胃カメラとマンモグラフィ




生還して参りました。(≡^∇^≡)


今回は何事もなく、人間ドックから、無事生還して参りました。チョキ
大袈裟な物言いで、驚かれた方もあったようで、
お騒がせ致しました。ゴメンチャイ。(^^ゞ

でもね、私にしてみれば、ホント、下手すりゃ死にかねない! という恐怖が病院にはあるんです。ガーン
色々あったんです……。しょぼん


今回はなんの手違いもなく、何事もなく、無事に検査を終えました。クラッカー
アリガタヤ、アリガタヤ。(。-人-。)






今回は生まれて初めて胃カメラを飲んでみた。カメラ
バリウムが大嫌いなので、バリウムを飲まないで済むなら……と。ベル


しかし、検査を受け始めてすぐに、バリウムにしとけばよかった!と、後悔。。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。



喉の麻酔」なる液体を、仰向けに寝たまま、喉の奥に流し込まれる。ダウン
それを飲み込まずに喉の奥で1分間溜めておくように言われる。ヽ((◎д◎ ))ゝ
これが辛い!


ごきゅり!と飲み込んでしまいそうな不安に駆られる。叫び
「口は楽にしていてください~しっぽフリフリ」と言われるが、唇を動かしたら反動で麻酔を飲み込んでしまいやしないかと不安になり、鯉のようにぱっくり開けた口を硬直させたままでいる。( ̄□ ̄;)

喉に注ぎ込まれて数秒後、緊張で息をしていなかったことに気づき、苦しくなる。∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
は、は、は、鼻で息すれば問題なかろう!と思うが、グー
鼻呼吸をした瞬間に、ごっくん!と麻酔を飲み込んでしまいそうな気がして不安になる。叫び

しかし、息はますます苦しくなってくるので、
思い切って鼻だけおそるおそる呼吸してみる。
喉は止めたまま、鼻の穴をおっぴろげて、スピッ、スピ~……。DASH!
こ、こ、呼吸できたっ!
……と、鯉の口したまま、一人で鼻呼吸の成功に胸を撫で下ろすのであった。チョキ
(風邪で鼻が詰まっていたら、1分間無呼吸状態の検査になるわけだわね~。怖ろしや。)


1分経ったら、ティッシュを一杯手渡され、麻酔液を吐き出すように言われる。
うぺぺぇ~!と吐き出す。あせる
まずいっ! 腐ったパパイヤをねちょねちょに口の中に塗りつけたような嫌~な風味と感触が口中に残る。ガーン

続いて、「もうひとつ喉に麻酔しますね~しっぽフリフリ」と言われ、あぁ、今度こそ喉にブスリ!と麻酔注射を打たれるのか? とビビッていると、奥に麻酔のスプレー?をシュシュシュ!
なんだ、それだけ? よかった~♡(-^□^-)

と思ったら、最後にもうイッチョ、今度は腕に麻酔注射を受けた。「肩の辺りが重い感じになると思いますが、大丈夫ですからね~しっぽフリフリ」と看護婦さんは優しい。

肩が重いのなんて日々のことなので、ノープロブレムさ。チョキ
と思っているうちに、喉のあたりが麻痺した感じで、眠たい感じで、気持ち悪い感じで、どろんどろんした感じで、ガーン

う~~~、やっぱり次回もし人間ドック受けるならバリウムだ!と改めて思っているうちに、いつの間にか検査は終わっていた。

一体いつ内視鏡を入れたものやら記憶になし。(・_・ 三・_・)


検査室を出たあと、ぐったりと椅子に眠り込んでしまった。
看護婦さんがしばらくここで休みますか?とかなんとか言う声が遠くで聞こえる。
「へい」とか「ふぁい」とか答えて、眠り、どのくらい休んでいたのか、気がついたら周りにいた多くの患者さんたちはほとんどいなくなっていたのであった。ガーン


もう次回からはバリウムにするべ! とぼんやりはにゃふにゃする頭でのろのろと着替えを済ませ、ドクターからの診断結果を聞きに行くと、オバケ

驚くべき事実が告げられた!



