奇跡の音色で美力アップ!YOKOKO.のフラワーエッセンス/渋谷・代官山

野に咲く花の一つ一つにキレイをつくるエッセンスがあるのをご存知ですか?
フラワーエッセンス花療法士・プロデューサー&ホメオパスYOKOKO.が、花のメッセージで美力をアップするフラワーエッセンスの秘密をお届けします。






テーマ:

 ← 今日も応援、よろしくお願いします。


こんにちは、YOKOKO.です。


昨日のつづきです。

昨日ご覧になっていない方はコチラを読んでね!




大好きだった上司、Oさんの後任で来られたのは

以前、私に「おまえはアホか!!」と一喝した

元上司のSさんだったのです
(T▽T;)



そうはいっても、私が事務として

Sさんの下で仕事をしていた数年間は

笑って冗談も言える、上司と
部下の間柄でした。


バイヤーになりたいなどと

アホなことさえ言わなければ

Sさんも普通の上司でした。



ところが、今度は、

「絶対ダメだ!」と言われていたバイヤーとして、

Sさんの下で働くことになったのです。


運命のいたずらとしか思えない、、、
ガクリ



Oさんの異動も、力を認められてのものでしたから

喜ぶべきことでしたが

その時の私は

誘導灯を失って暗闇に放り出されたようでした。



私がいたフロアーは、全部で200人くらい、いたでしょうか。

そこで、みんなに辞令が渡されました。


バイヤーとして私の名前が呼ばれた時

他の部署から小さなどよめきがあがったのは当然のこと。


前代未聞の人事だからです
汗


その日の給湯室の話のネタなったのは

間違いありません(笑)



その時の私は、バイヤーになれた喜びよりも

Sさんの下で働くことになった不安感の方が大きく

周りのどよめきが

「なんであの子が??」という

私に対しての批判のようにも感じられました。



そして、みんながそれぞれの部署に戻った時、

Sさんがうちの部署のバイヤー全員を呼び集めました。



「いいか、ひとこと言っておく!

俺は店の経験をしていない人間をバイヤーだとは認めない!

覚えておくように!」



バイヤー全員の前でのこの言葉は

当然、私ひとりに向けられたものです。



その後、Sさんがどんな話をしたのか

私はまったく記憶がありません。。。


ただただ、怖い、、、
なく それだけ。


だってまだ20代の女子ですもの。

今だったら全然違ったと思うのですが(笑)。




そこからはもう大変な毎日がはじまりました。


バイヤーはとにもかくにも忙しい。

時間がいくらあっても足りません。


当時、その会社は、デスクでの飲食は一切禁止でした。

なので、喉が渇いたら社員食堂か給湯室に行って

お茶をいれたり、自販機で飲み物を買って

飲んだりしなくてはいけません。



でも、当然お茶を飲んでいる時間もありません。

トイレにいった時に、ほっと一息つくのが精一杯。。。



当時はまだ、今程ITが台頭していない時代。

そのなかで、その会社のデータシステムはかなり優れていて

毎週月曜日は、朝から自分が担当する商品の

一週間の売上を分析することからスタートでした。



ところが、昔から数字が大嫌いな私。

バイヤーになったとて、研修があるわけもなく

いきなり業務がスタートします。


なぜなら普通はみんなお店のマネージャーなどを

経験するなかで、こういったのはすでに経験済みだから。


でも私は全く経験がないので

数字の見方すらわからないのです
汗



細かな数字が並んでいる資料を何百枚も分析して

上司にレポートを提出しなくてはいけないのですが

数字の羅列だけをみても、

売れた、売れなかったくらいしかわからず

何が問題点なのか、どうしてこういう数字になっているのか

理由を述べよと言われても、さっぱりわからない、、、
汗

そもそも何千点とある商品の名前すら

わかっていないのです。



バイヤーには必ずディストリビューターという相棒がいます。


バイヤーが仕入れた商品を

ディストリビューターが各店舗に流していくわけですが

ありがたいことに、私のパートナーのDBさんは

経験も豊富で優しい方だったので

月曜日の朝になると私は資料を一式持って

DBさんのところに逃げ込みました。



最初の頃のレポートは、

DBさんが書いたといってもいいくらい

私は彼の言葉を書き写して提出していたのです。



そのうち私の姿をみかけると

「ちょっと待った!
TE先に俺の仕事もさせてくれ!(^_^;)

