SYMPHONITY「VOICE FROM THE SILENCE」

ピッペンメモ
SYMPHONITY「VOICE FROM THE SILENCE」(2008
1.La Morale Dell' Immorale 2.Give Me Your Helping Hand 3.Gates Of Fantasy 4.Bring Us The Light 5.Salvation Dance 6.The Silence – Memories
Part I 7.The Silence – In Silence ForsakenPart II 8.The Silence – Relief ReveriePart III 9.Searching You 10.Evening Star 11.Afterlife 12.Salvation Danceextended version 13.In Silence Forsakenpre-mixed version

チェコのメロディック・メタル・バンドNEMESISが、新ヴォーカリストにDIONYSUSRHAPSODY OF FIREのルカ・トゥリッリのアルバムで歌っていたオラフ・へイヤーを迎え、SYMPHONITYという新バンドとしてリリースする1stアルバムです。

NEMESISのアルバムは持っていないワタシですが、このSYMPHONITYが志向するシンフォニックでネオ・クラシカルな部分をも内包するクサメロが散りばめられたメロディック・パワー・メタル路線、ワタシは大好きです。

何だかギター以上にベースの音が大きいミックスというか音作りは何だか微妙ですし、オラフの歌唱も若干不安定な部分があるのですが、それを補って余りあるクサい歌メロと爽快な疾走感。ほんのりたどたどしいですが(苦笑)DARK MOORばりにクラシカルなメロディを奏でるギター・ソロが最高なアルバムです。

久々にここまでベタでコテコテの典型的クサメロ・メロディック・パワー・メタルを聴きましたよ。でも、オレはこういうベタなクサメロ・メロパワが好きなんだ!と声を上げて言いたいです。DARK MOORSTRATOVARIUSに通じる部分がかなりあると思うので、メロパワ/メロスピ好きの方には自信を持ってプッシュしておきます。

オススメ度 10点中9
AD