名古屋一人旅 11

テーマ:
名古屋一人旅 11


注:今回も長い上に下ネタ(?)入りです。適当に読み飛ばしてください。べーっだ!




(4月初旬の名古屋、たった1泊の一人旅をしました。)



犬山城へ向う坂道の途中で、針綱(ハリツナ)神社に寄り道してしまったので、あし
さぁ、今度こそ犬山城へ行くぞと先を急ぐと、パンチ!
今度は、「三光稲荷神社(サンコウイナリジンジャ)」なるものが現れた!えっ


三光稲荷神社 由来

「犬山城主成瀬氏歴代御祈願所
犬山城郭内御鎮座
御祭神(御三柱)

宇迦御魂大神
佐田彦大神
大宮女大神


発祥御由来

往古は城内三光(三狐)山に座しませり
織田信長公の叔父織田信康公に深く尊崇せらりたり
古来より民の霊験灼然なれば、犬山城主成瀬氏は
歴代の守護神とせられ威霊を仰ぎ給ひて種々の
神宝を寄進せらる不可思議なる霊験に衣り
数々の利益を得て国土平和を打建てられ
成瀬氏の遺業も又天下燦然たり
(後略)」サーチ


説明文がちょっとラリラリしているが、にひひ
謂わんとしていることは大体わかった。チョキ

織田信康は「針綱様」には安産を祈願したが、「三光稲荷神社」にはもっとあれこれ祈ったようだ。得意げ


犬山城のある山は「三光山(三狐山)」と言うのか。(=◇=;)
3匹の狐が住んでいたのか?はてなマーク
「犬山城」と言うから、がたくさん住んでいたのかと思ったが。(^^ゞ
狐に騙されたのか不思議な現象が多かったのか、
「霊験」あらたかなお山であったのかもしれない。音譜


しかし、「稲荷神社」と言ったら、商売繁盛の神社だ。
犬山城と商売繁盛とどう結びつくのか、いまひとつ釈然としない。むっ
商売繁盛して、経済が活性化して、政治も安定したということなのかしらん。アップ


三光稲荷神社鳥居

赤い鳥居が連なっているのは、いかにも稲荷神社らしい。キラキラ


左の狐

鳥居手前左に鎮座しているお狐さん。
そのポーズは、手の下に鞠のようなものを押さえつけていて、ちょっと狛犬のようだ。
目が怖いぞ。ガーン

右の狐

鳥居手前右に鎮座しているお狐さん。
巻物を咥えて、やっぱり顔が怖い!ガーン


二匹して、そんなにおっかない顔しなくてもいいじゃないか? ってくらい怖い。
稲荷神社の狐はこんなにコワモテだったかしらん?ガーン


狐にビビッていると、
今度は「三光稲荷神社」の左脇に「猿田彦神社」が! 
今度はかいっ?∑(-x-;)


猿田彦神社はこっち

三光稲荷神社の赤い幟や提灯のすぐ脇に、「伊勢の分神 猿田彦神社」の看板。



神社って、こんなに隣り合ってひしめき合ってあるものなのか?(((゜д゜;)))
「三光稲荷神社」に祭られてある「佐田彦大神」=「猿田彦」と思われる節がなきにしもあらずだが……?むっ


猿田彦神社 由来

猿田彦神社では、ありがたい「御砂」をもらって撒くとよいらしい。(。-人-。)
地鎮祭とかにつかう砂などはこうした所で頂いてくるのかな?ひらめき電球

鳥居付き賽銭箱?

鳥居と賽銭箱が合体してる?∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
猿田彦神社はこれだけ?∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
三光稲荷神社が赤色に賑やかだったのに対し、こちらは白で統一しているようだ。サーチ


一体ここは全体「三光稲荷神社」なのか、その中の一画だけが「猿田彦神社」なのか、「猿田彦神社」も「三光稲荷神社」の一部なのか、よくわからなくなってきた。ヽ((◎д◎ ))ゝ