と逃げられることもあったくらい

その方がいないと私は手も足も出ませんでした。



その時はじめて思ったのです。


Sさんがおっしゃっていたのは

こういうことなのだなと、、、



でも、そんなに素直になってもいられないくらい

Sさんの私に対する風当たりは、かなりのものでした。



レポートを提出した後、1時間もすると

必ず私を呼ぶ Sさんの怒りのダミ声がフロアに響き渡ります。


「○○
~~~!!!
ちょっとこーーーい!!ヽ(`Д´)ノ


そのたびごとに、私は

「はいっ!!」と縮み上がります。


あとはひたすら、

「すみません。はい。わかりました。」


「だからお前なんかには務まらないって言ったんだ!

やめてしまえ!!」



いまにしてみるとよく我慢できていたなぁと思います。

「いいか!女を捨てろ!!」ともよく言われました。



「だから女は、、、」と言われたくなくて、

どんなに怒鳴られても

絶対泣くまい!と思っていたので

涙をこらえるのも必死でした。

まわりはきっとハラハラしていたことでしょう。



私があまりに毎日怒鳴られているので、

打ち合わせに来る取引先の担当の方たちから、


「○○さん、本当によく耐えてますね 
(T^T)゚

みんな心配してますよ、、、」
と言われたものです。



でも私の中では、

数字は確かに苦手だし怒られるのも無理はない。

時々理不尽に怒鳴られることもあってムカつくけど

バイヤーになったことを後悔したことは

一度もありませんでした。



だって、『諦めずに努力して、願えば叶う』

『がんばっていれば必ず見てくれている人がいる』


ということを、実体験したからです。



せっかくなら、これまでと違うことをやってみよう

という想いだけはありました。



相変わらず、怒鳴られるのは続いていましたが

少しずつ、自分なりに取引先との関係もできてきて

仕事も自分で考えられるようになってきました。


私がバイヤーの仕事をしているなかで

一番楽しかったのは、

新しく商品の企画をすることと、

売り方を考えることでした。



それ以前から、雑貨が大好きだった私は

担当している商品を『雑貨感覚』で販売してみたい

という気持ちになっていました。


そこである時、思い切って取引先に相談しました。



「こういうタイプの商品をつくりたいのですが」


すると取引先の担当者も社長さんも

「いやぁ。それはちょっと冒険しすぎですよ。

○○さん、Sさんの許可はもらってますか?
汗


もちろんもらってません。

もらえるはずがありません(笑)。


でも、たくさんの企画の中で、1つくらい

こういったのがあってもいいのではないかと思ったのです。



売り方もこうして、、、こうしたら面白くないですか?


最初は難色を示していたお取引先も

次第に前向きになっていきました。

そして、最後には

「分かりました!やりましょう!」と言ってくれたのです。



試作品が出来上がり、

その時Sさんがなんて言ったのかは覚えていませんが

無事にYOKOKO.企画の商品を売り出すことができました。



その商品は、かなり売上がよく

見事に売れ筋商品となりました。



そしてとっても嬉しかったのは

それをつくったお取引先の方から連絡があって


「○○さん!先日、御社のライバル会社の担当バイヤーが

あの商品を買ってきて

これと同じような商品をうちでんも作って欲しいと言ってきましたよ!

やりましたね!!○○さん!!」



と言われたのです
ハート


本当に嬉しくて、バイヤーをやって良かったと

涙が出たのを覚えています
涙



それ以外にも本当にいろんなことがありました。


それらはまたの機会に書いてみたいと思いますが

私が一番ぐっときたのは、

実は私がこの会社をやめることになった時です。



辞める理由は、くじけたからでも

嫌になったからでもありません。

本当は大好きなこの仕事を続けたいという想いがありました。


でも、すでに結婚していた私は

毎日のように終電近い電車で

朝もはよから出勤し、週末出勤も当たり前。

そんな生活を長く続けることは不可能でした。



ベテランになれば変わるのかと思いきや

周りを見渡すと

何年選手になっても忙しさは変わらないようでした。


そこで後ろ髪を引かれながらも一大決心!



最初に私に可能性を開いてくれた上司

ロマンスグレーのKさんは

