南アフリカサファリの思い出話

テーマ:

 

 

アフリカ旅行(ケニアとどこかもう一か所)

から帰ってきた妹の土産話が

うらやましくて仕方なく(笑)

 

 

私も以前、出張で南アフリカ行ったことあって

その時のサファリの思い出が強烈で。

ほんと機会があるならもう一度行きたい!!

 

 

すごく懐かしくなって当時の日記を

引っ張り出してきました。

昔やってた別ブログのコピペです\(^o^)/

 

 

 

手抜き記事だとか、絵を描く時間が

ないとかそういうことじゃないです。

 

そういうことじゃないんですよ!!!

 

 

前記事のコメントも

週明けまでには・・・!!( ;∀;)

 

 

 

すみません、ここからまた無駄に長いです。

 

 

---------------

 

 

 

5月GW直後に仕事で行った南アフリカ。



図4.jpg



この川の向こう側は

クルーガー国立公園という野生動物の楽園。
 

というわけで川には、

当然のようにカバがいた(笑)



カバの鳴き声に最初は感動したけど、
最後の方はただもううるさくて

しょーがないだけだった(笑)


動物たちの朝は早かった。。
カバの鳴き声で目を覚ます生活は、

私の人生ではこの数日間だけだったと思う。

 

---------------

 


長かったアフリカ出張、土日をはさんだので、
土曜日は気合で早起きして

クルーガー国立公園へ!!

その広さはなんと四国と同じくらいだと…!
なので本気で回ろうとしたら5日間は

ここに滞在しないと回りきれない。

とんでもない野生動物の世界。
保護のされ方の規模が違う。



今まで鳴き声しか聞こえなかったカバも

ここでお目見え。


といっても水からあがってる姿は

結局最後まで見れなかったので、
カバは意外とレアキャラかも。







クルーガーの中は殆どが

なーーんにもないサバンナ平野。


小高い山に登るとこの通り。

360度、見事な地平線。


真ん中にいるは私。

この大自然の中にあってなんと小さいことか。








ここからが大興奮のクルーガー国立公園

はじまりはじまり~~!




第一村人は、シマウマさんでした。





サイきたーーーーっ!!!
道路脇にいた!!!でけぇーーーー!!

早速ビッグファイブにお目見え!!
やばーーい!!






意外とつぶらな瞳がかわいいという説も。
角がやばい。しびれた。

 



そして、目の前をシマウマが横切る。




なんかちっちゃいイノシシが

茂みの中からこちらの様子を伺っている。
実はレアキャラだったっぽい。






インパラと並走!!






この至近距離である。
インパラかわいいよインパラ。








まぁ全力で動物を探しながら

走ってたんだけど、この御方を

見つけた時は本気でびっくりして

鼻血が出るかと思った…!!






デカいっ!!!
インパラの2倍くらいある大きなシカ。

その名もクドゥ(Kudu)。






興奮した私たち人間が目の前で写真を撮りまくっても全く動ぜず。

哲学的な目で遠くを見ている。
きっと私たちのことなんか視野に入ってない。





あの目は何を見ているんだろう。
何を考えているんだろう。


かっこよすぎて震えた。

 


昔の人がこういう動物の中に神や精霊を

見出したのも分かる気がする。
 

 

 

 

 

 


またしばらく進むと、

バッファローの群れが…!!


ビッグファイブかっこいい~~!!




ものすごいたくさんいる。。。







キリンも群れで発見…!!
お食事中。







キリンの子供がじゃれてる様子。
子供といってもたぶん相当デカイ・・・。








キリンの醸し出すこの優雅な気品は

いったい何なんだろう。。。。
 

 



ビッグファイブ・ゾウの群れに出くわした。

こんなにたくさんのゾウを見るのは

生まれて初めて。


今までせいぜい動物園で

数頭のゾウを見るくらいで。。。



圧巻…!!