“普通”の神社と稲荷神社とは別物だよね? というのが私の中の常識だ。ラブラブ

とにかく、犬山城のあるお山には、「針綱神社」「三光稲荷神社」「猿田彦神社」の少なくとも三つの神社がどちゃっと鎮座ましましているのである。グー



何がどの位置にあるのか、私は今どこにいるのか、わからなくなってきた。ヽ((◎д◎ ))ゝ
私は誰もが認める方向音痴なので、いっぺんにあれこれ出てこられると、訳が分からなくなる。(方向音痴とは関係ないか?にひひ





とにかく、山の上まで行こう! と、いったいどの神社の階段だかわからなくなった階段を上って行くと、アップ



どの神社だかわからないが、境内らしき所に出た。キラキラ


いきなり「夫婦岩」というスポットが目に入る。目

三光稲荷神社境内

水をおかけください。夫婦岩 三光稲荷神社」とある。サーチ

あぁ、ここは三光稲荷神社!ラブラブ
ってことは、商売繁盛の神社。
しかし、なぜに夫婦岩?Σ(・ω・;|||
なぜに水を掛けねばならないの?Σ(・ω・;|||


なんだかエッチなことを期待してないか?ひらめき電球
という予感を感じ、
水を掛けるのがためらわれた。(//・_・//)


でも、水を掛けるとどうなるのか気になる。にひひ
誰か掛けないかなぁ~……としばし離れて様子見。得意げ


すると、運よく子供を連れた家族登場。クラッカー
親が子供に水を掛けてごらんと勧めてる。

よっしゃ! 頼みますぞ!アップ
すかさず寄っていって、脇から激写!DASH!カメラ



「どこに掛けるの~?」と子供。男の子
「あそこを狙って」と親。クマ
「『あそこ』を狙って水を掛けるって、やっぱりエッチな想像を促さないか?」 と私。(もちろん無言)


子供は岩の上に置かれた蛙の置物を目掛け、バシャッと1杓の水を掛けた。あせる
で、掛けただけで、みんな何の感想も漏らさず、拝みもせず、行ってしまった。DASH!

夫婦岩

どれどれ? どうなるのですかな? と
誰も居なくなった夫婦岩の前でしげしげ観察。サーチ
注連縄が掛けられている岩が二つ。それが夫婦岩なんだろう。
ふむ。
やっぱりなんだかアレとアレっぽい。
男根と女陰を象徴している石みたいだ。(*^.^*)


さて、さらに数歩先に進むと、今度は思いっきり立て札に、
御縁の松と女陰石」とな!Σ(・ω・ノ)ノ!

御縁の松と女陰石


さきほどの親御さんは子供たちにどう説明したのだろうや?(;^_^A



しかし、猫の額ほどの境内に、女陰がいくつも(2つだけど)祀られている商売繁盛の神社……畏るべし!(^_^;)


さらに数歩進むと、またもや何かが置いてある。えっ
またもアレか? と
恐る恐る近づく。叫び


先ほどの子供たちが石を撫で回したり、胸に抱え込んだりしている。えっ
おいおい。いいのか? そんなことして、いいのか?えっ

と、近づいて説明を見ると、サーチ


おもかる石

おもかる石

この「おもかる石」は
あなたの願いや思いを神様に
お願いし叶うならば軽く上がり
叶わない時は重く感ずるという
不思議な石であります


方法

一 目を閉じて祈りを捧げる
一 目を閉じたまま石をなで
戴くようにして両手で持ち上げる

その結果「成るか成らぬか」が
わかります


……だって。クラッカー



あぁ、だから子供たちは石を撫でて胸に抱いてみていたんだ。(^^ゞ
抱いたまましがみついているようにしか見えなかったから、
持ち上がらなかったんだね。ダウン
子供にはいかにも重そうな石だ。




そっちかい!

見ていると、また子供がやってきた。男の子
もう一度石を挑戦するのか? ラブラブ!
先ほど重そうに抱きついているところを写真に撮りそびれたので、
さぁ、今度こそ!激写!グーカメラ



あれれ?
今度は石ではなく、
賽銭箱を抱え込んでいる?えっ
子供は賽銭箱をとくと覗き込んで、去っていった。
激写、失敗。しょぼん




おもかる石。
面白そうだね。試してみたい。ラブラブ
どれ、私も……。グー
でも、願い事を念じて、
石が重たく感じたら、ヤダナ……ガーン
と、ためらっていたら、
もうひとり子供がやって来た。女の子


さっきの子供から石の持ち上げる「方法」を聞いたのだろう。
やりたそうに、じっと石を見ている。目
「やってごらんよ」と声を掛けてみた。
すると、むにゃむにゃ口ごもって、去っていってしまった。DASH!



