bionさんの健康ジュース屋さん in川越


2010年7月17日、bionさんが
生野菜ジュース専門店

を開店された!
in 川越。大正浪漫夢通り


$夫婦世界旅行-妻編-川越地図

大正浪漫夢通りはJR川越駅から、ゆるゆる歩いて徒歩20分ほど。走る人




頑張ってるな~!
おめでとう!!!ヾ(@^(∞)^@)ノ
の気持ちを込めて、そのジュースを飲みに行ってみた。走る人




夫婦世界旅行-妻編-閑散とした大正浪漫夢通り
土曜の午後だというのに閑散とした大正浪漫夢通り。Σ(・ω・ノ)ノ!
5月の川越祭りの際は、人人人で賑わっていたのに……。


シャッターの閉まっている店が目立つ?
祭りのときは人でごった返していて気づかなかった
妙なネーミングの店などを発見。にひひ

夫婦世界旅行-妻編-右横書き



bionさんのお店は開店当日なれど、
“閉店女”の私が訪れたから……ま、まさか……?ガーン
とびびったが、
ちゃ~んとbionさんのお店は無事開店営業していた!チョキ(心底、ほっ)

夫婦世界旅行-妻編-美音さんの店

スタッフの方々が入り口のところで
茹でたての美味しいトウモロコシの試食をさせてくれたり、
小さなビラを配布しながら、
開店をささやかにアピールなさっていた。
いかにも通りかかった客を装って入店。アップオバケ
(もっとド派手に駅でもビラをドバーッと撒けばいいのに……と
私などは思うのだが。あせる



本日はこの野菜たちをジュースにしてくれるという。

夫婦世界旅行-妻編-ジュースの材料

いかにも元気そうな野菜たち。キラキラ
そして、

夫婦世界旅行-妻編-舶来品ジューサー

舶来品のジューサー!
折角の生野菜の酵素を熱で壊さないための
特別なジューサーらしい。チョキ

すごい!
すごいが、絞るのに、少々時間がかかるのが難点だ。(^^ゞ時計

しかし、その分、生野菜ならではの栄養たっぷりのジュースが頂ける。キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

夫婦世界旅行-妻編-野菜ジュース

青汁みたい。
ちょっと苦辛い。
う~ん。健康によい!って感じ。
毎日飲んだらきれいになりそう~!グーアップ

ブルーベリージュースも頼んでみた。

夫婦世界旅行-妻編-ブルーベリージュース

こちらは普通のジューサーで絞らるので
出てくるのは早い。
ツブツブが少し残ってそれがまた美味しい。
うま~!ヾ(@^▽^@)ノ


野菜ジュースもブルーベリージュースも決してお安くはないけれど、
飲んで悔い無し! のお味であった。クラッカークラッカークラッカー

ジュース絞った野菜カスは、肥料となり土に返り、
そこからまた美味しい野菜が作られるという。
素晴らしい循環。リサイクル
安全で美味しいジュースを飲むことが
土や野菜までも健康に保っていくのね。




しかし、商品(ジュースの美味しさ)はバッチリといえど、
bionさん、商売っ気なさすぎ。注意

bionさんはジュースの素晴らしさを説明するのに一生懸命で、
私は美味しいジュースを味わうのに夢中で、
あぁ、美味しかった!ごちそうさま~!ラブラブ
で、
お互いお代のことを忘れてしまった。


しかも、店を出て数十分後、お代を払い忘れたことを思い出して
とって返した際、
お店の人は誰一人として
私からお代を貰い忘れていたことに気づいていなかった……。Σ(~∀~||;)

しっかりお代をとらなくちゃ~~~っ!お金
(って、払い忘れた私が言うなって話ですけど。(^o^;))





