1 | 2 次ページ >> ▼ /
2006-02-28 18:20:41

パンク侍、斬られて候/町田康

テーマ:
町田 康
パンク侍、斬られて候

パンク侍って何よ?いや、よく分からん。

最後まで読んでみたけど、よく分からん。

一応ラストにそれっぽいこと書かれているけど、よく分からん。

でも、その分からなさ加減がある種パンクを表しているのかもしれない。

だってそーいうもんじゃない、パンクって?

なーんてもっともらしいこと書いたけど、やっぱよく分かんねえよ!

ってことで町田康「パンク侍、斬られて候」


町田康初の時代小説ってことでいいのかな、これ?

いや時代劇モンであるのは正しい。

だけど時代小説愛好家が読んだら、

「こんなのが小説!?けしからん!!」と言われること間違いなしの作品なんだ、これ。

そーいや最近出した「告白」も時代劇モンらしいけど、ありゃあどうなんだろ。

まあ、そんなことはさて置き、

時代小説なんだけど、相変わらずの町田節のため、

文章は滅茶苦茶、カタカナや英語も当たり前のように飛び交う始末。

人をおちょくってるとしか思えない文章、そしてストーリー。

「腹ふり党」何だよそれ?

これぞ町田康ならではの時代小説!

ってか町田康しか書かねーよ!こんなの!

ああ、何たるアホな小説なんだろ。

あ、ちなみに今までの全部ホメ言葉ね、ホメ言葉。


終盤の展開に関してはもはやカオス。

馬鹿と猿の戦い。んなアホな。

でも、よく考えたら町田康が「町田町蔵」として登場した80年代のパンクシーンはこのカオスっぷりと同じものがあった気がする。

ステージでは豚の生首や内臓、生理用ナプキンが飛び交い、全裸での演奏なんかもあった、

あのどこまでも過激だった頃のパンク!

そう、この小説は正にあの頃のパンクを象徴した作品なのだ!

ってテメー、その頃、まだ生まれて間もない頃じゃねーか!

なのにパンクを分かったふりすんじゃねーよ、ボケが!


えー、少々暴走しすぎたな。

これも町田康の影響だ、きっと。

書いてて悪ノリしすぎた。

ともかく、先ず一度読んでみりゃ、分かるはず。

いや、分かるかなあ?

まあ読んでみて。

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2006-02-27 22:08:29

ロング・タイム・ノー・シー

テーマ:ブログ

2月19日

「うわの空」という劇団のお笑いライブを観に行く。

かなりマイナーなのでよっぽどの人しか知らんだろう劇団。

コントあり、音曲漫才あり、モノマネクイズありの2時間で、

初めて観たにも拘らず、ずっと笑いっぱなしだった。

エガちゃんの元相方、コンタキンテも何故かゲスト出演。

ソロコントでの「刑務所は~」のくだりが反則でずっと笑わされた。


2月20日

バイト。とある有名であろうビルの点検作業。

相変わらずこのバイトをやっていると普段入れないような建物の裏の裏まで入れるので面白い。

この日は屋上へ上がりヘリポートを見させてもらったりもした。

ヘリポートのあるビル、すげえ。

でも、36階はこええわ。


2月22,23日

ゼミのメンツで旅行。静岡の川根へ。

コテージを借り、自分達で作った料理や持ってきた酒をかっ食らったり、

「んあ~」言いながら温泉浸かったりした、そんな二日間。

そして現地で花粉症になる。

今年も花粉症に苦しめられる模様。


2月24~27日

資格の勉強をしたり、知り合いとちょっとした旅行のプランを立てたり、

そんな感じの日々。

で、明日からちょっくら旅行に行ってくるんで、

またこのブログは当分お休み。

色々思うことありの旅行になる模様。


久々にミッシェルの「LAST HEAVEN'S BOOTLEG」聴いているけど、

やっぱりミッシェルはカッコいい。

以前よりカッコよく聴こえる。

ちっとも色あせねえなあ。


今日の一曲 デッドマンズ・ギャラクシー・デイズ/THEE MICHELLE GUN ELEPHANT

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2006-02-27 22:04:07

エルレのチケットの件

テーマ:ブログ

下に書いたエルレのチケットの件は残念ながら応募者ゼロでした。

まああまりにも急な話なのでしゃあないよなあ。

もうしょうがない、チケットの譲渡はあきらめっか。

一応、チケットは記念として残しとくかねえ。

大体明日旅行行くから今からヤフオクは無理だしなあ。

チケ代5,600円も犬に喰われたと思ってあきらめっか・・・。


あーあだなあ、ホント。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2006-02-27 16:47:44