私は「胃が弱い」と!!!!( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚
そんなこと、誰が信じるだろうか!はてなマーク
親も兄弟も信じまい!
私も信じられない!
誰も信じないだろう!
(夫は胃が弱いんじゃないの?と推測していたことがあったが。)


肝臓は相当使い込まれてくたびれているかもしれないが、胃だけは丈夫!グー
「胃が弱いなんて言われたこと、ありませんでした。生まれて初めてですよ、そんなこと!肝臓は弱ってるかもしれないけれど……」と訴えると、


先生は「あなたは、肝臓はいいですよ。すっごく強いですね!」だって。Σ(・ω・ノ)ノ!
えぇ? そんなはずは……。汗


あなたはもともと胃が弱いんですね。食欲がないなんてことは……?
とお聞きになる。

「いいえ」と私が言う前に、先生、間髪を入れず、

「……なさそうですね!」だって。∑(-x-;)




ど~してわかった?Σ(~∀~||;)




食欲旺盛で結構なんだが、胃が弱いので、これからはバリウムではなく、内視鏡検査をするように勧められてしまった。ガチョン。ガーン






あ、それからマンモグラフィーなるものも初めてやった。

乳癌検査。
乳房のレントゲン。叫び

以前TVで見たときは、乳房を上下からぎゅーっと挟み込んでいたが、えっ
今回私が受けたのは、乳房を左右からぎゅーーっと挟み込む方式だった。(((゜д゜;)))


機械が挟みに掛かってきたら、
技師さん(?)が、すかさず人の乳房を前へ押しひっぱるようにする。
「ここからが痛いですよぉ。しっぽフリフリ」とむぎゅーーーーっ! と。爆弾
ピシピシピシッ!と毛細血管が切れそうな気がする。((>д<))

無事に板に挟まれて乳房がおっぺひゃんこになると、
「大丈夫ですか?しっぽフリフリ」と優しく聞いてくれるが、
痛くて声も出ないぞぃ!ドンッ
技師さんの顔を見ることもできない。ドンッ
痛くて目をつぶってしまうのでアイコンタクトもできんぞぃ!((>д<))

技師さんはすばやく別室へ移動して、レントゲンを撮る。カメラ
またすばやく戻ってきて、もう一つの乳房へと作業が始まる。

……というような、怖ろしい検査であった。ドクロ



今考えると、技師さんは手の平をちゃんと温めてこちらの肌を驚かさないように工夫していたし、手の平を上手く使ってなるべく私が痛みを感じないようにひっぱってくれたように思う。ラブラブ
人のチチを引っ張って挟まねばならない技師さんも大変だよね。ご苦労さまです。(。-人-。)


検査終了直後は乳房が痛いので、しばらく手で抱えていたいくらいだったが、パーパー
それをすると変なオバサン状態なので、堪えた。しょぼん


寄せて上げて……ってのは是非とも試みたいものだが、にひひ
引っ張って伸ばして挟んで……てのは、極力ゴメン被りたいものだ。ガーン


ま、無事に生還できてよかったよかったの人間ドックであった。合格
AD
もしかして最後のご挨拶に? 明日、私とはとっても相性の悪い所へ行ってきます……。ドクロ 今までの経験上、 相性の悪さは人も認めるところです。しょぼん 評判がとてもよい所でも、 私が行くとアンビリーバボーなことを仕出かしてくれたりします。爆弾 あと2~3日しても私めの日記が更新していなかったら、 「運が悪くてまずいことになっちゃったんだな」とお察しください。オバケ 念のため、 皆様、今まで心温かいお付き合い、ありがとうございました。(。-人-。) 無事に生きて還って来たら、またよろしくお願いします。(。-人-。) あぁぁ、怖いよ、怖いよ、人間ドック……。病院 コーヒー、飲みたい~~~!コーヒーしょぼん
AD
上毛高原(ジョウモウコウゲン)旅行1


今秋も老婆と姉との三婆で1泊のささやかな紅葉狩りに出かけた。
今年は10月中旬が都合が合うというので、ならば時期的に北の方……、
群馬県上毛高原(ジョウモウコウゲン)に宿を取った。チョキ