実はこの日、
「開店おめでとう」と言ったらブログ仲間だということがばれてしまうかもしれないので、
お祝いも言わずに、こっそりジュースだけ頂いて帰るつもりだった。


が、
店内の写真を取り巻くってしまったためにカメラ
怪しまれた!ガーン

店を出る頃には「ブロガーのシャンティcocoさんでは?」と思われたようなので、
そそくさと逃げ出たらば、ダッシュ
大正浪漫夢通りを
bionさんが後を追って駆けてくるではないの。走るΣ(=°ω°=;ノ)ノ
あちゃ~!
ばれてしまった。
はずかしーーーっ。((>д<))

しかし、後を追ってきてまで挨拶してくださるなんて、
bionさん、ありがとうございました。汗
走らせちゃってごめんなさい。
こんなことならお店でちゃんと名乗ってご挨拶すればよかった。(;´Д`)ノ




でも、次回はもっとばっちり変装していこう……と思う私であった。(-_☆)



お店に帰っていくbionさんの後ろ姿を見つめながら、
「どうしてばれちゃったのかなぁ」と呟く私に夫は言った。
「あんなに写真撮るんだもん。刑事じゃなくたって気が付くよ。」だって。
そっか……。
今度からは写真の撮り方にも要注意である。グー
AD

前世の死亡診断書

テーマ:
前世の死亡診断書

ぴねこんさんがこんな面白いサイトを紹介されていたので、
つられたやんけ~!(→こちら






あなたの前世の死亡診断書

被験者名 シャンティcoco 年齢 満○歳

死亡者名 ショーン
生態名 とのさまバッタ
生年月日 1956年9月3日 満0歳10ヶ月
死亡したとき 1957年7月6日14時頃(推定)
死亡したところ、及びその種別 死亡した所の種別 巣
死亡した所 つばめの巣
施設の名称 JR山手線高架下

死亡した原因
死因の種類 外因死(他殺)

①:直接原因 胸部圧迫による窒息死
②:①の原因 ツバメの雛に激しく噛まれる
③:②の原因 草むら上をジャンプ中、ツバメに捕獲される
④:③の原因 翔太(15歳)と幸恵(14歳)が草むらでいちゃついて、側にいたら身の危険を感じたのでジャンプして離脱

死亡した時の社会的地位 ジャンピングコンテスト全国3位
推定年収 大根の葉っぱ2キロ
最後に残した一言   あの、まだ死にたくないんですけど・・・
元気な時のショーンの写真 (アップできずあせる



その後、シャンティcocoがオギャーオギャーと声を轟かせて生まれてきた。晴れて人間に転生できたのである。

その後シャンティcocoは満○歳を過ぎ、現在は自分の前世の死因が気になって夜も眠れない日々が続いていたが、今とてもすがすがしい気分でパソコンに向かっていることだろう。


(↑ぴねこんさんのように、うまく表をそのまま貼り付けられないwwガーン





とのさまバッタ……なんとも意外なモノだった。(=◇=;)
そんなにジャンプ力ないんですけど~?



てっきりクリオネか(良すぎ?)(●´ω`●)ゞ
雀か大木か、ペンギンかアザラシかトドに違いないと思っておったわ。


しかし、ツバメのエサにされての死亡ならば
それもまたよし。


ツバメよ。

私を食らえ!
そして、飛べ!

やがて、ツバメの糞となり、
ぺひゃっ!と湿った音を立てて
私は放たれるであろう。

ツバメよ。
AD
銀河の中から 銀河の外から
(以下、画像はすべてネットより借用)


遠くから眺めると
美しい軌跡を描いて
美しい螺旋を描いて
確かに光っている

夫婦世界旅行-妻編-銀河

おそらく
その渦中にあっては

夫婦世界旅行-妻編-宇宙塵

一触即死的こんな危険なものがビュンビュン(? いや、宇宙的にはシュキーン、ピシューンって感じか?)
飛び交い、弾けあい、打ち砕きあい、
渦巻く怒涛のエネルギーに揉みくちゃにされて
なにがなにやらわからないだろう。
身も世も無く
闇のなかで闇雲に錐揉みされて
生きた心地もしないだろう。


夫婦世界旅行-妻編-爆発?

