ラフマニノフの眉毛

テーマ:
ラフマニノフの眉毛


しょぼん夫婦世界旅行-妻編-セルゲイ・ヴァシリエヴィッチ・ラフマニノフ
(↑ネットから借用)


冬のバンクーバーオリンピック、女子フィギュアスケートは見応えがあった。
彼らの健闘を称えたい。ラブラブ
(フィギュアに限らず、オリンピックに行った人々は
さぞや大変だったろうと思う。
よく頑張った! 大したものだ! ハクシュ!ぱちぱち


しかし、ちょっと不満が残ったので、ここで愚痴っちゃるねん。ヾ(▼ヘ▼;)( ´艸`)
以下、敬称略。



キム・ヨナ(キム・ユナ)選手は
音楽を率いて滑って見えた。キラキラ音譜
氷の上の指揮者のようだった。指揮
音楽の波が彼女を後ろから支えているように見えた。波

素晴らしい演技であった。:*:・( ̄∀ ̄)・:*:



浅田真央選手は
音楽に追い立てられる……というか、あせる
音楽に置いていかれている……というか、あせる
音楽に乗れていないように感じた。あせる


キム・ヨナと比較しなければ、
充分みごとな滑りなのに、
ついキム・ヨナの音楽を従えた滑りを見た直後なので、
そういった感が強く残ったのかもしれない。あせる


もしかしたら、ラフマニノフの解釈が足りないのではないか?∑(-x-;)
などと、無責任な観客たる私は思ってしまった。



だって、



もし分かっていたら、
せめて
もっと化粧を厳しい感じにしておっかない顔を作るとかゴゴゴゴゴゴ・・・
色々工夫は出来たのではなかろうか……と思うのだ。
すくなくとも、あの眉毛はラフマニノフの眉毛ではなかろ?ガーン眉(左)
と思ったのは、私だけ?眉(右)眉(左)



浅田真央は可愛らしい顔つきなので、天使
ラフマニノフを滑るには、土台無理があるのだ。
ラフマニノフを滑るなら、
タラソワコーチのようにおっかない顔でないと!
ヾ(▼ヘ▼;)



それにしても、誰も成功させていない難しいジャンプを成功させているのだから、
あの点数は低すぎるんでないかい?
いくら途中ミスがあったとはいえ、
あの点数は低すぎるんでないかい?
AD
長崎さるく2 カステラの本場の食べ方?

「さるく」=「ぶらぶら歩く」の長崎弁




長崎名物は数々あるが、カステラもその1つ。ベル
福砂屋、文明堂、松翁軒、長崎異人堂……etc.
老舗有名店から、初めて聞く名前の店まで、カステラ屋さんが犇いていた。(=◇=;)


私はさほど「カステラ好き」でもなく、
カステラをわざわざ買うということは滅多にない。
頂き物で食べる程度。べーっだ!
たまに無性に食べたくなるけど、
どちらかというと、カステラよりはバームクーヘン派である。(^^ゞ
そんな私でも、長崎へ来たからには、私なりの「これぞカステラ!」、「キングオブカステラ!」ってのを見つけてみたいと思った。王冠1


できれば、各店のものを一口ずつ食べ比べて、一番のお気に入りを見つけたいな~ラブラブなどと虫のいいことを期待していたのだが、そうは問屋が卸さず、なかなか“カステラの試食”には出会えないのであった。(-"-;A


観光名所「グラバー園」辺りの土産物屋さんでは、試食させてくれるところもあったが、全種類を食べられるわけではなかった。(;^_^A


まして、外観からして「老舗ですばってん!(←長崎弁デタラメデス)」って感じの重厚な威厳を漂わせている店は、こじんまりしている店構えながら、まず戸がしっかり閉められていて、通りがかりの観光客などがちょいと入れる雰囲気ではない。
予約して、重々心して来んしゃいっ!(←長崎弁デタラメデス)って感じ。σ(^_^;)


「全種類、試食させてちょ~。と~っても気に入ったら買うけど、普通に美味しいだけなら買わないど~。にひひ」ってなコズルイ腹積もりの私としては、足を踏み入れるのも気後れがするのであった。汗




