無理しても旅

テーマ:
無理しても旅




本
得たきものはしゐて得るがよしキラキラ

欲しいと思いながら、つい、買いしぶって、あとで悔やんだ経験は、おそらくどんな人にもあることだろう。買いたいけれど懐ろに余裕がない、とか、衝動買いはよろしくない、とか、躊躇する理由はいろいろあろうが、蕪村はこう言い切っている。
「得たきものは、無理をしてでも手にいれたらよい」と。
    
              (by森本哲郎『この言葉』)本


蕪村にま~~~ったく同感である。ヾ(@^(∞)^@)ノ


で、アタイも旅する機会があったら、とにかく金をかき集め、旅に出る!グー
旅なので、それがいい旅になるかならないかは、行ってみなければわからない。叫び
蕪村のように確実に自分にとって本当に「得たきもの」であるかどうかは未知数であるが、(((( ;°Д°))))

ろくに稼いでもいない人間が旅なんて、贅沢じゃないの? と気も引けるが、(;^_^A
行ける機会が訪れたなら、貪欲に旅しようと思う!柔道



今年は4月中旬に関西の桜(名古屋・彦根・京都・奈良)を見に行く旅が決まっていたのに、
その一週間前に、突然別件で名古屋に行く用事が降って湧いて、
旅のチャンス! とばかりに出かけた。あし



この夏はボルネオ島に旅することを決めたら、メモ
その後で、急遽、別の旅行に誘われ、えっ
ボルネオ旅行から帰国した2日後(つまり今日)、
再び旅立つ。(-^□^-)


帰国して、溜った家事して、バイトして、また旅。ヽ((◎д◎ ))ゝ
慌ただしいし、お金もスッカラカンになるけれど、ガーン
旅するチャンスが訪れたときは、
無理をしても行くべし!!!!



蕪村もきっと頷いているに違いない。( ´艸`)ラブラブ





五月雨を あつめて早し 最上川   芭蕉

へそくりを 集めて早し 拝み側(。-人-。)


満員電車に揺られ働く夫には申し訳ないが、
へそくりをとっととかき集め、旅に出ることを決め、
「悪いね、悪いね~」と悪びれたところもない妻である。べーっだ!
それでも、一人だけいい目を見てごめんちゃい!
あなたが元気で働いていてくれるから、私は旅に出られます!と、
夫を拝んでみた。




名月を 取ってくれろと なく子哉  一茶

チケットを 取ってくれろと 旅支度 ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ




ってことで、先日、夫とボルネオ島に行ってきたばかりですが、
またちょっと旅してきます。(●´ω`●)ゞ

コメント返し、その他遅くなってごめんなさい。あせる
後日伺わせていただきます。
ではでは、また~!キスマーク
AD
ラッキー! あん♡ ラッキー!ドキドキ



対決巨匠たちの日本美術」なる展覧会が、上野の東京国立博物館で開催されていた。

見たい見たいと思いつつ、時間が取れず、見られないまま終わってしまう(8月17日まで)と諦めていた。しょぼん

が、最終日の1日前の昼近くに、いきなり姪っ子から、ブタ
バックパックを貸してくれと連絡が入った。携帯
富士山日帰り登山をすることになったらしい。柔道
私のバックパックは登山用ではないし、NG
大きくて富士山日帰り登山には向かないが、NG
とりあえず貸してほしいという。


これは、展覧会に行けっ!!という神の思し召しであるぞ。キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!


姪とは夕方上野で落ち合う約束をして、
しなければならないこもごもの家事は適当に切り上げ、DASH!
イソイソと東京国立博物館まで出かけた。電車


途中、雨が降り出した。雨
激雨だ。
電車の窓の外は
白いカーテンが引かれたみたい。( ̄□ ̄;)
横殴りの雨が風景を白く染めていた。雨雨雨雨


上野駅に着くと、雨はまだ勢い衰えず降り続いていて、
駅の出口は雨宿りをしている人々であふれていた。Σ(・ω・ノ)ノ!


確かにひどい雨だが、歩けないというほどではないのに、
こんな狭苦しいところで何を雨宿りしておるのか?!?

呆れつつ、駅から一歩踏み出し、歩道に出る。あし
その途端、たった一人、この大雨に歩き出した自分が
まるで馬鹿なことをしているのではないか?という不安に襲われるほど、
みなさん、一丸となって雨宿り。ガーン
――青信号 一人で渡ると ちと怖い――――ガーン


がらがらの横断歩道を渡ると
向こうの建物の軒下にもごちゃっと人々が雨宿りをしている。Σ(・ω・ノ)ノ!


