近況報告

テーマ:
近況報告


ちくと
ペタ、ライフなどのピグのお手伝い、
遅れます。
あしからずm(_ _ )m


ひさびさに
甥の顔を見てこようか、と。(^-^)ノ~~



ちょっと離れたところで単身頑張っている彼。
血液型は、生真面目なA型。
大粒の前歯で齧れば、見事な歯型。
子供の頃、サッカーで、始終骨折骨折。多分、骨はもうガタガタ?
どちらかといえば物静かなタイプ?で、細かいことはガタガタ言わない(気がする)。
こんないい子でいいのかしら?と、9割がた、叔母馬鹿。


久々に会えるのが、楽しみです。ラブラブ
AD
歌う男、田谷力三 1



私が生まれて初めて“自分でレコードを買おう”と、
1人でレコード店に出かけて行ったのは、
多分中学1年くらいの頃か、
あるいは小学生の頃だったか……。


貯めたお小遣いが一遍に吹っ飛ぶ勇気のいる買物だった。グーあせる
大金(……といっても、当時で500円くらいだったか?)を使うという以上に、
初めて自分の好みで自分のためのレコードを買う――ということが、
“大人”の“芸術的な”行為に思え、


レコード店に行くまでは、
なにか自分が偉いことをしているような、
誇らしいような、
恥ずかしいような、
とにかくドキドキで、
実に嬉しかったのを覚えている。ラブラブ


私は、その時、田谷力三(タヤ リキゾウ)のレコードを買いに行ったのだった。


田谷力三(1899~1988年)は、その頃、すでに70歳を過ぎていたのではなかろうか。
子供の私からすれば、彼は十分に「おじいさん」歌手であり、
歌声にも姿にも年齢が現れていたものの、
口紅を塗ったように赤い唇はちょっぴり不気味にさえ感じられたものの、


ラジオで彼の歌を聴き、
テレビで彼の歌う姿を見かけ、
その歌声と歌いっぷりに、子供ながらに魅了されていた。ラブラブ!
よくわからないけれど、
うっとりした。:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

夫婦世界旅行-妻編-田谷力三
(↑ネットより拝借)

“全身で歌う喜び”が、彼の歌からは伝わってきた。ドキドキ
そして、そんな歌声を“聴く喜び”を
私は田谷力三から初めて感じたのかもしれない。


「アーティスト」とか「音楽」とか「サウンド」というよりも、
「歌手」の「歌声」そのものを全身で浴びる心地よさ……そんな感じを
彼の歌声は教えてくれたのではないか、と思う。


歌謡曲全盛の時代にあっても、
なぜか私は田谷力三が好きだった。
だから、人生最初の“音楽の買物”は田谷力三!
そう固く思って、お小遣いを握り締めてレコード店へ行ったあの日。キラキラ



でも、結局、お店では田谷力三のレコードは見つけられず、ガックリ
田谷力三のレコードを探しているということさえ、
なんだか場違いで恥ずかしいことのように思われてきて、(//・_・//)
店員に尋ねることもできず、(/ω\)
結局、
当時流行っていた歌謡曲(誰だかよく覚えていない)のレコードを買ってしまったと記憶している。(@_@)


そんなことがあって、
私のような子供が田谷力三のレコードを買うということが
かなり不似合いなことに思えてきて、ダウン
田谷力三が好きだということも変なことに思えてきて、
なんとなく田谷力三から遠ざかっていったのだと思う。あせる

オペラとかオペラッタとかミュージカルとの違いもよくわからない頃の話。


参照:田谷力三「恋はやさし野辺の花」


(ネットより拝借)



それ以外の「恋はやさし野辺の花」



(ネットより拝借)


(ネットより拝借)



そんな“過去”が私にあるとも知らず
芝居に誘ってくれた人がいた。
そのタイトルはなんと、
田谷力三の伝言」!!!


これは、行かなくちゃ! でしょ。о(ж>▽<)y ☆

                        つづく
AD

痛いよ……

テーマ:
痛いよ……


左耳が特に痒くなるの。一年中。四六時中。
で、
コシュコシュガリガリ耳かきで掻きまくってしまうの。



で、
何年か前の話だけど、
一日中掻きまくっていたら、

耳から汁が出てきた!Σ(~∀~||;)
鼻から牛乳が出るのと同じ位な驚き。鼻血ブー


で、
耳鼻科の先生には、
耳は1ヶ月に1度掃除すればいいんです!
って注意されたの。Σ(・ω・ノ)ノ!


新聞の医療相談欄の切り抜きを見せられて、
「ほら、えらい先生も同じことを言ってる!チョキ
って主張された。∑(-x-;)


人のよさそうな先生だけど、
「えらい先生が言ってる」って説明はないんじゃないかぃ?
こりゃ、もう耳鼻科にかかれないわ……
と思った。ガーン



それ以来、
耳掃除はできるだけ月に1回、
せめて週に1回……と、気をつけていたのだけど、あせる

やっぱり
痒いのね。
痒いのね。
痒いのよっ!