試食も思うようにできず、なかなか決心がつかず、カステラ店を横目でちろちろ気にしていた2日目のこと。

つらつらと歩いていたら、コンビニ(長崎駅周辺ではファミマとローソンが強し)の前で中学生だか高校生だかくらいの少年が一人、立ち食いをしていた。
ありふれた風景だ。
しかし、そこは長崎! 
ありふれていなかった!ビックリマーク


その少年が手にしていたのは、なんと一本のカステラ!Σ(・ω・ノ)ノ!
こぶりながらも、3cm×5cm×20cmはあるのではなかろうかと思われるカステラを、まるでバナナのように外側のビニールを剥いて食べておるではないの。
カステラの丸齧り!
カステラの一本食い! 
なんと斬新的な食べ方!

о(ж>▽<)y ☆


おおおおぉぉ! さすが、カステラの王国だわ!
これが本場ならではの食べ方?
カステラの粋な攻略法?
о(ж>▽<)y ☆



その少年は長崎の少年でなかったかもしれない。
彼も旅人で、話の種にカステラを買って食べていただけのことかもしれない。
しかし、なににせよ、コンビニの前でカステラの一本食いが見られるのは、
やはり長崎ならではのことであろう。
感動だっ!アップ( ´艸`)


“丸齧りサイズ”(?)のカステラがあるという点でも、
カステラの形態の幅広さ、
さすがカステラの本場である。アップ




辺りもすっかり暗くなった頃、どこぞの路地裏の小さな店で、会社帰りのOLさんたちが数人店頭に群れてカステラを物色していた。三日月
間口2mほどの小さな店であったが、女性客たちは、「チーズ味のはなくなっちゃったの?あせる」「抹茶味は?音譜」などとしきりにカステラを物色して、ねじねじしたお菓子とともにカステラをそれぞれ買っていった。


どうみても、いつも買ってますという雰囲気だった。
長崎の人って、カステラを毎日のように食べているのかしらん?(=◇=;)

小ぶりのカステラ一竿を手に取ると、ふんわりと軽く柔らかいのに、ご立派な箱に入れられもせず、ただのビニール包装。キラキラ
こういう所でこそ、長崎のカステラの真価がわかるかも?
人々が会社帰りに慌しくちょいと購入していくカステラこそが
長崎ならではの人々の生活に密着したカステラかも?(-_☆)

ってことで、釣られて
カステラの切れ端(?)を購入。

夫婦世界旅行-妻編-1本食いサイズ

腰に手をあてて1本食いしたことは言うまでもない。にひひ

(味的には、やはり老舗名店のものとは比べようもない……が、これはこれで美味しい「普段着」の味。ふわっふわのパフパフであった。ラブラブ

これを一気に1本食いするのは、結構しんどい。ガーン

半分はアイスをトッピングして食べればよかった……!

それに、

やはり、カステラは、程よい大きさに切り分けて食べた方がいいわ……

と、1本食いし終わってから思ったことであった……。ガックリ



ついでに、カステラのラスク!

夫婦世界旅行-妻編-カステララスク

こんなものがあるのも、長崎っぽくて、いいよね。(-^□^-)
ソフトで優しいお菓子である。



結局、この“普段着味”のカステラを1本買ったら安心してしまって、
“キングオブカステラ”は探さず仕舞いであった。
またの機会ということで……。(^^ゞ





1da2e889986112bbfc228e322cf5046b
AD

長崎さるく1 甘い醤油

テーマ:
長崎さるく1 甘い醤油

*「さるく」=「ぶらぶら歩く」の長崎弁


夫は一介のサラリーマンで、
毎月馬鹿高い健康保険料を払っている。むっ

で、
その健康保険料でポイントが溜まるのだが、
そのポイント制ももうすぐ「無し」になるということで、
そのポイントを今のうちに利用しなくちゃってことで、
そのポイントで旅行に行くことになった。(不足分は現金払いさ。)グー


で、
2月中旬、まだまだ寒い頃、
旅に出るなら、
暖かい沖縄か、ビンビンに凍れる北海道でしょ!( ´艸`)
と私は提案したのだが、
夫のリクエストで長崎に決まった。ガーン
ま、旅に出られればどこでもいいので、長崎へgo!チョキ




長崎で一番感動したのは、
甘い醤油!Σ(・ω・ノ)ノ!