JR新幹線と宿がセットになっているお得なプランである。お金
JRのパンフ「のんびり小町」や「旅するオトメ」は宿がいい。(≡^∇^≡)
グリーン車だとか、お茶券だとか、なくてもいい特典があれこれ付いているのが難点だが、むっ
全体的に割安なので、試してみた。ニコニコ



しかし、さて、どこで紅葉が見られるか、どんな観光スポットがあるか、
そこまでのアクセスはどうなのか、
そうした点がいまひとつはっきりわかりづらいの
が、
国内を旅行するときの困った点だ。(@Д@;


上毛高原なんて聞いたことがなかった私は、JRびゅーの窓口のお兄さんが、
「上毛高原駅で1時間に1本のバスに乗りそびれると、駅で1時間待つわけですが、
そうなったら、はっきり言って、死ぬほど後悔すると思いますよ。駅周辺はな~んもありませんから。ドクロ
と言う言葉にビビッて、叫び
上毛高原に着いたらすぐに水上駅行きのバスに乗り、谷川岳へ登るプランを立てた。あせる


上毛高原の近くで紅葉が見ごろなのは、谷川岳照葉峡とがあった。
谷川岳なら、足の弱い老母でも、ロープウェイに乗って行ける。アップ
ロープウェイからさらにリフトを乗り継いで、谷川岳天神峠まで行ける。チョキ
谷川岳を登って降りてくるだけのコースだが、紅葉した山が見られればOKだ。もみじ



谷川岳には上毛高原駅から、水上駅までバスで移動し、
さらに水上駅から谷川岳ロープウェイ乗り場行きのバスに乗るのだった。新幹線バスバス

マイカーがあればラクチンだが、電車で出かける我々は移動があれこれ面倒なことである。(;´Д`)ノ
(もっとも紅葉最盛期には、マイカーは大渋滞に巻き込まれて大変らしいが。)
しかし、どのバスも連絡がいいように時間を合わせて待機しているので、順調に乗り換えることができる。(本数はないが……。)チョキ




実際にたどり着いた上毛高原駅は、水上駅よりずっと大きかったし、きれいだったし、なにより有人インフォメーションカウンターまであった。(水上駅の方が小さくて、有人インフォメーションカウンターもなかった!)
ちょっと駅付近を散策してみたくあったが、新幹線の止まる時刻に合わせてバスも発車するので、ふらふらしている時間はない。時計

上毛高原に11:07に到着。新幹線
水上駅行きバスは11:12発!バス
5分の間に改札を出てバスに乗り込まなければならない。!(´Д`;)
ぐずぐずしていたらバスに乗りそびれそうなほど、タイトな乗り継ぎ時間。(もう少し乗り継ぎ時間に余裕を持たせたらいいのにと思う。)ガーン


赤い城山
↑ 
上毛高原駅前の陶器絵 赤い城山(シロヤマ)


説明板


駅前の陶器のタイル絵が、燃えるような赤い山を描き出していて見事だったが、ゆっくり見入っている時間はない。時計
しかし、見過ごすにはもったいない作品に思われる。バスの運転手はまだバスの外で背伸びなどしている。行くなら今だ! むっ

思い切って一旦乗り込んだバスから降り、写真を1枚パチリ!DASH!
説明板などをふむふむ読んでいると、
その間にバスの運転手さんがバスに乗りこみ、バスは発車準備OK。バス

おいおいおいおいおいおいっ!ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ
慌てて小走ってバスに乗り込む。
バスに乗り込んでいた待っていた母や姉から、
「もう~、バスが発車しちゃうのに、何やってるのぉ?パンチ!」「あの子って、いつもこうよね~。叫び」と、軽く顰蹙のジョブを食らう。パンチ!