で、
こそっ、こそっと、
ちょっとだけ、ちょっとだけよと、
耳掻いた。


気持ちよかったのに、
やっぱり汁が出てきちゃった。
でも、ほっといったん。


耳かきで掻いて、
汁出たら麺棒で掃除してって
繰り返してたん。


今まではなんとかそれで治ってきた。
で、
今回も、ほっといたん。


したら、
段々痛くなってきた。

左耳が痛いのね
ずっきんずっきん痛いのね。
ずっとずっと痛いのね。

痛みは引くどころか、
耳の後ろや首筋や、顔の頬まで触ると痛くなってきたのね。

耳も腫れてきたみたい。
熱も出てきたみたい。
モノを食べると左耳に響く。
それがまた、痛いの。
痛いわ。
痛いのよっ。叫び


仕方が無いから、以前とは別の耳鼻科に行ったった。汗


外耳炎だって。しょぼん




ついでに右耳も覗き込んで、
「右も危ないわよ。いじりすぎ。なんにもついてない」と仰った……。Σ(・ω・;|||


何かついてたら嫌じゃないですかー!
と、心の中で叫んだ私は“耳限定潔癖症”?ヽ(;´ω`)ノ





風邪は耳から侵入してくる!パンチ!

と、信じている私は、
昔から耳がなんとなく恐怖なの。叫び



死ぬときは、耳から血を流して死ぬ気がする……。がーん

墓石は耳かきの形にしてもらおう……。
戒名は隔靴掻痒耳汁居士


……ガーン
嫌だわ、こんな戒名……。汗



あんにゅい
ゴーヤの祟りか?f^_^;
AD
美容器具?微妙器具? 1


健康器具、美容器具とは、
ついどんなものか試してみたくなる。ドキドキ



これまでもさんざん色々な器具が売り出されては消えて行ったので、
どれも決定的な効果はないのだろうと
私は思う。むっ


思うのだが、
先月、友達から、「要らない?」 と聞かれたので、
つい、「要る!」と答えてしまった。あせる
美脚マシーン!о(ж>▽<)y ☆


彼女がもう要らなくて捨てる……ということは、
彼女が続けることはできなかったマシーン
ということで、
つまり、
さして楽しくもなく、効果も感じられなかったマシーンだった
ということであろうのに、
まぁ、一度試してみたいものだと、つい
貰い受けてしまった。

(ちなみに、彼女は殆ど使用せず、
折りたたむのも面倒で、
出しっぱなしの衣裳掛けになっていたらしい。f^_^;)


夫婦世界旅行-妻編-レッグマシーン
(ネットより拝借)


テレビでも、CMを見かけた。
私より年上そうな女性が、
1日たったの60秒でいいんです!
なんて、にっこり笑ってひょいひょい楽そうにやって見せている。Σ(・ω・ノ)ノ!


私にだってできそうだと思えてくる。ラブラブ
ひと漕ぎ1秒として、ワンセットに60回(60秒)ほど漕げばいいわけだ。
たった60秒なら私にも続けられそうだ。


これで数ヵ月後には、私の足はほっそり美脚!?( ´艸`)
足が細くなったら人生変るだろうなぁ……

なんて、起こり得ない奇跡を妄想させる
美容器具の魔力、恐るべし。悪魔


で、
9月から始めて、既に1ヶ月半経ったわけだが、
毎日は無理!。゚(T^T)゚。



それ以前に、
1セットに60回(60秒)なんて、無理――――っっっっ!!!!。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
最初の頃は、30回が限界だった。がっかり


私は極端に内腿の筋肉が弱いのか?
……と悩んでしまったわ。ダウン
腰痛持ちなので、腰まで痛くなってきた。ドクロ


でも、せっかく頂いたんだから……と、
無理しないように、毎回30回(30秒)で続けた。あせる
1ヶ月経った頃、40回、50回と続けられるようになり、
今や60回(60秒)なんとかできるようになった。アップクラッカー





で、足の方はというと、
ちゃんとメジャーで測っていないのだが、
(怖くて現実を見つめる勇気はないのよ。(ノ_・。))


Gパンを履くと、フトモモ辺りがやけにパンパンになった気がしますが、(((゜д゜;)))
どうしてでしょうか……。がーん。


感覚として、
確実に
足が太くなった!!!!!????(((゜д゜;)))
……気がするんだけど、
これは、実はこれから細くなるという初期症状でしょうか?がーん。


一度に30回しか漕げなかったものが、
60回まで漕げるようになったのだから、
内腿の筋力は確実に付いてきていると言えるでしょう。チョキ




それでよしとしよう……。(ノ_・。)


足が太くたって、いいじゃないか。人間だもの。
太い体を支えるには太い足が必要なのさ。パンチ!
とりあえず、ちゃんと動くし。(o^-')b


それで十分さ、私の豚足ちゃん。(´_`。)ぶーぶー
お前は頑張ってくれているよ。ありがとう……ラブラブ
と、自分で自分の足を慰める今日この頃である。




折角なので、美脚マシーンは今しばらく
続けてみようと思うよ。(週4~5回。1セット60秒で。)DASH!

