長崎旅行日記がまだ途中だが、ちょっと温泉旅行に行ってきた。


山の中の静かな温泉 1 秘湯への旅立ち準備


東京では桜が咲き始めたというニュースにそわそわしていたら、一転ものすごい寒さになった3月末の日曜日。北関東の山の中にある「秘湯」に行ってきた。( ´艸`)


電車に乗って(電車を3本乗り換え)、地下鉄
その後バスに1時間半揺られ、バス
バスを降りてから、さらに
一般車両進入禁止の山道を
徒歩2時間ほど。走る人
(行きの徒歩は実質3時間15分ほどだった。我が家から実に約8時間の移動時間!あせる


つまり、そこに行くには最終的には「歩く」しかないあし
歩いてしか行けない秘湯ならば、行けるときに行っとかなくちゃ!グー
と、元気満々出かけたのであった。


私はそもそも温泉には誘われて出かけるばかり。
自ら進んで行こうとすることはない。
酒が大好きなくせに酒に弱いのと同様、ガックリ
温泉が大好きなのに、温泉にすぐ湯当たりするのが玉に瑕。ガックリ
でも、好きなので、誘われると喜んで行ってしまう。ラブラブ


で、
かの秘湯は素晴らしい温泉で、
こりゃ日記にアップだわ! と思ったものの、
「秘湯」なのに、アップしていいものか? という疑問に襲われた。むっ
ブログになんでも勝手にアップしていいというものでもなかろう。
秘湯は、密やかな湯にしておかねばなるまい?ヒミツ

しかし、HPを作っていない宿の情報は、
ブログでチェックできるとありがたくもある。
私も助かった。
ならば、これから行く人のためにアップすべか?とも思うが、
すでにアップされている方がいるし、
その情報に間違いもないので、
私が改めてアップするまでもない。f^_^;


で、宿の名前は伏せて、温泉日記だけつづることにする。
以下は、私がどんな風景を目にしたかという記録である。目





電車を降りると、駅には駅弁売りやら売店やらもあり、人で賑わっていた。
おにぎりを買い込み、
駅前のバスターミナルからバスに乗り込む。バス
チケット代1500円。お金
地方のバス代は高いなぁ……。ガーン

バスで揺られること1時間半ほど。
北関東の山の中には、
次から次へとダムが現れる。
日本ってダムが多いねぇ~。
ここら辺のダムは白っぽい柔らかい緑色
多分温泉の影響だ。(以前訪れた加仁湯はまさにこんなダムの色だった。)

夫婦世界旅行-妻編-ダム湖

以前来た時は、もっと白濁した緑色に見えたのだが、
今回はかなり白っぽさが抜けて緑ばかりが強く見えた。(私の気のせい?)





バスの終着駅でもある大きな駐車場で、軽く昼を済ます。ナイフとフォーク
(駅の売店で買ってきたおにぎりと、お湯を沸かして熱々のカップ春雨。コーヒーも飲みたいところだが、途中トイレはないので、水分は控えておく。)

夫婦世界旅行-妻編-休憩所
(↑休憩所)
駐車場には東屋と大きなトイレトイレ付き休憩所(雨風がしのげる。中にスタッフの人がおり、お湯を借りることもできるようだった)、駐車場の前には食堂兼土産物屋もある。


この東屋で、山道に供えて防寒を整える。
山用の装備を持っていない私は、登山歴の長いYさんが持ってきてくれたヤッケ一式をお借りした。

山の寒さがどれほどのものなのか見当がつかず、
たかがアスファルト舗装もされているらしい山道のハイキング……と高を括り、
とりあえず厚手の裏地の付いたコットンパンツを履いていったのだが、
それだけではやはり足りなかった。ガーン

風が死にそうなほど、冷たいのだ。(ノ◇≦。)(この日、日本全体が異例の寒気に包まれていたらしいが。)
特に私は風に弱い。
風は大好きなのだが、風に弱い。ガックリ
風に数時間吹き晒されていると死んでしまいそうになる。オバケ
しかし、ヤッケがあれば、大丈夫!!クラッカー

ダウンジャケットの上にさらにヤッケを着込むと暖かさが全然違う。アップ
しかも、その後、歩き出して汗をかいても、
ヤッケそのものは“防水加工されているのに、湿気を逃す”という優れもので、
ヤッケの中はさらりとしていた。音譜
ヤッケ、万歳!ヾ(@°▽°@)ノ