ご飯についた醤油の残り汁が、とても米粒を美味しく感じさせる。アップ
なんじゃ、こりゃ? としばし考えるが、
どーしても、醤油が美味いとしか思えない。ひらめき電球
ただの醤油なのに、ドンブリものの汁のようなうまい甘さがある。
そう。どうも醤油が甘い!
関東の醤油と比べて、味醂でも入れているか?と疑いたくなるほど、甘いのだ。∑ヾ( ̄0 ̄;ノ


で、
ホテルのフロントで聞いてみたところ、
ご当地の人は、自分たちが食している醤油が特に「甘い」とは感じておられない様子で、
「甘いですか?そ~ですかぁ?」と不思議そうな表情で、
長崎では「大抵、チョーコー醤油でないですかね~?」と仰る。

どこで売っているか伺うと、どこでも売っているとのこと。
コンビニを覗いたら、たしかに「チョーコー醤油」が売られていた。
っていうか、「チョーコー醤油」しか売られていなかった。(^^ゞ
夫婦世界旅行-妻編-チョーコー醤油



路面電車に乗っていたら、「やまと醤油……」(タブン)なる別の醤油名のCMのアナウンスも耳にしたが、それは私が覗いた食品売り場の棚で見かけられなかった。ザンネン。
(ネットで調べたら、他にも醤油はあったが、私が発見できたのは、このチョーコー醤油のみ。汗


で、
気をつけて見ていたら、目
ホテルへ行く途中に
チョーコービル」発見!∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
醤油でビルが建っとーとっ!!!

夫婦世界旅行-妻編-チョーコービル


さすがばい!(=◇=;)

濃い口で甘い長崎の醤油は、刺身にとてもよく合う!
もしかして、玉子賭けご飯にもよく合うのではなかろうか?ひらめき電球


原材料は、脱脂加工大豆(遺伝子組み換えでない)、小麦、食塩、糖類(水飴、砂糖)、着色料(カラメル)、アルコール、調味料(アミノ酸等)、甘味料(甘草)――とな。


なにやら添加物がいっぱいだが、
ううむ……やはり美味いので、買ってみた。(・・;)

で、食べてみたが、やはりかなり美味い!チョキ
長崎の醤油はかなり美味い!チョキチョキ
AD
水辺クルージング・野鳥ガイド付き

今日は
寒かった……。ダウン
とっても、
とっても
寒かった……。雪



午前中は実家に寄ったので、
繁華街はコートを着ていると蒸し暑いし、
家までのしんどい坂道を上りなどすると
寒い冬でも汗をかく。あせる
ので、
さほど厚着をしていかなかったのが、
まずかった……。ガーン


午後、東京の公園で「水辺クルージング・野鳥ガイド付き」に参加したらば、
まぁ~~~、寒いこと、寒いこと、寒いことっ!!!ドクロ


鳥は元気に己の羽だけで飛んでいる。かもめがとんだ。
だのに、私は鳥の羽に覆われているくせに(ダウンね)、
体の芯まで冷え切って、
内臓が寒さにぶるぶるがたがた震え続けた。ガクブル

最後の方はじっとしていられなくて、
もぞもぞすりすり体を動かして、ささやかな摩擦熱で寒さを凌いだ。
周りからみたら、トイレに行きたがってる変な人に見られるかも……と思ったが、
背に腹はかえられなかった。ブルブル...ぽむ



夫婦世界旅行-妻編-東京水辺ライン

この長い立派な船に乗って、出発。(‐^▽^‐)
このときはまだまだ元気。
甲板の手すりを陣取って、冷たい海風に鳥を予感してウキウキ。ラブラブ

他の方はすごく立派な大きなカメラ(しかも、三脚付き!)や双眼鏡を持っておられて、
ちんまいコンデジ、オペラグラスもどきのちんまい双眼鏡の私は
ちょっと気が引けたりする。f^_^;
(ま、私は鳥見人間としてもぺーぺーなので、分相応でよいのだが。)