やってみなけりゃ、わからんよ。
よし。
私もやってみるよ!グー


石の横にしっかりと置かれたお賽銭箱にお賽銭を入れ、お金
願い事を心に念じる。ドキドキ

叶いますように、叶いますように、叶いますようにっっっ!ドキドキドキドキドキドキ
強く祈る。

目を閉じて念じながら、石をまんべんなく撫で、パー
うしっ! と腕に力を入れる。パンチ!


ぬっくっくくくく……っ!あせる


持ち上がったっ!アップ



が、
元来力持ちの私に
その石は
とーーーーーっても重たく感じたのであった。ダウン



だめだ、こりゃ。しょぼん



腕の力を抜かないように、そっと慎重に石を元の位置に戻す。
黒いまろやかな石が、憎憎しげに光っていた。キラキラ

おのれ。いつか軽々と持ち上げてやる!パンチ!


石に捨て台詞を残して(バチアタリ?)、先を急いだのであった。DASH!
犬山城にはいつ着くのだ?





名鉄犬山線「犬山遊園駅」から犬山城まで徒歩15分!ベル
とパンフレットにはあったが、メガネ

寄り道に継ぐ寄り道をして、
すでに2時間半以上経っていたのであった。時計オバケ




追記:

三光稲荷神社の神々が
なにやら神話に出てきそうな神様の名前だ……
ってんで、ちょっとネットで調べてみたら、サーチ


宇迦御魂大神(うかのみたまのおおみかみ)
佐田彦大神(さたひこのおおみかみ)
大宮女大神=大宮能売大神(おおみやのめのおおみかみ)


この三柱(3人?)の神は、3柱、もしくは3柱+他1~2柱の神様とセットになって、色々な「伏見稲荷神社」で祭られているではないの!Σ(・ω・ノ)ノ!



参照:
鵠沼伏見稲荷
http://www.kanagawa-jinja.or.jp/search_dtl.php4?jid=530&cd=1206017&scd=&npg=0

伏見稲荷大社
http://www5e.biglobe.ne.jp/~hidesan/fushimiinari-taisya.htm


稲荷神社といったら、まず基本この3柱は欠かせないようだ。サーチ




また、なぜこんなに稲荷神社に女陰が祀られているのかわからないので、検索してみたら、サーチ
こんなものを見つけた。( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚


犬山「まんこ祭り」。
ついでに、犬山ではないが、同じく愛知県、
小牧市には「ちんこ祭り」なるものがあるらしい。
神様って、いったい……?
愛知県って、いったい……?



参照:
「大縣(オオアガタ)神社・豊年祭」別名「まんこ祭りイン犬山」

http://b-spot.seesaa.net/article/36051499.html

「天下の奇祭 ちんこ祭り」
http://www5a.biglobe.ne.jp/~dai_/diary/timko.htm


  (10へ)  つづく  (12へ
AD

名古屋一人旅 10

テーマ:
名古屋一人旅 10



(4月初旬の名古屋、たった1泊の一人旅をしました。)



有楽苑(ウラクエン)を出て、元の木曽川沿いの桜並木の本道に戻る。あし

岸辺近くにはごろっごろっ大きな石が寄り集まって、そこでランチを楽しんでいる家族連れもいる。クラッカー
川の中でのお食事はさぞ気持ちよかろう。(-^□^-)
水鳥もちらほら、岩に休んでいる。ペンギン
長閑である。キラキラ

木曽川



一路犬山城を目指して、標識通り、本道から横の坂道へと入っていく。あし
ここもずっと桜並木。桜桜桜
右脇には狭い川が流れている。ダウン

郷瀬川沿いの桜並木


ザプザザザザドドド……パンチ!
水の流れ行く音が響く。耳
こんなに狭いのに随分な水量だね?と川を覗き込むと、目

郷瀬川の落ち合い


小さな川が木曽川に注ぎ込んでいる所は、滝のようになっているのだった。えっ
滝の音が響いていたのか。ダウン
それにしても、斜面になっている山の川の流れは速い。DASH!