急募 エルレガーデンのライブチケット譲ります

テーマ:ブログ

3月3日のELLEGARDENのZepp Tokyoでのライブチケット2枚を譲ります。

予定が入ってしまい、なるだけ知り合いの好きそうな人に譲ろうとしていたのですが、

どうも都合がつかないとの事で。


というわけでもし行きたい方いたら、以下のアドレスに至急御連絡下さい。

channel83postman@yahoo.co.jp

3/3 ELLEGARDEN

場所 Zepp Tokyo

時間 18時開場 19時開演

一階席立見

ticket 1枚2,800円(2枚アリ)


注意

1.本日10時迄の受付です。

(明日から旅行に出かけるためです、スイマセン)

2.応募は先着様優先でさせていただきます。

(もれた場合はご了承を)

3.送る方が決定した場合、確認のメールを送ります。

4.チケットは翌日に郵送します。

なので確認のメールが送られたら、至急住所氏名を明記したメールをお送りください。

5.また料金は振込みの後払いでお願いすることになります。

その点に関しては後でメールで送ります。

6.お金は必ず払ってください!相手を信用してのことなので。

というわけなのでお願いします。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2006-02-20 21:18:42

MOMENT/本多孝好

テーマ:

本多 孝好

MOMENT

 

「最後のお願い。もしも今年と同じような夏がきたら、その時は私を思い出して。バイト代は出さないけど」

「思い出さないよ」と僕は言った。「絶対、思い出さない」

「思い出して」

僕の反論を見越したかのように電話の声は言った。

「きっとよ」 (FIREFLYより)

自分が死ぬとしたら、その時に何を考える?

んなこと言われてぱっと僕には思いつかない。

じゃあもう一つ質問。

もし死ぬ間際に一つだけ願いをかなえてくれるとしたら、何を願う?

僕ならば、何を思い浮かべるだろう。

今のところ思い浮かぶことは誰かと会うことかもしれない。

それが誰か、大切な友人かもしれないし、昔傷つけた人かもしれないし、

またそれとは違う誰かかもしれない。

まあ、そんな「かもしれない」僕の願いはここではどうでもいい。

 

もしそんな死ぬ間際に願いを叶えてくれる人がいたとしたら?

今回紹介する「MOMENT」の主人公がそうだ。

という訳で久々の読書感想。

本多孝好の「MOMENT」。

 

主人公・神田が掃除夫のバイトで働いている病院に伝わるある噂、

死を間近にした患者の願い事をかなえてくれる必殺仕事人がその病院にはいるという。

そんな必殺仕事人伝説をある出来事がきっかけで神田は受け継ぐこととなる。

そんな彼と4人の患者たちとのストーリー。

その願い事は時に切なかったり、あまりに幼いものだったり、悪意を伴うものだったりと様々だ。

 

主人公・神田、彼の存在がこの作品には欠かせない。

一見クールでスマートなように見えるけど、

結構義理堅かったり、頑固だったり、

願い事をかなえていうなかで怒ったり、やるせなくなったり、切なくなったりする人間臭い奴なのである。

そして依頼を通じて彼自身も少しずつ成長していく。

そんな彼の幼馴染として登場する森野の存在もまた欠かせない。

神田とぶっきらぼうなやりとりを交わしつつも、

時に彼や彼の抱える悩みの核心を射抜くかのような言葉を発したりする大事な存在である。

好きだなあ、このコンビは。

 

個人的には「FIREFLY」が傑作。

主人公じゃなくてもずるいって思うよ、あんなラストは。

切ないって、あれは。

もちろん、他の話も十分に面白いけど。

文章も読みやすくて爽やかで優しい作品なので是非ともどうぞ。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006-02-17 19:08:59

しょーもない話

テーマ:ブログ

●最近思うんですけど駄洒落ってやつは結構便利なもんだと思うんですよね。

 毒舌や皮肉に比べたら誰も傷つけないし、頭柔らかくするのにも有効だし。

 ま、あんま言い過ぎるとうざがられちゃうんだけど。

 こないだバイトでビルの屋上から東大が見えたから思わず「東大下暗し」って言ったら、

 社長に「下らねえなあ、オチ研出身か」って笑われちゃったんですよね。

 オチ研はそんなこと、言わないと思いますが。

 

 皮肉をブラックジョークっていうんだから、

 いっそのこと駄洒落をホワイトジョークとでも言えばいいのにって思うんだよなあ。

 でも、白けるジョークだからやっぱダメかなあ?

