煙がここから出てくる……メラメラ
って、ウソか真か、面白い話だ。

夫婦世界旅行-妻編-善光寺穴




「見守り地蔵」
信者の人々が、置いていったものらしい。
旅の無事、参詣の無事を見守ってくれているお地蔵さんらしい。ラブラブ

夫婦世界旅行-妻編-見守り地蔵







参道の途中には、今にも崩壊しそうな、
木ももろもろな仁王門が。ボロ

夫婦世界旅行-妻編-仁王門

仁王門の向こうはもはや行き止まりになっていたが、
昔はもしかしたら本堂の方へここから行けたのかも?
門の両脇には、
これまた埃を被って風化するままの
金剛力士像?らしきものが二体。

夫婦世界旅行-妻編-金剛力士?

(私が学生の頃には、既に廃れた門だったと思うが、
これらの金剛力士像は設置されていなかった気がするのだが……?はてなマーク



道々、岩岩の隙間に、岩の上に、岩の下に、
地蔵が並ぶ。
信者さんたちが勝手に置いていったものらしい。(釈尊寺の奥様の言)

夫婦世界旅行-妻編-お地蔵様たち


もんもりと茂った木々と聳え立つひんやりした岩岩とで
薄暗くなったかと思うと、
夫婦世界旅行-妻編-小暗い

天から木漏れ日降り注ぐ。気持ちいいーっ!キラキラ

夫婦世界旅行-妻編-木漏れ日



台風が近づく中、強行してきてみたが、
お天気はなんとかひどく崩れることなく、
お日様まで差してきてくれた~!(。-人-。)ラブラブ



岩に張り付くように造られたお堂が見える。

夫婦世界旅行-妻編-岩肌にお堂


夫婦世界旅行-妻編-もう一息

やっと山門が見えてきた。

夫婦世界旅行-妻編-山門






今回は、境内に異臭が満ちている、なんてことはなく、チョキ
猫が何匹もうろついていることもなく。


境内には、思い思いに置かれたかに見える彫像が、
あちこちに。

「牛」はわかるとして……

夫婦世界旅行-妻編-牛


これは、「閻魔さま」と「強欲婆」?о(ж>▽<)y ☆

夫婦世界旅行-妻編-閻魔と山姥?




これは、牛か、狛犬のつもりか……?f^_^;

夫婦世界旅行-妻編-狛犬?


ここしか空きスペースがないわ……
って感じで、
草葉の陰にそっと置かれたお地蔵様もあり。

夫婦世界旅行-妻編-置かせてちょ


夫婦世界旅行-妻編-お墓


夫婦世界旅行-妻編-白山社






本堂を通り越して、
岩のトンネルをくぐっていくと、

夫婦世界旅行-妻編-観音堂への道

夫婦世界旅行-妻編-観音堂への道2



断崖絶壁に作られた「観音堂」がある。


夫婦世界旅行-妻編-観音堂(ネットより)
(ネットより拝借)

夫婦世界旅行-妻編-絶壁からの風景1



観音堂の右脇は、今は柵で立ち入り禁止にされ、
暗闇です」と断言されていたが、Σ(・ω・ノ)ノ!

夫婦世界旅行-妻編-暗闇です


昔はここは封鎖されておらず、
入っていけた……と記憶している。あせる

夫婦世界旅行-妻編-暗闇の中

ほら、
「暗闇」じゃないし。( ´艸`)

ぐぐっと中まで入っていって、
あの奥の穴をくぐって
さらに胎内のようなトンネルをくぐって、
絶壁からの風景が臨めたよね?(と記憶している。)
今は、もう行けない。残念。ダウン


それにしても、「暗闇です」とは、
なんとも示唆的な、暗示的なフレーズだわ。にひひ
ただ「立ち入り禁止」と表示するだけより、気が利いている。



まぁ、奥の奥のところまで行けなくとも、
絶壁風景はなかなかのもので。ヽ(゚◇゚ )ノ

夫婦世界旅行-妻編-絶壁からの風景2



さて、今回の旅の目的、
15年間その素晴らしさを忘れられなかった白木の仏像と
いよいよご対面しよう!グー 
と、本堂へ戻る。

感動の再会、なるかっ!?

                     つづく