注:
ちなみにヤッケとは合羽のことです。分かりにくかったようで、失礼しました。(^^ゞ
こ~んな奴。

夫婦世界旅行-妻編-ヤッケ
AD

I just love fourplay

テーマ:
I just love fourplay


もう何十年も同じCDを飽きずに聞いている。音譜
落ち込んだときも、そでないときも、
このCDは最高なのだ。ドキドキ

Fourplay!
――「ピアニストのボブ・ジェームス、ギタリストのリー・りトナー、ベーシスト兼ヴォーカルのネーザン・イースト、ドラマーのハービー・メイソンの4人により1990年に結成されたスムーズ・ジャズ/フュージョンのグループ。」――byウィキペディアより引用。本





この曲のいいところは、
聴いている間は総てを忘れて曲にのめり込めるけれど、アップ虹
曲が終わると
いきなり元通りの切ない現実が待っているということ。ダウン

でも、とりあえず、リズムに乗って、音譜
どーーーーーーしようもない自分を忘れられる一時を与えてくれる
ありがたい曲なのである。音譜

ってことで、本日も聴いており候。(。-人-。)音譜音譜音譜



ワタシ的にはMoonjoggerとかMax-O-Man、Wish You Were Hereがとてもよいわ~♪ラブラブ

October Morningの中の一節は異常にディープ・パープルのSmoke on the waterの一節にとても似ている……と思うのは私だけ?むっ




実はこのCD、昔、学生時代に兄から借りたものだが、
そのまま何十年も借りっぱなし。時計
ジャズなどろくに聴かない兄が奇跡的に持っていたCDなのであった。Σ(・ω・;|||
(多分、彼女か誰かに勧められて買ってみたに違ひない。にひひ

ネコに小判、兄にジャズ……ってんで、早々に私が借り受けた。
このCDも私に何十年も大事に聴かれて喜んでいるであろう。
兄様、どうぞこのままワタシに貸しておいてくだせぇ。(。-人-。)


(兄は時々このブログを覗くようなので、ここでこっそり頼んでおこうと思う。にひひ
なにせ、優しい気前のいい、人間の出来た兄なので、アップ
それから、気は優しくて力持ち!アップあせる
それから、えっと……足も昭和生まれにしては長い方かもしれぬし、アップあせる
それからそれから、ラーメンを作るのが上手いし!アップあせるあせる
美味い物をよく知っているし!アップチョキ
それから、えっと……それなのに、なぜかいまだに独身だけれども、あせる
それから、え~っと……、あせるあせるあせる
とにかく、太っ腹な兄なので、グー

きっと「おぅ!もうやるぜ!そんなCD、持っていたことも忘れていたよ。可可可」と笑って、CDを譲ってくれることと思う!( ´艸`))




あとはアール・クルーとボブ・ジェイムスだったか、アール・クルーとジョー・サンプルだったかのセッションしたCD(多分3、40年前のやつ)が手に入ればなぁ……。ブツブツ
AD
ジャンル:愚痴日記

深きところより、俺は阿呆だ



頭の中をワンフレーズが木霊して止まない。

すなわち、

――深きところより、主よ、俺は阿呆だ。深きところより、俺は阿呆だ。俺は阿呆だ。深きところより、阿呆だ。俺は阿呆だ。阿呆だ。阿呆、アホ……。



これは何だっけ……?
のそのそと調べたら、(私モ、ヒマネ)
アルチュール・ランボー『地獄の季節』の「悪胤(MAUVAIS SANG)」の中のワンフレーズだった。本


――ああ、何とも寄辺もない俺の身か。完成への燃え上がる想いの数々を、俺はもうどんな聖像に献げても構わない。
  ああ、俺の自己抛棄と見事な愛、だが、下界は下界だ。
深きところより、主よ、俺は阿呆だ。

               (訳:小林秀雄)


昔は、意味もわからず、ただこの字面のインパクトに痺れていたものだが、
今は、その一部一部を己に当てはめて、
自己憐憫というか、自己卑下というか、
あぁ、ほんと!俺は阿呆だわ。深きところより! 
ほんと、心底!腹の底から!
「俺は阿呆だ!」があまりにぴったりくる。切ないほどだ。

改めてしげしげとこの言葉を眺める。

ふと、原詩が気になり、これもちょいとチェック。

――Ah! Je suis tellement délaissé que j’offre à n’importe quelle divine image des élans vers la perfection.
Ô mon abnégation, ô ma charité merveilleuse! Ici-bas, pourtant!

De profundis Domine, suis-je bête!