その時すでに、取締役でかなり上にいかれていました。

退職の挨拶に伺うと


「やめるな。今からでも間にあうから。

人事にかけあってやる。

女性が30過ぎて再就職は厳しいぞ。

問題があるなら力になるし

バイヤーが無理なら、他にやりたい仕事はないか?

別の部署に異動させてやるから」



と、たった半年しかお世話にならなかったのにも関わらず

親身になって言ってくださいました
涙


考えてみれば、このKさんがOさんに

私の気持ちを引き継いでくださって

私がバイヤーになったときは、KさんはOさんの上司。

きっとこの人事にも尽力してくださっていたはずです。

この言葉は本当にありがたかったですハート



でもその時の私は、バイヤー以外、

その会社で興味を持てる仕事はなかったのです。


だったら、全く別の会社で

この経験を活かして他の仕事をしよう。

そう思っていました。


確かに再就職は厳しいかもしれない。

でも私には、できないとは思えなかったのです。



そして取引先の挨拶まわりを終えて

最後に、一番主力のお取引先の社長さんとお話した時のこと。


社長さんはこうおっしゃいました。

「そうですか、、辞められるのは残念ですね、、。

Sさんもがっかりしているでしょう。」


「え!?いいえ。Sさんはほっとしているんじゃないですか。

私は出来の悪い部下でしたから
汗


実際、Sさんは、私が辞めると言った時も

一切止めてはくれませんでした。



すると

「○○さん、知らないんですね。。。

実はSさんは、口の悪い方ですが、いつも言ってましたよ。

○○は見込みがある!

俺がアイツを一人前のバイヤーにしてやる!って」




・・・・・




その言葉を聞いて、私は胸がいっぱいになりました。


あのSさんがそんなことを言っていたなんて。

私には優しい言葉1つ、かけてもらったことはありません。


帰り道、涙が止まりませんでした。



でも、結局私は、Sさんには最後まで、

当たり前の挨拶、一般的な御礼の言葉しか伝えられず、

会社を後にしました。


今はそれも心残りです。




上司と部下は基本的に理解しあえないことが多いのです。



(と言ってしまうと寂しいですが、、、)





それは、立場が違うと見ている景色が違うからです。






人は、どうしても自分が今いる場所からしか



景色をみることができません。







先日、バースデーで東京タワーにのぼった時



初めて一番上の展望台までのぼりました。



東京タワー



今までの展望台でも充分高いところから

見下ろしていた

つもりでしたが、




それより100メートル上の景色をみてから

下に降りた時、



当たり前ですが、

目の前にある同じビルの位置が

大きく違っていました。





さっきまで見下ろしていたビルが

目の前に並んでいたのです。








つまり同じものを見ていても、



『どの立場、どの立ち位置で、ものを見ているか』



この違いなのです。







これは、どちらがいいとか悪いとか



正しいとか間違えているとかの前に



どちらも必要だということ。









「この人の言ってること、おかしい!

ムカつく~~~!!」


と思ったら


その人の立場に立ってまずは考えてみてください。







もし自分がその人と同じ立ち位置だったら、

どう判断するかな?




そう客観的にみるだけで、



「むかつくけど、、、仕方ないのかな」と、



いくつかのものは納得できるようになります。








もう1つ、Sさんから教えていただいた

大事なことがあります。



私は、それまでの商品ラインナップとは変えて

もっと違う売り場を作りたいと考えていました。


そのためには、もっとお洒落な商品づくりに

力をいれたいと思っていたのです。


20代の女性ですから当然です。



そこで一社、目に留まったメーカーがありました。

そこはこれまでわずかなお取引実績しかなかったのですが

一番おしゃれな商品をつくっていたのです。



そこで、そのメーカーの商品の仕入れを

ぐんと増やしました。

もちろん、そこのメーカーさんはとても喜んでくれて

一緒に新商品の開発をしようという話になりました。



そんなある日、私はまたSさんのダミ声で

怒鳴られました。

「○○~~~!!ちょっとこーーい!!!
ヽ(`Д´)ノ



