関西桜ツアー19
(役行者絵伝-2)





役行者絵伝の続きです。(^^ゞ



第拾段(金峯山架橋)「鬼神を使役し、葛城金峯の両峰に橋を架けて結ばんとす」虹

葛城山(カツラギサン)も大阪と奈良の境の山。葛城山と金峯山とを結ぶ橋なんて、21世紀の今でも建設は無理ってもんでしょ?ガーン

絵伝では、峰と峰とが雲の橋で結ばれている。くもりくもりくもり
向こうの山とこちらの山で、鬼たちが斧やら鎌やら振り上げて架橋工事をしている。Σ(・ω・ノ)ノ!ドリル


ところが、面白いことに、『日本霊異記ニホンリョウイキ』他では、役行者が架けようとしていたのは「石橋」ということになっている。∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

引用:本
日本霊異記はじめ、役君形生記や徴業録などの開祖伝に伝えられる有名な挿話であります。それらによると、役行者が葛城山から金峯山にかけて石橋を架けよう、諸々の鬼神を使役したが、一向に仕事が捗らない。怪しんだ行者が問いただすと、葛城の峯の一言主神がその容貌が醜いため、昼間働かないからであった。怒った行者はこれを呪縛し、深谷に繋いだ。そこで一言主神は、行者は国家を窺うものとなして讒言し、これによって行者は伊豆島に配流された(後略)。
http://homepage3.nifty.com/enno-f/enno/enno_21.htm#10

葛城山の一言主(ヒトコトヌシ)の話も何かの古文で読んだ記憶がある。昔の人にはメジャーな話だったんだろうね。サーチ

それにしても、「一言主」って、その名前から察するに神道系だよね。
仏教系の役行者が神道系の一言主を働かせ、その怠惰を懲らしめるなんてのも、なんだか思惑たっぷりな話ではないか?むっはてなマーク



第拾壱段(伊豆配流)「弟子韓国連廣足、師の法力を妬み調停に讒訴して罪を得る」

弟子が師の法力を妬み”って、すっごく変な話ではない?∑(-x-;)
師が優秀な弟子の力を妬むというのなら、まだあり得る気もするが……。
また、師を売った裏切り者が、わざわざ「韓国」が絡んできているのも、なんだか怪しい。むっ


役行者が伊豆に流されたのは史実らしいが、メモ
その原因となると、
葛城山の一言主の讒訴に拠るものと、サーチ
弟子の韓国連廣足の讒訴に拠るものと、サーチ
その他にも
多少のバリエーションがあるようだ。目



そもそも「韓国連廣足」って、何か?!?

色々サイトを見ても判然としなかった。┐( ̄ヘ ̄)┌
韓国人の「連廣足 レンコウソク?」という名前なのか?
あるいは、「韓国連」なる韓国方面を専門に取り締まる部署か何かがあって、そこで働く「廣足ヒロタリ」さんという人なのか?!?


外従五位下韓国連廣足」と表記してあるものはあったが、この意味が私にはわからない。叫び



大宝律令(701年制定)の冠位にこの称号を見つけた。ベル
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%A0%E4%BD%8D%E3%83%BB%E5%AE%98%E4%BD%8D%E5%88%B6%E5%BA%A6%E3%81%AE%E5%A4%89%E9%81%B7

「外」というのは「地方の有力者や外国人に与えられる官位」だそうだ。サーチ

「外位」は五位から始まり、六位、七位と下がっていく。ダウン
で、「正」の次が「従」。
で、「上」の次が「下」。

つまり、「外―従-五位-下」という位は、外国人ランクキングでは上から4番目のかなり高い地位じゃん!!(=◇=;)


つまり、「外従五位下韓国連廣足」は、外人である韓国人で、連というかなりハイレベルなランクの「廣足 ヒロタリ=帰化名?」ということかな?

こうしたおそらく社会的に地位のある人が、なぜ優婆塞(ウバソク)の役行者の弟子になったのだろう?!?
そして、なぜ役行者の力を妬むことになったのだろう?!?


役行者について、伝説は多いようだが、明確に記録されていることは少ないようで、

小角(オヅヌ=役行者)能ク鬼神ヲ役使シ、水ヲ汲ミ薪ヲ採セ、若シ命ヲ用イザレバ即チ呪ヲ以テ之ヲ縛ス。
http://homepage3.nifty.com/enno-f/enno/enno_21.htm


ううむ。命令を聞かなかったものを「縛す」とはどういうことなのだろう?Σ(゚д゚;)
“呪縛”したのかな。
それとも、縄でスルスルッとあっという間に縛り付けたのかな。
だとしたら、魔術師のようだ。