苦しんでいるというその一点において
私はその人を信じられる。
愛しているというその一点において
私はその人を信じられる。

想うということそれ自体が
すでに愛ある行為なのだと
私は思う。



あなたはあなたのままでよいのだ
と思う。
弾けあい溶け合いグルグルギリギリ
一見無秩序にさえ見える必死の生の現象の中で
人は皆生きていくものなのだろうから。
何億光年から眺めれば
それは美しい軌跡を描いているのであろうから。





なんて、余裕かまして
わけのわからないことをアップしている
今日。

夕方からバイトに行きましたが、走る人
なんと
バイト先が臨時休業?( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚
事務所が閉まっておりましたさ…………。ガックリ
(クソ暑い中、出かけたのに。。゚(T^T)゚。)


これからちょっと忙しくなるその矢先の
束の間の「お休み」になったようで。

その予定を随分以前に聞いていたとは思うのだけど、
前に聞いたことなんて覚えてられないっちゅーの。
もっと直前に今一度言ってほしーのっ!パンチ!

念のため確認しなくてはと思っていたものの、
受け取らなければいけない仕事の材料などもあって、
だから、
今日はいつも通り仕事があると思ったのに。ガックリ

事務所は閉まっておりました。注意


むんむん真昼の熱気がまだまだこもっている
ビルの屋上にある掘っ立て小屋のような事務所の前で、温泉
しばし待てど、
事務所は開かず。
ボスに電話すれど、
応答なし。ガックリ

沈む夕陽。夕陽
熱気こもる屋上。
うだる街。
事務所のドアは開かず。禁止
人気もなし。オバケ



どう考えても「お休み」だと判断し、
すごすごと帰ってきた。しょぼん


時間と交通費、無駄になったぞな。ガックリ
無駄に汗かいたぞな。ガックリ
そんな日も、ある。チョキ(そんな日が多すぎ?)



こんな私の塵のようなスッタモンダも
何億光年の向こうでは
美しい軌跡を描くのかも?キラキラ┐( ̄ヘ ̄)┌


夫婦世界旅行-妻編-美しき軌跡
AD
「闇の列車光の旅」を観る



先日、久々に映画を観てきた。カチンコ
「闇の列車光の旅」(オフィシャルサイトはこちら

夫婦世界旅行-妻編-闇の列車光の旅


注:「闇の列車光の旅」についてはmayaさんの記事に詳しく説明があります。




ひと言で言えば、
日系アメリカ人監督による、ホンジュラス人たちの国境越えの物語。
(役者はメキシコ人が多く採用されていた。)



ホンジュラス、メキシコからアメリカへ――
国境を目指す少女と少年のはかなくも美しい魂の触れ合いに心震える。
中南米の“衝撃の真実”を映した、ロードムービー。
」(byパンフレット)メモ

プロの人はうまくまとめるねぇ~!(・∀・)



中高年夫婦世界旅行―妻編」でまだアップしていないところに、
メキシコがある。

アメリカのエルパソから陸路、メキシコはシュウダファレスに入り、
メキシコの北西部をちょろちょろっと旅して、
メキシコのティファナから、陸路アメリカのサンディエゴに入った。
そのときの国境越えのことをいつか書きたいので、
今はあまり触れないでおきたいのだが、secret


アメリカを出国するときはほぼスルー状態で、
「どーぞお通りください。とっととさよなら~」って感じだったのに、パー
メキシコからアメリカに入るときの厳しさはかなりなもので。
下手な奴ぁ猫一匹遠さないぞ! アメリカにゃ入れんぞ!って感じ。むっ