みなさん、傘を持っていないわけじゃない。
傘があるのに、雨宿り。(=◇=;)


確かに排水がおっつかない道は、うっすらと池のように雨水に覆われていたが、
歩けないほどではない。


まぁ、道がすいていること!(´0ノ`*)
いつも人でごったがえしている上野の森が、
大雨のお蔭でむしろ歩きやすいくらいであった。チョキ

傘を差していても
大きな雨粒が顔やら腕やらに掛かってくる。あせる
大きなバックパックを持っていたので、
どのみち濡れずにいるなんて無理なのだ。
本や携帯が入っている鞄だけは濡れないように気をつけて、注意
後はシャワーを浴びている気分で雨を受け止める。ヾ(@^(∞)^@)ノ
天然シャワー、いい気持ち。キラキラ


人混みが嫌いな私には、
この大雨の中のウォーキングが思いのほか気持ちよかった。o(〃^▽^〃)o


上野の森の小道に入ると、石畳の作りがよいのか、足元に雨が溜っていることもない。
快適である。(≡^∇^≡)


すると、俄かに雨が上がって陽が射してきた。キラキラ晴れ
蝉が一斉に鳴き始める。ジージージージー……。( ´艸`)


世界を真っ白に封じ込めるような大雨の後は
せみ時雨と木漏れ日。キラキラ虹



雨上がりの木の下は、そこだけまだ雨が残っていて、ポタポタ雨が落ちてくるものだが、
今回は大雨だったためか、
こんもりと葉を茂らせた木からは、まるで滝のようにザザザザ、雨が落ちていた。キラキラ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
陽の射す小道を歩きながら、キラキラ
滝のように雨水を滴らせる木々を眺める気持ちよさよ。汗
こんなひと時を味わえるなんて、ラッキー♪ニコニコ


すっかりいい気分で、博物館へ辿り着く。
入場券を買うべ♪ と券売機に向うと、
いきなり見ず知らずの女性から声をかけられた。パー
なんだ、なんだ? 宗教の勧誘か? 
と、一瞬身構えたが、柔道
それは、女神だった。ラブラブ!


「友達が急遽来られなくなって、招待券が無駄になってしまうから、よろしかったらどうぞ天使
と、その1枚余った招待券をくださった!ベル


ぅぅぅぅらっきーっ!キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!


と心で叫びながら、

あ、でも、露骨に喜んだらみっともないかな。叫び
どうせチケットを買うつもりだったのだから、
チケット代を彼女に渡すべきかな?お金
あ、でも招待券だから、いいのかな?(^^ゞ


余ったチケットを同じように唐突に分けてもらうことは
学生の頃はたまにあったが、ベル
大人になってからはとんとなかった。ガックリ
どうして今日はこんなについているのだろう?アップ


などとあれこれの思いが瞬時にぐるぐると狭い脳の中を駆け巡っているうちに、台風


「はぁ、、、ありがとうございます~。」と大した反応も示せないままに
チケットを受け取ってしまった。オバケ


女神はそのまますぐに行ってしまった。天使



女神の後ろ姿に、今一度、ありがとーーーーーっ!と感謝の念を飛ばして、♪(*^ ・^)ノ⌒☆
私も彼女の後を追って、博物館へと向った。あし




土曜日の昼下がり、
展覧会は笑ってしまうくらい混んでいた。(^o^;)
が、実に興味深い、いい展覧会だった。合格

人垣をかいくぐりかいくぐり、作品に辿り着く。オバケ
巨匠対決なのだが、見比べるほどのスペースがなかなかとれない。
まぁ、それでも充分自分の見たいものは堪能できた。チョキ


で、大満足の帰り道。

まず、ロッカーに入れるように係員さんに勧められたバックパックを取り出しに行く。

ロッカーは100円を入れて閉め、開けたら100円が戻ってくるものだった。お金



が、戻ってこない!えっ
ロッカーのドアは開いたが、100円は返却口に現れない。∑(-x-;)
およよ?しょぼん


すぐそばにいる人に聞いてみたら、
その人はちゃんと100円戻ってきたと仰る。えっ


で、博物館の人に申し出てみたら、
すんなり100円返していただけた。¥

なんだか、ラッキー♪な気分。(100円戻ってきて、当然なんだけども。)