夫婦世界旅行-妻編-作りかけ

作りかけの橋など眺めつつ、ベイエリアを楽しむ。
鳥はほとんど見られず。目

ガイドさんは右に左に時折、○○がいますね~などと目ざとく教えてくださるが、
いかんせん、遠目で、双眼鏡でもよく見えなかったりする。(><;)

夫婦世界旅行-妻編-橋・橋・橋

橋をくぐってくぐってくぐってくぐって……。



夫婦世界旅行-妻編-カワウの島

川鵜のコロニーの島らしい。
鵜がたくさん枯れ枝に止まっていた。
木はどれも冬枯れというより、糞枯れしているらしい。∑(-x-;)

鵜の糞には栄養(?)がたくさん含まれていて、
それが返って植物にはよくないらしい。
栄養をあまり必要としない松などは、すぐに枯れてしまうらしい。
自然界、やはりバランスが大事ね~。ひらめき電球



夫婦世界旅行-妻編-霞む東京タワー

東京タワーが小さく見えます。
(右端のタワービル(?)のすぐ左後方に霞むように見えている。)


夫婦世界旅行-妻編-都会とユリカモメ

お台場の辺りへくると、高層ビルが現れ、
ユリカモメが現れる。ヾ(@^(∞)^@)ノ


夫婦世界旅行-妻編-ちょこんとウミネコ

船の艫(?)の方に、ウミネコが舞い降りてきた。Σ(・ω・ノ)ノ!
すぐそばのデッキには我々がごちゃっと乗っているのに、
恐れる様子なし。

「目と鼻の先におっても、おまいらはおいらに触ることもできんじゃろ。
柵の中にごちゃっとおって、動物園の動物のようじゃのぉ。
ほいじゃの。」って感じ。
クールだ。ウミネコ。(=◇=;)


夫婦世界旅行-妻編-都会のユリカモメ

帰り道は、ユリカモメたちが船を追ってきた。
(っていうより、誰かがエサを投げてやったりして、それが目当てで着いてきたみたい。)

我々のすぐ頭の上をふぅ、ひゅぅ、ふわんふわ、飛ぶ、飛ぶ。飛ぶ
船の横からも追ってくる追って来る。うるとらまん
というより、鳥たちの方が、船より速いかもしれない。ロケット

夫婦世界旅行-妻編-群れ飛ぶユリカモメ


鳥たちの時速を尋ねてみたら、
時速60kmくらいはいくそうだ。Σ(・ω・ノ)ノ!
速っ!
私は時速4kmが精一杯だぞ。ガーン

ユリカモメの他、
上空を
ただのカモメ、
セグロカモメ、
オオセグロカモメ
など。

ただのカモメはクチバシと脚が黄色いが、
ユリカモメは赤ピンク(オレンジ?)。サーチ

スタッフのお兄さんが野鳥図鑑を開いて見せてくれながら、
説明してくださる。
「カモメは目がかわいいでしょ。ほら! 目がかわいいんです。ラブラブ
と、図鑑のカモメの目を指差し、
飛んでいるカモメの目も確認。
このお兄さんは、ユリカモメより「ただのカモメ」が特にお気に入りなのかな……と、ほほえましくなる。( ´艸`)


カモメといったら「ユリカモメ」しか知らないくらいの私だったが、
色々種類を知って、見分けがついてくると、ますます面白くなるのだった。アップ




私の内臓まで震わせる寒さをものともせず、
暖かそうで柔らかげな白い羽に覆われたユリカモメの腹の流線に見とれていると、
「脚がない」という言葉が耳に入ってきた。耳
よく見ると、足の先がなかったり、片足がない鳥が何羽もいるではないか。( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚

夫婦世界旅行-妻編-足首なし

それでも飛ぶっ!あせる


夫婦世界旅行-妻編-片脚なし

必死で飛ぶ! みんなと飛ぶ!あせる


釣り糸などが絡まって脚を失ったらしい。
痛ましい。(>_<)