そして、アメリカに入ろうとする人々も必死! って感じだった。あせる
傍目にも国境を越えることの厳しい空気を感じた。

そのとき、私はうかつにも、
そこにいた人々が皆メキシコの人だと思っていた。ビックリマーク

が、「闇の列車光の旅」を観て、
あそこにいた人々はメキシコの人だけではなく、
命懸けでメキシコを北上してきた
ホンジュラスやグアテマラの人々もいたのかもしれない……と知った。∑ヾ( ̄0 ̄;ノ




2週間か3週間か、それ以上か、
列車の屋根の上に這い登って
ほとんど着の身着のままの国境越えの旅。
いや、
彼らにしてみれば、それは“旅”などというものではなく、
“賭け”に近い“脱出”なのだろう。ドクロ


メキシコ――
メキシコの太陽は底なしに陽気で、晴れ
これほど太陽が喜んでる!アップ
青空が笑っている!アップ
と思ったことはないほど、その風土は「愉快」だったのだが、
強烈な日差しと同時に
陽射しの強さと同じ位、
影の濃さも感じた。
なにか暗い影が、彼らの陽射しにはついて回っていた。



あまりの経済的格差ゆえ、
アメリカへ流入しようとするメキシコ人がいる。

アメリカ人は移民として入ってきた(あるいは不法に入ってきた)メキシコ人を差別するらしい。
(金目当てにアメリカに来た貧しい南の人間として。)

その差別の構図は全く同様にメキシコで繰り返されているらしい。



すなわち、
貧困にあえぐホンジュラス、グアテマラの人々が
経済的貧困からの脱出を夢見て北を目指す。
すなわち、メキシコを。(さらにはアメリカを。)
メキシコではメキシコより南から入ってきた貧しい人々を差別しているらしいのだ。


ということを、映画のパンフを読んで知った!∑(-x-;)


南北の経済的優劣による人種差別は、
その差別を受けている国でさえ、起こるのだ。
北は南を、その南はさらに南を……。ダウン


メキシコのあの影の暗さは、きっとそうしたところから発せられていたものなんだなぁ……
と、思ったことであった。(=◇=;)



もっとも映画自体はホンジュラスやグアテマラの国自体の悲惨さや
彼らがなぜ祖国を捨てアメリカ(あるいはメキシコ)を目指すのかには、
触れられていない。(舞台はホンジュラス―メキシコ。)


ただ
ホンジュラスからアメリカを目指していかに国境越えするか、
国境越えの際の不安材料はなにか……はよく伝わってきた。



待っているのは過酷な日常だとわかっていても、
現状より少しでもまともに生きたくて、
命懸けでアメリカを目指す人々がいて、

そんな彼らを餌食にしようとする非情なメキシコのギャングがいて、
また一方では、
アメリカだろうがどこだろうが
すでになんの希望も持てないままでいても、
誰かを救おう、守ろうとする心がありうるドキドキ
いつどうひっくり返されるかわからない絶望と希望

……そんなところが描かれている映画だったと思う。



主人公たちのホンジュラスやメキシコでの家庭事情が、
もう少し丁寧に描かれていればなぁ……と、私的には不満の残るところであった。f^_^;

しかし、監督自身が身を持って取材して作っている映画らしく、
それは命懸けの取材だったろうと思われ、
こんな人々がある、
こんな現実がある、
ということは真摯に伝わってくるよい映画であった。チョキ
☆☆☆


この映画を教えてくれたmayaさんに感謝。(。-人-。)





蛇足だが、
この日、珍しく折角日比谷になど出たので、
日比谷シャンテでウィンドーショッピングでもしちゃう?にひひ音譜
と思ったのだが、
日比谷シャンテは「臨時休業」で閉まっておった……。ガックリ

呼びかけたい

私がちょっと落ち込んでバタバタしている間に、

何があったか、

大好きなブロガーさん、消息不明。
大好きなブロガーさん、やめそう?

連絡の取りようもなし。

おーい! 帰って来て~~~!
おーい! やめんといて~~~!。

・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。