2010年2月の長崎旅行記、続けます。


長崎さるく6 中国寺 興福寺

「さるく」=「ぶらぶら歩く」の長崎弁



長崎は観光名所がたくさんあって、2泊3日では回りきれない。
まず目指すは亀山社中跡。
しかし、その途中に一風変わった寺があったので寄ってみた。サーチ

派手な彩りの張子(?)の狛犬が一対!Σ(・ω・ノ)ノ!

夫婦世界旅行-妻編-狛犬(オス)
(↑向かって左)こちらが多分オス?


夫婦世界旅行-妻編-狛犬(メス)
(↑向かって右)こちらは多分メス?



こんな紙細工の狛犬なんて初めて見た。(=◇=;)
ふざけた寺なんだろうか……と一瞬構えたが、
アニハラカンヤ、由緒正しき中国寺だった。キラキラ
(この狛犬も、今思えば、長崎名物ランタンの1つとして作られてあるものかもしれない気がする……。ひらめき電球

*狛犬に関しては、とてもおもしろいサイトがあるので、そちらを参照してください。
縁MADOKAさん「狛犬の謎 古代史漫談」



日本で最古の黄檗宗の寺院、興福寺だった。
隠元禅師が寺に伝えたいんげん豆の発祥の地」でもあるという。
京都の興福寺がそうかと思っていたけれど、
京都へ行く前に、隠元さんはまずここ長崎に落ち着いたわけだ。(=◇=;)



随分色あせて煤ぼけた山門の裏側に書が掛かっていて、

夫婦世界旅行-妻編-隠元の書

中国から来朝した隠元隆琦の初登の地であるため、門の背面梁上には隠元筆『初登宝地(ショトウホウチ)』の扁額が掛かっています。

これがなんと隠元さんの書なのか!Σ(・ω・ノ)ノ!



本堂の「大雄宝殿」の扁額も隠元さんの書であったらしいが、失われ、現在のものは複製らしい。山門の扁額とは随分字が違う。( ̄□ ̄;)!!

夫婦世界旅行-妻編-本堂の隠元の書(複製)

参照:「興福寺



中国から招いた工匠が作った純中国式建築とのこと。
そういえば、中国ムードがそこかしこに。

夫婦世界旅行-妻編-屋根の上の細工


夫婦世界旅行-妻編-中国風

アーチ(蛇腹)式「黄檗天井」

夫婦世界旅行-妻編-アーチ式黄檗天井

夫婦世界旅行-妻編-中国式格子


氷裂(ヒョウレツ)式組子の丸窓」(明末期の建築様式)

夫婦世界旅行-妻編-氷裂式組子丸窓

「氷を砕いたような文様」(=氷裂)。キラキラ
「釘を使わずに木を組み付ける技術」(=組子)。 

細く引き割った木をカンナやミノなどで調整しながら組み立てていったらしい。ネジ
とても手間の掛かっているものなのね。(=◇=;)



創建当時は組子の裏側全面が硝子張りになっていて、陽の光に輝いて、まるでステンドグラスのような美しさだったキラキラ

が、
原爆投下の爆風で、本堂は大きく傾げ、この丸窓などはすべて吹き飛んでしまったそうだ。爆弾

現在のものは戦後45年かけて修復したものの、硝子の部分は復元できず、板張りになっているとのこと。( ̄□ ̄;)

人々の命や幸せとともに、
二度と復元できない美をも、
原爆は吹き飛ばしたのだ。ガックリ



お供え物?だろうか、
仏手柑(ブッシュカン)」なる柑橘類果物が。

夫婦世界旅行-妻編-仏手柑

インド原産、中国では不老長寿の珍果として珍重されていた由。
仏様の手のようだから、仏手柑。パー
関東では見かけない果物だ。




夫婦世界旅行-妻編-関帝と媽祖

掛け軸は「関帝」 「三国志」の登場人物、関羽だ。
ご利益は「商売繁盛、合格成就」。

坐像は「媽祖(マソ)」。
ご利益は、「心願成就、交通安全、旅行安全、厄難削除、縁結び」。


この媽祖さん、実は航海安全の女神さまで、
唐船は船に媽祖さまを祭って航海し、(。-人-。)
無事上陸したら、船から媽祖さまを揚げて、
寺の「媽祖堂」に安置すべく、
行列を作って運んだらしい。
そして、帰るときには、再び媽祖さまを恭しく船へ運び入れて、航海したらしい。Σ(・ω・ノ)ノ!

