加藤修滋のブログ

日仏シャンソン協会活動記録及びシャンソン界のニュース等


テーマ:

故・永田文夫先生が設立された、日本最初の総合的シャンソン研究&歌唱研修期間「永田文夫シャンソン研究所」からは、たくさんの優れた歌手が輩出されました。

その理由の一つに、アドバイザー陣の幅広さが挙げられます。

シャンソンの美輪明宏、瀬間千恵、ジャクリーヌ・ダノ、カトリーヌ・アトラニ、

タンゴ&フォルクローレの阿保郁夫、前田はるみ、グラシェラ・スサ―ナ、

ラテンのマリキータ&ジロー、カンツォーネの奥則夫、

各ジャンルを越えて、国内外のアーティストが模範歌唱含め貴重なアドバイスを重ねて下さいました。

この研究所からシャンソンやラテンの各コンクールでも多くの受賞者を輩出してきました。

 

永田先生が審査員長を務められたシャンソン・コンクールが3つ。

私自身も4つのコンクールで審査員を務めて参りました。

 

そうしたことから、この20年ほどの間に、コンクール応募者の歌唱方法や選曲にも、少なからず変化をもたらすことができたのでは?と思っています。特に、シャルル・アズナヴールがこだわったマイクの持ち方と角度は、幾つものコンクールで審査員の講評でも触れられるようになり、ポップ・ノイズ、リップ・ノイズが激減したのは何よりです。

 

コンクールの講評では「歌のコンクールで飛んだり跳ねたりは如何なものか」(石井好子氏)、「原曲を変更し過ぎるのは感心しない」(大野修平氏)、「歌い終えた後、ソデに入るまで主人公の表情でいなくてはいけない」(永田文夫氏)等、大切なアドバイスが今も、私の記憶に残っています。

 

応募曲も「愛の讃歌」のような定番だけでなく、新しいシャンソンも見受けられるようになりました。

 

「モネの庭」「パリに恋して」「ジュテーム」等は、コンクールから広まったシャンソンで、

全て永田文夫シャンソン研究所の歌手がクレアシオン(創唱)したものです。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

以前、私は永田先生に「プロの技を聴かせる真のシャンソン歌手は、絶滅危惧種になってしまい、

日本シャンソン界は先行きが不安だ」と口にしたことがありました。

すると、永田先生は「プロがアマチュアの精神を放棄してしまっていることの方が問題ですよ」

とのお言葉。

「ラテン語のアマテウールから来ていて真の愛好者という意味なので、 業歌手をプロと言うなら、

彼らこそ本当のアマチュアでなくてはいけない」とのこと。

 

「この歌手を紹介したい」「この歌を広めたい」という熱い思いが不可欠だと再認識した

永田先生のお言葉でした。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨年9月、私のプロデュース企画<平和希求ライブ>のゲストに「狩人」の加藤久仁彦さんが出演されました。

その折、アズナヴールの「帰り来ぬ青春」と、ミッシェル・フューガンの「ブラボー!ムッシュ・ル・モンド」を私のピアノ伴奏だけで歌唱。

 

初めて見る久仁彦さんのピアノとのコラボにファンの方々は、目が点!!!

「 新しいシャンソン歌手  !みたい 」と大興奮。

まぎれもなく、超ハイレベルなシャンソン歌手です。

そんな加藤久仁彦さんが、今年最後となる日本アマチュア・シャンソンコンクールの審査員

(6月15日中部大会のみ)になられた、というので話題沸騰!

 

ゲスト・タイムで30~40分間歌唱もされ、その上「加藤久仁彦賞」も出されます。

その副賞が何と!エルムでの久仁彦さんとの共演ができるというものです。

 

我こそはと思われる方は、ぜひご応募を!

お待ちしています。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(2)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。