見事な愛」って、「ma charité merveilleuse!」 だって!
「charité」は、つまり「チャリティ」。
愛徳」とか「慈善」とか、「施し」、「隣人愛」、「思いやり」……。

「abnégation」は、「自己犠牲」とか「貢献」とか。


「愛」とひと言に訳されても、欧米言語には色々な「愛」があって、
とても訳しきれないね。
どれを訳語として選ぶかによって、えらくイメージが違ってくる。


「アイ」という言葉はそもそも音読み。
ってことは、中国からの外来語。
日本に本来ない言葉。
ってことは、
「愛」という概念はもともと和の精神になかったもの?
愛って、何……?
…………


はてなマーク アイむっ あい叫び aiむっ……、
おサ~ルさ~んだよ~~~♪音譜猿

深く考えてみようとしても、いつの間にか歌に変わってしまう
浅きところからも、俺は阿呆だ。ガックリ


ランボーはここで一体どんな愛の消耗を訴えたかったのだろうか。
いや、別に愛を消耗したわけではないか?

どのみち、
深きところより、俺は阿呆だと叫ばざるを得ない心持ちであったのは同じ。
かの世紀の大天才詩人も
こちらの凡凡馬鹿煩馬鹿煩煩煩♪的、能天気愚主婦も
悶絶の羞恥とも憤怒ともつかない
忸怩たるやるせなさは
大同小異。


なんて、
なにをぐじぐじ……

まったく
丸3年経って
今さらながら気が付くなんて、
本当に阿呆だ。





美しかりし日に、乾杯カクテルグラス
AD

大銀杏倒壊!!! 

テーマ:
大銀杏倒壊!!! 


ショック!
鎌倉八幡さまの大銀杏が今朝(3月10日)、倒壊したとのこと!( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚

夫婦世界旅行-妻編-倒壊した大銀杏

「八幡宮によると、同日午前4時40分ごろ、警備員が大きな音に気付き、倒壊を確認した。開門前だったため、けが人はなかった。

 大銀杏は、樹齢1千年余とされ、高さ約30メートル、幹回り約6・8メートル。鎌倉幕府3代将軍・源実朝を暗殺する際、おいの公暁が身を隠した伝承も残る。」
(以上、カナコロより引用。)


木は歴史を見ていたんだ……という感動を私に初めて与えてくれた木。ドキドキ
そうして、今この一瞬も大銀杏の前で流れていく歴史の一瞬であることに変わりはないんだ……と、「木に見られている」という意識を実感させてくれた大銀杏。目

ご無沙汰して、ある年しばらくぶりに訪れたら、枯れさらばえていてびっくりした。えっ
しかし、辛うじて大銀杏は、かつての胴の太さは今も健在とばかりに、枯れ枯れになりながらも立っていたが、アップ

今年の正月も枯れ枯れに立っていたが……。あせる

夫婦世界旅行-妻編-今年の大銀杏

今年正月の大銀杏


お参りに行くたびに、ついこの大銀杏の前に立ち、一緒に記念撮影をしてしまうのだが、もうこの写真が最後になってしまった。しょぼん
来年の初詣の風景の中に、この大銀杏の姿がもうないのだね……。ハートブレイク
大銀杏……未明の神社に鳴り響いた倒壊の大きな音はどんなだったろう。
大銀杏……よく頑張ったね。ありがとう。(。-人-。)




夫婦世界旅行-妻編-びっくりかえる

大銀杏ひっくり返る、あたしゃびっくりかえる




そういえば、
今年の初詣では特に、平家池側に張り出しているの木が枯れ枯れになっていてショックを受けたのであった。ガーン

夫婦世界旅行-妻編-桐2

ただ枯れ枯れというだけでなく、ざっくざっく剪定された(?)後の枝さえ、折られている後があったりして、痛々しかった……。 (ノ_・。)

夫婦世界旅行-妻編-桐1

ちなみに2008年の正月には、桐はまだこんなに元気だった。

2008年初詣の桐
(写真をアップしようとしたが、PCから既に削除してあったので、できず。
2008年の桐を覗きたい方は、こちらをどうぞ。^^;)

思わず、私のお気に入りのちゃんは大丈夫か?とチェック。あせる

夫婦世界旅行-妻編-槙


うむ。葉は青々としているが、幹が心なしか“枯れ”が忍び寄ってる?あせる
って感じであった。

今日の大銀杏倒壊のニュースを耳にすると、いきなりこれらの木々も心配になってきてしまった。(>_<)

夫婦世界旅行-妻編-牡丹

牡丹はよく手入れされ、美しく咲き誇っていたが……。むっ

夫婦世界旅行-妻編-神官さん

神官さんは粛々と神事を進められておられたが……。

夫婦世界旅行-妻編-源氏池

源氏池では水鳥たちが元気に泳いでいたが……。






初詣の帰り、ランチに入ったお店のお料理はとても美味しかった。
(姉が口コミで見つけてくれたお店。)