夫婦世界旅行-妻編-境内の吹流し

境内の中ほどに妙な5色の布がはためいていた。
江戸時代、興福寺では、唐船が入港する頃になると、5色の吹流しと
「興福寺」と書いた幟
を掲げたらしい。
唐船はこの吹流しや幟を目印に、迷わず入港できたとのこと。チョキ

そして、日本に無事入港した唐人たちは、
媽祖さま行列をしながら最寄の寺へ移動したわけだ。アップ


その行列は、銅鑼やラッパを鳴らしていく賑やかなもので、音譜
しかも、十字路では厄払いをしながら進むという珍奇なものなので、ヒミツ
かなり面白そう!( ´艸`)

当時の長崎の人々は、
興福寺の境内に吹流しが掲げられると、
そろそろ唐船が入る、今日だろうか明日だろうか、またあのおもしろい媽祖行列が観られるばいラブラブ
と楽しみにしていたのだとか。
現代だって、かなり見ごたえがあると思う。(-^□^-)

夫婦世界旅行-妻編-航海の女神

長崎は坂の多い町で、
興福寺までの道も消して平坦ではない。
こんな重たそうな媽祖像を運ぶのもひと苦労だったろう。
しかし、無事の航海に媽祖さまに対する感謝の念が湧いて、
一行の表情は嬉々としていたのではないだろうか。

最初はワケのわからぬ媽祖像であったが、
当時の人々が
賑やかに行列して大切に運んだ海運の女神と思って観ると、

銅鑼やラッパの音、音譜
人々のざわめきで賑わう街道、音譜
青空にはためく5色の吹流し、キラキラ
港の活気、アップ
そんなものが忍ばれるではないか。( ´艸`)




境内には巨大な蘇鉄も!
樹齢400年とのこと。

夫婦世界旅行-妻編-蘇鉄

この蘇鉄、一対になっているらしく、
この蘇鉄の種を拾うと「良縁、子宝、健康長寿」に恵まれると伝えられてきたという。

で、
山門の手前では、この蘇鉄の種が根付になって売られていた。Σ(・ω・ノ)ノ!
題して「幸福の種」!

夫婦世界旅行-妻編-幸福の種

自分で拾ってこないとご利益がない気がするが、
とにかく種を手に入れればよしなのかな。
幸福の種を撒く蘇鉄……と思うと、なんともありがたい蘇鉄である。(°∀°)b



ケツギョ。(禅寺で食事を知らせるときに叩く板の魚。)

夫婦世界旅行-妻編-ケツギョ(オス)

こんな大きなケツギョは初めて見た。(=◇=;)

玉を咥えているのがオス。
小ぶりで玉を咥えていないメスと一対になっている。ラブラブ




境内の脇の方に、三江会所門(サンコウカイショモン)なる門があって、
(これも門以外は原爆で吹き飛ばされたらしい)、
豚返しの敷居」があった。

夫婦世界旅行-妻編-豚返し


放し飼いの豚が門内に入らないように敷居が高くなっているのだが、
高さは20~30cm? さほど高くない。えっ

こんなんで豚が乗り越えられないのだろうか?はてなマーク
ところで、寺の境内に豚など放し飼いにされていたのだろうか?はてなマーク

などという私の疑問に答えてくれる説明はないのであった。┐( ̄ヘ ̄)┌







山門をくぐってすぐ突き当たりのところに
斉藤茂吉の歌碑あり。
斉藤茂吉は長崎医大教授として長崎に住んでいたことがあったらしい。

夫婦世界旅行-妻編-斉藤茂吉歌碑

長崎の
昼しづかなる
唐寺や
思ひいづれば
白き
さるすべりの花

茂吉もこの興福寺を訪れたのね。ラブラブ
甚だしい字余りを犯しつつ歌われた百日紅の花。ドキドキ

茂吉の興福寺の思い出は、
樹齢400年の蘇鉄ではなく、
「白い百日紅の花」だったのか。(`・ω・´)ゞ

どの百日紅なのだろう? と探すも、目
茂吉の心に残ったであろう百日紅らしい百日紅は見当たらず、
歌碑の後ろに
さして大きくもない
ライトをぐるぐる巻きにされた百日紅が……。