小さな川が大きな川に注ぎ込んでいるところって、妙に感動的。(≡^∇^≡)
小さな一筋の清水が小川になり、川になり、もっと大きな川へと……。アップ
そして、海へと……。アップ
私も旅人。水も旅人……。(´0ノ`*)
この川(郷瀬ゴゼ川)の水が海に達するにはまだまだ掛かりそうだ。虹


ほげ~っとつい見とれてしまう。(゜ρ゜)
いかんいかん、こんなことではなかなか犬山城に着かないぞ!えっ
海より、まず犬山城に着かねば! と先を急ぐ。グー





色々な桜1

色々な桜2

木曽川沿いの本道の桜並木はソメイヨシノ一点張りだったが、
犬山城への脇道の桜並木は色々な桜が植えられていた。ニコニコ
桜って、色々な種類があるもんだね。サーチ


ほげ~っとつい見とれてしまう。(゜ρ゜)
いかんいかん、こんなことではなかなか犬山城に着かないぞ!えっ
桜より、まず犬山城に着かねば!と先を急ぐ。グー



道はさらに急勾配の坂道になり、いよいよ城も近いかと思われる頃、
坂道の途中にこんな看板が!えっ

針綱さまと手彫りの狛犬


針綱(ハリツナ)様と安産の謂れ

もっこりと四肢が発達しちゃった妙なウーパールーパーのような木彫りの2体の像の写真入り。Σ(・ω・ノ)ノ!
なんじゃ、こりゃ? と思わず目を引かれる。にひひ


針綱神社は天文6年(1537)8月以前に、この犬山城の天守閣の附近に鎮座されていました。織田信長の叔父に当たる織田信康公が、犬山の木ノ下城の、城主で居られたころ奥方様がご懐妊されたときに織田信康公自身の手彫による狛犬1対(2匹)を奉納され、安産の祈願を、なされたのが始まりと謂われています。近年では戌の日に安産祈願をされると、無事出産され、元気のよいお子様に、育つと申されています。(後略)」メモ


神社はもともとお山の天辺にあったんじゃい! という恨み(?)がやや窺われるような言い回し。(^_^;)
なんだかわかりにくい説明だが、針綱神社というのが昔からあって、織田信康が安産を祈願して手彫りの狛犬を奉納してから、針綱神社は安産祈願の神社として今に至るということらしい?むっ


つまり、写真のウーパールーパーの出来損ないみたいなモノは、織田信康の手彫りの狛犬?Σ(~∀~||;)
な、な、なんという美的センスのなさ!ダウン
これのどこが狛犬なのだろう?!?



しかし、
安産を祈って、安産の象徴とされている犬にあやかろうと、ラブラブ
自ら彫ったという狛犬。
彼の神にもすがる切なる祈りが彫りこまれているに違いない。ドキドキ


夫が安産を祈って手彫りで狛犬なんて彫ってくれちゃったら、妻、感激だよね。ラブラブ!
戦国時代の城主様、結構愛妻家!にひひ
(っていうより、跡継ぎがしかと欲しかっただけか?ガーン



針綱神社鳥居
(↑針綱神社の鳥居?)

鳥居から参道を登りきると、舞台のようななかなかご立派な社があった。アップ
狛犬は1対並んでいたが、それは極普通の、どこからどう見てもちゃんとした狛犬だった。チョキ
どうやらそれは後から据えられた狛犬らしい。
信康手彫りの狛犬は、申し込めば見せて頂けるらしい。チョキ

が、まぁ、わざわざあんなウーパーちゃんを頼み込んで見る気もしないので、そのまま降りてきた。にひひ





犬山城の年表(「犬山城・成瀬氏関係年表」)によると、本


1537年(天文6) 織田信康が木之下より城郭を犬山城に移した。
1543年(天文12)ポルトガル人が種子島に漂着。
1547年(天文16)信康、織田信秀の稲葉山(斎藤道三)攻めに参加し城下で討死。オバケ
           織田信清信康十男・織田信長妹婿)が城主となる