夫婦世界旅行-妻編-美味しい鰊

酒粕でつけたような刺身(?)が絶妙に美味しくて、
お店の人に尋ねたら、
なんと「ニシン」だと!Σ(・ω・ノ)ノ!
身欠き鰊を甘辛く炊く以外の調理方法で鰊を頂いたのは初めて!ラブラブ
鰊蕎麦に嵌っていた私の中では「鰊ブーム」の最中だったこともあり、
大感激の一品だった。:*:・( ̄∀ ̄)・:*:
(この店、美味しいけれど、店の主人がと~っても無愛想。でも、その無愛想ぶりが愉快だったので、特筆の価値あり!と思っていたのだがにひひ、大銀杏ニュースがショックで、もう書く気もうせた。)



大銀杏よ、さようなら……(。-人-。)
長崎さるく3 日本二十六聖人と日本人奴隷!


「さるく」=「ぶらぶら歩く」の長崎弁



JR長崎駅から大通りに沿って北へ少し行き、NTTの建物の脇道を小高い丘へ入っていくと、それは浦上街道(又は時津街道)なる長崎港開港当時(1571年)の古い街道で。走る人


その丘の中腹に、遠目には2本角が生えたような、ちょっと珍しい教会があって、Σ(・ω・ノ)ノ!

夫婦世界旅行-妻編-教会


すぐそばの広場は、「日本二十六聖人殉教地」。(=◇=;)
1597年2月5日、豊臣秀吉のキリシタン禁令により、
6名の外国人と20名の日本人が大阪・京都で捕らえられ、
長崎に護送され、
ここで処刑されたのだそうだ。(。-人-。)


そのことはヨーロッパで知れ渡り、DASH!
1862年、ローマ教皇はこの26人の殉教者を聖人に列し、「日本二十六聖人」と称したのだそうだ。メモ

ローマ教皇様がお認め遊ばされた「聖人」であるからして、
彼らは押しも押されもしない「聖人」である。
「教え(宗教)のために死ぬ」ということがどれほど“聖なる所業”であるのか私には理解しかねるが、私が認めようと認めまいと、彼らは世界中どこにいっても通用するお墨付きの「聖人」なのである。(=◇=;)


彼らの魂の安らかなることを祈念してか、(。-人-。)
はたまた、
ローマ教皇様にまで認められた「聖人」を処刑したままでは長崎の面子が立たないっちゅーことであろうか、あせる
広場には彼らを現した巨大なレリーフが建てられている。アップ


宙に浮いているような人間がずらりと横一列に並んでいる。∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
そこで処刑された「日本二十六聖人」たち。
きっちり26体のレリーフ。
一人ひとり顔が違う。
中には明らかに少年と思える若い像も2、3体。
どうやら親子やら親戚らしい。
26名の殉教者たちは、今、ずらりと横並びに浮いている。
やせこけた頬、
ほっそりした体、
柔らかげにしかし確かにといった感じで胸もとで合わされている祈りの掌。
おそらく何か唱えているのか、歌っているのか、
うつろな目に口をぽかりと開けて、
殆どが、和服姿にちょんまげという出で立ちで、
首飾りのクロスを胸に、
空に向かって上昇していくような、
なんとも違和感のある姿が等身大でずらり。

夫婦世界旅行-妻編-あーめん1

夫婦世界旅行-妻編-あーめん2

夫婦世界旅行-妻編-あーめん!3

夫婦世界旅行-妻編-浮いてます!

夫婦世界旅行-妻編-ずらり!


皆、顔色が悪い。ガーン(……って、レリーフだから当たり前なのだが、しかし、いかにも顔色が悪そうな表情なのだ。にひひ

神の御元に行けるという幸福感を多少とも感じているのではなかろうか、
教えのために死ぬるということに、喜びを感じているのではなかろうか、
信念を貫いている自分を誇る気持ちがあるのではなかろうか

と、彼らの表情をひとつひとつ見入ったが、
そんなものは微塵も感じられなかった。┐( ̄ヘ ̄)┌

疲れ果てて、呆然と、ただ天へ昇るがごとし。
むしろ、つらそう……。
(少なくとも、私にはそう見えた。)