夫婦世界旅行-妻編-茂吉の愛した百日紅?
……
これ、ですか……?ガーン

  
百日紅の木はともかくも、        
中国寺興福寺、面白うございました。
隠元さんと隠元豆に感謝。о(ж>▽<)y ☆

            つづく
AD
2010年2月の長崎旅行記、続けます。


長崎さるく5 腹ごしらえ

「さるく」=「ぶらぶら歩く」の長崎弁




長崎空港に降り立って、まず嬉しかったのが、( ´艸`)
これ!

夫婦世界旅行-妻編-長崎チャンポン

人間が3~4人は余裕で入れそうな大きな丼の長崎チャンポン!Σ(・ω・ノ)ノ!
長崎来たからにはチャンポン食べねば!って気にさせられる。グー

そして、ベンチかと思って、思わず座りたくなったが、
裏に回ったらカステラだったことが判明した∑(-x-;)
これ!

夫婦世界旅行-妻編-長崎空港特製カステラ
到着出口から出てくると、この立て看板が裏になって見えるので、
この長い物体はベンチにしか見えない。
カステラのオブジェだということに気づかず、
荷物を置いてしまう人もいる。f^_^;
大きなカステラのオブジェは見るより
椅子として利用された方がいい気もする。




昼時になり、長崎での初めての食事。
何を食べようかと、食堂が並んでいる路地をうろつく。

巨大な「皿うどん」をディスプレイしている店あり。Σ(・ω・ノ)ノ!

夫婦世界旅行-妻編-デカ盛り皿うどん

多く目に付いたのが、
くじら あります」の表示。∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

夫婦世界旅行-妻編-くじらあります

私は是非とも長崎県の九十九島牡蠣なるものを食したかった。ドキドキ

しかし、「牡蠣 あります」の表示は見当たらない……。ガーン
長崎は牡蠣より鯨が名物なのか???



ここぞという店が決められず、
適当に入った店で、
結局食べたのは、普通の海鮮丼なのであった……。がくり



 夫婦世界旅行-妻編-なんだかなぁ

                 つづく


AD

線香炎上

テーマ:
線香炎上


5月は私にとって、親しい人、亡くなって欲しくなかった人が亡くなることが多い月である。
白い芍薬は常に私を弔いの心持ちにさせる。キラキラ



角を曲がると実家が見えてくる細い道の角を曲がった途端に、ジャスミンの香り。
近所にいつの間にかジャスミンの垣根が出来ていたのだ。

夫婦世界旅行-妻編-ジャスミンの垣根


昔私が土筆を取った中学校のささやかな土手は
こぎれいに整備されて
ヨーロッパ調のスウィートピーらしき花が鮮やかに風に揺れていた。
少しずつ懐かしい風景は変わっていく。

夫婦世界旅行-妻編-昔の土手






墓参りは春、秋の彼岸にしか行かないが、
今年は父の命日に墓参りに行ってみた。(暇だったので。にひひ


花差しに溜まった古い水を、新しい水で追いやり、
花を活けるのだが、
この膿んだ緑色の古い水に、
私はいつもぞっとさせられる。ガーン

ぎょぇ~っ!と内心叫びながら、手桶の新しい水をザバザバ注ぐ。あせる
(このせいで、ついつい下の方に位置している線香台を濡らしてしまい、線香が燃えにくくなるのだ。)


花差しなどなければ
中に入れた水が腐ったり、
雨水が溜まったりしなくて、
いいのに……。むっ

欧州の墓のように、水なしで花束を墓石の上に置くだけにすれば、
花はそのままカラカラに枯れるだけで、
その方が衛生的でよい気がする。
とブツブツ思いつつ、花を差す。ドクロ
水を吸って花は気持ちよさそうに見えるから不思議だ。キラキラ
やはり花には水よねぇ……と思ってしまう。( ´艸`)


墓にこびりついた鳥の糞などを雑巾で拭き取る。
欧米の墓では絶対しないよな~、こんなこと……。

と、この墓掃除に私は甚だ非合理的なものをいつも感じるのだが、むっ
掃除したら掃除したで、
すっきりとして、
墓石の下に眠る死者が喜んでいるようにも思えてくるから不思議だ。キラキラ

墓石が水を受けて5月の日差しを反射させると
清清しい。
やはり墓石は水拭きしなくちゃねぇ……などと思ってしまう。( ´艸`)



仕上げに線香を線香台に置いて、合掌。(。-人-。)



さて、帰りましょうと思ったら、
なにやらモクモクモクモクモクモク、
えらい煙。Σ(・ω・ノ)ノ!