 

●ゼミの知り合いとコーヒーを飲んでた際、

 あまりにも自分に色沙汰や噂がないという事実について改めて気付く。

 なので「嘘でも良いから噂作るか」ということに。

 知り合い一言。

 「吉祥寺の駅で人妻と歩いていた」

 とりあえず暫定でそれに決定しとくことに。

 もっといいのが思いつくまではそれでいくか。

 でも、多分広がることはないだろうけどね。

 

 あ、どうせなら黒木瞳似がいいかなあ・・・。

 

●部活の後輩にやり方を教えてもらいつつゲーセンの「太鼓の達人」にトライ。

 二曲目のジュリーの「勝手にしやがれ」で何故か後輩よりも高いスコアをたたき出す。

 何故だ?そして何故にジュリーで?

 やっぱすげえな、ジュリーは。

 しっかし、自分の年代でジュリーが分かるってのもどうかって話だよなあ・・・。

 俺、80年代生まれだから。

 

●このブログを見てくれる希少な友人と話すと、

 お前の文章はうさんくさいってよく言われます。

 「あ、やっぱり?」ってのが正直な感想。

 タモリとか、みうらじゅんとか、

 そーいうのばっか好きだからうさんくさいって言われちゃうんだろうなあ。

 まあ、自分でも常々うさんくせえなあって思いながら書いちゃいるけどねー。

 うさんくさくてなんぼです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-02-16 13:34:15

男たちのYAMATO

テーマ:映画

昨日、せっかく映画の話したんで、前に観た「男たちのYAMATO」の話も。

でも、正直ちゃんと書けるか不安だったりする。

 

この映画、屈強な野郎ども2人と一緒に観てきた。

一人は大学の体育会本部の代表を務めるやつ、

もう一人は来年度から居合いの師範として渡米するやつという、

正に「男たちのYAMATO」を観るにふさわしいメンツ。

もう誘うならこの2人しかないし、何よりネタとしても面白いメンツじゃん、

という訳で誘って行ったんだ。(ちなみに2人ともゼミ仲間)

もちろん、2人とも即オーケーだったよ。

そんな野郎どもと観た「男たちのYAMATO」。

 

で、ここからが本題。

映画なんだけど、泣きかけた。

自分でもまさかって気がするけど、こみ上げてくるもんがあった。

あやうく泣くんじゃないかって思った。

何だろ、この映画。

なんかあんまりうまく感想書ける気がしない。

難しいよ、このテーマ。「戦争」って。

でも、稚拙でも青臭くても、それでも書こうと思う。

 

戦争なんてモン、肯定できやしない。

日本っていう国はアジアの国々に対して侵略戦争を行なった。

もちろん知ってる。

もちろんそれは悪いことだと思う。

僕らの国は悪いことを行なった、それは事実。

 

でも、「YAMATO」を観て感じた感情はそれとはまた違うもんなんだ。

それぞれが抱えていた感情は別もんだよ。

死地に赴く兵士達の悲壮さ、

次々と死んでいく兵士達、

生き残った者の苦しみ、

それに感じる感情は良い悪いじゃねーよ、やっぱ。

そういう事実があった、で、それはやっぱり痛いし切ねえよ。

 

沖縄でどんどん兵士が死んでいくシーンや、

生き残った兵士が仲間の死をその母親に伝えるシーン、

やっぱり辛かった。

 

単純な僕はこの映画を観て色々と考えてしまった。

 

この映画は戦争を肯定するための映画じゃないと思う。

やっぱり否定するためのもんだと思う。

「次の世代の為に死んで礎になる」といったようなセリフが作中にあった。

死に望んだ兵士の意志を伝える為の映画、

二度と戦争を起こさせないって遺志を伝える為の映画、

そう僕は勝手に解釈した。

異論反論あるかもしれないなー。

お前は何も分かっとらんって。

自分でもそう思うよ。

 