博物館を出ると、入り口には長蛇の列が出来ていた。∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
私が入るときは、並ばされて5分ほどですぐ入れた。
ところが今は、入場制限で、20分ほどお待ちいただきます~と係り員が声を張り上げていた。

雨が上がって、人々が押し寄せたんだね。
私は大雨の中を来たので、すんなり入れたのだね。(館内は大混雑だったけど。)
これまた、ラッキー♪ って感じ。(-^□^-)


大雨に降られることも、ダウン
ものすごい人混みだったことも、ダウン
ロッカーが100円返却してこなかったことも、ダウン
何かに導かれて私が出会うべきものだったと思うと、パー
なんだか、なにごともラッキーに思えてきた1日であった。クラッカー




自分にとってあまり喜ばしくない事態に陥っても、
自分がアンラッキーだったとか、ドクロ
自分の選択が間違っていたとか、ドクロ
そういうことではなくて、
そうなるべく、自分に用意されていたことなのだと思うと、
それに出会ったことがラッキーに思えてくるから不思議。o(〃^▽^〃)o


“導かれてある”と思うと、すっごく気分が楽になることに気がついたことであった。
AD

ドバイ聞きかじり

テーマ:
ドバイ聞きかじり


連日仕事のストレスで体調を壊し、
本人曰く、「やずや的には『未病』の状態」の我が友が、叫び

先日、ドバイ旅行と洒落込んだ。チョキ



世界中のクレーンの4分の1が集まっているという噂のΣ(・ω・ノ)ノ!
発展著しいオイルマネーでテラッテラにエネルギッシュな町、ドバイ!キラキラ


40度の暑さ+湿気がすごく、日中などとても外にいられないという。晴れ温泉((>д<))

砂漠の町で、カラッカラに乾燥しているのかと思ったら、
湿気が高いなんて、意外だ。(=◇=;)


物価は高めで、
夕食にシャンパンを1杯飲んだら、4000円ちかく取られたと!えっ
シャンパン、1杯4000円????( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚
どんだけ~!?叫び



しかし、ガソリンはお安く、
ガソリン、リッター30円!???( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚
どんだけ~!?叫び


なので、タクシーは安いらしい。車チョキ
しかし、水は高いのではなかろうかね?むっ



町はビル建設ラッシュで、インド人の出稼ぎが多いらしい。(=◇=;)
そうか!ひらめき電球
今ドバイに行けば、
日本で職にあぶれている人も、とりあえず建設下請けの仕事がゲットできるかも?ひらめき電球
稼ぎ時、稼ぎ所かも? ドバイ!о(ж>▽<)y ☆



まぁ、そんなオイルマネーで潤う町ドバイに、お金宝石白
友達は1年くらいなら住んでみたいとのたまう。えっ

……家賃、どんだけ……? ラブラブ
AD
関西桜ツアー28
(長谷寺6)


(2008年4月中旬、滋賀、京都、奈良の桜を見て周るバスツアー最終回です。)



奈良の長谷寺にて。



本堂から道伝いに降りてくると、ダウン
ちょこちょこと小さなお堂や、三重の塔の跡やらが現われる。えっ
五重の塔より先に三重の塔が建てられていたらしいが、焼失してしまったらしい。メラメラ

本長谷寺(モトハセデラ)





小さなお堂はなんともポツン……と建っていたが、あせる
な~んとなく惹かれたのでラブラブ
立て札の説明を読むと、
なんと、“元祖長谷寺”だった!Σ(・ω・ノ)ノ!


本長谷寺立て札

本長谷寺(モトハセデラ)


天武天皇御悩平癒のため朱鳥(アカミドリ)元年(686)
道明(ドウミョウ)上人ここに精舎を建立しグー
千仏多宝塔銅盤(国宝)を鋳造して祀る 
これ長谷寺の草創なるを以て本長谷寺と称す
  銅盤は宗宝蔵に安置」サーチ

……って。∑ヾ( ̄0 ̄;ノ


もともと名もないお堂だったんだ。てんとうむし
こんな小さなお堂から始まって、
徳道上人が現在の本堂のあるところに十一面観音をどーんと祀り、アップ(これを以って「開山」とする人もいるみたい。)
観音信仰のブームに乗って、波
貴族の間で、やがて武士や庶民の間で、信仰を集め、チョキ
山頂の、あの山々と対峙して揺るがない立派な本堂舞台が築かれるほどまでに、キラキラ
お寺は大きく発展(?)していったんだ。アップ