ヒシクッタ

テーマ:
ヒシクッタ


私が気になっている鳥のひとつは、
ヒシクイちゃん。(カモ目カモ科マガン属

夫婦世界旅行-妻編-オオヒシクイ
(ネットより拝借画像:オオヒシクイらしい?)


ヒシクイ、亜種ヒシクイ、オオヒシクイなどと識別がされているようで、はてなマーク
ネットで調べている最中でさえ、
私はどの話をしているのか?と混乱する。(°Д°;≡°Д°;)あせる

まぁ、どれも似たようなもんだろう。爆ヾ(@^▽^@)ノ



とにかく、色々バージョンはあるようだが、
マガンの仲間のヒシクイは、

特徴は、
体が黒褐色,嘴が黒い,嘴の先がオレンジ色,下尾筒が白い

ギャハハーンとやや高めの声で鳴く。」


菱の実を食べる」鳥らしい。キラキラ



「ギャハハーン」と鳴き、菱の実を食べる鳥!
なんて魅力的!о(ж>▽<)y ☆ラブラブ


鳥も魅力的だが、
私が本当に惹かれたのは、実は「菱の実」の方で。


「ヒシクイという名はヒシの実を食べることからつけられたという。
ヒシの実というとあの固くて鋭いトゲの生えた・・ うっかり踏んづけようものなら靴底に突き刺さる・・ どうやって食べるのだろう。」
http://homepage2.nifty.com/takibi_club/bird/gan-2.html

……なんて菱の実。
どんな実なのだろう?


菱の葉っぱ

http://www.hana300.com/hisi00.html

菱の実

http://had0.big.ous.ac.jp/plantsdic/angiospermae/dicotyledoneae/choripetalae/trapaceae/hishi/hishi.htm
(この実の形を見ると、私なら、「菱形」というより、「コウモリ型」と名づけたくなる。)
*画像のコピー貼り付けできませんでした。しょぼん


夫婦世界旅行-妻編-菱の実
菱の実(ウィキペディアより)




「菱」と言う言葉は知っていたが、
「菱」が植物だと知ったのは、随分大人になってから。(//・_・//)


そして、
その実が食べられる、
それを食べるヒシクイという鳥までいると知ったのは、
ネットを利用できるようになってから。f^_^;


沼などに生えているという菱。
あぁ、菱を見てみたい、食べてみたい!ラブラブ!
と、ずっと思っていた。(ヒシクイ願望)




予期せぬところで、夢が叶った!クラッカー





友達のいきつけの台湾料理店(初台の福臨門)は、
いつもその時期ならではの美味いものを食べさせてくれるのだが、
昨日は「」が待っていた!合格γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ


菱の実を茹で、
食べやすいように、二つに切ってあった。

夫婦世界旅行-妻編-茹で菱の実

ネットで見つけた菱の実の倍はある大きな実。Σ(・ω・ノ)ノ!
手の平に丁度ひとつ乗るくらいの大きさ。パー

殻がやや固く、
剝きにくいものに“当たる”こともあるが、あせる
大抵はきれいにポコッと実が取り出せる。OK


栗よりも歯ごたえがあり、
蓮のような味わい、ラブラブ
クワイのようなホクホク感、ラブラブ
甘くなく、あっさりとした淡麗な風味。ラブラブ
滋味溢れる味である。:*:・( ̄∀ ̄)・:*:


ニンニクとオイスターソース(?)の効いたタレが添えられていたが、
むしろ、そのまま食すか、塩をつけて食べる方が私は好きだわ。ドキドキ


お~! ヒシクイはこんな美味しいものを食べているのね!
彼らは茹でずに生のまま、しかも、固い殻を自ら剝いて(?)食べるのだから、
大したものだ。

菱が食べられて、大大大満足の一夜であった。アップ


ピータン豆腐も、
ピータンの深く透き通った暗褐色の白身部分(「白身」とは言わないか?)が美しく、臭みのない素晴らしいものだった。

夫婦世界旅行-妻編-ピータン豆腐

最後に頂いた「パパイヤジュース」(パパイヤ+ミルク)

夫婦世界旅行-妻編-パパイヤジュース

台湾ではパパイヤジュースが人気らしい。(=◇=;)

美味しいパパイヤであった。:*:・( ̄∀ ̄)・:*:
臭みは一切なく、
まろやかなのに、あっさりしていて。
中国語ではパパイヤは「木瓜」と書くらしい。
「瓜」と言いたくなるのも道理。瑞々しい!キラキラ


パパイヤが実は苦手な私だったが、
これは、パパイヤではない! と思うくらい、
美味しかった。ドキドキ
いや、本来、パパイヤとはこんなに美味しいものなのかもしれない?
これが本当のパパイヤだとしたら、
私が今まで出会った臭いパパイヤって、何なんだ?
パパイヤの種類が違うんだろうか?
(そういえば、もっと赤オレンジっぽいんじゃない?むっ


あれやこれや、
いつも美味しい福臨門さんに感謝感謝である。(。-人-。)




これで、ヒシクイも食べられ見られたら、言うことないのだが。にひひ