写真に収められたのは、カモメ系だけだったが、
カラス、トビ、カイツブリ、カルガモ、ヒドリガモ、カワウ、ウミウ、スズガモなどがいた音譜

……ということだが、

私の目には余りはっきりそれと認識できなかった。(涙)ガックリ
カモ系、潜り系、鵜系、輪郭から大雑把にそう分けられる程度なり。(哀)ガックリ
遠くに群れなして止まっている姿は、鳥なのだが、岩なのだか、私のハンチクな双眼鏡と老眼をもってしては判別できなかった。ガックリ



ガイドの先生が仰るには、公園の方(干潟などがある)と、お台場の方とで、鳥の種類(生態系)が違うということであった。メモ
確かに、公園付近はカモ系が多く、お台場付近はカモメ系が多く、中間は鵜系……って感じかな?にひひ


いかんせん、船が通るようなところは、鳥たちは嫌うらしいので、
「鳥目」をまだ持ち合わせていない私には、
鳥の数より、始終離着陸している飛行機の方が、目にした数が多かったのではなかろうか……。飛行機飛行機飛行機


まだまだ不勉強、準備不足ゆえに収穫(?)の少ないクルージングではあったが、
私なりに楽しかった。ラブラブ
寒さのあまり目から涙が出てきたけれど(目ヤニとも言う?)、
楽しかった。ラブラブ


次回参加するときは、
手袋必携、カイロ必携、グー
でもって、
出発前に甘酒でもちょいとひっかけておこうと思う。べーっだ!お酒




ところで、
海辺の公園だからか、
今日が日曜日だからか、
本日は公園から、公園までの電車から、東京駅から、
なかなかの人出。
しかも、カップルの多いこと!(°Д°;≡°Д°;)
しかも、ラブラブ!!ラブラブ


ちぇ、いいなぁ……と、
おばさん一人、ちょっぴり目のやり場に困る。(/ω\)
帰りの満員電車内でも、らぶらぶらぶらぶ。ラブラブ

鵜は2月~3月頃が繁殖期で「見ごろ」だとガイドの先生はおっしゃっていたが、
人間もか?にひひ

と思ったら、本日はバレンタインデーなり。ドキドキ

お台場行ったり、水上クルージングしたり、公園散歩したり、
ラブラブモードは高まるはずだがね。アップ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
彼らの間には甘いチョコレートの香りが漂っているはずだがね。ラブラブ(●´ω`●)ゞ
はぅぅぅん。(´_`。)


命短し、恋せよ、鵜も人間も!喝!


鵜の吐き出した魚の残骸や糞の臭いがかなり「魚臭い」という話にいたく感心して、
“鵜の島”(コロニー)には近づきたくないものだが、ちょっとだけ嗅いでみたいなぁ……などと思っていた私が、ちょっぴり切なくなったことであった。
汗



なので、
気を取り直して、
チョコレートのタンチョウヅルで〆。

夫婦世界旅行-妻編-タンチョウヅル










à vous

à vous



あげる、あげない、あげる、あげない、あげる、あげない…………黄色い花クローバーチューリップ黄チューリップ紫
あげられないガックリ


夫婦世界旅行-妻編-スプーン1杯

これは、兄にあげた妹チョコ。にひひ
スプーンいっぱいのチョコ。


551蓬莱」の豚饅のことを、
「ごーごーいち」と呼ばず、
ごごいち」と呼ぶ兄です。
うまいものに妙に詳しいです。ラーメン

自分の部屋にある大きなブラウン管テレビを、
「これどうするの?
これからは捨てるのも大変だよね。」と心配する妹に、天使
「おう。持っていっていいぜ。」
と恩着せがましく譲ろうとする兄。(誰が要るかいやっ(;´Д`)ノ)


こんな兄ですが、(こんな兄だからか)
いまだ独身。
どなたか、心ある方、
本物のラブチョコを兄に
あげよう~という方はおられませんかいのぉ。(^^ゞ
Every day is Valentine’s Day!
(液晶地デジテレビ付きなり。チョキ