やっぱりうまくまとまらないな、この感想。

ごめん、こんなんで。

 

難しいな、「戦争」って。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006-02-15 18:37:24

THE有頂天ホテル

テーマ:映画

パソコンの調子も復旧したし、またぼちぼち始めようかなと思っているこのブログ。

とりあえず飽きるまで続けます。

 

まあ、いろいろと話せることあるんだろうけど、

つい先日観た、「THE有頂天ホテル」、

それについて話そうかね。

 

実はこの映画を観る前によく行く糸井重里の「ほぼ日」、

そこでの本人の日記にこんなことが書かれてた訳。

 

三谷幸喜監督の『THE有頂天ホテル』観てきました。

いろんな感想やら、批評やら、あるのでしょうが、

ぼくにとっては、やっぱり、こう言いたい!

世界初の「ヅラ映画」の誕生である、と。

 

意味分からないでしょ、これ。

これを読んでからというもの凄い気になってたのよ。

「ヅラ映画って何だよ」って。

映画を観た知り合いにこの話をすると爆笑しながら「そうだそうだ」って言っててさ、

ますます気になんのよ。

 

そしてその翌日、知り合いと遊んでたらホントに観に行こうかって話になっちゃって、行ってきたのさ。

 

映画館行く、そして観る。

 

 

ぎゃはははは!確かに!

こりゃあ紛れもない「ヅラ映画」だ!

 

あんまネタばれになるから言えないけど、確かにコレ、ヅラ映画だ!

ヅラとか被り物とか、付け耳とか、そんなんばっかだ、これ。

小道具の使い方が凄いな、コレ。

 

ヅラの話ばっかしても、しょーがないのでそれとは別の感想も。

 

密室空間でのドタバタコメディーって意味じゃ、

ちょっと前にテレビでもやった「ラジヲの時間」に似ているところがあるけど、

話の広げ方が全然違うんだよねー。

ホテルって狭い空間の中でもあっちこっちで脈絡のない話が展開されていって、

もうどんどん空間が広がっていくように思えるのよ。

でも広がりきった話がラストのほうで一つに収束されていって、

キレイに終わる、

それが何とも言えず爽快でスゴイのよ。

 

しっかし、この映画、ホントに役者の数が多いよなあ。(しかも主役級の)

もったいないくらいに贅沢な使い方をしてるっていうか、

役者によっては10分も出てなかったりするんじゃないか?

でも、ちゃんと作品の中で存在感、出してんだよねえ。

いやはや、もうやっぱスゴイの一言になっちゃうんだよなあ。

 

最終的にはエンターテイメントの真髄を見せられましたって、

ホント、陳腐だけど、そんな感想。

でも、ホント面白かったです。

にしても、やっぱり「ヅラ映画」だよなあ、コレ。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-02-10 18:00:49

股旅/奥田民生

テーマ:音楽
奥田民生
股旅
 
大げさに言うのならば きっとそういうことなんだろう
誇らしげに言うならば きっとそういう感じだろう 
(イージュー★ライダー’97)
  
かなわねえわ、この人には。
最後まで聴き終わった瞬間、そう思った。
 
今回はちょっと前に借りた奥田民生の「股旅」についての話。
 
ご存知、奥田民生。
ユニコーンでの活動を経て、ソロとして活動。
ソロでの活動に加え、パフィーのプロデュースも手がける。
基本的にゆるい、どーしよもなくゆるい。
やる気あるのか分からん人。
最近だと広島市民球場でのライブを元にした映画「カスタムメイド10.30」があったり、
それに主演した木村カエラの「BEAT」を手がけていたいなんかもする。
ちなみに「パフィーの次はカエラでぼろ儲け」とはガキ使のバス釣りに出た際、
ココリコに言われた一言。
 
で、本題。
やっぱりゆるいんだけど、ロックなアルバムだったりする。
それもアメリカンな骨太なロックだったりする。
で、「股旅」なだけあって、旅にでも持って行きたくなるような、
そんなアルバムだったりする。
 