どのみち、
水を汲めとか薪を拾えとか、そういう仕事を言いつけて、自分の言うことを聞かないものは呪術でもって懲らしめ、自分の言うことを聞かせる……

これって、いかがなものか。むっ

徳を積んだ人のすることにも思えないのは、私だけ?( ̄□ ̄;)



               (18へ)   つづく  (20へ
AD
関西桜ツアー18
(役行者絵伝-1)





神仏と化した姿ではなく、アップ
修行途中の姿、行脚の姿、人間として仏教を教え広めている姿は、
役行者 エンノギョウジャだけかというとそうではなく、メガネ
弘法大師 コウボウダイシもそうだ。ひらめき電球
弘法大師(空海)も、修行僧の格好で、蓑笠被って行脚する立ち姿などしばしば見かける。目
http://www.butsuzou.com/list1/syugyodaisi.html

探せば日本中にそうした行者の姿というのは結構あるのかもしれない。| 壁 |д・)





今回は役行者について、おさらい。メモ



金峯山寺では、役行者の人生を描いた漫画(絵図?)が頂けた。ベル
味のある漫画(挿絵?)をここに貼り付けられないのが残念だ。しょぼん
(B4サイズの1枚の絵伝である。役行者の人生が14コマに別れて説明されている。にひひ


題して「役行者神変大菩薩御一代絵伝」!
役行者って、「大菩薩」だったんかいっ!?@@

追記:
「神変大菩薩」という称号は、彼の死後約1100年後(1799年)に与えられた縊号だそうだ。∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
つまり、役行者は最後の最後まで行者であったのだ?!?
しかし、そもそも「役行者」という呼び名そのものも尊称のようだが。サーチ
参照:http://www.h5.dion.ne.jp/~ozunudo/gyouja/gyouja.htm

吉野桜





役行者神変大菩薩御一代絵伝本

第一段(霊夢懐妊)「母刀良女独鈷を呑む霊夢有って懐妊す」

布団に寝ている女性が独鈷を飲み込む図が描かれている。キスマーク
独鈷(トッコ)」は「密教の法具」。シャワーヘッドくらいの大きさで、片手で持てる小道具である。レンチ


日本各地に、“弘法大師空海が独鈷でとんとんと叩いたら湧きだしたという温泉”をしばしば見かける。


何か不思議のパワーを導き出す不思議の道具であるはずだが、よりによって、それを飲み込んで役行者が孕まれたというのは、どういう意味があるのか、私には理解不能~。┐( ̄ヘ ̄)┌




第二段(誕生吉祥)「舒明天皇6年元旦御誕生、天女吉祥して祝す」

蓮の花を手にした丸々太った赤ん坊を、産婆らしい老婆が甲斐甲斐しく産湯に浸けている。温泉
天女は嬉しげに空に舞い、母親と父親は合掌して嬉しそうに天女を仰ぎ見ている。UFO
(父親の影、薄っ。絵で見る限り、役行者の父親も母親も、衣装といい、極普通の村人に見える。
しかし、母親の方はどうやら大臣の家系のようだ。つまりなかなかのお家柄のはず。)


第三段(神童誉れ)「幼少にして神童の誉れ高く、仏塔を戯れに造立す」

第四段(仏法受法)「十二歳にて伯父願行上人に師事、南部に仏法を学ぶ」


役行者関係のサイトには、これと少々食い違う見解のものもある。
9歳で出家「役優婆塞」と名乗り、「叔父の願行」に仏教を学んで極め、
「孔雀王の呪を体得」、「その秘法を自在に駆使し」、
13歳には葛城山に登り」……サーチ
http://urano.org/kankou/topics/gyouja/index.html

と、随分金峯山寺の絵伝とは異なる。えっ
10歳そこそこの年齢で、密教の秘法を極め駆使するなんて、ちょっと出来すぎな話ではある。むっ


優婆塞(ウバソク)」とは「在家の信者」のことらしい。メモ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%83%A7%E4%BE%B6
となると、「出家」とは何だろう?はてなマーク
なんだか頭の中がコンガラガッテキテシマッタ。(@Д@;


第五段(葛城修行カツラギシュギョウ)「十七歳にて葛城山・金剛山に行じ、法起菩薩を勧請す」



第六段(龍樹示現)「摂津箕面の大滝にて龍樹菩薩示現し、南天鉄塔の玄旨を受く」キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!
絵では滝の中に龍樹が出現している。Σ(・ω・ノ)ノ!
この頃の役行者(本名「小角オヅヌ」)の姿はまだヒゲも蓄えず、若々しい。ラブラブキラキラ

第七段(諸国開山)「諸国巡歴し諸処に霊峰霊山を開くこと、その数知らず」
この頃の役行者は、もう鼻の下からアゴにかけて黒々と長い髭を伸ばし、手には錫杖、足には下駄の、銅像と同じ姿である。チョキ
(ちなみに、役行者の愛用している下駄は、「絵伝」の中では、2枚歯である。にひひ