とあるから、信康は、安産を祈願した神社を1537年には移動させてしまって、犬山城に天守閣をぶち建て、自分が住みついたってわけかな?むっ


その10年後には亡くなってしまった。ダウン


でも、子供たちは針綱様のお力で無事に生まれ育っていて、十男坊が後を継いだ……と。チョキ

でも、その十男坊織田信清は信長の妹婿(=信長の義理の弟)だというのに、城主になった8年後、

「1565年、信長に犬山を攻められ、甲州へ逃れる」とある。えっ




なんだか、ぐちゃぐちゃだね。
下克上の戦国時代。親戚だろうが、親子だろうが、関係ない覇者の時代。メラメラ


そんな時代の中で、安産を願い、できそこないのウーパールーパーを不器用な手で彫った信康は、ちょっといい奴かもしれない……なんて思えるのであった。(≧▽≦)


               (9へ)  つづく  (11へ)



参照

針綱神社
http://nttbj.itp.ne.jp/0568610180/index.html?Media_cate=populer&svc=1303
AD
訂正



名古屋一人旅 7」 で

足元に咲く
白い小さな花を、ハチ
売店のおじさんに尋ねてみたら、

白いスミレ」=麓スミレと教えてもらったので、えっ

それだってなことを書きましたが、にひひメモ

白すみれ



これ、トキワイカリソウだということが判明致しました!Σ(・ω・ノ)ノ!


おそらく白いスミレはどこかに咲いていたのでしょうが、
私はそれに気づかないでいたと思われます。ヽ(;´Д`)ノ

私が気づいたのはこちらのトキワイカリソウでした。


謹んで訂正させて頂きます!(//・_・//)
失礼をば!m(u_u)m


天使チューリップ紫天使チューリップピンク天使


   名古屋一人旅 7へ 戻る
AD

名古屋一人旅 9

テーマ:
名古屋一人旅 9



(4月初旬の名古屋、たった1泊の一人旅をしました。)


茶道に疎い私は、国宝茶室「如庵(ジョアン)」の真価をわかるわけもなかったが、有楽苑(ウラクエン)はそんな私でも充分楽しめた。ヾ(@^(∞)^@)ノ

国宝ではないけれど有楽斎の茶室「元庵」、地底から響いてくる水の音を楽しめる「水琴窟」、300種もの茶花が栽培されている「茶花園」。他にも、庭園や小道に沿った竹林、庭の木々の中を歩く楽しさ満載であった。キラキラ

庭に遊んだ”という感じであった。ニコニコ
有楽斎」の名の通り、「楽しみ有り!」って感じ。音譜



木々の茂みに
小鳥たちの囀りは途切れるとこがなかった。(≡^∇^≡)
姿が確認できたのは雀だけだったが。(^^ゞ

ズッ、ズッ、ジュッ……。音譜

変わった鳴き声だな? と見ると、はてなマーク
なんてぇことはない雀だったりする。Σ(・ω・ノ)ノ!
あれ? 雀も名古屋弁で鳴くのか? にひひ
雀も花粉症なのか?カゼ
……なんて思うとおかしくもある。(-^□^-)



庭園を心放たれた思いで歩いている私の横を通り越していった高年者の3人組は、
額を寄せ合って歩きながら、

「……で、年金の保険料がな……なんや。やぎ座
「いやぁ~。オバケ
「そこがわからん。モグラ
なんて世知辛い話に夢中。台風
その目には庭など入っていないようだ。Σ(゚д゚;)

どこにいても、心配の種は尽きないんだなぁ。ダウン
明日は我が身だなぁ。
と思うと、切なくもおかしくもある。ヽ(;´Д`)ノ

心配ごとがあって、そのことに心奪われていると、
目の前の美しい景色さえ目に入らず、メガネ
折角の楽しみを前にしても楽しめず、ハートブレイク
時を過ごしてしまうものなんだなぁ。しょぼん

もったいないね。
私も気をつけよう……。A=´、`=)ゞ


8へ)  つづく  (10へ

名古屋一人旅 8

テーマ:
名古屋一人旅 8


(4月初旬の名古屋、たった1泊の一人旅をしました。)