テヘヘと笑ってジョブをかわし(?)ながら、
「間に合ったんだからいいじゃん!あせる」と心の中で呟く。

     
                つづく
AD
ハワイ初心者旅行29
プールサイド




大きな木探索散歩から、
ホテルまで帰って来た。あし
ホテルの部屋に戻る前に、裏の茂みでこっそり一服。タバコ

スコールが上がったせいか、晴れ
降り注ぐまぶしい光のせいか、キラキラ
活動時間になったせいか、DASH!
町は車も人も、俄かに活気づいてきた感じ。にひひ


裏通りのアパートメントの外廊下に当たり前のようにサーフボードが掛かっているあたり、さすがハワイである。o(〃^▽^〃)o

サーフボードなアパート


サーフボードを運ぶ姿も、なんの違和感もない。さすがハワイである。o(〃^▽^〃)o

サーフボードな人々

長~いリムジン(?)が、トランクルームの蓋が閉まらないほどに荷物を積んで走っていく。
あれは多分観光客の送迎車だ。ううむ。ハワイならではの風景だ?(^^ゞ

交差点



ホテルの部屋に戻る。ドア
枕元の注意書きがにくらしい。パンチ!

注意書き

喫煙は法律で禁止されております。
この部屋で喫煙された場合、250ドルの料金が徴収されます。
禁煙

……この場合、「料金」って言うのかな?むっ
タバコ1本吸っても100本吸っても罰金(?)250ドルなのかな?(-_-メ
1本吸って、吸殻は処分して、「吸ってません」って客が白を切ったらどうするのかな?┐( ̄ヘ ̄)┌


そんなことをわざわざ試してみるほど私も酔狂でもない。あせる
それにしても、大上段な……。ガーン
ハワイアンカクテル、チチもプラスティックコップでサーブするくせに……。( ・д・)/--=≡(((卍
と、この注意書きを見るたび、片腹痛いのであった。爆弾


姉は最後のハワイの一時をホテルのプールサイドで楽しんでいた。メモ

小さなプール

ハイアットリージェンシーホテルのプールは実に小さい。Σ(・ω・ノ)ノ!
2~3人泳いでいたら、もう狭苦しい感じがする。

プールサイドのジャグジーは、どでかい人間2~3人入っただけで、もう見るからに息苦しくなる。ヽ((◎д◎ ))ゝ

小さなジャグジー



しかしタワーに見下ろされるようにして、見上げる空は青く美しい。キラキラ

プールサイドからの空

プールサイドに寝そべれば、空!虹

日陰のチェアーに寝そべってしばし寛ぐには、いいプールサイドである。( ´艸`)



1日目 ハワイ到着 イオラニ宮殿見学予約、買い物
2日目 イオラニ宮殿、カメハメハ王像、ホノルル美術館見学、アラモアナショッピングセンター、買い物
3日目 ダイアモンドヘッド登山、買い物
4日目 姉:ホテルのプール、私:気なる木を求め散策、帰国

ハイアット・リージェンシーホテルに泊まるハワイ5日間の格安旅行”――
ワイキキならではのメジャーな観光スポットをちょこっとずつ入れて、全体のんびりとしたプランだったのだが、私には結構ハードであった。ヽ(;´Д`)ノ

(なんでもどこでもガッツリあれこれ満喫して周る姉には、ちょっと物足りなさそうであったが。汗



おまけ:ハワイ土産


今回、ABCストアで私が見つけた掘り出しもの。(?)

ハワイ土産

あろ~は~♪な気分でかわいいでしょ?べーっだ!

会社のPCの横に置いておけば、気分は南国ムード!アップ
仕事も捗るよ!チョキ

っと夫に買って帰ったお土産だったが……


「要らないっ宇宙人」とケンモホロロに却下されてしまった……。えっ

こんなのデスクに置いておいたら、「セクハラ」になってしまうんだそうな。
…………。
そうか?@@
それは、この人形をどう扱うかに拠るのでは? と、思うのだが……。(-"-;A


とにかく、袋から出してもくれないので、私がありがたく使うことにした。チョキ

ふりふり

フサフサが広がり過ぎてやや使いにくいが、楽しいのでよし!クラッカー

               おしまい


「ハワイ初心者旅行」はこれにて終了。読んで下さった方、長い間お付き合いありがとうございました。





PS:
この木なんの木気になる木」に関しては、ネット上で色々紹介されていました。
img src="http://stat.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/264.gif" alt="サーチ" />
オアフ島のあの気になる木は、「モンキーポッド」、別名「レインツリー」「雨降りの木」という豆科の木らしい。∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