第八段(両鬼折伏)「生駒山中の二鬼、役尊に折伏され、付き随ふ。前鬼後鬼是なり」
銅像の役行者の左右に付き従っていた鬼たちのことだ。鬼は生駒山(大阪と奈良の県境の山)に住んでいたのか。(=◇=;)

第九段(権現感得)「金峯山上にて壱千日参籠し、金剛蔵王権現を感得す」キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!
金剛蔵王権現がVサインして登場だ!チョキ
(本当は人差し指と中指はきっちり揃えているので、Vの字というわけではないが……。にひひ




              (17へ)   つづく  (19へ
AD
関西桜ツアー17
(役行者像)




金峯山寺裏
(↑金峯山寺裏手)

金峯山寺(キンプセンジ)の本堂を過ぎて、境内をさらに行くと、あし
3重の塔?(「南朝妙法殿」)、「仏舎利宝殿」などが現れる。
ここら辺までは人の姿もあるのだが、
右手の坂道をさらに下っていくと、人の姿は途絶える。オバケ
役行者の像など、あと一歩足をのばして見に行く人は少ないようだ。


細い道のすぐ脇は、山の傾斜なだらかながらも谷底を示している。ダウン


境内奥の谷の桜


桜の木が随分若い。やや太い幹もあるが、多くはほっそりしたか弱げな幹で、しかし、その華奢な枝先にも花を満開に咲かせていた。キラキラ
吉野の山は古い木も若い木一緒に咲いているから、一面満開、一面桜色でも、なんとなく野趣を感じるのかもしれない。桜

この道でよかったの? と不安になりながら進んでいくと、まもなく役行者(エンノギョウジャ)の像が現れる。ベル


役行者を真ん中にして、左右に鬼が控えているではないか!Σ(・ω・ノ)ノ!

鬼を踏みつけている像はしばしば見かける。
蔵王権現だって悪魔(鬼の類?)を踏みつけて憤怒のポーズだった。グー

鬼を引き連れている像は初めて見た。(=◇=;)

前鬼
(↑向って左=役行者の右手に控える鬼)

手には?∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
鬼は「金棒」じゃないんかい?叫び
随分固太りしてる。
腹の筋肉が割れるのでなく、アバラの筋肉が割れてる?サーチ


後鬼
(↑向って右=役行者の左手に控える鬼)

手には徳利? 酒飲みの鬼か?お酒
よくみりゃ、目がスワッテルみたい。にひひ
それにしても、こういうパーマヘアのオバサンって今もいるよね。


追記:
これは「理水リスイ=霊力のある水」の入った「水瓶」だって。

斧を持っている方は「前鬼(善童鬼)」と言う赤鬼、水瓶を持っている方は「後鬼(妙童鬼)」と言う青鬼。この2鬼、夫婦だそうだ。



役行者
(↑役行者の像)

おっ…………、面白いっ!ヾ(@^(∞)^@)ノ
杖持って巻物掲げて、パー
ウ~ラウラウラ~~~~~ッッ!」とか今にも唱えそうだ。アップ爆弾にひひ
呪術に長け、鬼をも操ったという役行者。チョキ
不思議な風貌だ。:*:・( ̄∀ ̄)・:*:


(注: 「杖」は「錫杖」、巻物は「経巻」らしい。)
錫杖 シャクジョウ」=密教法具。「僧侶や修験者が身に降りかかる危険や煩悩を振り払い、己の身を守るために使われる法具。」
http://www.butsudanya.co.jp/shop_butsugu_mikkyou.html


仏教にもとんと疎い頭でつらつら考えるに、
寺社で祀られている像は、
行 ギョウ」を積んで「」になったり「菩薩」になったり「観音」になったり?
つまり、行を積んた結果の姿アップ

「行者」という「行を積んでいる最中の人」の像は、日本中探しても、役行者くらいのものではなかろうか?


そう考えると、「行」が何のための行であるのか、色々考えさせられる。
役行者は、生涯「行者」であり続けたということなんだろうか?
ひらめき電球



           (16へ)  (18へ
AD
関西桜ツアー16
(金峯山寺 キンプセンジ本堂)









アスファルト舗装されて充分歩きやすい山道をさらに登って行く。あし

向こうの山は・・・



向こうの山々には桜が見えない。どこもかしこも桜山というわけではないのだ。えっ
そりゃそうだね。(^_^;)
だからこそ、春は桜色に染まる吉野山はとりわけ美しいのだろう。キラキラ


金峯山寺正面のどっしりした門が階段の上に現われる。グー
仁王門」というらしい。

あ

うん



門の脇に仁王立ちして睨みを利かせるガードマンは、マッチョマングー
……というのは、普遍の真理。にひひ



金峯山寺本堂


金峯山寺本堂は観光客で賑わっていた。クラッカー
お堂は古びているものの、カラフルな布(暖簾?幟?)が風にはためいて、
この寺の活気を伝えているようであった。(^∇^)

お堂の中には薄暗いショーウィンドーがあり、お堂よりも古びた小ぶりの像が何体も展示されていた。目
ふ~ん。とそのときはただ眺めて過ぎた。DASH!