夫婦世界旅行-妻編-煙たい墓

珍しく線香の火のつきがいいらしい……と見ると、
火のつきがいいどころか、
オレンジ色の炎を立てて炎上しとるがな!

夫婦世界旅行-妻編-線香炎上

墓参りの折は、
線香の火が途中で消えてしまうことが多く、
よく火が行き渡るように、
2束の線香は火のついている方をそれぞれ左右別々に揃えてリサイクル
供えることが多い。
今回もそのパターンで線香を供えてあったわけだが、
途中で消えるどころか、炎上するとは想定外!ヽ((◎д◎ ))ゝ


その煙たるや、すさまじいもので、
何燃やしてますのん?って感じ。( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚


炎もめらめら、音を立てるがごとく立ち上がり、メラメラ
線香置きの中では収まり切れないように、
今にも外へ向かって火を吹きそうな勢い。

水を掛けて消火すべきか?とも思われたが、
折角供えた線香を消火するって~のも……なんだ。ガーン


墓石の左右にはサツキが植えられているので、
もし植木に火が移りなどしたら大変……汗
などと思われ、
その場をさっさと離れられなくなってしまった。
水の入った柄杓を手に、待機。タライ



ひたすら線香の炎が収まるのを待って、
ようやく墓参りを終えたのであった。ヽ(;´ω`)ノ

夫婦世界旅行-妻編-鎮火
(鎮火~)


珍しいこともあるものだ。
線香の灰がくるりんと丸くなると
死んだ人が喜んでいるシルシだというけれど、
線香自体が炎上するというのは、
一体どんなシルシなのだろう?はてなマーク

先日旅館の浴衣を炎上させたばかり(「みちのく三大桜ツアー6私がボヤです」)なので、
線香まで炎上するからには、
何か意味があるのではないか……?と意味深に思えてくる私であった。
火には気をつけよう……。ベル






“寺銀座”か?と思うほど、たくさんの寺が立ち並んでいるその中に、
清正公四百遠忌(セイショウコウヨンヒャクオンキ)」なる看板を掲げたお寺があった。

夫婦世界旅行-妻編-清正公四百遠忌

なぜに横浜で清正?はてなマーク

加藤清正は日蓮宗に篤かったというから、日蓮宗絡みでか、!?
加藤清正は肥後熊本藩の初代藩主だというから、この寺と熊本と何か関係があるのか?!?
???

私にはどうでもよいことなのだが、ちくと気になったことであった。べーっだ!



ランチして、
いつもの和菓子屋さんで和菓子を買って帰りましょう♪
という話になったら、
定休日」だ。

夫婦世界旅行-妻編-定休日

「臨時休業日女」の私としては、
「臨時休業」でなかっただけ、よしとしよう……。
AD
(長崎の「日本二十六聖人」の像を調べて、
豊臣秀吉のキリスト教禁止令の理由のひとつに、
当時の宣教師やポルトガル商人が日本人奴隷売買をしていたという事実があったことを知り、( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚
びっくりして筆が止まっていたら、
その後、
日本も負けず劣らず、朝鮮半島へ出兵して、アジアの人々を奴隷として日本に連れてきていたという話を知り、さらにびっくり!( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚

で、大分間が空いたけれど、2010年2月の長崎旅行記、続けます。メモ


長崎さるく4 アーティスティックな?教会

「さるく」=「ぶらぶら歩く」の長崎弁







日本二十六聖人の像の建っている広場のすぐ手前にある教会(日本二十六聖人記念聖堂聖フィリッポ教会)は、
ちょっとガウディっぽいというか、ニキ・ド・サルファンっぽいというか、フラスコ画っぽいっちゅーか、私には“アート”を感じさせるものだった。(b^-゜)