「お前なぁ、お前になってから仕入れのバランスが

これまでと全然違っているのはどうしてだ!!」



「それは、、、かくかくしかじか、、、」


「ばかやろーーーーーー!!!!
ヾ(。`Д´。)ノ

お前は何を考えてるんだーーーー!!!」




最初はSさんの気分で怒鳴られているのだと思いました。

これは私のやり方なんだから

売上が上がれば文句は言わせない。

なんて、心の中で生意気なことを考えていました。


ところがSさんにこういわれました。


「わかっているのか!昨年に比べて

このメーカーの仕入れがいくら減っているのかを。

いいか、お前は会社の金を使って仕入れているから

忘れてしまうかもしれないが、

俺たちバイヤーのさじ加減ひとつで、小さなメーカーは

簡単に吹っ飛ぶんだぞ!

そこにはその会社の社員の生活がかかってるんだ。

お前みたいなのでも簡単に億単位のお金を動かせるんだ。

それだけ責任のある仕事をしてるんだぞ。

自覚しろ!責任感を持て!!」



これにはこたえました、、、、

私は自分のことしか考えていなかったのです。


いち担当者の私は、売上が上がればみんな喜ぶと

そのことしか考えていませんでした。



お取引先ひとつひとつが

うちとの間でどういった取引をして

どういった売上を見込んでいて、

どのくらいの在庫を抱えているのか。


担当が変わっていきなり仕入れを半分に減らされてしまったら

その会社はどうなるのか。



Sさんと私は、当然、見ている次元が違うということです。



今になって思い返せば、

Sさんにイジメられたと思っていたことも、

本当はこの訳のわからない小娘を鍛えるために

厳しさを叩き込まれていたのかもしれません。


大切なことをたくさん教えていただいたのだなと思います。

今は本当に感謝しています。



つまり、私たちは意外に

目に映るものしか見えていないということです。


被害者意識が強くなって、

「なんでどうして?アイツがムカつく」と思う前に

その裏にある真実をみようとしてみることも大切です。


真実は1つですが、

見える方向によって、形が違っています。


本当は丸いのに、四角いものだと思い込んでいませんか?




それに、人はひとりひとり、性格が違います。

ということは、表現の方法も違うのです。


Kさんのように、やさしい包容力で

部下を導く人もいれば


Oさんのように、頼れる兄貴のようで

信頼して部下がついていく人もいる。



そして、口は悪く、優しい言葉はかけられないけど

鍛えることで部下を育てようとする

Sさんみたいな人もいる。



若いうちはなかなかそこまで

理解できないのは仕方ないですけどね。


私も時間が経って、年齢を重ねて

そして自分も部下を持つようになって

初めて気付いたことがたくさんあります。



まずはあらゆる面から見ることができる柔軟性を

心に持つことからはじめてみましょう。



そうしたら、少しは高い視点から

ものごとが見られるようになるかもしれません。




 ← 今日もぽちっと、よろしくお願いします。



*フラワーエッセンスとは*
フラワーエッセンスはイギリスから伝わって来た『自然療法』です。
その時の感情にあった植物のエネルギーを取入れることで、
ストレスを緩和し、こころとからだを元気にしてくれます。
心に直接ひびく自然療法として世界で注目されています!
不安や心配、ショック、イライラ、自分で変えたい心のくせまで
フラワーエッセンスをとることで、心を軽やかにしていくことができます。
なりたい自分を手に入れましょう!

▶もっと詳しく知りたい方はコチラへ


シャンドゥルールは自然療法『フラワーエッセンス』の
スクールを運営しています。
スクールパンフレットご希望の方は
コチラからお申し込みくださいね!

資料請求

<フラワーエッセンス通信コース>
フラワーエッセンスを通信で学ぼう!

フラワーエッセンス通信

遠方の方、仕事が忙しい方、
自宅を空けられない方、小さなお子様がいる方 必見です!

資料請求



 フラワーエッセンスセッション 

フラワーエッセンスを使った各種セッション
はコチラをクリック!!↓
お得な『はなおとコース』『シャンドゥルールスペシャルコース』もあります。

フラワーエッセンス

カウンセリング申込

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。