一言
~ 私は幼いころより商社マンの父親に連れられて小学校時代はアメリカへ、高校時代はオーストラリアへ、外国の教育を受けて育ちました。
そのとき学校では私はつねに気分は日本代表でした。
アジア人だということで受ける差別や偏見などと日常的に戦う日々。
思春期はほんと辛い思い出の方が多かった。。。

そんな状況下、いつしか私はは自分がうけた差別や偏見のない社会をあこがれるようになり、
相手が誰であれ、思いやる気持ちが大事であることを自然に体得することになりました。

時代が変わり、大学を卒業し、一般のサラリーマンになってから日本における外国人の不動産事情
(保証人問題などで物件を借りることができないという問題が当時ありました。)を知り、
そんな人たちの役に立ちたい一心で自分で物件を借り、それを外国人に貸すことをはじめました。
どうせなら外国人と日本人が一緒に住める場所を!ということで
現在の会社を設立し、10年経過した今、約90名の色んな国籍の人たちが
楽しくワイワイ共同生活を営める場所を作り上げて運営しています。

そんなこんなで10年間会社を経営してきましたが、一つどうしても気になることがありました。
それは日本社会の行く末、です。
はっきり言ってしまえば、日本は弱体化していると言い切れます!
地域社会の崩壊、核家族の崩壊、雇用状況の悪化、民間の平均給料がどんどん下がっていく一方。
そんな中、政治はどう見ても権力闘争に明け暮れているようにしか見えず、このままでいいのか?とつねに考えている自分がいました。
この国の未来は一体どうなってしまうのか?

そんな中、この間の尖閣諸島の問題で中国とこじれた時はっきりと自分の中で、


「日本人として、今立ち上がらずにいつ立ち上がる!」


という思いが燃え上がっています!

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-05-01 01:05:01

On to the next stage...

テーマ:ブログ

昨日を持って、1期4年間の任期を満了し、

私の市議会議員としての役割が終わりました。



最後は役所で市長、副市長、教育長、各部長、

今までお世話になった方々に挨拶をし、

東久留米市役所を後にしました。



まだ残務処理が残っていますが、

とりあえず、これで一つの節目を迎えました。



東久留米市がより良くなるために、今の市議会議員さんたち、

そして行政にはしっかりと頑張ってもらいたいと思います。



この街の課題は沢山ありますが、

新たな担税世代をいかに受け入れていくか。

上の原の企業誘導等を成功させ、法人が増えていく

努力も欠かせません。



担税世代を受け入れていくためには、高額所得者が

東久留米を住む場所として選ぶ対象にならなければ

いけません。しかし、今の東久留米市は低所得者には

手厚い政策をしていますが、

高額所得者には割と厳しい町です。



この辺りをいかに変えていけるか。

そのための政策をどんどん打ち出し、

高額所得者にとって魅力ある街にならなければいけない。



そうじゃないと、どちらかというと低所得者優遇をしすぎるあまり、

低所得者ばかりが市に増え続け、それは結果として、市の財政に

影響をしてくる可能性があるからです。



高額所得者が市に住むことにより市の税収は増えるので

是非そのような政策を立案してもらいたいと思います。




それがこの街が持続可能な市政運営をできるかどうかのポイントの

一つになると思います。



まあ、これは私の考えですが、今後は一市民として

この街を見守っていきたいと思います。



私は次のステージへ進み、別の角度からの社会貢献に

挑みたいと思います。



このブログを読んでいただいた皆様、ありがとうございました。

この4年間、本当に濃い4年間でした。

そして、全力で取り組んでまいりました。

この4年間に関しては悔いはありません。



少し休んで、少しずづ、新たな舞台でまた1から頑張っていきたいと思います。



On to the next stage...