陶器の破片などを張り合わせて色々な色や模様を描き出している。

夫婦世界旅行-妻編-教会1

夫婦世界旅行-妻編-教会2

夫婦世界旅行-妻編-教会4

夫婦世界旅行-妻編-教会3

夫婦世界旅行-妻編-教会5





扉を開けると、入り口の壁もどこかアーティスティック。ヽ(゚◇゚ )ノ

夫婦世界旅行-妻編-教会6

でも、折角の壁の前に傘立てが……。むっ
ちょっと残念。
しかし、よく見ると傘立てもちょっとお洒落。えっ

夫婦世界旅行-妻編-傘立て


礼拝所は2階にあり。
ステンドグラスなども小規模ながら綺麗。キラキラ

夫婦世界旅行-妻編-教会7ステンドグラス


ほっそりしたマリア像やキリスト像が、私にはとても好感が持てた。(・∀・)

夫婦世界旅行-妻編-教会9

夫婦世界旅行-妻編-教会8


夫婦世界旅行-妻編-痛々しい

槍に刺された傷口が生々しい。。(´д`lll)

しかし、なぜイエスが磔にされた像を崇めるのか、
私にはいまだに理解不能。はてなマーク

イエスが人々を教え諭す図やら、奇跡を起こした瞬間のイエスの姿などを偶像とするのならわかるのだが、このサディスティックとも言いたくなる磔像礼賛はいつからのことなのだろう……。(私のささやかな素朴な疑問。)


夫婦世界旅行-妻編-教会10

イエスがこんなポーズであった方が、見る側にイエスの“教え”を喚起するのではなかろうかね?





教会の真向かいの建物も、同じ人による仕事と思われる装飾が。

夫婦世界旅行-妻編-向かいの建物


道の排水溝の蓋(?)さえ、ただの格子ではなく、
意匠を凝らしてあるではないの。

夫婦世界旅行-妻編-排水溝蓋


デザインを大切にしている町……って感じで、
長崎、着く早々かなりいい感じである。チョキ




で、ふらふらさらに歩いていると、

夫婦世界旅行-妻編-主張?


被爆国首相よ 八月六日九日を
人類総ザンゲの日として
休日に制定せよ

と。( ̄□ ̄;)!!

「世界人類が平和でありますように」と書かれた妙なプレートはしばしば見かけるが、
こんなプレートは初めて見た。
長崎ならではのプレートだ。サーチ

なぜに「人類総ザンゲ」なのか、
なぜに休日なのか、
わかりませんが。


          つづく

黄色くて薄いもの

テーマ:
黄色くて薄いもの


冷凍庫の端っこに立てて置いてあった
薄っぺらい黄色いモノ

冷凍マンゴーかと思い込んでいた。ラブラブ


手にとってよく見たら、
正月用の数の子だった!ガックリ

賞味期限2010年1月5日、「解凍後はお早めにお召し上がりください。」注意


正月に使い忘れて、
解凍せずに5月まで眠らせてしまった数の子ちゃん……。(・_・;)


我が家では数の子は正月にしか食べない。
しかも、正月用に数の子を用意したのは、
数年、いぁ、十数年ぶり?

解凍してないから、大丈夫か?OK
開けてみたら、
外側がちょっと糸をひく感じ。
しかし、これは卵の外の薄皮の宿命?
変な臭いはしない。
(数の子を扱うのは久々なので、数の子の正常な状態がいまひとつよくわからない……。)

とりあえず、そのまま食べてみる。
粒々のコリコリプチプチ。
あら? まだまだ行けるじゃない? ウヒ。にひひ

そして、
1日経過したが、
腹壊さず。OK!チョキ
(いぁ、少しくらい壊れてくれてもよいのだが……。)


しかし、胃腸の繊細そうな夫君は、
なんで今頃数の子?と不審がるだろう。
正月に出しそびれた数の子だと察したら、
それだけで腹を壊しそうなので、
出さない方がよいだろう。


正月も数の子を出さなかったのに、気づかなかったのだから、
このまま失念しておいて頂きましょう。

数の子、独り占め。美味しく頂きました。音譜