そしてこの至近距離。
ドキドキ…




お母さんの後をついていく

子ゾウがかわいかった…。






なんて言ってたら、なんとゾウの群れが

水場から別の場所へ大移動を始めた。


私たちの目の前を通り過ぎていくゾウ達。
これはもう黙ってるしかない。




巣に戻るのだろうか…




と思ったら突然一頭の雌(?)ゾウが

立ち止まり、こちらを見据えて

耳を広げた。

 


直感で分かったのは、

威嚇しているということ。

 


本当にビビって、

少し後ろに下がろうとしたら

なんと後ろにも別の大きなゾウがいて、

どうにも動けなくなった。

 

 

気づいたらゾウに挟み撃ちされてた。

まったく身動きが取れない私たち。

 






この目、明らかにこちらを見ている。
車の中に乗っている、私たちのことを。


本当にこっちへ突進してくるんじゃないか

というくらい、本気だった。

このゾウの目つき、

耳を大きく広げて威嚇する姿、

今思い出しても背筋がひやっとする。


怒らせたら終わりだった。


野生動物の世界にあって

人間はなんと非力なことか。



 

---------------

 

 

このサバンナの光景。
日本ではどこへ行っても見ることのできない。

力強くて厳しい自然。




一緒に来る前に乗っていた同僚が

ふとした異変に気付いた。
 

 

「なんかあそこ、やたら鳥が飛んでません?」



確かに。
しかも同じところをぐるぐる回っているよう…







きっと何かある!と。


行ってみるとやっぱり何かあった!!



ハゲワシ?みたいな鳥の大量の群れが、

何かの肉を食らっていた。
すげぇえええーーーー!!!





ちょっと離れたところにも。

みんな様子を伺っているみたい。


これは何かの肉食獣が狩りをした後の

肉だから、もしかしたらまだ

近くにいるかもしれない!!







と思って必死に探してたら、

 

 


いたーーーーーーーー!!!


レオパーーード!!!!







なんと奇跡的に私のフツーのデジカメでも

その姿をとらえることが出来ました。


一生に一度の感動の衝撃写真。

生レオパード。






周りにはジャッカルらしき動物が3匹。
レオパード親子を追い回しているようだった。






狩りと食事を終えて、

ジャッカルを追い払って、
木陰で一休みしているレオパード親子。

真ん中の影、2匹が向き合って座ってるの、

見えるかなぁ~





一連の衝撃的なサバンナの日常劇を

目の当たりにして、興奮しすぎて

マジで鼻血出るかと思った。。。


なんてハァハァしてると、食事を終えた

ハゲタカの群れが次々と飛び立っていった。

 


・・・と思ってたら、

同じところをぐるぐると旋回し始めた。





ぐるぐると渦巻きながら

高いところへ飛んで行って・・・
 

一体なんなんだろう・・・






小っちゃすぎて見えないかもしれないけど、

まるで竜巻のよう・・・・


意味分からん!

何の儀式なんだろう???
気になる・・・・







動物すげぇえええええーーーーーーー!!!!

(鼻血)

 

 

 

 

 

---------------




遂に日が暮れ始めた。。。
地平線に沈みゆく夕日・・・・

雲があったらもっと感動的な空に

なってただろうなぁ~






なんてのんびりしてたら、

急に車のハンドルが切られて

車体が大きく揺れた。
 

マジで横転するんじゃないかと思って

ビビりまくってたら、
後ろをバッファローの群れが

ものすごい勢いで道路を横断してた・・・!!!



っぶねぇぇええーーーーーー!!!



本気でシャレにならないくらい危険。。。
本当に本当に。。。



その近くにはバッファローたちがたくさん・・・!!
近すぎて怖すぎた。。。

 






うじゃうじゃ。。。



なんて思ってたのもつかの間。
相変わらず道路脇にインパラがいると

思ったら、どうやら様子が違う…!!


なんて見てたら茂みの奥に。。。


慌てて覗き込むと!!




これは間違いなくチーター!!!
どひゃーーー!!

 

スタイルいい…


レオパードもかっこいいけど、

チーターすごい素敵だわ。



というわけで、結局ビッグファイブの中で

ライオン以外は制覇できた!!
これってすごいことらしい。


日頃の行いが良いのかしらね、うふふ





野生動物の世界に震えあがった

長くて濃厚な一日が終わった。


人間は、動物としては全く弱い存在

なんだと思った。

完全に食われる方。


我が物顔で生きていられるのは

知恵の恩恵に他ならない。


クルーガー国立公園を無事に出て、

人間界に戻ってきたときの安心感は

格別だった。
 

 

 

 

 

---------------

 

 

 

 

っていう。

今から見ると写真の残念クオリティーが( ;∀;)

 

妹が今回取ってきた写真むちゃやばい。

ライオン母子が狩りの練習してるシーンに遭遇してたり。

雄ライオンがシマウマにかぶりついてたり。

 

ライオンいっぱいカメラに収めてたよ。

 

いいなぁ~

 

 

 

 

 

 

 

 

---------------

 

 

 

 

  

 

 

 

AD

コメント(8)