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2015-04-28 10:05:45

落選しました。

テーマ:ブログ

近藤せいじです。


人生2度目の選挙が終わりました。

結果は残念なものとなってしまいました。

私の発信不足が一番の理由だと思います。



それでも1043名が私の名前を書いてくれました。

私の考え方、私の1期4年の活動を評価してくれた方が

それだけいたと感じております。

(公職選挙法の影響でお礼ができませんので控えさせていただきます。)



私も選挙が終わり、家族が全員ノロウィルスで倒れてしまったので

現在選挙の残務処理をしながら家事もしているので

ブログの更新が遅れてしまいました。



今回の選挙は私にとっても厳しいものでしたが、民主党に

とっても大変厳しい結果となりました。

他市ではそれほど民主党の票に変動がなかったわけですが、

東久留米は民主党の票が1100ぐらい減ってしまったわけです。

理由は様々あるかと思いますが、

最終的には自分たちの発信力が弱かったということだと思います。



昨日は地元都議の事務所で選挙の総括的な話を持ちました。

民主党がこれだけ悪い時期、一緒に活動をしてきた仲間である富田さん、

梶井さん、そして地元都議の山下さん。

市民の皆様から様々なご意見、ご批判を受け、

それでも明日を信じて歯を食いしばって耐えてきた、

ある意味戦友とも言える、存在です。


自分が民主党再生への道半ばで討ち死にしてしまって

申し訳ないと言ってたら、涙が止まらなくなってしまった。


何十年ぶりに人前で泣きました。




選挙の結果は出てしまったので仕方がありません。

私の東久留米市議会議員という役割は終わります。




とりあえず、落選したばかりなので、今はまだ自分がどうしたいのか、

考えられない部分もありますが、

幸いにして、私は自分が29歳の時、起業した自分の会社も

ありますから、別の形での社会貢献を目指し今後は頑張って

いこうと思います。


私が目指した東久留米の国際化。今後は東久留米にとらわれずに

日本の国際化に向けて頑張りたいと思います。






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-04-25 23:12:30

近藤せいじからみなさんへ

テーマ:ブログ

選挙戦、終了しました。


昨日の夜からノロウィルスに感染し、

下痢と嘔吐と発熱で最悪の体調でしたが、

なんとか乗り切りました。

(いまだにお腹はわけわからない状態ですが、

なんとか、夜の駅立ちも10時半までやり切りました。)




今回が2回目の選挙だったのですが、

前回同様、結果がどうなるのか、さっぱりわかりません。



というのも、私は組織票なしで戦っているので、

それがどれだけ市民に評価されるのか。




本来、政治家であれば、多少の組織、団体からの支援

を受けているものですが、私の場合、団体からの支援は一切ありません。

そういったものから支援を受けるとそれらの団体からの要望を優先した

議員活動を強いられるのでそれは私の場合はやりたくないので

しがらみゼロで頑張っているわけです。




しがらみゼロであれば、本当に市民11万6千人のために動くことができるからです。




残念ながら、今の市議会で議論されていることは、

公務員派VS.民営化派の争いに終始しています。

図書館の問題、保育園の問題、行政の窓口の問題 ETC.

数え上げたらきりがありません。


しかし、本来であれば、公務員だろうが、民間中心で業務をやろうが、

要はどちらも同じ人間です。



本当はそんなところが議論の

中心であってはならないわけです。




みなさんの税金をいかに効率的に、1円でも安く費用対効果を出せるか。

これこそが本来議論の中心でなければならないはずが、



「図書館は公が担ってきたから民営化にふさわしくない。」

「保育園は市が責任をもって請け負うべき。」



というような話が議論の中心になっている。

これはまさに団体から支援を受けている議員が多いから

このような方向に話が進んでいくわけであります。


しがらみゼロの議員だったら単純に、

「このやり方であれば、税金を安く、行政サービスも満足度が高くやれるから

これでいこう!」

とあっという間に話が進み、市政運営もどんどん発展していきます。

そして、そういうしがらみゼロの議員が市に沢山いれば

その市はよくなるはずなのです。




そのためにはみなさんの応援が本当に必要です。


みなさんの一票でしがらみゼロの議員を増やしてください。

みなさんが納める税金を有効活用するためにはそれが一番だと思います。




近藤せいじ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。