加藤修滋のブログ

日仏シャンソン協会活動記録及びシャンソン界のニュース等


テーマ:
永田文夫先生の突然の死を悼んで「愛と人生の歌=シャンソン」6月号は、
「永田文夫先生の死を悼んで」という特集(4頁)を出しました。


全国各地の皆さんへの発送とは別に、「月刊プチるたん」への折込配布が
1,000部あるので、ご覧になった方からの問い合わせへの対応で右往左往。

中にはするどいご指摘もあって「このタイミングで特集を出されるということは、
加藤さんはよほど早くお亡くなりになった事実を知られたのですね?」という
お問い合わせも有。


たぶん、先生と最後にお話をしたのは私だと思います。
(5月13日午前0時頃だったと記憶していますが…)


シャルル・アズナヴールの公演に関して、執筆をして下さるという
上機嫌(かなり!)なお言葉。
「アズナヴールの若い頃については、誰よりよく知っていると思うので」と
おっしゃる通り、かつては日本では永田文夫先生にお尋ねすれば
何でもご存知という時代がありました。


でも、その知識より、当時の書かれた文を再読すると
その文体の美しさに感動してしまいます。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ララ・ファビアンの来日不可能との情報がネットで飛び交い、
その件での問い合せが日仏シャンソン協会へも(!)殺到。

「も」と言うのは、メイン・スポンサーの華味鳥・河津会長のところへも
問い合せが入っているので……。


日本だけでなく他にもキャンセルしたコンサートやイベントが複数あるということで、
フランス国内でもその理由について色々な情報が飛び交っている様子。
でも、シャルル・アズナヴールとは違って、
日仏シャンソン協会との直接の情報ルートはないので、確実なところは不明。

いずれにしても、外国人アーティストの場合には、
招聘する側は常にこうしたことのリスクと隣り合わせで、
日仏シャンソン協会がフランスから毎年招聘するアーティストに関しても
心配の種は尽きません。

招聘されている千葉さんは、大変な心労だと思いますが、
こうしてフランスからの招聘をして下さる大切な方ですので、
倒れられることのないよう祈っています。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
5月13日
味わい深い文人スタイルで読む人を楽しませ、
心に残る一節を加えるという、まるで作曲家にも似た音楽評論の
新しいパターンを創出された永田文夫先生がお亡くなりになりました。
ご冥福をお祈り申し上げます。




来月に行われるシャルル・アズナヴール日本最終公演の
公式パンフレット作成の為、執筆の打診をしたところ快諾を下さった永田文夫先生。


5月12日、気心の知れた方との夕食で、
いつもよりお酒を多く召し上がって帰宅され、
「18日からは三越劇場があるので、前日までには書きます」とのお電話。
その翌朝、急逝されるなどとは誰も予想だにしていなかったはず。


秋に控える岸洋子ベスト盤CDの選曲や、
年明けの訳詞家協会コンサートなど、あれこれ立案企画され、
多忙を極める中、「永田文夫訳詞集」増刷版も出版され、
元気はつらつで卒寿記念コンサートを迎えられるご予定でした。


報道解禁後、時事通信を通じて知られた方々から、
多量のお問い合わせが日仏シャンソン協会へ寄せられました。


最も多いのが、
“ご香典送付先について”でしたが、
「(主催者ではありませんが)いずれ開催されるお別れの会に
お出かけいただくのが最善かと思います」とお答えしました。


三越劇場の卒寿記念コンサートが追悼コンサートの様相を呈するだけでも
大変なことで、まして出演される予定の前田はるみさんの胸中を思うと、
今は、ただステージに集中していただける環境作りが何より大切
と思ってのことでした。



この数年、メディアを中心にシャンソンに関するお問い合わせが
日仏シャンソン協会へ集中する傾向にありますが、
その理由のひとつに、夜中であっても、
ライブハウス「カフェ・コンセール・エルム」営業時間中は
共用電話で連絡が可能だからということが
今回の件でも実証されました。


永田文夫先生は事ある毎に私たちに的確なアドバイスを下さいました。
そのアドバイスに従ったからこそ、
今の私たち日仏シャンソン協会そしてエルムがあるのです。

このブログで、記憶をたどってお伝えしていきたいと思っています。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。