TREAT!

テーマ:
本日、クラブチッタにて行われます「KAWASAKI ROCK CITY 2015」に行ってきます。

昨年はFIREHOUSE、WINGER、Y&Tという凄まじい組み合わせで最高でした。

今年は北欧系で固められておりまして、CRASHDIET、TREAT 、EUROPEです。何と言っても、お目当てはTREATですよ、TREAT!

既に解散を表明しており、今回が最後の来日になる可能性が高いです。というか、まさか来日するなんて!奇跡の来日!

もう年明けから仕事が最強に忙しかったのですが、今日の為に耐え抜いてきました。今日は楽しみまくります!

AD

2015年仕事始め

テーマ:
名古屋に来てから、仕事始めから全速力での動きを余儀なくされております。こんばんは。

今日がワタクシ仕事始めでした。2013年4月から三重県を担当しておりまして、昨年は仕事始めの日に思いっきり伊勢神宮を初詣したのです。今年も!と思っておりましたが、多忙と混雑により見送り。次回伊勢に来た時には必ずや。。。!

あと、この2か月のうちに、1回熊野に行きたいな~。得意先もあることだし、今のうちに行っておかないとなかなか行けそうにないしな~。

というわけで、今日はもう寝ます。おやすみなさい!
AD

終わってしまう~

テーマ:
あっという間に年末年始の休暇も本日で終了。。。

本当は7時くらいに起きるつもりだったのに、目覚ましを4回くらい止めた記憶の次の記憶が朝の10時半というね。。。もったいないことした。。。

おそらく私の推測によると、名古屋生活もあとわずか2か月~3か月ということになっているはずなので、明日からは仕事もしつつ名古屋メシをはじめ東海エリアのグルメと観光地を制覇しておかなければいけませんな!確実に実施したいのは、熊野詣!!

では、本日はこれにておやすみなさい。
AD

第91回箱根駅伝

テーマ:
名古屋に転勤して以来、箱根駅伝の復路を生観戦しております。

今年も悩んだ挙句、予定を変更して常盤橋近辺で生観戦。今年は我が母校中央大学が3年ぶりにシード権を確保できそうだったので、久々に楽しめる生観戦になるかと思いきや、10区の多田選手が足に故障?を発生して大ブレーキ。8位どころか走行順で最下位に転落、総合順位でも9区までの8位から19位にまで下がってしまうという結末となってしまいました。

ガッカリしていないと言えば嘘にはなりますが、足の痛みを覚えながらも根性でゴールまでタスキを届けた根性には脱帽です。最後までやり切るという精神の強さを教わったような気がします。

とはいえ。。。やっぱり悔しいな。。。

来年も予選会からとなりますが、やっぱりお正月の風物詩の箱根駅伝に母校が出ていないというシチュエーションは考えられないので、今年10月の予選会を何としてでも突破してほしいと、切に願っております!!

2015年

テーマ:
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

今年は色々と変化が起きる一年になりそうです。公私共々…?となるかどうかは、僕次第でしょうね。

今年は自分なりにワガママに生きてみようと思います。暴走しない程度に(笑)

今年が皆様にとって素晴らしい一年になりますように!

WITHIN TEMPTATION 「HYDRA」


WITHIN TEMPTATION 「HYDRA」 (2014)
1. Let Us Burn 2. Dangerous 3. And We Run 4. Paradise (What About Us?) 5. Edge Of The World 6. Silver Moonlight 7. Covered By Roses 8. Dog Days 9. Tell Me Why 10. Whole World Is Watching


オランダのシンフォニック・メタル・バンドの6thアルバムです。

最初聴いた時の感想としては、内容はいいけど割とあっさりしているというかアルバムとしては小粒かな~なんて思いましたが、回数重ねて聴いていくと、曲の良さがさらに耳に馴染んできて最終的には「本当にいいアルバムだなぁ」という感想に行きつくという、お決まりのパターンになりました。

何より、どの曲もサビの歌メロが本当にキャッチーで口ずさめるものであることが、もう本当に素晴らしいです。捨て曲なしとはまさにこのこと。
まぁ、突き抜けた大名曲というものはない気がしますが、それでもどの曲も余裕で合格点を叩き出すというそのソングライティング力がすごいですね。