境内の道は楽しいものだった。ニコニコ
色々な木々が蕾を膨らませていたり、
花盛りだったり。

シャクナゲ

シャクナゲ(石楠花)
奈良の山は特にシャクナゲが多いように感じるのは、私だけだろうか?むっ

シャクナゲ蕾

シャクナゲの蕾

山桜

山桜
白い花びらがなんとも清清しい。キラキラ
(今にも降り出しそうな空の下では、いっそう清清しく見える。)

あのね、あのね

高く伸びた枝先に咲いている花と違って、
我々の鼻先に咲いている花は、
わざわざ我々に話しかけに、梢から降りてきてくれているように感じる。( ´艸`)


なにかな?

何だかね?赤い花。

桜

桜満開。どの桜もとても背が高い。

急勾配

山はところどころ急勾配。ダウン

縦横無尽

枝が縦横無尽に伸びる伸びる。
どやっ! 東西南北、なんでもござれや!!パンチ!
って感じで。

うりゃ!

うりゃっ! 空も持ち上げられるでっ!!アップ
って感じで。にひひ

彩り

ここにもあそこにも彩りが。キラキラ

お堂と木

木々に守られるように小さなお堂。キラキラ

蘇芳

スオウ(蘇芳)
赤く染めるのに使われていた植物だよね。
これは花なのか、蕾なのか、
紫がかったピンクが艶やかだ。キスマーク

雪柳

雪柳も全開! 
この他にも楮コウゾ(?)ミツマタ(?)と思われる色々な木々が春を迎えていた。クラッカー

支えて

枝垂桜なのか、枝垂れちゃったのか、老桜は、桜
「もう枝を張るのもしんどくって……なぁ……DASH!
って感じ。ヽ(;´Д`)ノ

未開の牡丹

開花をじ~~~っと待っている牡丹

サツキ?

サツキ(?)
枝がひょいひょい伸びている。アップ
牡丹と違って、こちらはお手入れが行き届いていないようだ。(^_^;)
しかし、小さな色濃い蕾がぽっぽっと花開き始めていて、かわいらしい。ラブラブ




木々は“山任せ”という感じ。OK

桜なども特別“見せるための剪定”はされず、
枝が細く、長く、ほぼ伸び放題に伸びているから、
全体、伸びやかに感じるのだろうか。(=⌒▽⌒=)


とにかく、そんな木々同様、
歩いていると
解き放たれたような心持ちになる。キラキラ
心の伸びをしてる感じ。
歩いているだけで楽しい、心地良い境内であった。チョキ


あ~~~、長谷寺、最高!!!!!:*:・( ̄∀ ̄)・:*:




長谷寺が最後の観光スポットで、
我々のツアーバスはこれより帰途に着く。バス

ナポ君?

駐車場手前に、
ナポ君の家で~す」という妙な鹿のキャラクターの旗、発見。∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

美しい山を下りてきて、いきなり俗な……。ガーン



おまけに、ここが何の家なのか、見ただけではわからない。┐( ̄ヘ ̄)┌
警察の派出所ででもあるのかな?


旗には、「桜井警察署 桜井市教育委員会」とある。
なぜに「警察署」と「教育委員会」がセットに?∑(-x-;)


「ナポ君」……ここは奈良県だから「ナポリ」とも関係ないし……?はてなマーク

敬礼している所からして、
「桜井警察署」と言うことからも、
「ポ」は「ポリス」の「ポ」?ひらめき電球
ってことは、「ナ」は……「奈良」の「ナ」かも?ひらめき電球
奈良県警のキャラクターかも?ひらめき電球


奈良県は「平城遷都1300年祭」のマスコットキャラクターに関して、
賛否両論、随分揉めていた。
鹿の角を生やしたお坊さん「せんと君」、
その後、別のキャラクターで「まんと君」。(@_@)


…………。



どうも奈良のセンスは私にはよくわからない。(=◇=;)

が、

寺はいい!!!!!合格
山はいい!!!!!
合格




バスが走り出すと、雨が俄かに激しく降り始めた。雷雨
天気予報ではばっちり雨だった2日間であったが、
観光している間は晴れ間さえ現れ、晴れ
雨に降り込められることのない2日間であった。チョキ
よっぽどの晴れ人間が同行していたと思われる。