参照:
「再見張家港」http://plaza.rakuten.co.jp/geiyouen102/diary/200712230000/#comment

「ヒタチの木オンライン」http://www.hitachinoki.net/
ハワイ初心者旅行28
ビーチまでの帰り道




大きな大きな「この木なんの木気になる木」たちの鼓動を聞くという企みは、
今回もまったくの空振り。(ノ◇≦。)


何十年も前にホノルル動物園にだけ来たことのある姉の、「動物園の隣に植物園がある」という勘違いと、「そこに大きな『この木なんの木気になる木』みたいな木がたっくさんあるわよ!」という勝手な予想を鵜呑みにしたのが、そもそも甘かった。しょぼん



がっかりして、来た道を戻る。ダウン
しとど降る雨のなか、一人濡れながら歩いていく。雨

ホノルル動物園の脇は臭くてたまらんので、NG
反対側(海側)の歩道を行く。あし


海岸側のスペースには、駐車場が多く、キャンプ場にもなっているらしかった。
こちらの方に、“ちょっと気になる木”が何本も見受けられる。ラブラブ!
しかし、柵が巡らされて、道路からはすんなり入っていけない。禁止しょぼん

柵に絡む蔓系の花(朝顔?)が、
「まぁ、まぁ、気を落とさないで。」と言う。

ちょっと気になる木

柵の花

「私だって、びしょぬれさ。」と笑っている。


そだね、こんなスコール、すぐ止むね。
どってことないよ!
ほら、ジョギング中に雨に降られて
びしょぬれで走っていく人もいる……。


しかし、スコール中はさすがに人影も一段と少なくなった。オバケ
多くのジョガーはどこぞで雨宿りでもしているのだろう。




ホノルル動物園の入り口辺りまで戻ってきたとき、
行きに見かけたホームレスらしい人を探してみたら、サーチ


なんと!
スコールの中、
先ほどとまったく同じベンチで同じポーズで寝てござった!
Σ(・ω・ノ)ノ!

あぁぁ! こうしてたまにスコールがあるから、
傘を差したまま寝てたんだね!
雨ぐぅぐぅ
すっごく納得!べーっだ!

ベンチに眠る人

(注:この写真は行きに撮ったもの。このポーズと同じに寝てた。帰りはスコールが激しいので、カメラをしまいこんで、撮らなかったので。)



期待に期待して歩いてきたのに、「この木なんの木気になる木」級の木々には会えず、しょぼん
スコールに遭い、
皮製のリュックは中までじっとりと濡れてしまって、あせる
私はと言えば、
濡れた髪が頭蓋骨にワカメのようにべったりと張り付き、ドクロ
せっせと描いた眉毛も顔面から流れ去り、眉毛なし状態。叫び
あぁ、なんて素敵なレイニーハワイアンモーニング……。ガックリ


C’est la vie!パンチ!
これも人生……と歩いているうちに、
ダウンタウンへ戻ってきた辺りから雨は止み、
空も明るく輝き出した。晴れ
おお! 海の上に虹!Σ(・ω・;|||

ワイキキビーチの虹


C’est la vie!チョキ
美しきかな、人生!クラッカー


そして、街路樹の、雨を含んだ木漏れ日のなんと美しいこと!!!キラキラ

雨上がりの木

濡れた道路もきれいに見える。キラキラ

雨上がりの路面


雨上がりのビーチ

朝のシャワーを済ませたように、すっきりとしたビーチ沿いの風景。キラキラ


おおお! ビーチにある木の方がよっぽど「気になる木」だ!ラブラブ!
だが、さすがにこんな所で聴診器は出せないよね……。(><;)

よっぽど気になる木



海辺ではフラダンス教室が始まっていた。

フラダンスレッスン

気持ちよさそう。楽しそう。音譜
ハワイの海を目の前にしてのレッスン、波
ムードも盛り上がるよね。
生徒のみなさんは、どうやら観光客のように見受けられたが、だとしたら、この体験教室はいい思い出になるだろう。チョキ




雨上がりの木漏れ日

雨に濡れた木々も美しかったが、雨上がりの木漏れ日を含んだ木々はそれ以上に美しい!キラキラ


(お願い:雨上がりの美しさはカメラに写し取ることは私にはできなかった。あしからず。適当にご想像ください。(^^ゞ)

               
                         つづく