殉教者は神を信じて、神の元へ行けることをよしとするものかと思っていたが、
やはり非業の死であり、迫害ゆえの死であれば、
納得できず辛かったことだろう。ダウン

生まれて初めて見る殉教者たちの表情に圧倒される。
今にも降り出しそうな曇り空が、
よけい鬱々とした気分にさせる。ダウン

見渡せば、小高い丘の上、なかなかに見晴らしのよい広場ではあるのだが、キラキラ
その空間、その広場に、26人の血が吸い込まれたのかと思うと、
緑もこぎれいなその空間が、やはり重い。ダウン
殉教の地=処刑地!
処刑地はどこでも常に空気が重たい。ダウン
空気がひぃやりとしている。ダウン


像にはそれぞれに名前が刻まれていて、
皆、思いっきり“和顔”なのに
ミカエル」とか「ガブリエル」とか、
洗礼名(?)で紹介されている。
(26人中6名はガイジンサン。)

うつろで悲壮な表情の“ズラリ”に圧倒されながらも、
ガブリエルの本名はなんだったのだろう?
「ガブリエル田吾作」だったりして?にひひ
「ミカエル木村兵衛門」だったりして?にひひ
などと、不謹慎にも滑稽さを感じてしまう私。(^^ゞ


そのレリーフの後ろに回ると、
日本二十六聖人記念館があった。

ふぅん……って感じで再びレリーフの前に戻り、しげしげと眺める。
26人の殉教者たち。

キリスト教信者は他にもたくさんいただろうに、
どうして彼らが処刑されたのかしら……?
キリスト教に出会うまで、彼らはどんな生活をしていたのかしら?
キリスト教に出会ってから、どんな風に変わったのかしら?
“虚弱体質の百姓田吾作”(?)が「ガブリエル」となって生まれ変わったとき、鍬を置いて十字架を手にしたとき、身震いしたのではないかしら。
“油問屋木村兵衛門”(?)は「ミカエル」としてどう生きたのだろう?
己が子供まで教えに準じさせる親の気持ちはどうだったろう?
…………
彼らの在りし日に思いを馳せる。
彼らの遺族はどのような末路を辿ったのだろう?

〔注〕ウィキペディアに二十六聖人の名前と素性が多少明記されていた。サーチ
ガブリエルは本名不詳の「19歳日本人」、ミカエルは「ミカエル小崎。46歳日本人。トマス小崎の父」(トマス小崎も二十六聖人の一人。14歳。)であった。( ´艸`)



それにしても、
この殉教者たち、なぜに300年近くも経った後に「聖人」に列せられたのかしら?
なぜ大阪や京都で処刑されず、わざわざ長崎まで引き立てられて、処刑されたのかしら?
無知蒙昧の“さるく人”たる私の疑問は尽きない。


そもそも、
信長が喜んで歓迎した(?)キリスト教を、
秀吉はなぜ禁止したのか?と昔から疑問に思っていた。
宗教を理由に処刑するなんて、ひどい!……と。

で、
この機会にウィキってみたら、
あら、びっくり!

「当時は、キリシタン大名やキリシタンによって、寺社が焼かれたり僧侶が迫害されたり、逆に仏教を厚く信仰する大名の元ではキリシタンが迫害される事件が相次いでいた。さらに宣教師や商人によって日本人が奴隷として海外に売られる事件が発生し、ここに至って豊臣秀吉はバテレン追放令を発布した。」

参照:「日本二十六聖人



宣教師や商人によって日本人が奴隷として海外に売られる事件が発生

宣教師や商人によって日本人が奴隷として海外に売られる事件が発生

宣教師や商人によって日本人が奴隷として海外に売られる事件が発生

宣教師や商人によって日本人が奴隷として海外に売られる事件が発生

宣教師や商人によって日本人が奴隷として海外に売られる事件が発生
…………



なんですとぉぉぉ!?????( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚



しかも、当時、主にポルトガル商人によって多くの日本人が奴隷として売買されたらしい。




なんですとぉぉぉ!?????( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚

暢気にカステーラ、ありがたがって食べてーる場合じゃないわさ。ヽ((◎д◎ ))ゝ
……って驚いていたら、



さらに、
奴隷は日本でも昔から売買されたり、献上されたりしていた!?

参照:ウィキペディア「奴隷」




なんですとぉぉぉ!?????(((゜д゜;)))




よく考えたら、さもありなん……とも思うが、(-""-;)
秀吉のキリスト教禁令の裏には、日本人奴隷の売買禁止要因もあった(とされている)とは……
びっくらぴょん。∑(-x-;)
知らんかったぁぁぁ…………。(=◇=;)


ってことで、びっくりして筆が止まってます。筆


             つづくカモヨ



私信:
落ち込みはさらに甚だしけれど、内職などにいそしみおり候。ガックリ