有楽苑(ウラクエン)の続きです。


茶花園」を出ても、有楽苑の至るところに木が植えられており、それらは心地良げに見えた。キラキラ


有楽苑の小道

ひいらぎ

小さな花


さらに有楽苑の小道を行くと、「元庵」があった。あし

「元庵  

有楽斎が大阪・天満に構えた茶室を古図にもづいて復元。三畳台目の茶室内部はおくに深い間取りで、亭主床と呼ばれる床構えになっている。」(byパンフレット)サーチ


???∑(-x-;)
如庵」は有楽斎が隠居していた京都建仁寺の境内に建てた茶室。家
元庵」は有楽斎が大阪に構えた茶室……の復元。家


つまり、有楽斎は二つも茶室を作ったということか???(@_@)
で、「如庵」は有楽斎ならではの工夫が凝らされていて、今や“国宝”茶室だが、王冠1

「元庵」は現物がなくレプリカで、有楽斎独特の工夫をまだ凝らすに至っていない頃の茶室なので、国宝になってないということなのだろうか?むっ


……?????????ヘ(・o・Ξ・o・)ヘ
パンフを読んだだけでは何もわからないので、とにかく散策。ε=(。・д・。)



木々に囲まれた小さな庭の中に入っていくと、あし
庭のど真ん中がこんもりと盛り上がって、大きな木が1本、どんと枝を広げており、アップキラキラ
その木を囲むように、飛び石が設けられている。あし
庭はその木を中心に一回りできるようにできているのだった。合格

すぐ左手には、板で作られた簡素な腰掛けが、大きな庇に守られている「待合」。
右手奥が元庵


待合
(↑「待合」)

まず、ぐるりと左側へ進んで、「待合」に腰を下ろしてみる。DASH!
すると、真正面に、木々の枝々に見え隠れしながら、「元庵」が見えるのであった。目

元庵と庭
(↑「待合」から見た「元庵」)

なるほど、向こうに茶室を見ながら、ここで待っていると、茶室に入るのが楽しみになってくるかもしれない。ニコニコ

しかし、茶室でお茶を頂くのに、庭で「順番待ち」なんてしたのだろうか????????あせる




元庵
(↑「元庵」)




元庵は障子が開け放たれていて、外からでも、少々茶室内が覗き込めた。チョキ
「如庵」よ1畳広いだけのはずだが、かなり広く感じる。クラッカー


元庵茶室内部


元庵内部
(↑にじり口)

ここにもおまじないのように、紐で十文字に結わえられた小石が!






追記1:

『すぐわかる茶室の見方』(前 久夫著・東京美術)を見ていたら、紐で結ばれた小石の正体がわかった!ベル


関守石(セキモリイシ)

関石、留(トメ 止)石または極(キメ)石などともいう。露地の飛石の上に置いて、通行止めの標識代わりをする。三~四寸ほどの呉呂太石(ゴロタイシ)蕨縄(ワラビナワ)または棕櫚(ソメシュロ)縄で十文字に結び、結び余りを引き手として残す。本



そうそう。酔っ払いのお父さんが、土産の寿司折りを片手にぷらぷらぶら下げる、あの寿司折りの結び方! これでしょ♪ やっぱり「立ち入り禁止」のサインだったんだ。ベル




追記2:この石について、縁MADOKAさんも正体を調べてくださいました。やはり「関守石」ということでした。これはもう絶対「関守石」ですね! (→「名古屋一人旅 7」のコメント





参照:

建築情報.net http://www.kentikulink.net/architectjiten/index.html

呉呂太石(ゴロタイシ):「径5~6寸(15~18cm)くらいの加工していない玉石。
玉石(タマイシ):河床などにある丸くなった石。一般には径15~30cm位のものをいう。
蕨縄:蕨の根からでんぷんをとったあとの繊維をなってつくった縄。色が黒く、じょうぶで水にも強い。

ウィキペディア:如庵http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A6%82%E5%BA%B5
建築SOHO.net: http://www.architectsoho.net/soho_ky/ag10.html


有楽苑(国宝茶室如庵) http://www.inuyama.gr.jp/ssinfo/contents/jyoan.html



7へ)  つづく  (9へ