関西桜ツアーに行くと決まった時、前もって旅程表をもらっても、
吉野千本桜鑑賞-(仁王門・蔵王堂・吉水神社など、世界遺産に登録された吉野をたっぷり2時間ご見学)」と記されているだけで、

たっぷり2時間」と言っても、はたしてどれだけ見られるものか。はてなマーク
仁王門・蔵王堂・吉水神社」ってどんな所だろう? 知らないねぇ。┐( ̄ヘ ̄)┌
……と、特に前もって調べもせずにいたのだった。オバケ

足の弱った老婆も一緒のことゆえ、大して歩けないだろう。むっ
せいぜい柿の葉寿司を食べて、を見られればよいなぁと思っていた。ラブラブ

旅の前は、あまり計画を立てず、下調べもさほどしないことにしている。(^^ゞ
(単に面倒くさがりやナノダガ。あせる
桜が咲いてるかどうか、だけが気がかりだった。ドキドキ



現地に着いて、吉野山中腹の詳しいパンフレットなどもらって、初めて「金峯山寺」くらいまでなら歩いて見てこれそうだとわかる。ひらめき電球

役行者の銅像」なるものが金峯山寺の境内の奥の方にあるとわかる。キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

とりあえず役行者像が見たい! と急遽my目標が立ったくらいのものだった。!(´Д`;)

役行者は修験道の開祖、神出鬼没で、神通力を持った摩訶不思議の人というくらいに思っていたが、キスマーク

この時まで、実は役行者と吉野山の関係なんて何も知らなかったのであった。(/ω\)


              (15へ)   つづく  (17へ

キャンドルライティング


夏至の日(6月21日)と七夕の日(7月7日)に
電気を消して、少しでもエネルギーの消費を抑えようという試み、キャンドルライティングというのか、ライトダウンというのか、そんな催し物が日本でもあった。(´0ノ`*)

うっかり夏至の日は失念していたが、七夕には私も電気を消して、蝋燭の火だけでしばし過ごしてみた。ニコニコ


難民生活?

(あり合せの蝋燭たち。一番奥にあるのは、先日感動のあまり持ち帰ってきた岩牡蠣の貝殻)



防災用にとっておいた使いかけの蝋燭を引っ張り出して、
ケーキのオマケに付いてきた蝋燭などもこの際使って、
灯してみた。メラメラ

ケーキ用の極細の蝋燭に合う蝋燭立てもなく、
とりあえず缶の蓋に蝋燭をそのまま突っ立ててみた。ガーン

蓋が蝋燭の灯りを反射して、予想以上に明るい。にひひ


しかし、
「キャンドルライティング」というとカッコイイが、難民生活みたいと言えば言える。ガーン


ネットなどで見ていると、
キャンドルライティングに参加した皆さんは、実に素敵に蝋燭を灯していた。キラキラ
:*:・( ̄∀ ̄)・:*:


いかに灯すか……生活のセンスが見え隠れするね。ヽ(;´Д`)ノ



蝋燭の火は表情があって、とてもいい。ラブラブ

が、これでは手元が暗すぎて用事がこなせない。ガーン
いかんせん暗い。
食事の支度もできない。
アイロン掛けもできない。
家計簿もつけられない。叫び

のんびり過ごすだけならいいが、
あれこれ用事を片そうとするには
やはり電気の灯りはありがたいものだ。!(´Д`;)


ライトダウンしている間、外に出てライトダウンされているかもしれない街を見るのを忘れてしまった。∑(-x-;)
自分が蝋燭を灯して過ごすことばかりに気をとられていて、DASH!
街全体どうなっているのか、見そびれた。しょぼん
来年は外にいて、ライトダウンされる街を眺めてみたいものだ。パンチ!




しかし……、キャンドルライティングだ、ライトダウンだと楽しんでいるが、



今日のニュースでは、蛍で有名な地域ではとうとう蛍が絶滅してしまったと報じられていた。∑(-x-;)
都心のホテルなどでは、今年も養殖された蛍を放つイベントが盛んで、人々を集めていた。( ̄□ ̄;)
…………。あせる


楽しく何かに取り組むことはもちろん大切なことだが、アップ
何か根本的な本筋から
それたことを
我々は「エコ」という言葉に煽られて、
してしまっているのではないだろうか……という不安がダウン
私は拭い去れない今日この頃。オバケ

オバケ天使オバケ天使