雨の初瀬川

(おそらく)初瀬川




バスは出発の時と同じく名古屋に着いた。バス
名古屋から東京までは新幹線だ。新幹線

京の5大桜絵巻と吉野千本桜・春景色2日間」という
ハチャメチャに思われた関西桜ツアーも
予定通りのノルマをこなして、無事に終了。叫び
周れば周れるものなのだなぁ……。





ひつまぶし

折角名古屋だということで、ひつまぶしを頂いた。
駅地下にあるひつまぶしも、なかなかであった。チョキ

 
            おしまい


          (27へ)


あ~、今回も長かった。ガーン
お付き合いくださった方々、本当~~にありがとうございました。m(u_u)m
コメントに励まされ、最後まで書けました。^^

ようやく日記をつけ終わってみれば、
桜の春はとおに過ぎ、DASH!
立秋も過ぎ、
もう秋だっちゃ!Σ(~∀~||;)
関西桜ツアー27
(長谷寺5)


(2008年4月中旬、滋賀、京都、奈良の桜を見て周るバスツアーの続きです。)



奈良の長谷寺にて。


本堂を満喫したら、あとは、遠く近く広がる山々を眺めつつ、下り道である。ダウンチョキ


見下ろす桜





人足が途切れないかな、途切れないかな……。むっ
私はずっと一人になれる機会を狙っていた。サーチ


誰もいないな? と思うと、間悪く現われる。オバケ
早くあっちへ行っておくれ! と言うわけにもいかず、パンチ!
焦れることしばし。(→o←)ゞ
なかなか一人きりになれない。あせる
なんせツアー旅行なので、集団が解き放たれるツアー先でたった一人っきりになるなんて、とてもむずかしいことなのであった。しょぼん


が、
時は来た!ベル



本堂の裏に出たとき、
とうとう私は一人になった!クラッカー


やったっ!
誰もいない!目

そして、
なんだか心もとなげに細い幹だけれど、
結構年輪を重ねていそうな桜の木が、色濃く花を咲かせていた。桜
木肌がカサカサしているのが気になるが、この際木を選んでいる暇はない。叫び

本堂裏のカサカサ桜



いまだ! グー

桜の木にささっと近寄る。DASH!
幹をポンポンと叩いて、「聞かせてね!」と挨拶を入れる。(。-人-。)




そして、取りいだしましたるmy聴診器!キター Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒(。A。)!!!




桜よ、おまえの鼓動を聞かせておくれ~!ラブラブ!
どりゃ! 

と、聴診器の先を樹皮にぴたりと当てる。パー


ドキドキドキドキ……。ラブラブ


こりゃ、アタイの鼓動だよ。ガーン


桜ちゃんは?桜


……・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・オバケ





ダンマリ?えっ




自分の耳の方で聴診器がずれているのかな?はてなマーク
と、聴診器が耳にしっかり入っていることを確認。耳

すると、
ざさぁ……………えっ

聞こえたっ!ラブラブ!

ん?

聴診器の先が木肌に擦れた音か。ガーン


桜ちゃんは桜

……・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。オバケ




あれぇ?
大地から水を吸い上げる音が聞こえてくるはずじゃないのぉ????。(´д`lll)
どうして、こんなに何も聞こえないのぉ?????(>_<)

あれあれあれぇ?と
黙して語らない桜にへばりついて戸惑っていると、
背後に人の気配がっ!ナゾの人


はっ!と瞬時に“普通の花見客”を装う。


そっとうかがい見ると、姉だった。サーチ


ほっとして、
ようやく活躍の場を得た聴診器を見せながら、
桜から何も聞こえないのだ! と訴えるとo(;△;)o


姉も桜同様、呆れ顔でだんまり。
「時間なくなるわよ。」とさっさと行ってしまわれた。オバケ



クスン。しょぼん



桜よ……。
君の声が、君の鼓動が、聴きたかった……。汗


何がいけなかったのだろう?はてなマーク
聴診器のあて方が悪かったのか?むっ
木の選択が間違っていたのか?シラー
これからもっと場数を踏んで要検討だ。パンチ!


首飾りです!

うまく「首飾り」と思わせている(つもりの)聴診器。チョキ
上着に聴診器を忍ばせて歩くのって、結構肩が凝るものだ。ガーン

        
             (26へ)   つづく  (28へ)