また、今回はゲスト・ヴォーカルを迎えてのシャロン・デン・アデル様<vo>とデュエットしている楽曲が4曲もあり、アルバムにメリハリをつけているのも効果的。
メタル/ロック関係でいえば、②に元KILLSWITCH ENGAGEのハワード・ジョーンズ、④に元NIGHTWISHのターヤ・トゥルネン、⑩に何とまさかのSOUL ASYLUM(ワタシ、このバンド大好きなんです)のデイヴ・パーナーと、それぞれ個性のあるシンガーを迎えています。
そして、それが好結果を生み出しているのもいいですね。特に⑩なんて心に沁みる名曲よ。SOUL ASYLUMのアルバムで再録音して欲しいくらい(笑)

まぁ、ここまで大衆的な音像、もっと言えばシンプルなロック要素の構成比が大きくなると、シンフォ・ゴシック的耽美な要素が多かった2nd「MOTHER EARTH」や3rd「THE SILENT FORCE」を懐かしむ声が出てくるんだろなぁと思います。
が、やっぱりシンフォニックな要素を残しつつ、ここまで大衆的でハイ・クオリティなロック/メタルな楽曲を生み出してくれる存在はなかなかいないのも事実。昔のシンフォ・ゴシック路線を懐かしむ方も、このアルバムは高品質なメタル・アルバムとして楽しむ方がいいと思います。
僕はこのアルバム、大好きです。名盤に認定。

オススメ度 10点中9点

CYNTIA 「閃光ストリングス」


CYNTIA 「閃光ストリングス」
1. 閃光ストリングス 2. グリーン・アンド・モンスター 3. カタストロフィー

2014年発表のシングルです。僕はライヴDVD付きを買いました。

表題曲はアニメ「聖闘士聖矢Ω」の主題歌ですが、疾走感もありつつキャッチーなサビが印象的ないい曲ですねぇ。ギター・ソロもカッコいいです。2曲目もノリがよくサビのメロディがいい感じ。3曲目は、どっしりとした重厚なヴァースから、パーッと広がっていくようなサビのメロディが素晴らしいロック・チューンとなっています。

ここ数年のいわゆるガールズ・メタル・バンドの中でも、いちばんメジャーな展開ができているバンドですので、この勢いのままますますメジャーになって欲しいですね。それを期待することができる、いい曲が揃っているシングルだと思います。

大相撲

テーマ:
物心ついた昔から、日曜日の午後家にいると必ず何かしらのスポーツをTV観戦しております。

その多くは、競馬なのは言わずもがなですが、その他にもマラソンや駅伝や相撲やゴルフ・・・。
先週末は、なぜか久々に大相撲を見ていました。特に大相撲に詳しいわけではないのですが。

で、優勝したのは今回も横綱の白鵬関だったわけですが、今回は大関の鶴竜関が本割で白鵬関を破り優勝決定戦に持ち込んだんですね。結果は前掲のとおりでしたが。

それにしても、今場所の稀勢の里関の綱取りにしろ、来場所の鶴竜関の綱取りにしろ、最近の「綱取り」や「大関昇進」、話が出てくるのが早すぎないですか?だから、横綱や大関に昇進しても、強い横綱や大関に成長できないのではないかと思ってしまいます。。。

以上、取るに足らない独り言でした。

2013 個人的音楽ランキング(洋楽編)

お次は洋楽編・・・と言っても、99%がヘヴィ・メタル系ばかりです、たぶん。
ご容赦ください。

1. CARCASS 「SURGICAL STEEL」
2. HELLOWEEN 「STRAIGHT OUT OF HELL」
3. AMORPHIS 「CIRCLE」
4. ROYAL HUNT 「A LIFE TO DIE FOR」
5. AMARANTHE 「THE NEXUS」
6. BATTLE BEAST 「BATTLE BEAST」
7. STRATOVARIUS 「NEMESIS」
8. DGM 「MOMENTUM」
9. FM 「ROCKVILLE」
10. DREAM THEATER 「DREAM THEATER」


はっきり言って聴けてないアルバムが多すぎて、自分の中では納得のチョイスというにはあまりにも程遠い結果に・・・。なので、どうこう言えません。

ちなみに、楽曲で気に入っていたのはEVIL INVADERSの"Victim Of Sacrifice"などなど。