ロックってどうしても怒りとかだったり、やるせなさとかだったり、
そういったものがどこかにエッセンスとして入ってしまうじゃん。
でも、このアルバムは違うのよ。
聴いてくうちに、「いいじゃん、それで」って言われてしまうのよ。
「まあ、色々あるけど、とりあえず風の向くまま気の向くままに行こうぜ」
そう、言われてしまった様に感じちまった訳。
 
 
僕らは自由を 僕らは青春を
気持ちの良い汗を 決して涸れない涙を
幅広い心を くだらないアイデアを
軽く笑えるユーモアを うまくやりぬくかしこさを
眠らない体を 全てほしがる欲望を
大げさに言うのならば きっとそういうことなんだろう
誇らしげに言うならば きっとそういう感じだろう (イージュー★ライダー’97)
 
ラストの「イージュー★ライダー’97」
これ聴いた瞬間、思った。
ああ、この人には勝てねえって。
もう完全敗北。
完膚なきKO。
 
でっかいです、この人、ホント。
 
2/17追記 変換ミスで「民生」を「民雄」と記述したままでした。
申し訳ない!
通りすがりさん、ありがとうございました!
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-02-07 23:09:11

風の歌と冬の散歩道

テーマ:散歩

この日、僕は石神井公園の森に行った。

何でかって言われてもわからない。

ただ、不意にある感情に襲われた。

時々襲われるんだ、この感情には。

こいつに襲われた時によく行くのが森だったりする。

気付けば行くようになっていた。

やるせなさだったり、寂しさだったり、

そんな感情のせいでバランスをとれなくなった自分をチューニングするかのように、

僕は森に行く。

ふと行きたくなった。

だから行った、それだけだ。

図書館で前々から読みたかった村上春樹の「風の歌を聴け」を借りた。

そして電車に乗った。

 

電車に揺られて石神井公園の駅に到着。

そこから更に公園に向かって、いつもの道をいつものように歩く。

吐く息は白く舞う。

 

前日に降った雪は朝には既に止んでいたけど、

公園内の人は心なしか少なかった。

寒くて出たくないのだろうか?

地面の雪はまばらにしか残っていない。

それでも空の白さが僕のいた世界を白く染めていた。

 

一人公園内を歩く。

響く足音が心地よい。

ここにいる時は一人が怖くない。

一人であることも心地いい。

森が持つ不思議な感覚に包まれる。

 

いつもの茶屋で汁粉かなんかでも頼もうとしたけど、あいにくの休み。

「今日は寒いですね~」なんて会話でもしようかと期待していたけど、残念。

そこにあるのは自動販売機のみ。

ハートウォーミングな会話なんか期待すらできない。

 

渡り鳥が枝に止まるかのように、近くの鉄柵に腰掛ける。

借りた「風の歌を聴け」を読む。

静寂が本を読むには丁度いい。

ただ本だけを読む。

 

本をよく読むようになったのはここ一年の話だ。

何かで「独り者のなぐさみ」とかそんな風に読書のことを言っていた気がするけど、

ありゃあ言いえて妙だ。

一人で自分を相手に禅問答をやるようになってから僕は本を読むことが多くなった。

一人で物思いに耽りたい時に読むのが本なんだろう。

 

途中、流石に寒くなったので自販でホットココアを買う。

本当は汁粉が飲みたかったけど、あいにく売っていない。

7台もあるんだから1台ぐらいあってもいいのに。

 

そーいや昔、尾崎は缶コーヒーを100円で買えるぬくもりとか言ってたっけ。

もっとも僕が飲んでるのは120円のココアだけど。

手にすれば温かい。

でも、飲めば冷たくなっていく。

安っぽいぬくもり。

消えないぬくもりがあればいいのに。

飲みきってすっかり冷えた空き缶はゴミ箱へ捨てた。

 

ココアを飲んだ後も一人「風の歌を聴け」を読む。

少し寒くなってきた。

手が冷たい。

でも読みたかった、今、この場所で。

 

ようやく本を読み終えた頃、

空はそれまでの白にオレンジのグラデーションがうっすらかかっていた。

丁度いい頃合だったので、僕はその場を離れた。

帰り道の途中、突如不思議な感覚に襲われた。

それは森から元の世界に帰る合図だったような気がしてならなかった。

 

さて、退屈な日常に戻ろう。

 

この日の1曲 冬の散歩道/サイモンアンドガーファンクル

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。